デニム ロング スカート コーデ 2019。 デニムスカートのロング丈は夏コーデで大活躍!ロング丈が今っぽい!

野球女子のかわいい全身コーデが知りたい!スカートやデニムのコーデ特集

デニム ロング スカート コーデ 2019

丈が長くてボリューム感のあるスカートを黒小物で引き締めてモードにふって。 夜に旧友と合うときには、スカーフ使いで華やかさをプラスして。 ゆるやかなフレアシルエットのマキシ丈にコンパクトなトップスを合わせて、ほんのり90年代のテイストを香らせて。 クライアントに会わない外出の日は、ひざ下丈スカートとロングブーツで足元から暖かく。 旬のネオンカラーで「きまってる感」を外して、意志ある上級カジュアルに。 甘く見えないよう、サングラスや幅広のバングルでキレよく仕上げて。 着回ししやすいネイビーチェックはデニムスカートとの相性も抜群。 足元のフラットシューズで春らしい色をプラスして。 全身黒の夏服はレース使いとハーフアップで少し甘めにするのが気分。 ロング丈のインディゴデニムスカートを重く見せないコツは、明るい色味とコンパクトなサイズ感のTシャツを選ぶこと。 スカートがボリューミーなのでコンパクトなショート丈トップスとの相性が抜群です。

次の

小柄さんのロングスカートの着こなし9選!似合う丈や季節別コーデ

デニム ロング スカート コーデ 2019

ネックレスで目線を上げるとさらに効果的です 出典:WEAR 長め丈のトップスをロングスカートとつながるように合わせて着るコーデは、今年おすすめの組み合わせ。 40代の女性でも取り入れやすいバランスですし、この気合いを入れすぎていない雰囲気が、こなれて見えるポイントです。 ただ、洋服の占める面積が大きいため、そのままでは間延びして見えたり野暮ったく見えてしまうことも。 おしゃれに見せるためには一工夫必要です。 例えばヘアをまとめてコンパクトに見せたり、ネックレスやピアスで目線が上に行くようにポイントを作ったり。 足元はボリュームのあるシューズを避け、シンプルなサンダルなど抜け感のあるものがおすすめです。 簡単なことでも少し意識すると、バランスのいいロングスカートコーデに仕上がりますよ。 カーキやブラウンなどあいまいなダークカラーを カーキやブラウンなどあいまいなダークカラーも一押し 出典:WEAR ブラックやネイビーなどのダークカラーは引き締め色ではありますが、ロングスカートの場合、ボリュームがあるため、春夏の日差しの下では少々重たく見えがち。 リネンや透け感のある素材以外は、見た目にも暑く感じやすい色でもあります。 そんな時は、カーキ系やブラウン系、グレージュなど暗めだけど、どこかニュアンスのある、あいまいな色を選ぶのがおすすめ。 涼し気に見える上、こなれて見えるというメリットもあります。 また、モノトーンやカラーアイテムはもちろん、ボーダーTなどの定番アイテムを合わせても、どこか垢抜けて見えたり、着回しがきくのもポイント。 大人女性が使いやすいタイプのスカートなので、一枚揃えておくと便利です。 ワントーンでゆるくまとめてこなれ感を ベージュやオフホワイト、ライトグレーはワントーンで揃えやすくおすすめ 出典:WEAR ロングスカートをぐっと今年らしく見せてくれるのは、全身をワントーンで揃える着こなし。 色を揃えることで全身が縦長にすっきりしてほっそり見える効果や、ワンピースのようなおしゃれ感がお手軽に手に入るのがこのコーデのメリットです。 また、似た色を組み合わせるだけであまり悩まずにコーデが完成するので、忙しい時の時短コーデにも便利。 オフホワイトやベージュ、ライトグレーなど少し淡めのトーンは、暑くなるこれからの時期にもぴったり! また、ボリュームのあるスニーカーなどよりも、甲が見えるようなシューズを選び、全身を同じテイストでさらっとまとめるのがコツ。 ポップな差し色をどこかに入れてもアクセントになりますし、アレンジもしやすいのでおすすめです。 ロングスカートの今年らしいコーデ、ぜひトライしてみてくださいね。

次の

小柄さんのロングスカートの着こなし9選!似合う丈や季節別コーデ

デニム ロング スカート コーデ 2019

ネックレスで目線を上げるとさらに効果的です 出典:WEAR 長め丈のトップスをロングスカートとつながるように合わせて着るコーデは、今年おすすめの組み合わせ。 40代の女性でも取り入れやすいバランスですし、この気合いを入れすぎていない雰囲気が、こなれて見えるポイントです。 ただ、洋服の占める面積が大きいため、そのままでは間延びして見えたり野暮ったく見えてしまうことも。 おしゃれに見せるためには一工夫必要です。 例えばヘアをまとめてコンパクトに見せたり、ネックレスやピアスで目線が上に行くようにポイントを作ったり。 足元はボリュームのあるシューズを避け、シンプルなサンダルなど抜け感のあるものがおすすめです。 簡単なことでも少し意識すると、バランスのいいロングスカートコーデに仕上がりますよ。 カーキやブラウンなどあいまいなダークカラーを カーキやブラウンなどあいまいなダークカラーも一押し 出典:WEAR ブラックやネイビーなどのダークカラーは引き締め色ではありますが、ロングスカートの場合、ボリュームがあるため、春夏の日差しの下では少々重たく見えがち。 リネンや透け感のある素材以外は、見た目にも暑く感じやすい色でもあります。 そんな時は、カーキ系やブラウン系、グレージュなど暗めだけど、どこかニュアンスのある、あいまいな色を選ぶのがおすすめ。 涼し気に見える上、こなれて見えるというメリットもあります。 また、モノトーンやカラーアイテムはもちろん、ボーダーTなどの定番アイテムを合わせても、どこか垢抜けて見えたり、着回しがきくのもポイント。 大人女性が使いやすいタイプのスカートなので、一枚揃えておくと便利です。 ワントーンでゆるくまとめてこなれ感を ベージュやオフホワイト、ライトグレーはワントーンで揃えやすくおすすめ 出典:WEAR ロングスカートをぐっと今年らしく見せてくれるのは、全身をワントーンで揃える着こなし。 色を揃えることで全身が縦長にすっきりしてほっそり見える効果や、ワンピースのようなおしゃれ感がお手軽に手に入るのがこのコーデのメリットです。 また、似た色を組み合わせるだけであまり悩まずにコーデが完成するので、忙しい時の時短コーデにも便利。 オフホワイトやベージュ、ライトグレーなど少し淡めのトーンは、暑くなるこれからの時期にもぴったり! また、ボリュームのあるスニーカーなどよりも、甲が見えるようなシューズを選び、全身を同じテイストでさらっとまとめるのがコツ。 ポップな差し色をどこかに入れてもアクセントになりますし、アレンジもしやすいのでおすすめです。 ロングスカートの今年らしいコーデ、ぜひトライしてみてくださいね。

次の