口内炎 に 効く 食べ物。 口内炎薬の人気おすすめランキング15選【飲み薬やパッチタイプも】

「シミるッ」あなたに捧ぐ!口内炎に効く食べ物・飲み物を一挙公開!

口内炎 に 効く 食べ物

塩、はちみつの効果は研究されていない 実は、民間療法のうちかなりのものが、すでに医学研究として本当に効くのか試されています。 二日酔いにチョウセンアザミは効かなかったという研究結果、乾燥酵母は多少効いたという研究結果、口内炎にザクロのエキスを使ったジェルが効いたという研究結果など、多くのデータが報告されています。 口内炎に対して、塩の効果は研究で確かめられていません。 一方、はちみつを溶かした水を試した研究はいくつか存在します。 ただし、 がんに対する 抗がん剤治療や 放射線療法を受けている人を対象としたもので、持病がない人にも当てはまるかどうかはわかりません。 特に、はちみつを塗る方法についての研究はありません。 塩もはちみつも刺激物で、口内炎に塗るととても痛いです。 痛いのは確かで、効くかどうかはよくわからないとすれば、塩やはちみつを使う治し方はおすすめできません。 口内炎にステロイドを使うと副作用は出る? 「ステロイド」と聞くと副作用が気になるかもしれません。 口内炎に使うステロイド 外用薬では、比較的作用が弱いステロイド成分が使われています。 また、使う薬の量もわずかです。 このため 全身性の副作用が起こることはほぼ無いと言えますが、口腔内のしびれ感や味覚の変化などの副作用が出ることも考えられます。 特に注意が必要な点は、ステロイドが免疫を抑える作用です。 この作用によって、薬を塗った場所とその周囲が 細菌や ウイルスに感染しやすくなる可能性があります。 頻度は非常にまれとされていますが、ステロイドを使用した口内炎の患部やその周囲が カンジダなどの 感染症を起こしやすくなる可能性があり注意は必要です。 ウイルスが原因で引き起こされるなどは、一見すると普通のアフタ性口内炎と似ていますが、 ステロイドを使うとかえって悪化してしまうことがあります。 ほかに考えられる副作用についてはコラム「」でも解説しています。 ステロイド以外の成分:デスパ、トラフル軟膏 ステロイドではない抗炎症成分を含む薬には、 新デスパコーワなどがあります。 「デスパ」の名前を持つ処方薬はステロイド成分を含む製剤(デスパコーワ口腔用クリーム)ですが、市販薬の新デスパコーワには ステロイド成分は含まれず、代わりに抗炎症作用があるグリチルリチン酸などを配合しています。 ほかにもグリチルリチン酸(グリチルレチン酸)やアズレンスルホン酸ナトリウムなどの抗炎症成分を含む塗り薬が発売されています。 特に痛みがあり食事もままならないような口内炎治療には、病院や薬局で調合する薬として、局所麻酔薬を含むうがい薬が使われる場合もあります。 局所麻酔薬によって痛みを和らげる効果があります。 たとえば、アズノールの成分(アズレンスルホン酸ナトリウム)に局所麻酔薬(リドカインなど)、さらに粘膜の保護や乾燥を防ぐグリセリンといった成分を加えたうがい薬が使われます。 「痛くて我慢できない」というときは一度、医師や薬剤師に相談してみるとよいでしょう。 市販薬の中にも局所麻酔薬が入った塗り薬( デンタルクリーム)があります。 一般的な口内炎の特徴は? 一般的な口内炎はアフタ性口内炎とカタル性口内炎に分けられます。 アフタ性口内炎• ストレスを受けたときや体が弱ったときに出来る• カタル性口内炎• 歯のかぶせ物や入れ歯、などの刺激が原因 アフタ性口内炎は口の中のあらゆる場所にできます。 舌や唇の裏、歯茎(歯ぐき)、頬の内側の粘膜が特にできやすい場所です。 上あごやのどの近く( 扁桃腺の周り)にはあまりできません。 アフタ性口内炎は子どもにできやすく、大きくなるにつれ、できる頻度は少なくなっていきます。 特に30歳を過ぎると落ち着くことが多いです。 カタル性口内炎では 入れ歯を作り変えるなどの治し方が必要になります。 詳しくは「」で説明しています。 感染症による口内炎は治し方を間違うと悪化する ウイルスなどの感染によって、口の中に水ぶくれができる病気もあります。 ヘルペス性口内炎()• 多くの人が体の中に持っているウイルスが原因• ウイルスが原因で、口の中と手足に 発疹、水ぶくれができる• ウイルスが原因で、口の中に口内炎、水ぶくれができる• カンジダ性口内炎• 免疫が弱い人がかかりやすい、カビが原因の口内炎 特に多いヘルペス性口内炎は ヘルペスウイルスに感染したことによる口内炎で、アフタ性口内炎とは見た目が似ていますが、治し方が違います。 アフタ性口内炎にはステロイド薬が効きます。 ステロイド薬には使った場所の免疫を抑える副作用があります。 このため、ヘルペス性口内炎をアフタ性口内炎と間違えてステロイド薬を使うと、ヘルペスウイルスと戦ってくれるはずの免疫を抑えてしまい、逆効果になる恐れがあります。 市販のステロイド薬を使い始めたあと数日経っても効果が感じられないとき、逆に悪化してしまうときは早めに病院・クリニックで相談しましょう。 がん、がんの手前の状態、全身の病気を見逃さないよう注意 口内炎と見た目が似ている症状は、がんなど重い病気でも出ることがあります。 口腔(こうくう)がん/舌(ぜつ)がん• 口の中にできるがんが小さいときは口内炎と区別しにくい• (はくばんしょう)• がんの一歩手前の状態• 口、皮膚、眼、 外陰部に炎症が起きる• (てんぽうそう)• 免疫の異常で皮膚や口に水ぶくれができる 詳しくは「」で説明しています。 アフタ性口内炎と病気が原因の口内炎を自分で見分けるのは難しいので、 口内炎が2週間経っても治らないときや、 同時に他の症状があるときは歯科口腔外科などがある医療機関で診察を受けてください。

