有利区間ランプ 朝一。 スーパードラゴン 有利区間ランプと朝イチリセット時の挙動

エウレカセブン3【天井期待値・朝一リセット・有利区間・やめどき】

有利区間ランプ 朝一

自分の環境ではあまり見かけませんが、たまに行くホールの中にはリゼロを朝一状態で常に有利区間ランプを全台付けているホールが存在します(勝手に「コンビニ潰し」と命名)。 こういった対策をされたとしても、高設定が入るタイミングを把握していれば問題ないのですが、それでも地味に困る点も実際には存在しているんですよね。 今回はそんなリゼロの朝一対策「リセット後有利区間ランプ点灯まで回す」について。 何故わざわざリセット後に有利区間ランプ点灯状態にするのか 普通に考えれば、基本的には据え置きで運用したいんでしょう。 仮に設定狙いで打つ打ち手がいるにしても、「この店はリセット後に有利区間ランプ点灯まで回す」という認識があればランプ点灯だけでは見限られないでしょうし、なんならランプすら気にせず打ってくれる打ち手に期待しているのかもしれません。 さらにはランプ点灯=低設定据え置きと判断した中級者以上が避ける環境で初級者に高設定を掴ませるための施策かも知れません。 一番はやはり、基本的には据え置きで運用したいって事だと思います。 あとはひょっとしたらカード確認ヤメを阻止したい意図もそれなりに含んでいるのかも知れませんね。 後はコンビニの恩恵(レア役時のモード?優遇や極まれに発生するお釣り演出での設定示唆)を嫌っている可能性もありますが、これは正直「恩恵」とすら言えないレベルのものなので可能性は低いでしょうか。 地味に困る理由 カードのレアリティ&ポイントが分からない 確固たる狙い台が絞れている場合ならあまり関係ない話ではありますが、そうではない時は朝一のカード&ポイントも立ち回る上での情報として多少は活用したい所。 ふわっとした狙い台は数台絞れているけれどもピンポイントではないような時、朝一のカードレアリティ&ポイントを見て回すか様子見かを押し引きしたりすることもあります。 それが出来ないとなると、もっとカッチリした狙い台を絞っておかないと闇雲にとりあえず白鯨戦まで・・・というようなノリでどうにかなるほどリゼロの設定狙いは甘くないので結果攻めづらいという結論になります。 場合によっては下見が有効になってしまう 仮にリセットをかけた台だけ有利区間ランプ点灯まで回すような場合、前日の閉店時に下見をしておけば設定変更を行った台が一目瞭然となります。 これはやる気満々な専業さんにとっては完全にメリットだと思いますが、自分のように趣味と実益を兼ねた感じでゆるく立ち回りたい(でも設定6は打ちたいワガママな)人間にとっては逆にデメリットになり得てしまう要素です。 労力をかけた分だけ報われるというのは然るべき状況ではあるんですが、出来れば自分のようなものぐさ人間のためにリセットの痕跡は分からないようにして貰えると嬉しいです。 コンビニ中のレア役という罠 もし本気でリゼロの低設定をある程度動かしたいと思っている店長(設定管理者)さんがいるとしたら、個人的にやられると一番困る事をお教えしましょう。 それは、リセット後のコンビニでレア役を引いた台を有利区間ランプ点灯状態で電源オンオフ後に開店する事です。 大前提として、有利区間ランプが点灯していても「この店は対策しているから」と思って打ってもらえる環境に限った話ではありますけどね。 コンビニでレア役を引くと、通常よりも確実に高設定っぽい動きを(その有利区間中は)する可能性が高まる事が知られています(レア役のレア度が高ければ高いほど可能性が上がる模様)。 リゼロの設定判別をする上で、いわゆる高設定挙動の代名詞である白鯨攻略戦やATを挟んで有利区間が継続する挙動を確認出来た台というのは簡単には止めづらくなります。 この挙動を朝一でされてしまうと、仮に次でA天を食らったとしても「もう一周行ってみるか」といった具合にヤメ時が遅くなる人はかなり多いんじゃないでしょうか。 リゼロは一度打ち始めてしまうと中途半端な所で止められない台なので、朝一にこのような煙幕を張られると非常に困ります。 