ファイヤーストレイジ。 Firestorageの使い方(大容量ファイル受け渡し用)

ファイヤーストレージって何!?無料なの?使い方は??

ファイヤーストレイジ

【関連記事】 Firestorage:事前準備をする 初めに、送るデータの準備を行います。 送るデータが複数個ある場合は、フォルダーにまとめて圧縮ファイル(ZIP形式)にします。 データをフォルダーにまとめる 送るデータが複数個ある場合は1つのフォルダーにまとめます。 手順は以下の通りです。 デスクトップ上で右クリックします。 新規フォルダーに名前を入力します。 送るデータを新規作成したフォルダーにドラッグ&ドロップします。 データを圧縮する 送るデータ(フォルダー)を圧縮します。 手順は以下の通りです。 データ(フォルダー)を右クリックします。 Firestorage:サイトにアクセス 送るデータの準備が完了したら、下記URLよりFirestorage公式サイトにアクセスします。 Firestorage:データのアップロード Firestorage公式サイトから圧縮したデータをアップロードします。 手順は以下の通りです。 利用規約に同意する Firestorage公式サイトのトップページより、赤い枠のエリアの「ファイルをここでアップロード」をクリックします。 すると、データのアップロード画面が表示されます。 次に、「パスワード」の横の入力欄に任意のパスワードを入力します。 データをアップロードする 「+ファイルを選択してアップロード」をクリックし、送るデータを指定して「開く」をクリックします。 すると、データがアップロードされてダウンロードURLが発行されます。 または、「ここにファイルをドロップしてアップロード」に送るデータをドラッグ&ドロップします。 すると、データがアップロードされてダウンロードURLが発行されます。 ダウンロードURLを教える アップロードが完了すると、ダウンロード用のURLが発行されるので、メールやSNSで受け取る相手に教えます。 また、パスワードを設定した場合は一緒に教えましょう。 なお、ダウンロードURLは長いものと短いものの2種類あり、どちらでもOKですが、短いものはOSなどのパソコンのシステム要件によって開かない場合があるので注意して下さい。 Firestorage:データのダウンロード 送られてきたダウンロードURLからデータをダウンロードします。 パスワード設定された場合の手順は以下の通りです。 ダウンロードURLにアクセスする メールやSNSで送られてきたダウンロードURLをクリックし、「ダウンロードページを開く」をクリックします。 すると、ダウンロードのパスワード入力画面が表示されます。 パスワードを入力する データにパスワードが設定されている場合は、「パスワード」の横の入力欄にメールやSNSで送られてきたパスワードを入力し、「送信」をクリックします。 すると、ダウンロードページが表示されます。 データをダウンロードする オレンジの「ダウンロード」ボタンをクリックし、保存先・保存名を指定して「保存」をクリックします。 すると、データがダウンロードされて保存されます。 Firestorageオンラインストレージのまとめ 無料の大容量オンラインストレージサービス「Firestorage」を紹介しました。 データを送る側は、データをまとめて圧縮したら、公式サイトでアップロードし、発行されるダウンロードURLを相手に教えるだけです。 受け取る側は、教えてもらったダウンロードURLにアクセスし、データを保存するだけとなります。 とても簡単なので是非、お試し下さい。 本サービスは基本的には会員登録不要で利用できますが、会員登録(無料)を行うとphotostorageを使った写真の一括ダウンロードや海外版の利用が可能になります。 さらに、有料プラン(1ファイルの最大アップロードサイズ5GiBと10GiBの2プラン)に登録すると広告の非表示・アップロードページ入力項目必須化・ダウンロード追跡も可能になります。 (メールサポートは全てのプランで利用できます)さらに、安全性の高い法人プランになると専用回線で高速なアップロード・ダウンロードが可能で、大容量送信・大容量保存・登録ユーザー数無制限になります。 さらに、送った動画の修正指示も行いたい場合は、動画管理が可能なオンラインストレージサービス『AKAPON(アカポン)』をご利用下さい。 詳しくは、こちらの記事【】をご参照下さい。

