ディレグラ 配合 錠。 ディレグラ長期服用は厳禁!でも花粉症鼻づまりにケタ外れの効果あり

医療用医薬品 : ディレグラ (商品詳細情報)

ディレグラ 配合 錠

はじめに ディレグラは、フェキソフェナジンとプソイドエフェドリンを有効成分とする薬です。 アレルギー性鼻炎の治療薬として用いられています。 今回は、ディレグラ配合錠について、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 ディレグラ配合錠ってどんな薬? ディレグラ配合錠は、フェキソフェナジンとプソイドエフェドリンの2つの成分を有効成分とする薬です。 ちなみに、フェキソフェナジン単体の薬はです。 日本では、2013年2月に販売が開始されました。 効能又は効果 アレルギー性鼻炎 効能又は効果に関連する使用上の注意 鼻閉症状が中等症以上の場合に本剤の使用を検討すること。 引用:ディレグラ配合錠 添付文書 アレルギー性鼻炎のなかでも、鼻閉(鼻づまり)の症状の程度がひどめのときに使用する薬です。 ディレグラ配合錠ってどうやって効くの? ディレグラ配合錠には、2つの有効成分が含まれているので、それぞれ説明します。 フェキソフェナジン フェキソフェナジンは、ヒスタミンH 1受容体をブロックすることで、抗アレルギー作用をもたらします。 他にも、炎症性サイトカイン産生を抑制、好酸球遊走を抑制、ケミカルメディエーター遊離を抑制する効果を発揮します。 ヒスタミンは肥満細胞から放出される生体内物質で、周りの細胞・組織にアレルギー反応をもたらします。 鼻では鼻水・鼻づまりを引き起こします。 そのため、ヒスタミン受容体(ヒスタミンで動くスイッチみたいなもの)をブロックすることで、アレルギー反応を止めることができます。 ディレグラ配合錠の用法・用量 用法及び用量 通常、成人及び12歳以上の小児には1回2錠(フェキソフェナジン塩酸塩として60mg及び塩酸プソイドエフェドリンとして120mg)を1日2回、朝及び夕の空腹時に経口投与する。 用法及び用量に関連する使用上の注意 塩酸プソイドエフェドリンは主として腎臓を経て尿中に排泄されるので、腎機能障害のある患者では適宜減量すること。 引用:ディレグラ配合錠 添付文書 ディレグラ配合錠は、1回2錠を1日2回服用します。 食後に服用することで、フェキソフェナジンの体内吸収量が半分にまで落ちるので、空腹時に服用することとされています。 その場合は、医師の指示に従ってください。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 ディレグラ配合錠の副作用 報告されている主な副作用として、頭痛・発疹・疲労・口渇が報告されています。 服用していて、違和感や症状悪化がみられるようであれば、使用中止して、医師に相談するようにしてください。 ディレグラ配合錠の注意点 ディレグラは下記の方は服用してはいけないという決まりがあります。 このような症状がある方で、アレルギー性鼻炎で病院に行く場合は、あらかじめ申し出ておきましょう。 本剤の成分及び塩酸プソイドエフェドリンと化学構造が類似する化合物(エフェドリン塩酸塩又はメチルエフェドリン塩酸塩を含有する製剤)に対し過敏症の既往歴のある患者• 重症の高血圧の患者• 重症の冠動脈疾患の患者• 狭隅角緑内障の患者• 尿閉のある患者• 交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈等の既往歴のある患者 また、腎機能が低下している方は、量を減らす必要がある場合があるので、その場合も事前に申し出ておきましょう。 ほかにも、一緒に服用するのに注意が必要な薬があります。 服用している薬を、お薬手帳などを活用して、一か所に記録しておき、医師診察時・薬局調剤時に提示するようにしてください。 まとめ ディレグラ配合錠は、フェキソフェナジンとプソイドエフェドリンを有効成分とするアレルギー性鼻炎の薬です。 フェキソフェナジンはヒスタミンH 1受容体をブロックする効果があり、アレルギー反応を抑えます。 服用に際しては、医師の指示に従って使用するようにしてください。