ただこれに関しては、そもそもコンビニ中レア役を引いた台は期待値プラス状態なんじゃ?という見方も出来るので、故意にやるのは労力面を含めて考えると現実的ではないでしょうけどね。 ただもしリセット後の対策中に偶然コンビニでレア役を引いた時は、あえてそのままその台をランプ点灯状態にして開店してしまうのもアリだと思います(低設定であればですが)。 ひょっとしたら打ち手が勝手に勘違い&期待して低設定を沢山回してくれるかも知れませんよ? 基本的には全リセ放置がお勧め 全リセランプ消灯していても全く稼働が付かないような状況もあるのですが、少なくともランプが付いた状態を放置するよりはいくらかマシであるのは確かでしょう。 ランプ点灯をアクセントとして用いて、たまにリセット後ランプ点灯まで回しておいた台が実は高設定…なんて事を何回かやることで、それにつられる人に本物の据え置き低設定を打ってもらうというような騙しはアリだとは思いますけどね。 ある意味リゼロは、 ランプをいかに上手く使うかという点に稼働促進のヒントが潜んでいるんじゃないでしょうか。 今後、というか今現在もそうですが、リゼロを動かせるかどうかは設定を扱う人の設定師スキルに掛かっていると思います。 打ち手を手玉にとるような上手い運用を出来るホールだけが、リゼロを稼働の軸とする事が可能となっていくんじゃないかと思っています。 ぜひとも「楽しい設定狙い」をさせて頂きたく存じます。

次の

6号機 リセット判別 一覧|ENARE|note

有利区間ランプ 朝一

味覚の秋、到来。 新米に秋刀魚に果物と、美味しいものに溢れた秋ではありますが、みなさんお忘れじゃないでしょうか。 徐々に増えている6号機も実はオイシイということを。 こんな声をよく聞きます。 ・新台は出ない ・だから新台には興味がない ふむふむ。 わかります。 けど、5. 9号機のイメージを引きずってる人も多いと思うんですよね。 よくよく聞いてみると、6号機と5. 9号機の違いも把握してなくて、ここ数年の新台はすべて出ない=興味なしとバッサリ切り捨てている人が多いこと多いこと。 確かに、5. 9号機になって天井もなくなり朝イチの恩恵もなくなりました。 でも、6号機では天井も朝イチの恩恵も復活してるんです。 それを話すと、えーそうなのとビックリされます。 6号機がリリースされてから1年が経過しました。 そして2021年2月からは6号機のみとなります。 時代は待ってくれません。 今回の特集では「6号機の狙い目」と題し天井や朝イチなどオイシイ情報を満載しております。 中には20年前のモーニングを彷彿とさせる激アツ情報もあります。 食わず嫌いではなく、まずは軽く触れてみることから始めてみてはいかがでしょうか。 狙い目:天井 600G以上のハマリ台を当たるまで回す 朝イチ狙いで今一番オイシイのが ネットの『スーパードラゴン』。 なんてったって、勝負が早い。 CHANCEランプが消えている台を10Gほど打つだけ。 シンプルです。 普段はCHANCEの左側が点灯しています。 設定変更後は、ボーナス終了後同様CHANCEランプが消えます。 1〜3G程度回すと、CHANCEランプが点灯し内部的に龍宮ゾーンへ移行するので、点灯してから9G回して当たらなければヤメとしています。 ここで9Gとしているのは、ボーナス後の場合、CHANCEランプ点灯の2G目から龍宮ゾーンに突入しているから。 龍宮ゾーンは7G継続し終了後1G目のレバーONでの逆転パターンを含めると8G間チャンスがあるので、それを考慮しCHANCEランプ点灯後9Gヤメとしています。 実戦では、通常の龍宮ゾーン(ボーナス期待度70%)ほど期待度は高くありませんが、5回に1回程度でボーナスに結びついています。 そこから連チャンが期待できますし、朝から昇龍で大量獲得というのも経験済みです。 ベースが43G以上あり、実質消費12枚程度でモーニングのチャンスとなりますからかなりのローリスクです。 一番のネックはリセ台があるかどうか。 対策してる店もあるでしょう。 