山王工業 名朋工業。 灌籃高手球員身高排名,你知道誰最高大么?

灌籃高手角色列表

山王工業 名朋工業

山王上半场以一种认真的态度对抗湘北,湘北五大主力正常发挥,一直不相上下。 下半场,山王开始全力,全场压迫盯人,湘北瞬间崩盘,拉开20分以上的差距,正常球队队员应该放弃对胜利的渴望,赤木的称霸全国梦想,宫城在彩子面前争第一后卫,三井爱师安西的永不放弃的教诲,流川的击败眼前的第一高中生去美国的目标,樱木的真正天才、晴子面前出风头、篮板王、打败流川...... 很多目标,才抵抗住了山王压迫力。 的5人的精神力令山王为之震撼,在三井的虚脱追分流(对翔阳用过)拉近比分。 被三个第一压制的赤木,宫城和流川最后打出超水平,最后在樱木的压哨中投绝杀下,山王惜败。 泽北走下球场时倔强的眼神还印在脑海,历史总是由胜利者来撰写,但有些耀眼的光芒,任谁都无法掩盖...... 简介:《灌篮高手》中的最强角色。 山王的王牌球员,被誉为日本高中篮球界第一人,个人能力极强,尤其擅长单打独斗,中投,突破,上篮,灌篮,样样都很拿手。 无论是哪方面,防守还是进攻,他都超越了任何一个高中生甚至是大学生的水准。 论单挑能力,、、、、都不是他的对手,一般他可以1挑5,并且十分有自信。 泽北幼年时得到的第一件玩具就是篮球,从4岁开始,每天都与父亲进行1对1的比赛,在刚上初一的时候就击败了父亲。 在与湘北的比赛中一直将流川枫压制,让他无一丝还手之力。 在那场比赛中,泽北多次利用他出神入化的个人能力,频频得分:面对设下的陷阱,在空中被赤木、樱木、流川三人堵防,失去投篮和传球角度的情况下,滞空到篮板另一侧反手上篮得分,令在场的各县王牌阿牧、诸星、土屋无不瞠目结舌;在盖掉流川枫势在必进的灌篮后,迅速晃过和,转身摆脱,最后面对高高跃起的封盖,利用抛射得分;从流川枫手中断球之后,大力灌篮得分……在和流川枫的一对一中,泽北占尽上风,气势万钧的盖帽、迅疾无伦的抢断、密不透风的防守,连看台上观战的牧绅一、都能明显感受到他防守时惊人的压迫力与存在感,在漫画提及的这段时间之内,泽北就已经贡献3次盖帽和2次抢断,还有多次以严密防守逼迫流川枫传球失误。 当然,还不能不提他的心理素质和绝杀能力:最后关头面对流川与赤木的防守,他急停起跳之后在空中玩了一个长时间的滞空,等到身体下落,球才从他手中飞出,在空中滑过一道优美的弧线之后,稳稳地空心入篮。 在全国大赛结束后,要去美国留学。 另外,也是山王篮球队建队以来的第一位帅哥,很受女球迷欢迎,曾收到女球迷送来的礼物和情书。

次の

【討論】名朋工業 vs 山王工業 哪隊會勝出? @灌籃高手 哈啦板

山王工業 名朋工業

河田美紀男 ---- 210cm(山王工業) 02. 魚住 純 ----- 202cm(凌南) 03. 森重寬 -----199cm(名朋工業) 04. 野邊將廣 ---- 198cm(山王工業) 05. 赤木剛憲 ---- 197cm(湘北) 花形 透 ----- 197cm(翔陽) 07. 內藤鐵也 ---- 196cm(三浦台) 08. 河田雅史 ---- 194cm(山王工業) 09. 高野昭一 ---- 193cm(翔陽) 10. 高砂一馬 ---- 191cm(海南大附屬) 永野 滿 ----- 191cm(翔陽) 12. 岩田三秋 ---- 190cm(豐玉) 長谷川 一志----190cm(翔陽) 仙道 彰 ----- 190cm(凌南) 土屋 淳 ----- 190cm(大榮學園) 小田龍政 ---- 190cm(武園) 菅平---- 190cm(凌南) 18. 神 宗一郎 --- 189cm(海南大附屬) 櫻木花道 ---- 189cm(湘北) 20. 福田吉兆 ---- 188cm(凌南) 岸本實理 ---- 188cm(豐玉) 御子柴 ------ 188cm(常誠) 23. 澤北榮治 ---- 187cm(山王工業) 流川 楓 ----- 187cm(湘北) 25. 諸星 大 ----- 186cm(愛和學園) 村雨 -------- 186cm(三浦台) 27. 松本 稔 ----- 185cm(山王工業) 28. 牧 紳一 ----- 184cm(海南大附屬) 南 烈 ------- 184cm(豐玉) 三井 壽 ----- 184cm(湘北) 武藤 正 ----- 184cm(海南大附屬) 矢崤京平 ---- 184cm(豐玉) 33. 池上亮二 ---- 183cm(凌南) 板倉 大二郎 - 183cm(豐玉) 35. 大川輝男 ---- 181cm(豐玉) 36. 深津一成 ---- 180cm(山王工業) 伊藤 卓 ----- 180cm(翔陽) 角田 悟 ----- 180cm(湘北) 39. 藤真健司 ---- 178cm(翔陽) 清田信長 ---- 178cm(海南大附屬) 木暮公延 ---- 178cm(湘北) 42. 越野宏明 ---- 174cm(凌南) 一之倉 聰 --- 174cm(山王工業) 44. 左左岡 智 --- 172cm(湘北) 45. 植草智之 ---- 170cm(凌南) 石井 健太郎 - 170cm(湘北) 潮崎哲士 ---- 170cm(湘北) 48. 宮城良田 ---- 168cm(湘北) 49. 安田靖春 ---- 165cm(湘北) 相田彥一 ---- 165cm(凌南) 51. 桑田登紀 ---- 163cm(湘北) 52.

