三国 戦 志 いく さば。 【三国戦志】最強武将キャラランキング!(いくさば)

三國戦志いくさば(三国戦志)最強キャラクターおすすめランキング!

三国 戦 志 いく さば

好みはあると思いますが、ちょっとしょぼいなと思ってしまいました。。 まぁ、ストラテジーゲームですので、そこまでビジュアルレベルが高くなくてもとは思いますが「 ちょっと絵のセンスが古臭いな」と感じちゃいましたね。 バトルシーンもこんな感じですからね。 ですので、初見プレイ時の第一印象としては「 いまひとつ期待感が上がらないゲーム」という感じでした。 字が小さくてUIがごちゃごちゃして見えます あと、UI(ユーザーインターフェース)はちょっとごちゃつき気味で文字が小さいです。 僕が使用しているスマホは6. 4インチとそこそこ大きいサイズでも辛いレベルですので、もっと小さいサイズを使用している人だとちょっと厳しそうだなと思いますね。 今回はレビューを書くためにある程度は我慢しようと思いましたが、ちょっとこれはゲームを続ける気にはならないぐらいストレスでした。 多分、すぐに修正は入るとは思いますが、これは配信前にチェックするところだと思いますね。 『三國戦志・いくさば』はどんなゲーム のっけから不満ばかりになってしまいましたが、ここからは『三國戦志・いくさば』のゲーム内容も書いていきますね。 基本の作りはオーソドックスな戦略ゲーム。 領地画面で資源を増やしたり兵士を訓練したりして、ワールドマップでは敵国とバトルを繰り広げるというおなじみの建国ストラテジーゲームです。 ちなみにワールドマップは ルートを進んでいくタイプとなり、移動時間もリアルタイムとなるのがポイントです。 城の移転アイテムやワープがないのは個人的には好みです。 三国志ならではの三つ巴のリアルタイムの戦いは面白くなりそう 『三國戦志・いくさば』にはいわゆる同盟・ギルドというのはなく、三国志ならではの「 魏・呉・蜀」の三国にわかれての三つ巴の戦いとなります。 攻城戦の時間が決まっているタイプではなく、 10時から24時の間ならいつでも戦争を仕掛けられる展開は目が離せなくなりそうです。 張り付きプレイができるガチの戦争ゲーム好きの人には受けそうなシステムだと思いますね。 育成、戦術のやりこみ要素は高い スキルの組み合わせ、武将の組み合わせなどが豊富 武将の育成はやりこみ要素はかなり高そうです。 スキルだけでも 倍速、スキップができますのでサクサクとテンポよく進めることができますよ。 ユーザーレビュー ユーザーレビューには星5つの絶賛レビューと星1つの酷評レビューが並んでいました。 ちょっと星5つのレビューは絶賛レベルが胡散臭く、あまり参考にならないかなと僕は感じましたので今回はスルーします。 興味がある人はアプリストアのレビューをご覧になってくださいね。 やり進めれば面白くなりそうな予感もあるのですが、なにしろ操作感が最悪すぎるのでゲームを進める気になれないのがもったいないと思いましたね。

次の

三國戦志・いくさば って面白い?ゲーム内容と評価を本音でレビュー!

