エクセル トリミング 削除。 【Excel】画像や写真の不要なところを切り取る(トリミング)方法

図(写真や画像)をトリミングする:エクセル2010基本講座

エクセル トリミング 削除

たくさんの画像がファイルに含まれている場合には、図の圧縮機能の効果が大きく発揮されます。 また、でご紹介したトリミング機能で画像の不要な部分を非表示にした場合には、トリミング部分の削除を追加するとより効果的です。 ここでは、PowerPoint 2003 を例に操作を紹介しますが、Office XP 以降の Word や Excel でも同様の操作で利用できます。 トリミングの方法は、写真や画像のいらない部分は切り取れる を参照してください。 注意! 図のサイズ変更やトリミング、図に対する書式などの設定は [図のリセット] を使って、元に戻すことができますが、トリミング部分の削除を行った場合、これはリセットをしても元に戻りません。 非表示にしたトリミング部分が確実に不要な場合にだけ操作してくださいね。 図を選択し、[図] ツールバーの [図の圧縮] をクリックすると、[図の圧縮] ダイアログ ボックスが表示されます。 このダイアログ ボックスで設定の対象や解像度を選択して圧縮の設定を行います。 このとき、[図のトリミング部分を削除する] オプションを使用すると、ファイル内にトリミングを行っている画像が含まれる場合、これらの画像のトリミングした部分が削除されます。 全体的に図を圧縮したいけれど、トリミング部分の削除に関しては一部の図だけにしたい、というような場合には、[設定の対象] や [オプション] を使って 2 回くらいに分けて設定をしてください。 選択している図に関しては、トリミング部分を削除しても リセットできなくても 問題がない、という場合などには [設定の対象] で [選択した図] を選ぶとよいです。 ファイルを保存するときに図の圧縮を実行する方法もあります。 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ツール] をクリックして、[画像の圧縮] をクリックすると、[図の圧縮] ダイアログ ボックスが表示されます。 このときは、図を選択しているわけではないので、[設定の対象] では [ドキュメント内のすべての図] しか選べません。 ファイルが仕上がったところでまとめて図の圧縮をする場合は、保存のタイミングで付け加えてもよいですね。 最近では、デジカメの写真などのファイル サイズが大きな画像を PowerPoint などの資料で利用する機会が増えていますが、ファイル サイズは小さいほうが扱いやすいものです。 画像をたくさん使う、という場面では、ぜひ活用していただきたい機能です。 石田 かのこ•

次の

画像から一部の対象だけを切り抜いてみよう

エクセル トリミング 削除

スポンサードリンク エクセルで画像の背景の透過 エクセルで写真や画像を挿入できますが、その 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にしたい場合あります。 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にする方法です。 調べたのでメモしておきます。 透過の設定で下図のように画像の背景が透過するようになります。 画像の背景の透過設定 画像の背景の透過設定方法ですが、 2種類あります。 1つ目のやり方は、簡単にできますが、うまく背景が透過にならない場合あります。 2つ目のやり方は、少し手間がありますが、1つ目で透過できない場合も透過するよう設定できます。 1つ目:背景の透過色を設定する 2つ目:背景の削除を設定する 1つ目のやり方:背景の透過色の設定 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「色」をクリック。 3.表示したメニューで 「透過色を指定」をクリック 4. 画像の背景部分をクリックして、透過色を設定します。 5.画像の背景部分を透過色に指定した結果です。 背景は透過できましたが、背景の色と若干異なる影の部分が残りました。 背景と影の部分、すべて透過したい場合は、2つ目のやり方を試してください。 2つ目のやり方:背景の削除を設定する 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「背景の削除」をクリック 3.下図のようになり、 「赤紫の部分」が透過になる部分です。 表示する範囲 保持する領域 を マウスで大きさを調節します。 範囲を調整したら「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリック 4.背景の削除した結果になります。 画像の背景が透過になりました。 背景を削除する部分の追加 2つ目のやり方で、 背景を削除する部分を追加する手順です。 例えば、画像の金魚鉢の中の「水草」を透過する設定してみます。 1.「背景の削除」タブの 「削除する領域としてマーク」をクリックして、画像の「水草」部分をクリックします。 2.「削除する領域としてマーク」で、「水草」をクリックすると、「丸の-」記号が付きます。 1つのマークでは透過設定の「赤紫色」にならない場合あるので、「水草」部分をいくつかクリックして、マークを付けます。 3.3つマークを付けて、「赤紫色」になりました。 同様にして隣の水草もマークをつけて「赤紫色」にします。 最後に、「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリックします。 4.「水草」部分が、透過になりました。 画像の下にある青の図形をずらしました。 「水草」部分が透過になっています。 画像背景の透過の設定例1 2つ目のやり方で、画像の背景の透過設定の例1です。 左側は、元画像。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.表示する範囲 保持する領域 を調節して、犬全体にします。 2.犬の手のあたりが、透過設定の「赤紫色」でないので、「削除する領域としてマーク」で、透過設定を追加します。 3.その他に、犬のお腹のあたりが、「赤紫色」の透過設定になっているので「保持する領域としてマーク」で透過しないようマーク(丸の+)します。 透過の設定を追加、解除した結果が、下図です。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過の設定した結果です。 画像背景の透過の設定例2 印鑑の画像を透過設定する例です。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.「背景の削除」設定したところ、「赤紫色」部分がうまく設定がされていないので、手動でマークを追加して透過設定します。 2.印鑑画像の白い部分を透過設定の「赤紫色」にするため、「削除する領域としてマーク」の「丸のー」マークします。 表示したい印鑑の赤い部分を、「保持する領域としてマーク」の「丸の+」マークをしていきます。 3.マーク追加終わり、透過設定の「赤紫色」部分が下図のようになりました。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過設定の結果です。 透過設定されています。 印鑑の画像の下にある青色の図形をずらしました。 印鑑の画像の背景が透過しています。

