みんなのうた トラウマ。 丘シカ地下イカ坂

怖い曲?トラウマになった「みんなのうた メトロポリタン美術館」

みんなのうた トラウマ

『こんなに月が青い夜は、不思議なことが起きるよ・・・』 概要 2004年10・11月粋で放送されていた歌。 楽曲提供は。 アニメーションは『』をモチーフに作られており、オルゴールの音色に合わせて幻想的な物語が繰り広げられる。 ・に続く 『三大トラウマソング』。 ただし、上記2つとは違い不気味感や恐怖を煽るといった要素は薄めで、上記2つとは違いこの歌だけ2000年代製である。 このトラウマに関しては、とあるwikiのBBSにて「恐怖感のある映像でなくても幻想的かつ目まぐるしい展開に頭が追い付かなくて、そのまま鮮烈なインパクトがトラウマに近い形で残ってしまう」と言われていた。 また、全編が暗い色調の背景の中で展開する事と、アニメーションに登場するキャラクターのデザインが少女を含めて「可愛らしい」とは言えないものである点も、作品に対して陰鬱なイメージを喚起させる理由だと思われる。 アニメーションを元にしたイラストだけでなく、や他の版権キャラクターを当て嵌めたものなども投稿されている。 登場キャラクター 少女・・・序盤で不思議の国のアリスのからくり時計を眺めていた 恐らく 浮浪児の少女。 時計を眺めている内に不思議な世界に迷い込み老人と共に月に乗って空へ旅する。 老人・・・路地裏で不思議の国のアリスのからくり時計を売っていた人物。 眼が硝子の様に青い。 三日月に乗り少女を空の世界へ誘う。 ウサギ・・・歌詞にも登場するタキシードを着た赤い眼のウサギ。 逆さまに落ちた少女の形のグラスでワインを飲んでいた。 青年・・・終盤に登場するアラビアン風の青年。 空で少女が降り立った逆向きに進む時計の針に乗って老人が若返った姿。 恐らく歌詞にも登場する「月の宮殿 チャンドラ マハル 」の王子様。 ちなみに チャンドラ マハル 月の宮殿 は実際ににある建造物で、かつてのの邸宅であったものである。 関連イラスト.

次の

みんなのうた

みんなのうた トラウマ

「メトロポリタン美術館」(メトロポリタンミュージアム)は、大貫妙子の歌。 作詞・作曲は大貫自身である。 NHKの「みんなのうた」で1984年4月-5月に放送された。 アメリカ合衆国の児童文学作家E・L・カニグズバーグの『クローディアの秘密』に着想を得てつくられたといわれる[要出典]。 実際に、「天使の像」や古代エジプトのミイラを収めた石棺などいくつのモチーフが、この曲の歌詞に登場している。 曲名の表記は「メトロポリタン美術館」であるが、放送映像では、冒頭「メトロポリタンミュージアム」の字幕が映しだされ読み上げられる。 大貫による歌に合わせて、岡本忠成制作の人形アニメが展開されてゆく。 ラストシーンの「大好きな絵」は、エドガー・ドガ「踊りのレッスン(ダンス教室)」(1871年作、メトロポリタン美術館所蔵)である。 出典: 筆者はもう大人ので、全く怖くありません。 笑 そりゃ当然ですよね。 では、なぜこの曲を怖がる子どもたちが後を絶たなかったのでしょう? おそらくですが、ポイントは3つあるように思います。 1つ、夜の美術館で周りに人がいなくて周りは暗い 2つ、暗い雰囲気の映像と明るい曲のギャップが恐怖を引き出してしまう 3つ、主人公が最後に絵の中に閉じ込められてしまう 人間にとって暗がりが怖いのは当然のことですね。 暗い場所に、ミイラが出てくれば子どもなら怖いと感じてしまうことでしょう。 その状態で怖い曲が流れても、それはそれで怖いんですが、実は明るい曲でも怖くなることがあります。 ホラー映画なんかでも、残酷なシーンでわざと明るい曲を流して怖さを引き出す手法がありますが、「メトロポリタン美術館」はまさにそれなんじゃないかな、と思います。 さらには、主人公の女の子は最後、絵の中に閉じ込められてしまいます。 上に貼っている動画は途中で切れていますが、「大好きな絵の中に とじこめられた」という歌詞があるんです。 誰が閉じ込められるのかと言えば、もちろん主人公の女の子です。 絵に閉じ込められて出られないというのは、子どもにとって恐怖でしょうね。 「夜に美術館」「暗い映像と明るい曲のギャップ」「絵の中に閉じ込められること」 この3つが重なり、当時の子どもたちのトラウマになってしまったんじゃないかなと思います。 もちろん、これを製作された方は、怖さを引き出そうだなんて考えてなかったと思われます。 NHKのみんなのうたですからね。 最後の歌詞が多少気にはなるものの、おそらく、たまたま子どもが怖いと感じる映像になってしまったのではないかなと、筆者は考えます。