次の

ディレグラ配合錠の調剤・服薬指導の注意点【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

ディレグラ 配合 錠

関連記事 ディレグラは、アレルギー性鼻炎に効果のある薬です。 アレルギー性鼻炎は、花粉やダニ・ハウスダストなどさまざまな物質のアレルギー反応が原因で起こります。 花粉症の鼻水や鼻づまりもアレルギー性鼻炎の症状のひとつです。 アレルギー性鼻炎には、かゆみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる抗ヒスタミン剤が主に処方されますが、抗ヒスタミン剤は鼻づまりには効果が出にくいという欠点があります。 ディレグラはアレルギー症状に効く抗ヒスタミン剤と鼻づまりを改善する成分の両方を配合した処方薬です。 そのため、抗ヒスタミン剤では治りにくい鼻づまりの改善に高い効果が期待できます。 ディレグラは特に鼻づまりが強く出るという方や、抗アレルギー薬だけでは鼻づまりが改善しない方におすすめです。 ディレグラは、「フェキソフェナジン」という抗ヒスタミン剤と、「塩酸プソイドエフェドリン」という鼻づまり改善薬を混ぜ合わせた薬です。 2種類の異なる成分の働きにより、抗ヒスタミン剤単体では治りにくい鼻づまりにも効果を示します。 アレグラと同じ成分・フェキソフェナジン 「フェキソフェナジン」は第2世代の抗ヒスタミン剤であり、アレルギーの原因となるヒスタミンの働きを抑えて症状を和らげる作用があります。 花粉症の薬としてよく知られている「アレグラ」の主成分でもあります。 鼻粘膜の腫れを改善する成分・塩酸プソイドエフェドリン 「塩酸プソイドエフェドリン」は、血管を収縮させて鼻粘膜の腫れを改善する作用があります。 この作用により、鼻粘膜の腫れが原因になる鼻づまりを改善します。 飲む回数は1日2回 1日2回、朝と夕方に使用します。 通常、1回の使用量は2錠です。 空腹時に飲むことが大切! ディレグラは空腹時に使用します。 食事1時間前、食後2時間以降が目安です。 空腹時が推奨されるのは、食後に使用すると薬の吸収が落ち、効果が70%低下するという報告が挙がっているためです。 一番効果的な使用のタイミングは、起床時と夕方の空腹時です。 鼻づまりに対してすばやい効果が期待できるため、朝や夜に強く出る鼻づまりに威力を発揮します。 不眠の原因となる寝る前の使用は避ける ディレグラに含まれる塩酸プソイドエフェドリンには興奮作用があります。 寝る前に飲むと興奮してしまい不眠の原因となる可能性があるため、寝る前の使用はできるだけ控えましょう。 長期間の使用は避ける ディレグラを使用するのは鼻づまりの症状が強い期間にとどめ、鼻づまりが改善したらすみやかに抗ヒスタミン剤のみの薬に変更する必要があります。 また2週間を超えて使用することは避け、医師から使用を中止の指示があった場合には必ず従ってください。 錠剤の大きさに注意 ディレグラは、長径17. 5mm、短径7. 8mmと大きな錠剤です。 また、内容成分が徐々に放出されて効果が持続するように作られた薬なので、錠剤を割ったり粉砕する事ができません。 子どもや高齢者など、食物を飲み下す力が弱い人は注意が必要です。 