次の

ファイアストレージの使い方を図解!3STEPで簡単に使えるよ

ファイヤーストレイジ

ファイヤーストレージって? インターネットの利用というのがすっかり 「普通のこと」になった現在では、 仕事上やプライベートにおいてデータのやりとりをすることも 当たり前のようになっています。 ここで言う「データ」とは、文書ファイルであったり 写真であったり、時には音楽のファイルだったり することもありますが、 それらのファイルの容量が 大き過ぎる場合には、ただ単にメールに添付して送るということが 出来ないという事態に遭遇します。 こうした時に、ネットのオンライン上に データを一時的に保管するという方法があります。 こうすることで、自分以外の友人や仕事仲間などと 同じデータを共有することが可能となるのです。 大量のデータを保存・管理するだけでなく、 ネットに繋がったパソコンやスマートフォンなどがあれば、 いつでもどこでもそれらを自由に取り出すことが出来ます。 こういったサービスを 「オンライン・ストレージ・サービス」と言い、その中の1つが 「ファイヤーストレージ」なのです。 ファイヤーストレージでのアップロード方法は? いろいろな人とデータファイルを 共有できるファイヤーストレージ。 ここでは、まず自分のファイルを 他の人と共有させる方法を解説します。 他人と共有させたいファイルは、 ネット上に一時的に保管させることが出来ます。 これをネットの用語で「アップロード」と言います。 ファイヤーストレージのサイトを開き、 その最初の画面にある赤で囲まれた枠に注目してください。 ここで、アップロードする予定の ファイルが違法でないことを確認しなければなりません。 当然のことですが、違法なファイルをアップロードすると罰せられます。 違法でなければ「違法ではない」にチェックを入れます。 すると黄色で囲まれた「アップロード」という 文字と保存期間を尋ねる枠が出てきます。 ファイヤーストレージでは現在、 ネット上でのファイルの保存期間は7日間が上限となっていますので 「7日間」を選択。 その後、「アップロード」の枠をクリックします。 次に、ご自身のパソコンにあるファイルから アップロードしたいものを選択し「開く」をクリックすると、 ファイルのアップロードが開始されます。 アップロードが完了するとファイルの保存先の URLが表示されますので、それをコピーしてください。 ここでファイルを共有したい相手へのメールを作成します。 コピーしたアップロード先のURLをペーストで貼り付けてメールを送信。 これで相手も保存されたファイルを共有することが出来ます。 ファイヤーストレージでダウンロード ファイヤーストレージによって一時的にネット上に 保管されたファイルを、自分のパソコンに取り込むことを 「ダウンロード」と言います。 まず、あなたにファイルを共有してもらいたい相手から ファイルの保管先のURLを記したメールが届くはずです。 そのURLをクリックするとブラウザが自動的に立ち上がり、 ファイヤーストレージのサイトが開きます。 そこに「ファイルのダウンロードが可能になりました」 という表記がありますので、それを確認した後、 その下に赤字で記されたファイル名をクリックしてください。 そうすると、ダウンロードするファイルを どのように処理するかが尋ねられます。 ご自身のパソコンにファイルを保存したければ 「ファイルを保存する」をチェックしOKボタンをクリックします。 そうすると、パソコンへのファイル保存(=ダウンロード)が スタートします。 ダウンロードが完了したという表示が出たら、 そのファイルを開いてみましょう。 正常な状態でファイルが見られるかどうかを確認すれば、 ダウンロードは完了です。 ファイヤーストレージの特徴は? 他人とのデータのやりとりをする場合、 現在では様々な方法を使うことが出来ます。 USBやCD-Rなどにファイルを保存して、 それを直接相手に手渡す(もしくは郵送などで送付する)。 通常のメールにファイルを添付して送信する。 しかし、これらの方法では手間がかかったり、 大事なファイルを紛失してしまうことも考えられます。 まして、メールへの添付だと容量の大きなファイルは送信に非常に時間がかかったり、 最悪な場合は送信自体が出来ないということもあります。 その点、ファイヤーストレージでは、 送るファイルの容量は原則無制限となっています。 アップロードの際は、1ファイルあたり最大2GBまでの 容量を送ることが出来ます。 そして、アップロード先のURLを 別メールで相手に知らせるだけで作業が完了します。 これこそが、ファイヤーストレージ最大の特徴だと思います。 ファイヤーストレージのこれらの機能は、 原則としてすべて無料で利用することが出来ます。 セキュリティ機能の強化など、より高度な利用方法を希望する場合は有料となりますが、 通常のファイルのやりとりでは無料のままで問題はないと思います。 気軽に誰もが好きなように使えるというのが、 ファイヤーストレージなのです。 ファイヤーストレージの会員登録は? ファイヤーストレージは、基本的に無料で 利用することが出来るサービスです。 特に会員登録などをせずとも利用することが可能ですが、 ファイルのやりとりの過程でのトラブルを防ぐためには 会員登録をしてから利用する方が良いでしょう。 ファイヤーストレージは会員登録も無料になっています。 有料会員もありますが、これにはファイヤーストレージを利用する際に 画面にネット広告が表示されない、セキュリティがより強固になっている、 ダウンロードがより高速で出来る、といったメリットがあります。 会社単位でのビジネス的なやりとりでは有料会員に なることのメリットも大きいと思われますが、 通常の利用では無料会員で充分でしょう。 会員登録は、ご自身のメールアドレスを 記入するだけで簡単に出来ます。 登録をすると、アップロードしたファイルの 保存期間を変更することが出来るだけでなく、 ファイルの保存先であるURLをいつでも ご自身で確認することが出来るようになります。 さらにパスワードの変更が何度も可能になったり、 相手がファイルをダウンロードしたことを知らせるメールが受け取れます。 ご自身がアップロードしたファイルを削除することも出来ますので、 セキュリティという観点からも安心して利用できるというメリットがあります。

次の

firestorageで写真や大容量の動画を無料で送ろう!使い方を画像付で解説

ファイヤーストレイジ

firestorageってなに? メールでファイルを添付して送る時がよくあるかと思いますが、データサイズが大きいと相手に送れない場合があります。 そんなときに便利なのがfirestorage ファイアーストレージ です。 使い方 使い方はとても簡単です。 まずは、にアクセスします。 次に保存期間を選択します。 できるだけ、短い期間を設定するようにしましょう。 最後にアップロードボタンをクリックして、アップロードするファイルを選択してください。 ZIPファイルをアップロードすることも可能なので、複数ファイルがある場合は、ZIPファイルにしてからアップロードするといいでしょう。 ファイルのアップロードが完了すると、ダウンロードができるURLが表示されます。 このページを開くと、先ほどアップロードしたファイルをダウンロードすることができます。 短縮URLもあるので、メールに貼り付けて相手に送ってみましょう。 送られてきた相手はダウンロードリンクを開くことで、ファイルをダウンロードすることができます。 まとめ このようなストレージサービスは、データサイズの大きい重たいファイルを送るのにとても便利です。 複数の画像ファイルをZIPに圧縮して送るときなども便利なので、是非ご活用下さいませ。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,667• 118• 524• 458• 549• 176• 198•

次の