恋姫無双。 ZIGZ TOY

ヤフオク!

恋姫無双

2008年7月から9月まで全12話が放送された。 本項では3作品ともに解説する。 登場人物に関してはを参照。 アニメーション制作は。 全12話。 ゲーム版の主人公の北郷一刀は登場せず、愛紗が事実上の主人公となっている。 また、一部のキャラクターの生い立ち等が変更されるなど、アニメオリジナルの人物や設定も散見される。 作中、キャラのSD化、パロディー、要素が随所に盛り込まれ、明るい作風と遊び心満載の描写が多いのも特徴である。 SD化については、等身大に差し替えたバージョンがDVDに特典として収録されており、選択が可能。 スタッフ [ ]• 原作・企画協力 -• 監督 -• シリーズ構成・脚本 -• キャラクター原案 - 、八葉香南、かんたか、日陰影次、• メインキャラクターデザイン -• キャラクターデザイン - 平塚知哉• 美術監督 - 高須賀真二• 色彩設計 - 石黒けい• 撮影監督 - 伊藤邦彦• 編集 - 田村ゆり• 音響監督 -• 音楽 - 清水永之• プロデューサー - 、高畑裕一郎、小柳路子• アニメーション制作 -• 制作協力 -• 2014年、• そのため前作のアニメ版に関連したアニメ独自の逸話や設定がネタとして随所に盛り込まれ、キャラのSD化、別作品からのパロディ、要素も引き続いてある。 前作のアニメ版同様ゲーム版の主人公の北郷一刀は登場せず、劉備軍視点を主としたストーリー展開となっている。 また、呉軍のキャラは第1期の本編には登場せず、OPとEDにしか登場しなかった。 放送に先立つ2009年10月1日にはにて、前作のオープニングテーマ『flower of bravery』を歌う愛紗と鈴々のライブアニメと共に第1話が配信され、また同動画内のマーベラス公式ちゃんねる内にて、TVCM用に放送されたフラッシュアニメと本編第一席が無料配信(第二席以降は有料)されている。 第8話に登場した鈴々扮する妖怪ふんにゃもんにゃはテレビアニメ『』第10話にもカメオ出演している。 スタッフ(第1期) [ ] 前作で製作に関与していたが今作以降関与しておらず、代わりにが製作に加わっている。 これに伴い、全放送局中AT-Xが最速になった他、主題歌の発売元も5pb. からに変更され、BGMも前作のものは一切使われずに全て新規に作られている。 原作・企画協力 -• 監督 -• シリーズ構成・脚本 -• キャラクター原案 - 片桐雛太、八葉香南、かんたか、日陰影次、さえき北都、しのづかあつと、くわだゆうき• メインキャラクターデザイン -• キャラクターデザイン - 平塚知哉• 総作画監督 - 大島美和、平塚知哉• 美術監督 - 高須賀真二• 色彩設計 - 石黒けい• 撮影監督 - 伊藤邦彦• 編集 - 田村ゆり• 音響監督 - ハマノカズゾウ• 音楽 -• プロデューサー - 、高畑裕一郎、山崎明日香• アニメーション制作 -• 制作協力 -• 製作 - 真恋姫無双製作委員会(、、)• また、東海地方はテレビ愛知からぎぶチャン、三重テレビに変更された。 一部放送局で追加修正あり。 「三国志モノ」故に元々登場人物の多い作品であったが、中でも今期の11話では出演声優が総勢45名、最終話となる12話では実に58名にも上った。 深夜アニメばかりでなく、劇場アニメ等を含めても1話における出演者数としては異例であり、共演者同士でも直接顔を合わせる事がなかったり、順番待ちでスタジオに入りきれなかった面々が階段で待機していたりなど、収録は大変だった模様である。 スタッフ(第2期) [ ]• 原作・企画協力 -• 監督 -• シリーズ構成・脚本 -• キャラクター原案 - 片桐雛太、八葉香南、かんたか、日陰影次、さえき北都、しのづかあつと、くわだゆうき• メインキャラクターデザイン -• キャラクターデザイン - 平塚知哉• 美術監督 - 高須賀真二• 色彩設計 - 石黒けい、真壁源太• 撮影監督 - 伊藤邦彦• 編集 - 田村ゆり• 音響監督 - ハマノカズゾウ• 音楽 -• プロデューサー - 、高畑裕一郎、山崎明日香• アニメーション制作 -• 制作協力 -• それぞれについて初回特装限定版とスタンダード版の2種類があり、計4パターンで発売される。 基本はアニメ版に準ずるが、馬岱(蒲公英)が翠を頼って桃花村にやってくるシーンが追加されるなどアニメで書かれなかった部分の補完も行われている。 販売元:• 2011年2月26日• 2012年4月27日• 2013年2月27日• ゲーム版第1作ラストで触れられていた学園編を映像化したオリジナルエピソード。 キャラ総出演で聖フランチェスカ学園(『』と同学園)の生徒会長選を巡って二人三脚や水上騎馬戦などで対決する。 前作の続編ではあるが前作に登場しなかったキャラも出演。 OVA第3弾となる最終巻で、大学園祭のエピソード。 全員集合のこと 中西伸彰 平塚知哉 久保栞莉子 映像特典 [ ]• - 本作とは「三国志を題材とし、登場する武将の多くを女性として描いた」という共通点を持つ作品。 - DVD第6巻に出張版が収録。 また、原作であるゲーム(『』や『』)でも各々コラボレーションを行っている。 そして12月25日発売のブルーレイ版のDVDBOX購入特典として特別版の形で限定復活している。 パーソナリティは(関羽役)、(張飛役)。 コーナー [ ]• 普通のお便り• 現代日本演義• 名言戦隊!アレンジャー!• 愛紗と鈴々 禁断の裏プロフィール• 孔明の罠かっ! ゲスト [ ]• 第03回 (趙雲役)• 第04回 (公孫賛役)• 第05回 (馬超役)• 第07回 (呂布役)• 第08回• 第09回 (曹操役)• 第10回 (孫権役)• 第11回 (黄忠役)• 出張版第一巻 本井えみ、河原木志穂• 出張版第二巻 小林眞紀、前田ゆきえ• 出張版第三巻 (董卓役)、(賈駆役)• 出張版第四巻 雨宮侑布、(璃々・許緒役)• 出張版第五巻 櫻井浩美、(甘寧役)• 出張版第六巻 (袁紹役)、(文醜役)、(顔良役)• 出張版第七巻 小林眞紀、前田ゆきえ、櫻井浩美•

