高橋 まつり 上司。 まつりさん上司の電通元部長は「不起訴相当」 検察審:朝日新聞デジタル

自殺社員の直属上司を書類送検 電通、労基法違反容疑:朝日新聞デジタル

高橋 まつり 上司

電通事件で高橋まつりさんの上司を不起訴不当として検察審査会に申し立て。 かっちの言い分 電通と言えば広告業界の最大手で、この会社に就職することはかなり難関で、希望に満ちて仕事に当たっていたのだろう。 東大出で若く有意な人材の高橋まつりさんが、命を絶ったことで、電通の異常性が明らかになった。 本当に痛ましい。 同じ親としてお母さんの何とも納得がいかない気持ちはよくわかる。 この事件で、初めて電通の前近代的な社訓がまかり通っていたことがわかった。 「死んでも仕事を放すな」などはその象徴的な社訓である。 ネットなどの情報では、彼女が提出したものを、上司によって何度もダメ出しされたという。 それで何とかするため、長時間の勤務になったという。 その際、社訓をベースに、かなりきつい言葉も言われたという。 これは本人同志の会話なので、どれだけきつく言われたかはわからない。 上司も決して自分が不利になる証言はしないだろう。 今回の形式的な罪状は、基準よりも多い長時間労働をさせたということだ。 しかし、自分の会社時代の経験から言うと、例え基準より長い時間を労働しても、それをやりがいだと認めてやれば、多少の長時間の労働でも我慢が出来る。 しかし、自分が最善を尽くしても何度もダメ出しされればやる気が萎えて絶望に繋がる。 今回の事件の本質は、私見では長時間労働は結果の事象であって、「パワハラ」の方が主因であると思っている。 パワハラに対する具体的な罪状はない。 また2人だけの間の話も命を絶った人には口は無く証言出来ない。 今回、検察審査会に申し立てたので、市民から十人前後が選ばれて審査される。 労働時間だけの責任を問うなら、不起訴になる可能性がある。 審査会では、長時間労働に至った背景、上司の態度、言葉などもきちんと議論されるべきだろう。 まつりさんの当時の上司を検察審査会に申し立て 毎日新聞2018年1月25日 母幸美さん記者会見「起訴猶予にした検察の処分は不当」 電通の違法残業事件で過労自殺した高橋まつりさん(当時24歳)の母幸美さん(55)が25日に記者会見し、まつりさんの当時の上司を起訴猶予にした検察の処分は不当だとして、東京検察審査会に審査を申し立てたことを明らかにした。 申し立ては昨年12月27日付。 まつりさんは2015年12月に過労自殺した。 上司はまつりさんに労使協定(36協定)を超える違法な残業をさせたとして16年12月に労働基準法違反容疑で書類送検されたが、「違法性の認識が乏しい」として17年7月に起訴猶予になった。 幸美さんや代理人弁護士によると、上司はまつりさんに長時間労働を指示しただけでなく、実際の労働時間を隠すため「社内飲食をしていた」と会社に虚偽報告をするよう求めており、極めて悪質、としている。 幸美さんは「上司の処分は納得できない。 個人の責任を問うことはかなり悩んだが、このような行為は絶対に許されてはならないと思った」と話した。 「死んでも仕事を放すな」などはその象徴的な社訓である。 電通は朝鮮人に乗っ取られている![1] 東大出で若く有意な人材の高橋まつりさんは、電通の朝鮮人に殺されたようだ[2]。 検察審査会は電通の違法行為を徹底的に調べ、責任者を罰すべきである。 [1] 電通は朝鮮人に乗っ取られている! [2] 電通の闇・東大卒の女子社員が、詐欺を働く局に配属され、上司から虐めを受けて自殺・電通の正体 投稿者 一国民より 日時 2016 年 10 月 12 日 23:23:14: ipzyK8SHgw1G6 iOqNkZavguaC6A 回答先: やはり電通社員は自殺ではなかった!?(simatyan2のブログ) 投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 12 日 18:15:30 電通は、元在日朝鮮人(元在日韓国人)の日本国籍取得者(帰化人)を非常に多く採用する[註]。 高橋まつりさんが所属していたダイレクトマーケティング・ビジネス局は、ネット広告を契約どおりに流さず、広告主に過大請求をする詐欺を働いていた部署(局)だった! 契約どおりに広告を流さずに料金だけを過大請求する詐欺を働く部署(局)なのだから、当該部署(局)の責任者は、在日朝鮮人(在日韓国人)か元在日朝鮮人(元在日韓国人)の日本国籍取得者(帰化人)である可能性が高い。 生粋の日本人女子の新人だった高橋まつりさんは、朝鮮人の血が流れる男性上司のところに配属されてしまい、そこで徹底的に虐め抜かれたのだと推測される[註]。 検察は電通の違法行為を徹底的に調べ、責任者を罰すべきである。 [註] 電通の闇・東大卒の女子社員が、詐欺を働く局に配属され、上司から虐めを受けて自殺・電通の正体 大企業や大手メディアのコネ入社、元在日入社枠が多い電通で、東大卒の女子社員が詐欺を働く部署(局)に配属され、上司から酷い虐めを受け、入社9か月後に自殺した! 電通に就職する者を大きく3つに区分すると、大企業や大手メディア関係者のコネ入社、元在日の日本国籍取得者(帰化人)枠入社、高学歴の実力採用入社の3つに分けられる。 まず、電通は、広告代理店なので、巨額の広告宣伝費を使う大企業や新聞社・大手出版社などのメディアの大株主や重役の子弟を優先的にコネ入社させる! 大企業や大手メディアの子弟をコネ入社させた場合には、辞めては困るので簡単で楽ちんな事務などをさせる。 高橋まつりさんのような東大卒で、コネ入社ではない社員は、徹底的に扱き使われる。 次に、電通は、なぜか、元在日朝鮮人(元在日韓国人)の日本国籍取得者(帰化人)を非常に多く採用する。 特に電通の中途採用では、朝鮮人が良く使う漢字が氏名に含まれている応募者を優先して面接に呼び、面接時に出自(生粋の日本人なのか?両親や祖父母に朝鮮人がいないか?)について質問する。 電通において朝鮮人の血が流れる男性上司のところに生粋の日本人女子の新人が配属されたらかなり虐められることは、想像に難くない。