主な副作用として、頭痛、発疹、疲労、口の渇きがあります。 添付文書によれば一番発生頻度が高いのは頭痛ですが、起こる確率は0. ディレグラは副作用がでにくい薬といえるでしょう。 眠気は出る? 花粉症の薬というと「飲むと眠くなる」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 ディレグラは花粉症の薬の中でも眠気が現れにくい薬です。 アレルギー性鼻炎の薬の多くには抗ヒスタミン剤が含まれています。 ヒスタミンはアレルギー症状の原因となる物質ですが、意識の覚醒などにも関わっているため、その働きが抑えられることで眠気や集中力の低下を招きます。 ディレグラに配合されている抗ヒスタミン剤のフェキソフェナジンは、効果が穏やかであり眠気も現れにくい成分になります。 使用後に車の運転や機械の操作をすることも可能なため、仕事で車を運転するような人にもおすすめです。 花粉症の薬の効果や眠気の強さについて、詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 不眠の副作用が現れる場合も ディレグラでは、発生頻度は不明ですが不眠の副作用も報告されています。 ディレグラの成分である塩酸プソイドエフェドリンは交感神経を刺激する働きがあるためと考えられます。 寝る前にディレグラを使用するのは控えましょう。 また、飲むタイミングに問題がないにも関わらず不眠の症状が現れた場合は、医師に相談してください。 塩酸プソイドエフェドリンは血管を収縮させる作用があります。 血管を収縮させることで病状が悪化する可能性がある病気を持っている方は、ディレグラを使うことができません。 また、以下のような症状に当てはまる方はディレグラの使用ができない可能性があります。 病院を受診した際には必ず医師に申告しましょう。 ・アレグラ・ディレグラの成分や交感神経刺激薬に対してアレルギー反応を起こしたことのある方 ・糖尿病の方 ・高血圧の方 ・虚血性心疾患を持っている方 ・甲状腺機能亢進症を持っている方 ・前立腺肥大のある方 ・腎機能障害のある方 ・交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈などにかかったことのある方 妊娠中・授乳中の方 妊娠中のディレグラの使用の安全性は確立されていませんが、重度の鼻づまりがあるなど症状の程度によっては処方される場合もあります。 また、授乳中の方がディレグラを使用する場合は、薬を飲む時間と授乳する時間をずらしてください。 ディレグラにはフェキソフェナジンと塩酸プソイドエフェドリンの2つの成分が配合されています。 フェキソフェナジンを単一成分とした市販薬にはアレグラFXがあり、フェキソフェナジン以外の抗ヒスタミン薬と塩酸プソイドエフェドリンが配合された薬は市販されています。 しかし、ディレグラと全く同じ成分が配合された薬は、現時点では市販されていません。 ディレグラを購入する際には、病院を受診しましょう。 ただし、「錠剤が大きい」「空腹時に飲まければいけない」など、飲み方に注意すべきポイントがあるので、医師の指示をしっかり守って使用しましょう。