次の

山王工业_百度百科

山王工業 名朋工業

スラムダンクのインターハイ優勝校はどこか? スラムダンクファンであれば自分なりの考察というか想像(=妄想)をしたことがあるであろう、このテーマ。 インターハイで優勝した高校、つまり全国制覇を成し遂げた高校はいったいどこなのだろうか? 作中で明らかになっているのは、海南大附属が2位だったこと(31巻175ページ)。 23巻31ページのトーナメント表を見ると、海南は左側のブロックにいるので、優勝したのは右側の高校だということが分かる。 このトーナメント表は今見てもワクワクする。 幽遊白書の魔界統一トーナメントの表に匹敵するワクワク感。 どちらも2試合ぐらいしか描かれなかったけど。 「ここが優勝したのでは?」と巷でまことしやかに囁かれている高校をおさらいしよう。 名朋工業(愛知) まずは、愛知代表の名朋工業。 名朋工業といえば森重寛。 海南の牧、清田とともに花道が視察に行った愛知県大会で登場(21巻 187「一年坊主」)。 明らかにシャキール・オニールをモデルとしたその巨体とラスボスオーラは館内の観客と読者に衝撃を与えた。 花道の夢にも登場している(22巻149ページ)。 私は完全に名朋が優勝したものだと思っていた。 「普通に読んだらそうだろ」と思って疑わなかった。 大栄学園(大阪) そして、大阪代表の大栄学園。 あの要チェック男・相田彦一をして「 本当の要チェックはこの大栄学園やで……!!」と言わしめた大阪の真の王者である(21巻 188「彦一、大阪へ帰る」)。 エースはカッコイイのかカッコ悪いのかよく分からない顔の土屋淳。 関連記事: 「井上先生が雑誌のインタビューで大栄が優勝だと言ってた」というソースがはっきりしない都市伝説のようなものを聞いたことがある。 名前のモデルとなったと思われる大阪の大商学園が1994年の高校総体(インターハイ)で優勝しており、そのことから大栄優勝説を推す声も根強い。 博多商大附属(福岡) 山王、海南、名朋と並んでシード校になっている福岡代表の博多商大附属。 名前のモデルはおそらく福岡大学附属大濠。 1993年のインターハイで優勝している。 作中ではトーナメント表に名前が登場したのみで、その姿は一切描かれていない。 「井上先生が九州出身だし、シード校になるくらいの強さなんだから博多商大附属が優勝では」という声がある。 昔、友だちが「ネットに書いてあったんだけど、スラムダンクのインターハイで優勝したのって博多なんだぜ」と言ってきて、「ネットの情報を疑いもなく信じてんじゃねえ」と言い争いになったのも今ではいい思い出。 堀(福井) ひとコマしか出ていないにも関わらず圧倒的な存在感を放つ モヒカン野郎を擁する福井代表の堀も忘れてはいけない。 モデルとなったのは福井の強豪、北陸高校かな? ほく りく。 24巻174, 175ページに1回戦突破チームが描かれているが、愛和学院や大栄学園、常誠といった学校とともに、それまで一切出てこなかった2チームがいきなり登場した。 堀(福井)と浦安商業(千葉)である。 浦安商業はトーナメント左ブロックなので優勝はないが、堀は右ブロック。 優勝の可能性が残されている。 モヒカン野郎は山王からもスカウトされるほどの逸材だったが、そのあまりにも強いモヒカン愛ゆえに、坊主にしなくてはならない山王の誘いを蹴りモヒカン頭が許された堀に進学、華麗なテクニックで全国制覇に導いた。 …というのは今適当に考えたウソである。 (2018年8月15日追記) 井上雄彦先生と鳥山明先生との対談で、このモヒカン野郎についてのエピソードが語られた。 関連記事: 井上雄彦と岡田優介の対談動画で明かされた真実 さて、様々な説があるスラムダンクのインターハイ優勝校だが、連載終了から20年の時を経て、ひとつの動画によって新たなる真実が明らかになった。 スラムダンクの作者である井上雄彦先生とBリーグ京都ハンナリーズ所属の岡田優介選手との対談動画である。 この動画の中で、他でもない井上雄彦先生その人がインターハイ優勝校について語っている。 記事自体は有料会員限定だが、動画は会員じゃなくても視聴可能。 