次の

電通違法残業事件、高橋まつりさんの元上司「不起訴相当」 検察審査会

高橋 まつり 上司

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 一方で、議決書は「入社1年目で自殺した無念さ、尊い命が奪われた親族の心情は察するに余りある」とも言及している。 関係者によると、検審は担当検事から直接説明を受けるなどして、慎重に検討を重ねた。 元部長は、高橋さんに違法残業をさせたとして労働基準法違反容疑で2016年12月に書類送検され、東京地検が17年7月に不起訴とした。 一方、法人の電通に対しては、検察から略式起訴を受けた東京簡裁が異例の正式裁判を開くことを決め、17年10月に罰金50万円の有罪判決を言い渡し、刑が確定している。 高橋さんの母、幸美さんは判決後の同12月に検察審査会に申し立てた。 その後、今年1月の会見で、元上司が高橋さんに「君の残業時間は無駄だ」「女子力がない」などと述べたとされるのを批判。 「悪質な上司の行為を罰することは労基法順守、職場改善、過労死防止のために重要だ」と主張していた。

次の

電通 高橋まつり 出身高校はどこ?暁秀を徹底調査してみた!

高橋 まつり 上司

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 一方で、議決書は「入社1年目で自殺した無念さ、尊い命が奪われた親族の心情は察するに余りある」とも言及している。 関係者によると、検審は担当検事から直接説明を受けるなどして、慎重に検討を重ねた。 元部長は、高橋さんに違法残業をさせたとして労働基準法違反容疑で2016年12月に書類送検され、東京地検が17年7月に不起訴とした。 一方、法人の電通に対しては、検察から略式起訴を受けた東京簡裁が異例の正式裁判を開くことを決め、17年10月に罰金50万円の有罪判決を言い渡し、刑が確定している。 高橋さんの母、幸美さんは判決後の同12月に検察審査会に申し立てた。 その後、今年1月の会見で、元上司が高橋さんに「君の残業時間は無駄だ」「女子力がない」などと述べたとされるのを批判。 「悪質な上司の行為を罰することは労基法順守、職場改善、過労死防止のために重要だ」と主張していた。

次の