ゼロ キューブ シンプル スタイル。 ゼロキューブを建てた人の後悔したこと。新築を検討中の方必見

シンプルスタイル

ゼロ キューブ シンプル スタイル

こんにちは!! 営業のタバタです。 本日は合志市御代志のK様邸の定期点検。 竣工時はまだ手つかずだった外構も、ほぼ完成されていました。 お仕事で忙しい中、多くをご自身でされたという事で、本当に頭が下がります。 しばらく談笑していると太陽光発電システムの話になりました。 シンプルスタイルはゼロキューブよりひと回り小さいですが、 5. 1kwシステムのソーラーが載っています。 (ZCは4. 25kw) 先月は2万円ほど売電していたそうで、太陽光の威力はここでも証明されました。 昨日の出水のZCの現場です。 時折のどしゃ降りに備えて完全防備です。 クレーンで一気に組み立てる事が出来ないので、 時間と手間がかかります。 内部はこんな感じで、非常に蒸し暑い状態です。 家の中でも熱中症は起こり得ます。 十分注意してご安全にお過ごしください。 営業のタバタでした。 [ IMAGE S40 ].

次の

偶然の出会い。条件ピッタリの家を見つけた~ゼロキューブ・シンプルスタイル(ZERO

ゼロ キューブ シンプル スタイル

こんにちは!! 営業のタバタです。 今日はお客様とゼロキューブのシンプルスタイルを見学に大分まで行ってきました。 4月から弊社で販売を始めるゼロキューブを、いち早く気に入ってもらい、 敷地にちょうどいいサイズのシンプルスタイルを建築する事になりました。 その最終確認をかねて実物を見て頂くために、大分までやってきました。 とても気に入られた様子で、より具体的にイメージがつかめたようです。 あとは着工に向けて突き進むのみ、一緒に楽しんで作り上げていきましょう!! 奥様から「いつもお世話になっています。 」と一足早くチョコレートを頂きました。 こちらこそ、お世話になります。 どうぞよろしくお願いいたします。 営業のタバタでした。 [ IMAGE S40 ].