次の

なぜか怖い…NHKみんなのうたの「メトロポリタン美術館」が復活

みんなのうた トラウマ

こんにちは! 今日放送のNHKのみんなのうたで、 月のワルツが流れたそうですね! NHKのみんなのうたといえば、誰もが一度は見たことがあるであろう番組です。 一回の放送は5分程度ですが、2分強の曲が2曲ほど流され、童謡のような曲からみんなのうたオリジナルの曲まで流されています。 そんな中で今回流されたのが 月のワルツ、数あるみんなのうたの中でもみんなのトラウマに選ばれている曲の一つですね。 だからこそ放送されると話題になりました。 月のワルツはなぜ怖いと感じる人が多いのか? ここまで話題になっていると、やっぱりどんなのなのか気になりますよね。 まずはその月のワルツを御覧ください。 何これめっちゃ不気味、、、 怖いですよこれは、、、 歌詞の内容はよくわかりませんが、特に変な部分はありません。 それよりも気になるのはこの映像ですよね。 不安の煽るような曲調にこの何とも気持ち悪く妙にリアルなアニメーション。 そこはかとない狂気すら感じます、、、 とあるサイトには 「恐怖感のある映像でなくても幻想的かつ目まぐるしい展開に頭が追い付かなくて、そのまま鮮烈なインパクトがトラウマに近い形で残ってしまう」 と書かれていましたが、本当にその通りですね。 展開に頭がついていきません、、、 小さい子がこれを見たら恐怖を感じてしまうのも仕方ないかもしれませんね。 今改めて見ると独特の世界観があって面白いなあと感じますが、それでもやっぱり異質ですよね。 月のワルツにはストーリーがある さて、ここまで不気味だとか怖いだとかトラウマだとか書いてきましたが、この月のワルツという曲にはしっかりとした ストーリーがあります。 月のワルツという曲は不思議の国のアリスをモチーフとしており、歌詞の中にも こんなに月が 蒼い夜は 不思議なことが 起きるよ どこか深い 森の中で さまよう わたし とあります。 登場する少女が老人からからくり時計を売ってもらい、不思議な世界に迷い込んでしまったというところから曲が始まり。 少女が不思議な世界をさまよっているうちに、赤い目をして、少女の形をしたグラスでワインを飲んでいるウサギや、からくり時計を売っていた目が青いガラスのようになっている老人に出会い、老人が三日月に乗り少女を空の世界へ誘います。 曲の終盤、少女が降り立った逆向きに進む時計の針に乗って老人が若返り、青年の姿なります。 恐らくこの青年は、歌詞の中に月の宮殿 チャンドラ マハル の王子様でしょう。 ちなみに、チャンドラ マハル 月の宮殿 は実際にインドにある建造物です。 インドのジャイプルにあり、現在でも王族の居住区になっているそうです! 曲に登場する青年もターバンを巻いており、南アジアのような雰囲気を出していますね。 この月のワルツという曲は、少女と成年の出会いを描いたストーリーだったのではないかと私は考えています。 大人になってから改めて見ると、曲への感じ方も変わってきて面白いですね。 いずれ他のトラウマ曲と言われるメトロポリタン美術館への考察とかも記事にしたいところです。 それでは、お読みいただきありがとうございました! 今日からヒューリックホール東京で開催される「ときめき 今日、RAG FAIRのメンバーの一人、奥村政佳さん アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステー 今日はとてもおめでたいニュースが入ってきました。 こんにちは、ゆうとです。 先日、人気テレビアニメちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこさんが乳 今日はVOCALOID5の発売でしたね! さらにそれだけでなく、井上喜久子さんの声から作られた 今日、Pledisエンターテインメント所属のPRIS 声優の東山奈央さんが、オフィシャルTwitterの運 3月にTBSを退社し、フリーアナウンサーとなった宇垣 こんにちは! 今年も冬コミの季節がやってきましたね。 平成最後のコミ.

次の