次の

【恋姫†無双】恋姫シリーズでたくさんあるけど、どれからプレイすればいいの?全作品を解説していきます[美少女ゲーム]

恋姫無双

html on this server. 「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」などにある二次創作(二次小説、SS、サイドストーリー等)やオリジナルのお薦めWeb小説、オンライン小説、オンラインノベル、やる夫まとめサイト、Webマンガのリストです。 追加を希望する小説&Webマンガなどやリンク切れなどがあれば、 までメールをください。 追加希望については、読んで面白ければアンテナに追加します。 このページはリンクフリーです。 評価基準 S:頻繁に読む(傑作) A:更新ごとに読む(名作) B:時々読む C:昔読んでた 評価基準は、上記の通り管理者の主観的な評価になっていますので、ご注意ください。 用語の意味は、「」を読めばだいたいわかります。 <グループ分けのルール> ・「(2次創作を除く)VRMMO世界へのトリップもの」は、「VRMMO」に分類しています。 ・「オリジナル」関連小説のうち、ダンジョン関連の小説は「オリジナル ダンジョン関連 」に分類しています。 ・グループに作品名がない2次創作の作品は、まとめて「2次創作」に分類しています。 (機動戦艦ナデシコ、ガンダム、ヒカルの碁、風の聖痕、GS美神、とあるシリーズ、エヴァンゲリオン、レギオス、ログ・ホライズン、ゲート、デルフィニア、艦これ、魔法科高校の劣等生、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか、など) ・3作品以上の世界クロスや複数作品の世界への連続トリップものは、「2次創作」に分類しています。

次の

ヤフオク!