朝の稼働を上げたいと思っている店はあえてリセ情報を残しているようですから、そういうホールを見つけることが何より重要です。 天井狙いは、500Gから。 メニューボタンの十字キーをポチッとやると小窓に加算カウンタのゲーム数が表示されます。 この加算カウンタが600G以上なら当たるまで打つようにしています。 600G未満でも、ドラゴンランプの色が赤や紫なら打ちます。 この機種はチェリー時にそれまで溜めたゲーム数を一気に加算させるので、スイカやチャンスベルをたくさん引いて内部的に加算していても約100分の1(設定1)のチェリーが引けず内部留保がかなり溜まっているという状態がよくあります。 台の上のデータカウンタはあくまでも目安で、加算カウンタのゲーム数とドラゴンランプの色をチェックです。 また、128G以内でも筐体の枠色が紫なら128G以内のボーナスが濃厚となるようです。 今まで一度も見たことがありませんが、一応頭の片隅にでも。 狙い目:天井 600G以上のハマリ台を当たるまで回す 設定変更後の旨味で言ったらこの機種が最強かもしれません。 設定変更していれば50%で内部的に謁見の間となり、つまりはボーナス80%ループ状態となるからです。 設定変更後は、内部ボーナス確率が19分の1、有利区間移行率が19分の1で、有利区間移行前にボーナスが成立すれば内部的に謁見の間へ突入となるようです。 設定変更さえされていればかなりオイシイ機種ですが、設定変更がされていればという条件付き。 それゆえ、朝イチは設定変更されたかどうかの判別がまず重要です。 判別方法は……実に簡単。 実戦上、リールのガックン判別が有効です。 なので、朝イチ7揃いとか対策してなければガックン=設定変更と判断できます。 また、有利区間ランプを利用した判別も可能となることがあります。 可能となることがある……回りくどい表現ですが、前日有利区間ランプが点灯している状態で閉店を迎え、朝イチ有利区間ランプが消えていたら設定変更と判断できます。 前日有利区間ランプが消えていたら、変更か否かは見た目上わかりません。 この機種の有利区間ランプは右上の丸ランプです。 七匠の機種はどれもここが有利区間ランプです。 この機種のシステムを説明しますと、ボーナス後はグレンラガンチャンスか謁見の間へ移行しますが、前者に移行したときは有利区間が点灯、後者なら非点灯となります。 有利区間ランプが点灯したら次のボーナスまで点灯しっぱなしなので、そこを変更判別に利用するというわけです。 なので、前日夜に閉店チェックして有利区間ランプが点いているかどうかを見ておきたいところです。 場合によっては、前日夜に閉店チェックせずとも、有利区間ランプが点いたまま閉店を迎えたかどうか判断できることがあります。 というのは、この機種、初当たりボーナス後は基本的に謁見の間に移行します。 そしてボーナスのたびにグレンラガンチャンス(有利区間ランプ点灯)、謁見の間(非点灯)といった具合に、交互に突入します。 ボーナス1G連でこのサイクルが崩れることがありますが、データカウンタの履歴から「ボーナス偶数回で閉店したから点灯したまま」なんじゃないかと推測することができます。 ただし、除外して考えなきゃいけないことをあって、朝イチ内部的に謁見の間に突入しそこからボーナス直撃やCZ経由でボーナスに繋がった場合、そのボーナス終了後はグレンラガンチャンスに突入となります。 となると、例えばボーナスが2連で終わった場合でも謁見の間で終了してますから当然有利区間ランプは非点灯です。 このまま閉店を迎えると、ボーナス偶数回なのに有利区間ランプは非点灯のままといった状況になります。 その辺りを考慮すると、ガックンの効く店でガックンした台を打つというのが一番簡単なやり方と言えます。 さて、ガックンもしくは有利区間ランプが消えていて設定変更が確定しました。 そのあとどうするか。 左リール上段付近に元図柄(白図柄)を狙ってプレイします。 左リール中段に元が止まれば実戦上内部ボーナス成立目となりますので、中or右リールに赤7を狙って揃わないよう注意します。 