井上雄彦先生のツイッターを見てたら、バスケット選手たちとの対談が紹介されていて、それをさかのぼって読んでいたら見つけた。 公開は2017年5月25日。 井上雄彦先生がこんなことを語る動画があったなんて全然知らなかったんだけど、自分が知らなかっただけで話題になってたんだろうか。 なんで誰も教えてくれなかったんだよ! スラムダンクファンなら必見の動画。 優勝校についての話題は最後、5:10〜。 せっかくなので動画で見て井上先生の肉声を聞いていただきたいが、いつまで公開されているかも分からないので該当部分を書き起こしておこう。 岡田: ちなみに、あれ優勝したとこってどこなんすか? 井上: え!それはね、あれなんですよ… 岡田: それは(この質問は)ナシですか? 井上: いや、あの… 岡田: 2位が海南じゃないすか。 井上: 2位が海南で… 岡田: 僕、1位はあそこなのかな、名朋工業なのかな、と。 井上: いや、あのね、それはないんですよ。 岡田: あるんすか、ちゃんと答えが。 井上: 一応、僕の中にはあって。 岡田: へぇ〜。 井上: でもその優勝したっていうチームは別に描かれてないんで。 出てないチーム… 岡田: 出てこないチーム? 井上: 出てこないチームなんで…。 名朋優勝じゃイヤだなっていうのがあって。 岡田: はい。 井上: まさに才能っていうか、そういう選手が優勝はイヤだな、っていうのがあって。 岡田: これ僕、一番いいのを引き出したんじゃないですか? これは完全に岡田選手グッジョブ。 京都ハンナリーズを応援したくなるほどのナイスプレイ。 偉い! 優勝したのは描かれていないチーム この対談で明確になったのは、 インターハイ優勝校は名朋工業ではないということだ。 これは井上先生の口から断言されている。 疑いの余地なし。 大栄学園についても優勝校ではないと考えていいと思う。 井上先生の「 優勝したっていうチームは別に描かれてない」という言い方は「優勝したチームがどこかは描かれていない」みたいなニュアンスに聞こえなくもない。 が、そのあと「 (優勝したのは)出てこないチーム」とはっきり言っているということは、おそらく大栄でもないのだろう。 少なくとも自分はそう受け取った。 ただ、「出てこない」というのがどのレベルのことなのかは聞く人によって意見が分かれるところだ。 堀派の人は「ひとコマぐらいじゃ『出てきた』とは言えないっしょ!」と主張するかもしれない。 「 でもその優勝したっていうチームは別に描かれてないんで」のあとが編集でカットされているのがすごく気になる。 どういう会話があったんだろうか。 岡田選手だったら「大栄でもないんですか?」みたいなことを聞いてくれてそうな雰囲気。 この対談動画の完全版が見たい。 いずれにせよ、1996年に連載が終了して以来20年以上に渡って名朋優勝派だった私には衝撃的な動画だった。 新たに発見された遺跡によって長年信じていた自説が完全に覆された歴史学者の気持ちが、今なら少しだけ分かる。 結局、優勝校はどこなのか? 名朋工業でも大栄学園でもないとしたら優勝校はどこなのだろうか。 「優勝したのは描かれていないチーム」と言われてしまうと、どこなのか本当にまったく分からない。 ある意味、妄想し放題。 シード校で強いはずだから博多商大附属、というのは安易な気がする。 そもそもスラムダンクは無名の湘北(ノーシード)が常勝山王(シード)を倒す物語なんだし。 描かれていない学校にも花道みたいなのがいて、湘北みたいなドラマがあったかもしれない。 もちろん、博多商大附属が優勝だと考えるのも、ほかのチームが優勝だと考えるのも自由だ。 なお、私は23巻31ページのトーナメント表をしばらく眺めた結果、山梨代表の甲延優勝説を推すことにしました。 理由は読み方が分からなくて謎めいているから。 最後まで迷ったのは「ザワ」の描き文字に隠れてただ一校だけ名前が明らかになっていない青森代表の〇〇三商です。 確実に言えることがあるとするならば、 インターハイでどこが優勝したかにかかわらずスラムダンクは素晴らしい漫画だし、 答えが分からなくてもスラムダンク好きな仲間たちと空想の話を繰り広げるのは楽しい、ということだよね。 おわり。

次の