次の

『ディレグラ』と『アレグラ』、同じアレルギー薬の違いは?~花粉症で鼻づまりが酷い時の薬

ディレグラ 配合 錠

1.ディレグラの添付文書での併用注意とは? アレグラで併用注意とされていたのが、水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム製剤、エリスロマイシンです。 塩酸プソイドエフェドリンが加わったことで、交感神経を抑制したり刺激したりする薬剤、セレギリン(選択的MAO-B阻害剤 にも注意が必要です。 アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、ディレグラでも同じ量が含まれています。 そのためアレグラで併用注意されていた水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤、エリスロマイシンは、そのままディレグラでも注意されています。 これらの薬剤はフェキソフェナジン塩酸塩と一緒に飲むことで、通常の血中濃度を増減させてしまうのです。 詳しく知りたい方は、「」をご覧ください。 まず、交感神経を刺激したり遮断したりする薬は、基本的に一緒に飲むことで効果が増減することが予想されます。 交感神経の働きを抑制することで血管を拡張して、結果として血圧を下げます。 そのため作用が逆の塩酸プソイドエフェドリンを加えてしまうと、ディレグラだけでなく、アポプロン錠やアルドメット錠などの降圧の効果も薄れてしまう可能性があります。 高血圧自体が、ディレグラでは慎重投与となっているので、降圧剤を使用してる人には使わないほうが無難です。 同じ効果のあるものを違った目的で使用するのは、実はかなり難しいのです。 単純に足し算とはなりません。 詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 その他としては、選択的MAO-B阻害剤であるセレギリンも、塩酸プソイドエフェドリンと併用すると血中濃度が上昇すると言われています。 セレギリンは、パーキンソン病など神経疾患に使われるお薬です。 上記の薬との併用はディレグラは禁忌ではないため、これらの薬を使用しているから絶対に使ってはいけないということはないです。 しかし花粉症の薬は沢山あります。 あえてディレグラにこだわる必要はないかもしれません。 2.ディレグラと風邪薬を一緒に飲んでよいの? 風邪薬の一部には抗ヒスタミン薬が含まれているため、注意が必要です。 風邪をひいたときに、鼻水が止まらずに苦しむこともあると思います。 ですが実は、鼻水を止める作用がある薬は数少ないのです。 その数少ない鼻炎症状を抑える効果があるのが、抗ヒスタミン薬です。 例えば感冒の時によく処方されるPL顆粒には、メチレンジサリチル酸プロメタジンという抗ヒスタミン薬が使用されています。 他にも市販薬の風邪薬には、• ジフェニルピラリン塩酸塩• クレマスチンフマル酸塩• クロルフェニラミンマレイン酸塩 といった抗ヒスタミン薬が加えられています。 具体的に使用されている市販薬は、• プレコール• コルゲンコーワ• コンタック• ベンザブロック• エスタック などがあります。 しかしながらこの抗ヒスタミン薬は、ディレグラの主成分であるフェキソフェナジンとは違ったものです。 人間の体は複雑ですので、違った抗ヒスタミン薬を一緒に摂取したからといって、効果や副作用が倍増するものではありません。 しかしながら、「ディレグラ内服中に風邪薬を飲んでも眠くならないか?」というのは、薬以外の要素が関係してくるので別問題です。 そもそも感冒薬に含まれている抗ヒスタミン薬で眠くなる人もいるでしょう。 また重度の風邪をひいてる人は、体力が消耗されてそれだけで眠くなる人もいます。 風邪薬は風邪の症状を和らげる効果はありますが、風邪を早く治すものではありません。 ディレグラと風邪薬の組み合わせで眠気を心配する人は、薬の飲み合わせの前に風邪の治療をしっかりと考えてみてください。 風邪の症状が軽症であれば、感冒薬をそもそも飲む必要がない。 風邪の症状が重症であれば、体力の消耗自体で眠気が出ることが予想されるので、ディレグラを飲む飲まないに関わらず安静にすること。 詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 3.ディレグラ内服中にアルコールはいいの? アルコールを摂取することでディレグラの効果が落ちることはないですが、アルコールを摂取しすぎると花粉症自体が悪化することがあります。 花粉症シーズンは出会いや別れの多い季節で送迎会が多い季節です。 飲み会が多い中、ディレグラを飲みながらお酒を飲んでもよいのか気になるところですね。 アルコールについては、添付文章には注意の記載がありません。 だからといって、ディレグラ服用しているときに飲酒してよいのでしょうか?花粉症の治療という観点も含めて、ディレグラと飲酒について考えていきたいと思います。 あまりやられる方はいないと思いますが、ディレグラをお酒で服用するのは避けてください。 ディレグラの主成分であるフェキソフェナジンは、エタノールやメタノールといったアルコールに溶けやすい性質があります。 そのためお酒と一緒に摂取することで、早く血中濃度が上がってしまいます。 頭痛や眠気の副作用がでたり、薬の持続しなくなってしまうことが予想されます。 一方で、ディレグラを内服後にアルコールを摂取したからといって効果が大きくかわることはありません。 だからといって、アルコールを飲み過ぎると花粉症の症状が悪化する可能性があります。 お酒を飲みすぎると、花粉症のアレルギー症状が強くなることがあるのです。 アルコールの血管拡張作用によって、目の充血やかゆみ、鼻づまりやかゆみが悪化することがあります。 その結果としてディレグラの効果が感じなくなる可能性はありますので、アルコールの飲みすぎには注意が必要です。 まとめ• ディレグラの飲み合わせに注意するものは、水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム製剤、エリスロマイシン交感神経を抑制したり刺激したりする薬剤、セレギリン(選択的MAO-B阻害剤 など多岐にわたります。 風邪薬自体にも抗ヒスタミン薬が含まれているため、眠くなることがあります。 アルコールでディレグラの効果が弱まることは少ないですが、飲みすぎると花粉症の症状自体が悪化します。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の