揃うとペナルティが発生しますので。 最初に説明したように、有利区間移行前に内部ボーナスが成立すれば内部的に謁見の間へ突入となりますから、この内部ボーナス確定目が早く出れば出るほど期待が高まります。 ただ、内部ボーナス確率が19分の1ゆえなかなか確認できないこともあります。 ガックンしたのになかなか出現せず40G目にやっと出現したことがあり、これじゃあ謁見の間も期待できないなと思っていたら謁見の間にいたらしくほどなくCZへ突入したということもあります。 内部的な謁見の間は液晶上わかりませんが、CZは画面が切り替わります。 実戦上、ボーナス終了後の謁見の間が60Gほど続いたことがあるので、内部ボーナス成立目を確認したらそこから60Gは回すようにしています。 ガックン対策をしている店ならとりあえず50Gほど回して内部ボーナス確定目を狙い、出ればそこから60Gほど回すといいかもしれません。 ちなみに内部ボーナス確定目が出現したらあとはいつものようにBAR狙いで構いません。 元狙いでもチェリー時は中段「リプ・リプ・ベル」の1枚役が揃いロスはありませんが、慣れ親しんだBAR狙いのほうが落ち着くでしょう。 そんな朝イチ狙い、ベースが高いため100G回しても2000円の投資で済みます。 ボーナス80%ループ状態に突入すれば500枚程度の期待値はあると思いますので、取り漏らしたくはありません。 実戦上、内部的に謁見の間ならレア役1回2回でCZに突入したりボーナス直撃となっているので、レア役を3回引いて何もないならヤメていいのかも。 天井狙いのほうは、普通にデータカウンタで大ハマリしているのを当たるまで打つ。 ただそれだけです。 この機種は6号機の一撃2400枚の制限を受けない天元突破システムとなっていて、ボーナス80%ループが延々と続くことにより一撃2400枚超も可能です。 個人的には一撃1500枚が最高ですが、データからそれ以上の猛爆を見たことがあります。 このように、店側からしたら設定変更時のリスクが大きすぎるため、スーパードラゴンなどほかの6号機を全リセしていてもこのグレンラガンだけは据え置いてるところもあります。 朝1発目のボーナス後グレンラガンチャンスのランプが点灯したら、そのボーナスは内部的に謁見の間経由だったことが判明するので、その点からも店のリセ状況を判断することができます。 朝イチ誰かが打っていたとしてもボーナス中などはチェックしておくといいかもしれません。 あ、あと 5. 9号機の『パチスロ 天元突破グレンラガン極』と間違わないでくださいね。 似てますから。 狙い目:天井 600G以上のハマリ台を当たるまで回す グレンラガンと同じ 七匠の『超AT 美ら沖』。 これもまた有利区間ランプを利用した変更判別が可能です。 有利区間ランプは先ほどのグレンラガンと同じ場所、クレジットなどが表示されている右上の丸ランプです。 ここが消えていたら設定変更となります。 打ち始めて数ゲームで点灯するので、点灯後111G回して当たらなければヤメ。 有利区間移行時の50%以上でストック放出モードとなり、基本的にボーナスを持っていれば111G以内にボーナスとなります。 ただし、ストックの最大値7個を獲得した場合は222Gまで引っ張られることがあるとのこと。 ストック7個の獲得割合が不明なのと、実戦でそれを目撃したことはないので個人的には111Gヤメでいいと思っています。 ボーナスが引っかかった場合は、ボーナス終了後111Gまで回します。 連チャンがうまいこと絡んで有利区間を長く消化するとボーナス終了後109Gで有利区間ランプが消えることがあります。 そのときは、数ゲーム回して有利区間ランプを点灯させそこから111G回すのがヤメるタイミングとなります。 店が設定変更後、数ゲーム回して対策をしているようでしたら触れない方が無難かもしれません。 天井狙いは、ちょっと深めの600Gを目安にしています。 深いゲーム数では、天井前で当たれば超1G連モードに移行する可能性があるもののその確率は激低のためほぼ天井まで引っ張られます。 なので、600Gと深めから追うようにしています。 