恋姫無双

メニュー• オリジナル• 各勢力の思惑がしっかりと描かれ本当に中華情勢は複雑怪奇。 内政要素もあるが一長一短という感じで万事上手くいくわけではない。 オリ主は袁術陣営。 保身第一でスイーツ(笑)だけどその小物っぽさも魅力的。 17話の孫策と周瑜に才能の違いを見せつけられ打ちのめされてから再起する下りは何度見ても良い。 苦手だなと思っても出来ればここまでは読んでほしい。 立場や思想の違いによって一刀や蜀と対立しているが貶める訳ではない。 難点としては三国志の世界で書記長とか同志とか出てくるので拒否反応出る人もいるかもしれない。 これは恋姫二次を書く人にはかなり役立つものではないだろうか。 うん、だけどこれ原作恋姫といっていいものか。 題名通り恋姫時代の後漢について細かい所までしっかりと纏めてあるがここまでくるとむしろこれ三国志の資料だろと突っ込みたくなる。 そもそも恋姫自体が三国志演義のぶっとんだパロであり、眼鏡があったりファッション雑誌があったり様々な機械類があったり、 登場人物の行動や所属組織まで既に歴史なんか知ったことかと言うかのような、なんでもありなファンタジー世界である。 なら今度は逆にそれに対するものとして歴史研究としての後漢時代の資料は逆に必要なのかという根本的な疑問が残ったりもする。 どうせならそういう作中に出てきたオーパーツ類について纏められてたりしたら面白いかなと個人的に思った。 【作品名】孫呉の仁義を継ぎし者 【作者名】FA-UMA 【URL】 【あらすじ・概要】 長い。 とにかく長い。 実はまだ全部読めてない。 呉の将、韓当が主人公の非転生オリ主。 が、その分オレ主な感じは薄まっていると思う。 バランスのとり方がうまくなれば もっと主人公の魅力が増すと思った 全体評をするなら、無難にまとめたオリ主ものという感じだろうか オリ主と一刀が同じ勢力にいるという、人によっては地雷ともいえる要素があるが、 露骨な改悪やアンチ要素はなかったと報告しておく とにかく文量が多いので、読める人にはありがたい。 徐庶元直を主人公に曹魏から話を展開。 主人公視点が非常に多いが、それを気にせずに見られる人であれば面白い作品かもしれない。 現代知識を多用、誇るのではなく気だるげに生きる姿が作者によって書かれる。 大幅な改変や原作キャラとの深い関わりは、話の流れからまだ読み取れない。 恋姫キャラとの思考を読み、疑い、謀略を尽くし戦う描写は今のところはなし。 そういう戦略的な戦いや空気が好きな人は、オススメはできない。 しかし恋姫キャラの空気はよく表現されている。 原作が好き・キャラとの絡みが好きな人には、とてもうける作品ではないか。 恋姫は作品によって話の方向性が大きく別れるので、評価が難しいと毎度感じる。 【作品名】荀シン(何故か変換できない)が恋姫的世界で奮闘するようです 【作者名】なんやかんや 【URL】 【原作】恋姫無双 【地雷条件又は注意事項】 オリ主、転生、ご都合主義 【あらすじ・概要・感想】 転生したけどチート能力ない主人公が、商才でどうにかやっていくお話。 チートないって言ってる割には商売やらがやたら上手く事が運ぶだが、今どきのゆとりでもこうはならないだろうという程の屑っぷりで、ことごとく駄目にしていく主人公。 とにかく主人公があまりにも屑でヘタレでゴミ。 文章そのものは悪くないのだが、それが余計に主人公の屑っぷりを伝えてくる。 そういった、愛されない馬鹿を見て笑える人は、読んでもいいのかもしれない。

次の