三国 戦 志 いく さば

三國戦志・いくさば|リセマラは必要?報酬と方法 三國戦志いくさばのリセマラは可能?したほうが良い? 三國戦志ではリセマラが可能だが、リセマラ効率は悪いので、基本的には リセマラ非推奨のアプリとなる。 本作はログアウト機能を使えばデータ削除は簡単に行うことができる。 とはいえ、ガチャからは キャラの欠片が排出されるので、リセマラで武将を獲得するのが困難。 また、チュートリアルも長めに設定されているので、リセマラするのにはかなり根気が必要になるだろう。 詳しいリセマラ方法は、同記事にある「 」にて紹介しているので参考にしてほしい。 事前登録・ログインボーナスの報酬内容• レアリティ 提供割合 女傑 3. 2% 国士 5. 6% 名将 30% 英才 59. 8% 三國戦志いくさばのリセマラ終了ライン・狙いガチャ 三國戦志のリセマラ終了ラインは、キャラを獲得すること。 上記のガチャ排出確率を考慮すると、英才レアリティでも同キャラを当てる必要があるので非常に困難。 よって、 国士レア以上の好きなキャラ欠片が複数当たったらリセマラ終了して良いだろう。 そもそもリセマラ非推奨アプリなので、リセマラせずにゲームを始めてしまっても問題ない。 5MB アプリインストール後は、ゲストログインでゲームをスタートさせよう。 ゲームを始めると名前+国 (魏・呉・蜀)を選択画面となる。 おすすめの国を選択すると、ガチャで使用する「黄金」を獲得可能。 特別な理由が無い限り、基本的にはおすすめの国を選択するのが良いだろう。 また、名前は 重複不可となっているので注意しよう。 ガチャを引く いくさばのガチャは「酒場」と呼ばれ、小飲ガチャや豪飲ガチャ、盛宴ガチャなどのガチャシステムが用意されている。 (盛宴ガチャ:国士or名将確定) 上記のガチャは全てキャラの欠片が排出され、豪飲ガチャであれば、1回のガチャに付き欠片は合計15個当たる。 欠片は10個集める必要があるので、リセマラ時点でキャラ召喚できる可能性もあるので、リセマラする場合はキャラを目指そう。 当たりが出るまで繰り返す いくさばではタイトル画面右上の 「ログアウト」で、再びゲストログインすると簡単にリセマラを行うことが可能。 アンインストールでデータ削除する必要がないので、上記のやり方で効率的なリセマラをしよう。 三國戦志・いくさば|課金要素について 三國戦志いくさばの課金アイテムは? いくさばの課金通貨は、黄金となっている。 他にも、 週間パスや 1回チャージ報酬、累計チャージ報酬などの課金システムも用意されている。 微課金予定の方はこちらもおすすめ。 三國戦志いくさばは無課金でも面白い? いくさばは無課金でも面白いゲームと言えるだろう。 本作はガチャで武将を獲得するのが、非常に困難なアプリとなっている。 つまり、最強キャラをたくさん集めるには 課金必須となる。 とはいえ、毎日ガチャもコツコツ引けるので、全キャラコレクションするなどの理由がない限りは、無課金でも気軽に楽しめるだろう。 三國戦志・いくさば|ゲームシステム・魅力 スマホアプリ『三國戦志・いくさば』ってどんなゲーム? 『三國戦志・いくさば』はその名の通り、スマホ向け三国志ゲームアプリ。 乱世において天命に選ばれる王者は誰なのか、 三国志のシミュレーションゲームが好きな人におすすめ。 本作は三国志ゲームの新時代を切り拓く本格シミュレーションゲームとなっており、何と言っても縦画面で気軽にプレイできるのが魅力。 歴史に名を残した三国の戦役をオリジナルグラフィックにより完全再現し、三国志を最高級の臨場感と緊張感で体験できるだろう。 プレイヤー同士 (マルチプレイ)で切磋琢磨し、武将育て、最強の王者の道を切り開こう。 歴史上の三国の英傑たちが蘇り、強力な英傑を集め、育て、最強の軍団を統率して天下統一を目指そう。 英傑たちを自由に組み合わせることで 連携秘技も出現するので、戦略性が非常に高いゲームと言えるだろう。 また、組み合わせは無限大となっているので、自分だけの秘技コンボを見つけ出そう。 自分の好きな武将を集めるのはもちろん、最強の英傑コンビを結成し、覇業を切り開こう。 三國戦志いくさば天下統一のポイント 三國戦志いくさばでは合理的に自分の 勢力を発展、兵士を募集、内政を固め、難攻不落の帝国を建設することが重要だ。 つまり、天下統一の道は自分と敵の知力と武力のぶつかり合いとなる。 策を巡らし、自在に戦術を利用し、 陣容を組むのも攻略の要素となる。 戦況は千変万化、頼れるのはプレイヤー自身の知力と軍隊のみとなっているので、最強の王を目指しプレイを楽しもう。 三國戦志・いくさば|基本データ.

次の

スマホ向けSLG「三國戦志・いくさば」が2月下旬に配信決定。事前登録を受付中

三国 戦 志 いく さば

三国志ゲーム最大の革新となる縦画面で遊べる新作スマホゲーム! 「三國戦志 いくさば」は、 広大な中国が戦場の舞台となった三国志バトルが縦画面でプレイできる 新作ゲームアプリ! 乱世において天命に選ばれる王者は誰なのか? 三国志ゲームの新時代を切り拓く本格シミュレーションゲームとなっています。 プレイヤー同士と切磋琢磨したり、富と栄光を手に入れる三国間の古典的な戦いを繰り広げたりと、乱世で活躍して、何千人もの人々の賞賛を浴びましょう。 歴史上の三国の英傑たちが蘇るので、強力な英傑を集め、育て、 最強の軍団を統率して天下統一を目指していきます。 また、三国には、独自の特性があり、英傑たちは多くの秘技を所持しているので、英傑を育成することで、新たな秘技が出現し、戦力アップしていくことができます。 英傑たちを自由に組み合わせることで連携秘技も出現するなど、組み合わせは無限大です。 強い敵に直面しても、敵の弱点を見ることができれば、戦況を覆すことができるので、秘技コンボを見つけ出したり、最強の英傑コンビを結成したりして、覇業を切り開いていきます! プレイヤーは、 自勢力を発展させ『知力』と『武力』を手に入れることが天下統一の鍵となっているので、 効率よく勢力発展させて、兵士を集めて、内政を固め、難攻不落の帝国を建設していきます。 天下統一の道は自分と敵の知力と武力のぶつかり合いなので、 策を巡らし、自在に戦術を利用そて、陣容を組み、武術部隊に指令を出して、戦術を最大限に活用していきます。 最強の王の称号のため、千変万化する戦況を自身の知力と軍隊で翻弄していきましょう。 All Rights Reserved. このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム•

次の