設置が少なく天井狙いで打てたことは1回のみですが、ボーナス終了後に有利区間ランプが消えたのでランプ点灯後111G回してヤメました。 この美ら沖、一応ゾーン狙いなどもありますが、個人的にはそれほど旨味を感じてないのでやったことはありません。 そもそも設置店を探すのが大変なくらいですから。 狙い目:その他 白鯨攻略戦後やAT後に有利区間継続した台 この秋に新パネルが発売され、総設置台数は7万台とも8万台とも言われている 大都技研の『Re:ゼロから始める異世界生活』。 導入後半年が経過し、ヤメられているゲーム数は、0G、2G、32G付近というのがほとんどではありますが、21時以降など時間帯によっては250ヤメなどを見つけることがあります。 100Gヤメの台を打てば900円超の期待値があると言われているだけに日中はハマリ台はなかなか落ちてはいませんが、狙い目としては100Gからとしています。 ハマリ狙いよりも効果的なのが「有利区間継続台」です。 白鯨攻略戦やAT終了後にコンビニステージに行けば有利区間はリセットとなり、逆にコンビニステージに行かなければ有利区間は継続です。 その有利区間継続台を次の白鯨攻略戦まで打つというのがこの戦略です。 白鯨攻略戦やAT終了後30G回してカードを見てヤメる人は結構います。 これが有利区間継続台が空く理由です。 白鯨攻略戦やAT終了後に続行している人がいれば、データカウンタのゲーム数と温泉ステージやひざまくらステージの残りゲーム数(液晶右に表示)を足して30になれば有利区間が継続していると判断できます。 その確認作業の手間があるので、左右前後くらいは白鯨攻略戦やAT終了後にコンビニステージに行ったかどうかはチェックしておきたいところです。 空き台をチェックする場合はいろいろと注意が必要です。 まず液晶画面はメダルを投入しないと確認できません。 なので、パーソナルシステム(各台計数)や持ちメダル移動可の店もしくはメダルを借りてチェックし即流す鋼のメンタルの持ち主じゃないと心苦しくなるかもしれません。 0Gヤメの場合、コンビニだったらヤメ、温泉やひざまくらだったら続行。 2Gヤメの場合はデータカウンタと液晶右の残りゲーム数を足して30なら続行、そうじゃなければヤメとなります。 実戦上、2Gヤメとかでも有利区間継続台が結構あります。 AT終了後勢いでレバーを叩いてリプレイを引いたりで数ゲーム回してしまうことがよくありますから。 32G付近でヤメてある台は有利区間が継続しているかどうかわからないため触れないほうが無難かもしれません。 有利区間が継続している台でも通常Aモードの天井777Gまで引っ張られることがあるので、そうなっても拳を振り上げない冷静さも必要です。 打ち始めたら最後、有利区間がリセットされるまで打ち続けないといけないので時間的余裕も持っておきたいところです。 白鯨攻略戦やAT終了画面で、有利区間ランプ(セグ表示の右の菱形ランプ)が消えたら清算ボタンを押してクレジットを落とすといいでしょう。 狙い目:天井 500G以上のハマリ台を当たるまで回す 6号機1発目の 『HEY!鏡』。 今でもよく打ちます。 設定狙いでも天井狙いでも。 天井狙いは、500G以上からとしています。 液晶左に常に表示されている周期数が5なら期待度50%超なので、そういう台があれば500G手前でも打つようにしています。 当たったらドライブゾーン終了後、数ゲーム回してセリフをチェックしてヤメ。 通常ゲームに移行後、有利区間移行のタイミング(第3停止後)でHEYカウンターが作動するので、そこでPUSHボタンを押して発生するセリフをチェックするというわけです。 このセリフがモードを示唆し、「ワーオ!」ならヤメ、それ以外ならとりあえず1周期だけ様子を見るようにしています。 このセリフによるモード示唆は、特訓対決後の敗北時と同様なので忘れずチェックしておきたいところです。 ドライブゾーン終了後に特訓に行った場合も同様ですので、お忘れなく。 見ていると、終了後のPUSHチェックをしてない人が多いんですよね。 