次の

画像のトリミング部分は削除して保存したほうがいい

エクセル トリミング 削除

2017年もそろそろ1ヶ月が過ぎようとしていますが、今年もよろしくお願いいたします! 先ずは以下の表に、よくある「Excelが大きい、重い」となる原因と解決方法に関してまとめてみました。 なお解決方法に関してはリンク先の記事をそれぞれ確認してみて下さい。 今回は「7、トリミングした画像のサイズを小さくしよう。 」「8、不要なオブジェクトを削除してみる。 」について解説していきます。 1、図・写真の挿入方法を変えてみる。 画像ファイルのサイズが大きい。 2、図・写真を圧縮する。 切り取りした箇所が大きい為、写真が小さくてもファイルサイズが大きい。 7、トリミングした画像のサイズを小さくしよう。 オブジェクト 知らないうちに不要なオートシェイプ(図形)が残っている。 8、不要なオブジェクトを削除してみる。 シート 隠しシートがある。 シート数が多い。 【予定】9、シートの数を減らそう。 数式 数式が多い。 数式が複雑。 【予定】12、不要な数式を削除してみる。 数式を見直してみる。 グラフ グラフのもととなるデータの数式が多い。 数式が複雑。 【予定】12、不要な数式を削除してみる。 数式を見直してみる。 行・列の数 行数、列数が多い。 4、空白の行・列を削除してみる。 設定 定期的に自動保存が実行されるが時間がかかり操作できなくなる。 【予定】10、自動保存の設定を変更してみる。 オートフィルターや画面切り替えした場合に、動作が遅い。 【予定】11、自動計算の設定を変更してみる。 ブックの共有をしている為、変更履歴データが溜まっている。 5、ブックの共有を解除してみる。 ファイル形式 「Excel2002」より古いバージョンで作成したExcelファイルである。 3、最新の形式で保存しなおす。 その他 上記に当てはならない。 原因がわからない。 6、最終手段!データを新しいExcelファイルに全部コピーする。 7、トリミングした画像のサイズを小さくしよう。 最近、画像を沢山挿入した資料を作成をする事があったのですが、その際、画像のトリミング機能を多用していました。 トリミングは、Excel上で画像の不要な部分をカットできるという、便利な機能なのですが、例えば左の画像の様にトリミングを行い、赤枠の木だけの画像にしたとしても、灰色の部分は見えないだけであり、青枠内の元々の画像データがそのまま残っています。 私はその画像をアチコチにコピペしていた為、見えている画像が小さい割にはExcelのファイルサイズが大きいものになっていました。 この様にトリミングした画像が存在する場合には以下の手順で、見えない箇所を削除する事により、ファイルサイズを小さくする事ができます。 手順2:「画像の圧縮」画面の解像度の選択より「電子メール用」を選択して「OK」をクリック。 (この際、圧縮オプションの「この画像だけに適応する」のチェックを外すと全画像の見えない領域削除ができます。 ) 実験した結果この手順により、1MB有ったファイルサイズは200KBに縮小する事ができました! 8、不要なオブジェクトを削除してみる。 Excelが重い、ファイルサイズが何故か大きい原因として 昔、有ったのが削除したと思っていたオブジェクト(図形、画像)が大量に残っていた、というものがあります。 発生する原因としては、行を選択してまとめて削除した時、その行に含まれていたオブジェクトは高さが0cmになっただけで実は削除されていなかった為です。 それにより、オブジェクトを挿入して、削除を繰り返している内に、目に見えないものが沢山溜まってしまう事がありました。 但し、オブジェクトを含んだ行を削除してもオブジェクトが消えない現象が起きていたのは 「Excel2003」までとなっております。 「Excel2007以降」は同じ操作をするとオブジェクトも削除されますのでご安心下さい。 (上記画像は「Excel2013」で擬似的に再現しておりますが実際には起きませんのでご了承下さい。 ) 但し、昔作ったExcelなど、絶対にこの現象に出会わないという事もありませんので、目に見えない沢山のオブジェクトをまとめて削除する方法をご説明いたします。 クリックすると右側から選択のメニューが表示されます。 手順2:選択のメニューに見えないオブジェクトの一覧が表示されますのでクリックしてオブジェクトを選択し[Delete]キー等で削除します。 目に見えない画像・図形が沢山あれば、この方法でファイルを軽くする事ができます。 今回ご紹介した方法はいかがでしたでしょうか。 以前、書かせていただきました「」「」と一緒に、今回ご紹介した方法もぜひお試し頂ければと思います!次回も残りのワザを紹介していきますので引続きチェックしてみて下さい!.

次の