次の

シンプルスタイル

ゼロ キューブ シンプル スタイル

ちょうど1年前、「札幌良い住宅. jp」記事で紹介したドリホさんのモデルハウス・ゼロキューブ・シンプルスタイル。 こちらを購入したのは30代前半のご夫婦と1歳の息子さんのKさんファミリーでした。 日曜の午後、お茶をいただきながらゼロキューブ・シンプルスタイルでの暮らしぶりについてお話を伺いました。 ドリホは社名変更により、2017年5月から 株 LivStyle リヴスタイルになりました。 モデルハウスの記事は 無理しない予算で良い一戸建てを手に入れたい ゼロキューブのラインナップは全部で約10種類ありますが、こちらは無駄をそぎ落としたシンプルスタイル。 家は25坪で3LDKの広さです。 オプションでカーポートを設け、住宅前スペースを含めると車を3台止めることができます。 「どうぞ、お入りください」と奥さん。 1年ぶりのゼロキューブ・シンプルスタイルです。 こちらのリビングは吹き抜けと窓からたくさんの光がさして、とても明るいんですよね。 息子の遼太くんキターーー!たくさん歩いて、いろいろ触ったりもして、1歳児はとても可愛いけれど目を離せないお年ごろでもあります。 子どもが生まれてからの暮らしは、やはり一戸建てで 去年までは、札幌市内で1DKの賃貸マンションに住んでいたというKさんご夫婦。 お子さんが産まれるのをきっかけに、一戸建ての購入を考えました。 「物音や泣き声で周りに迷惑をかけることなく、子どもが好きなように動くことができる。 そう考えたら、やはり一軒家がいいなと思いました」(奥さん) 予算は、共働きのお二人で無理なく暮らせる2000~2300万円。 最初は中古・新築物件を回ったそうですが、建物自体と周りの環境の両方が「マル」という家がなかなか見つかりません。 それに、中古住宅はメンテナンスの費用がかかるのも不安でした。 遼太くんも無事誕生し、腹ばいや手足の動きも活発になってきた8月下旬。 大手の不動産会社から勧められた物件の一つへ、車で向かう途中のことです。 Kさんご夫婦は、偶然このモデルハウスを発見。 興味を持って見てみたいと思ったものの、看板を見れば内覧会は週末の開催で、あいにくその日は金曜でした。 「"明日か"だけで通り過ぎていたら、この家に住んでいなかったと思います」(ご主人) 「看板に連絡先があったので、いちおうドリホさんに電話してみました」というご主人。 すると、なんと1時間後には、電話を受けた阿部専務が到着してモデルハウスの中を見学できたといいます。 明るい家。 説明のわかりやすさにも納得 「日当たりがよく明るい家だなと、気に入りました。 周りも静かですし」と奥さん。 一方で、ご主人は阿部専務とドリホの販売システムに好感を持ったといいます。 「それまでメインに頼んでいた不動産会社は、紹介物件の内容にあまり詳しい感じではありませんでした。 それに比べてドリホさんは、この住宅を建てた会社ですから、何を聞いてもすぐに答えてくれるし説明も分かりやすい。 またゼロキューブの内容や金額が明確なので、すぐに自分たちの予算や希望と照らし合せることができました」 週末の見学会には、奥さんのご両親も2日間連続でモデルハウスに訪問し、応対した吉田部長といろいろ話したそうです。 その結果、「ゼロキューブの家、いいと思うよ」と、ご両親からもお墨付きが。 ドリホさんにコンタクトを取ってからわずか1カ月半で、Kさんご家族はゼロキューブへのお引っ越しとなりました。 見学した時からずっとお気に入りの家 リビングはソファとテーブル、テレビと1歳の遼太くんのおもちゃが置かれている程度で室内もシンプル。 遼太くんがいろいろ動き回っても危ないところはありません。 右側の赤ちゃんガードが張られた奥は、キッチンスペースになっています。 ほぼ即決でゼロキューブを購入したKさんご夫婦。 あえて不満なところが出てきてないかを聞いてみると、「今も特にありません」と、奥さん。 好きなところや便利なところについては、次々と挙げてくれました。 「階段がリビングの中にあるので、帰ってきた家族の顔が見られていいなと思っています。 システムキッチンも使いやすいし、リビングにいる子どもの様子が見えるので安心です。 収納も、各部屋にクローゼットがあるので私たちには十分。 階段下スペースには掃除機を置いていますし、玄関収納も大きいので助かっています」。 上階にある3つの部屋は、今のところ寝室と、フリールームとして使われています。 フリールームに飾られているのは、昔バンドもやっていたご主人のベースギター。 もしかしたら、将来は父子でギターを弾いたりするかもしれませんね。 ドリホという会社に不安はなかった? ところで、大手不動産会社で物件を探していたKさんご夫婦、「ドリホ」という会社に不安はなかったのでしょうか? 「聞き慣れない会社名でしたし、"大丈夫かな?"とは思いましたよ」とご主人。 「でも、ドリホさんは三五工務店のグループ会社ですよね。 私は大学生の時、建築内装のアルバイトをしていました。 ですから、札幌で50年以上の歴史を持つ三五工務店という会社のすごさは分かりますし、そこの職人さんが建ててくれたこの家も信頼しています」 ゼロキューブで、ひと冬を過ごしたKさんご家族。 W断熱方式を採用した室内の暖かさも満足できるものでした。 「こちらに住んでからは、部屋はもちろん、トイレや廊下も全然寒くありません。 あと、マンションでは昼間も電気を付けるほど暗かったんですけれど、この家は吹き抜けと窓からの光がとても明るくて、暖かくて、大好きです」(奥さん) 間取りも、デザインも、明るい設計もお気に入り。 住宅ローンも、今までマンションで払っていた家賃に1万円プラスした程度。 「私たちにちょうどいい家」というフレーズがそのままお似合いになる、Kさんご家族でした。 記者の目 共働きしながら、子どもも産まれて... という中で、条件に合う住まいを探すのは想像以上に大変なこと。 そんな時、偶然通りがかりに見つけたのが「ゼロキューブ」でした。 Kさんご夫婦のお話を聞くと、家探しはチャンスを上手に捉えるアンテナと行動力も必要だと感じました。 2015年09月現在の情報です。 詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。 暮らしをもっと柔軟に ライフスタイルから選ぶ家。 完成度、満足度の高い規格住宅で、札幌の子育て世代を中心に人気を集める。 札幌の三五工務店のグループ会社。 シンプルなデザイン住宅「ZERO-CUBE(ゼロキューブ)」、南仏プロヴァンススタイルの「Blanc Ange ブランアンジュ)」など、全国でも定評のある住宅を展開。 札幌の暮らしをデザインしたオリジナル規格住宅「LIVPLUS リヴプラス 」シリーズも人気。 住宅選びからカラーコーディネート、家具・インテリア、エクステリアまでトータルでサポートするスタッフのスキルが高い。 家づくりにかける予算、暮らしはじめてからも楽しいライフスタイル。 そのどちらも追求する家づくりを目指し、こだわりを形にしたオリジナルの規格住宅も人気を集めている。 暮らしをもっと柔軟に ライフスタイルから選ぶ家。 完成度、満足度の高い規格住宅で、札幌の子育て世代を中心に人気を集める。 札幌の三五工務店のグループ会社。 シンプルなデザイン住宅「ZERO-CUBE(ゼロキューブ)」、南仏プロヴァンススタイルの「Blanc Ange ブランアンジュ)」など、全国でも定評のある住宅を展開。 札幌の暮らしをデザインしたオリジナル規格住宅「LIVPLUS リヴプラス 」シリーズも人気。 住宅選びからカラーコーディネート、家具・インテリア、エクステリアまでトータルでサポートするスタッフのスキルが高い。 家づくりにかける予算、暮らしはじめてからも楽しいライフスタイル。 そのどちらも追求する家づくりを目指し、こだわりを形にしたオリジナルの規格住宅も人気を集めている。 社名 株式会社リヴスタイル 住所 〒 001-0034 北海道札幌市北区北34条西10丁目6番21号 電話番号 011-707-5500 FAX番号 011-788-2300 ホームページ 資本金 1000万円.

次の