ここからは機種別狙い目を簡単に。 ハマリゲーム数はチャンスボタンを長押しして液晶に表示されるものを参照。 その他狙い目として挙げたのが有利区間ランプ点灯台で、クレジット表示部の右下にあるドットが点灯していれば有利区間滞在となります。 ボーナス後はボーナス高確or鉄拳チャンス高確へ移行し有利区間ランプが点灯するので、ここが消えるまで続行。 消えたら即ヤメ。 データカウンタが100G以上経過していても有利区間ランプが点灯している台は結構あるので、ドットは要チェック。 ドットが点灯すると液晶左上のゲーム数もカウント開始となります。 設定変更後は内部的にCZとなるようで、強い演出が発生しいきなりAT直撃というパターンを何度も見かけました。 液晶でのゲーム数カウントが32Gになるまで回し何もなければヤメますが、液晶ステージが作戦会議や決戦前夜の場合は周期到達時のCZ期待度が高いためジャッジ演出までは回すようにしています。 本機にはAT確定の天井はありませんが、6周期ハマリでCZが確定します。 現在の周期数は液晶メニューで確認できるので、4周期目以降ならCZに当たるまで打っていいでしょう。 なので、液晶メニューでCZ4スルーしている台があれば10周期終了(有利区間リセット)まで打っています。 また10周期までCZが1回も当選していなかった場合、10周期目はEXステージとなりここでCZ当選ならボーナス直撃に書き換えられるため終盤までCZ0回の台も狙い目となります。 終盤になるほどランクも高く自力でCZに当選する可能性も高まりますしね。 10周期終了で即ヤメ、ボーナスに繋がった場合は引き戻し確認後ヤメ。 333到達後は当否を確認して、当たったら即ヤメ、ハズレても即ヤメ。 設置店が身近になく、打ち込み度が低い機種も多々ありますが、今後もし打つ機会に恵まれたら情報のアップデートもしていこうと考えています。 ちなみに、今回の狙い目は50枚等価交換店をイメージして書いてみましたので、5. 6枚交換店などはよりハードルを下げることをオススメします。

次の

リゼロの朝一リセット対策で『全台有利区間ランプ点灯』(コンビニ潰し)が地味に痛い理由

有利区間ランプ 朝一

有利区間移行時にモードと状態を決定。 モード移行抽選 設定 通常 優希 まこ 久 設定1 40. 設定 通常 ボーナス高確 設定1 56. ボーナス高確以外 設定 強チェリー カンA カンB 1 10. 設定 弱チェ スイカ 強チェ カンA カンB 1 0. CZ突入率 レバーONでタイマーが出現し長いほどチャンス。 レア小役成立かつCZ・ボーナス・悪待ちポイント獲得などに期待できる。 タイマーの時短別期待度 タイマー 期待度 ショート 3. 00秒 低 ミドル 5. 77秒超え 高 3秒経過時のカットイン 3秒経過時にカットインが出現すれば5秒以上が濃厚。 更にカットインの種類で対応役や展開を示唆。 衣&池田…チャンス目なら衣CZの期待度アップ• 久…悪待ちポイント獲得に期待• まこ…5秒を超えたらロングフリーズ!? 風越5人…7秒 or ロングフリーズ濃厚• 鶴賀5人…強チェリー or ロングフリーズ• 龍門渕…期待度アップ。 チャンス目ならCZ濃厚 5秒経過時のカットイン 優希と和の卒業式カットインならボーナス濃厚。 7秒経過時のカットイン 和と咲のゆびきりカットインならロングフリーズ濃厚! リールロック発生抽選 レア小役成立時にリールロックの発生を抽選。 非当選だった場合でもボーナス・CZ・悪待ちポイントに当選していた際は再度リールロックの発生を抽選するためリールロック経由のレア小役は期待度が高い。 レア小役成立時のリールロック抽選 成立役 03:00 05:00 スイカ カン成立 9. 弱チェリーでのリールロックはボーナス濃厚• 07:00ロックはボーナス当選濃厚• リールロックでのチャンス目はCZの期待大• 強チェリーの05:00ロックは悪待ちポイント獲得のチャンス ポイント獲得契機 【規定ゲーム消化】 有利区間移行後、200G・400G・600G・800Gのゾーンでボーナスに非当選だった場合に悪待ちポイント獲得を抽選。 