次の

食べ物で体内から口内炎を治そう

口内炎 に 効く 食べ物

口内炎のときもしっかり食事を 口内炎ができると、食べ物がしみたり、食べ辛くなったりするので、食事をおざなりにしてしまいがちです。 でも、食事を疎かにしていると、免疫力が低下して口内炎を長引かせてしまいますから、なるべく栄養をしっかり摂れるものを食べるように心がけましょう。 それぞれのビタミンが豊富な食材は以下の通りです。 ビタミンB2…レバーやうなぎ、魚卵、サバ、イワシ、乳製品などの動物性食品。 納豆などの大豆製品。 ビタミンB6…レバーや魚の赤身、ひまわりの種やピーナッツなどの種実類、バナナなど。 ビタミンC…ブロッコリーやパセリ、ピーマンなどの緑黄色野菜、いちご、アセロラなどの果物。 ビタミンA…ホウレンソウ、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜。 また、口内炎のときは硬いものが食べ辛くなるので、シチューやスープ、リゾット、おかゆ、茶碗蒸しなどのように、やわらかく調理して食べるのがオススメです。 口内炎のときは避けたい食べ物 口内炎は刺激を与えると痛みが増すので、香辛料の入っているものや塩気の多いもの、酸っぱいもの、熱すぎたり冷たすぎたりするものは、避けたほうが良いでしょう。 炭酸飲料やアルコールなども刺激になります。 また、パイナップルやキウイなど、舌がピリピリする果物はアレルギー反応を起こしやすいので、症状を悪化させる恐れがあると言われています。 さらに、砂糖をたくさん使っているものは、体の中でビタミンやミネラルを大量に消費するので、控えたほうが良いでしょう。