久モード滞在時は獲得率大幅アップ! 【レア小役成立時の一部】 レア小役でCZ・ボーナス非当選だった場合に悪待ちポイント獲得を抽選。 ボーナスの本前兆中や天井到達間際のレア小役も有効。 【CZ失敗時】 CZ失敗時に失敗回数に応じて悪待ちポイント獲得を抽選。 久モード滞在時は獲得率大幅アップ! 【天井まで32G以内】 天井まで32G以内で引いたレア小役でポイント獲得を抽選。 悪待ちポイント獲得率 久モード以外 天井間際のカン成立はチャンス!その他の獲得率は調査中。 天井まで32G以内のレア小役 成立役 獲得率 弱チェリー スイカ 0. 結果は初回のスイカ成立時に告知 初回のスイカで3個なら初期値2個が濃厚。 モード 2個 1個 0個 通常 1. 振り分けには若干の設定差が存在。 設定 カンA カンB カンC 設定1 65. 文字 示唆内容 好機 青 カンレベルA〜C 好機 緑 カンレベルB〜C 好機 赤 カンレベルC 激熱 ボーナス本前兆濃厚 エトペン BIG本前兆濃厚 嶺上開花 親番BIG本前兆濃厚 虹色の六筒 BIG本前兆濃厚+ 設定6の示唆 ボーナス高確以外 レア小役によるボーナス直撃の可能性があるのは強チェリーのみ。 設定 強チェリー カンA カンB 1 10. それぞれ原作キャラクターの特性を活かしたシステムになっている。 モード 特徴 通常モード 基本モード 優希モード 初当りが早いがREG多め。 次回モードに期待 まこモード 初当りが遅いがBIG濃厚 久モード 悪待ちポイントが起こりやすい!? 和モード 初当りがやや早め。 REGの場合は覚醒のどっちモードに移行しやすい 咲モード 差枚数プラマイゼロになるまでバトルに負けない!? アイキャッチ 示唆内容 優希モードor 覚醒 のどっちモード まこモードor 覚醒 のどっちモード 久モードor 覚醒 のどっちモード 和モードor 覚醒 のどっちモード 咲モードor 覚醒 のどっちモード 咲アイコンのセリフ 液晶左下にある「咲アイコン」にキャラのセリフが出現すればそのキャラ名のモード滞在を示唆。 ラストチャンス失敗時にも移行抽選が行われる。 有利区間移行時のモード抽選 有利区間移行時は高設定ほど上位モードが選択されやすい。 なお、覚醒のどっちモードは有利区間継続時のみ移行する可能性あり モード 振り分け 通常 40. CZ突入率 CZは高設定ほど突入しやすい。 2 レア小役時の抽選 CZ中のレア小役は狙えナビの加算を抽選。 クライマックス目出現ならBIG+クライマックスバトル濃厚。 特殊役成立時 CZ 抽選の内容 咲CZ リーチ目出現 or ナビ+1 和CZ リーチ目出現 衣CZ リーチ目出現 CZの昇格 CZが25G継続すると狙えナビが1つ加算され、更に1つ上位のCZに昇格。 衣ZONEなら25G継続で成功扱い。 狙えナビが4回以上残っている状態でCZに成功すれば親番BIG濃厚。 狙えカットイン 狙えカットインは青<緑<赤の順に図柄揃い期待度がアップ!また、カットイン出現タイミングがレバーON時ではなくリール回転時なら色不問で激アツ! CZ中の小ネタ 狙えカットイン発生時に右リール下段に青BAR停止で1確。 内部成功時に右下段に青BARをビタ押すか4コマスベる位置で押すと停止。 REG消化中は成立役に応じてポイントを獲得し、最終的な累計ポイントでCZやBIGなどを抽選。 リプレイ4連なら上位CZ or BIG当選が濃厚。 最終ゲームでリーチ目が出現すると赤7BIG+クライマックスバトル濃厚。 組み合わせも重要!? 先制なら勝利濃厚。 久登場だと…!? 頂上決戦中の勝利抽選 頂上決戦消化中は成立役に応じて毎ゲーム勝利抽選。 当選率は「」で変化。 成立役 レベル1 レベル2 レベル3 ベル 特殊役 0. 敗北時の復活抽選 頂上決戦に敗北すると液晶右下の牌の数に応じて逆転抽選が行われる。 牌の数 復活当選率 0個 0. 成立役 当選率 リプレイ 0. 成立役 当選率 リプレイ 19. 動画 PV動画や試打動画の紹介。

次の