次の

つらい口内炎に!コンビニで買えるおすすめ食べ物9選【栄養士監修】

口内炎 に 効く 食べ物

スポンサーリンク 口内炎は口の中だけが原因ではない 口内炎と言えば口の中や舌などが 赤く腫れて水膨れのような症状が 出来てしまいます。 その事から口内炎は口の中の粘膜を 傷つけた時にそこから、細菌やウイルスが 入ってしまって炎症を起こしてしまう と考えてしまいます。 確かにこれは口内炎が出来てしまう 原因としてあっているのですが それだけではなく普段の毎日の生活の 食べ物や食事にも口内炎を作って しまう原因があるのです。 口内炎にはいくつもの種類があり それによって症状や痛みも違って きますし 口内炎の種類や症状についてはコチラの 記事に詳しく書いてあります。 そこで口内炎を早く治していき 且つ出来にくくするためにおすすめ なのが食べ物で 特にビタミン不足を補って健康な体を 作っていく事も大事になってきます。 ビタミンがおすすめと言ってもビタミン にも色々な種類があるので、その中でも 特に口内炎におすすめのビタミンに ついて書いていきますね。 ビタミンB2 まずはビタミンB2です。 ビタミンB2は ・脂質の代謝を高めてくれる ・悪い過酸化脂質を無くしてくれる ・皮膚や粘膜を守ってくれる ・炎症の痛みを和らげてくれる ・健康な状態を維持してくれる このような効果を体に与えてくれて 働きかけてくれます。 スポンサーリンク ビタミンB2を多く含む食べ物は ・うなぎ ・卵 ・魚肉ソーセージ ・納豆 ・レバー ・海苔 ・ほうれん草 ・しいたけ などに多く含まれているので あっ最近食べていない物があるなって 思った場合は出来るだけ食べてみて ください。 ビタミンB6 次は、ビタミンB6です。 ビタミンB6は ・タンパク質をアミノ酸にしてくれて そこからより良いタンパク質を作ってくれます。 ・皮膚をいい状態に保ってくれます。 ・体の精神状態を良くしてくれるセロトニン という脳内物質を作り出してくれます。 ストレスや毎日の疲労で心や身体が 疲れてしまうとそれが原因で口内炎が 出来てしまいますからね。 ビタミンB6を多く含む食べ物は ・まぐろ ・にんにく ・鶏ささみ ・レバー ・キャベツ ・大豆 ・卵 ・かつお などに多く含まれています。 ビタミンB6っていう言葉をあまり 知らなかった僕には、新しい発見 がありましたね。 ビタミンC 最後はビタミンCです。 ビタミンCは ・細胞の状態を守ってくれる ・口内炎の治りを早くしてくれる ・口の中の免疫力を高めてくれる ・ストレスから守ってくれる このような効果があるのですが 口内炎の治りを早めてくれる効果や 特にストレスから守ってくれる 抗ストレスホルモンを作り出して くれるのはとても大事ですよね。 ビタミンCを多く含む食べ物は ・ピーマン ・ブロッコリー ・カリフラワー ・アセロラ ・柿 ・グレープフルーツ ・パイナップル などに多く含まれていますね ただビタミンCは、熱を加えたり 水で洗い流すと大事な栄養素が 無くなってしまうので 加熱したり洗う時間は短くする方が より栄養素を取り入れやすいです。 生で食べれる物はそのまま生で 食べると効果が大きいですね。 口内炎を早く治すのに はちみつがおすすめな理由については コチラの記事に書いてあります。 口内炎は、口の中の粘膜から細菌が 入ってしまったり、体の免疫力が 弱ってしまいそれで粘膜も弱くなって しまいます。 自分で誤って口の中を噛んでしまう 以外は、毎日の生活習慣や食べ物に 注意しながら 健康な体を維持していく事が大事に なってきますので、その為にも 食事に注意してビタミン不足に ならないようにしていってください。 ビタミンが大事といって偏った食べ方を してしまうといけないので、バランス 良く出来るだけとっていってください。 口内炎を治すのにおすすめの飲み物に ついてはコチラの記事に書いてあります。

次の