楽天 モバイル サービス エリア。 UQ mobile(モバイル)のサービスエリア|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

【楽天】楽天モバイル初めてのオンラインでのお申し込み&Rakuten Link(無料通話・メッセージアプリ)ご利用で6,300ポイント|スタートボーナスチャンス

楽天 モバイル サービス エリア

「無料サポータープログラム」という名の試験サービス 楽天モバイルはもともと、2019年の秋にはMNO 携帯キャリア の本サービスを開始する予定だった。 だが、基地局設置の遅れもあり、2019年10月のサービスは、「無料サポータープログラム」というテストプログラムに変更された。 このこと自体を責めるべきではないと思う。 少なくとも、不完全な段階で無理矢理本格サービスとして提供し、顧客に迷惑をかけるよりはずっといい。 ただ、楽天モバイルは微妙に「これが試験サービスである」といういい方を避けてきた。 発表会では海外メディアの記者から「延期といういい方をしなかった」と質問で詰め寄られ、「ちゃんと理解されていたはず」と回答しているが、筆者も「試験サービスと素直に名付けるべき」とは思うし、あまりに腹芸的コミュニケーションだな、とは思った。 楽天モバイルは、「無料サポータープログラム」中にも通信障害を起こしている。 今回の発表会でも山田社長は「今後はああいったことが起きないように取り組んでいきたい」と反省の弁を述べた。 試験サービスの中で起きたことなので、影響範囲が限定されていたともいえる。 ただ、MNPを受け付けた関係で、メインの回線を移動した人もいたようだ。 そういう間違いを起こさないためにも、「試験サービスである」と明確に謳った上で、MNPは受け付けるべきではなかった、と筆者は考える。 裏にはちゃんとFeliCaのマークも 使ってみると、確かにこれはかわいいし、軽い。 Androidスマホとしての使い勝手は、いまひとつ、というかいまふたつくらい。 文字入力にもちょっと苦労するくらいの大きさだ。 カメラの品質も良くない。 これを唯一のスマホとして、初めてのスマホとして選ぶのはまったくお勧めしない。 一方で、テザリングにも対応しているので、PCやタブレットなどを気軽に使うためのモバイルWi-Fiルーター代わり、としても使える。 ラフに半日ほど、ルーターとしてテザリングしっぱなしで使ってみたが、バッテリーは半分くらいの消費だった。 丸一日付けっぱなしは難しいが、そうでなければ大丈夫そうだ。 それでいて、通話のために持ち上げて使う時は、軽くて使いやすい。 筆者は日常的に、iPhone 11 Pro MaxやPixel 4 XLといった重量級の機種を使っているので、差が特に大きく感じた。 要は、タブレットと電話をうまく使い分けられるなら、かなり便利な端末ということだ。 ちょっと注意が必要なのは、Rakuten MiniはSIMカードには対応しておらず、「eSIMのみ」の対応、ということ。 別の端末のSIMを差し替えて使うことはできない。 SIMロックはかかっていないというが、楽天モバイルのeSIMを通信経由で組み込んで使うもの、と考えるべきだろう。 通信については、詳細な検証はまだ出来ていない。 東京・大田区にある自宅や、主に山手線の内側でいろいろ使ってみた段階で、エリア問題をちゃんと云々できる状況にはない。 確かに、「Rakuten」のエリアとして、楽天モバイルの基地局につながる確率は意外と高い。 自宅内も、想定したよりはちゃんとつながった。 地下鉄で移動中、駅間では「うーん」という挙動も多かったし、地下ではローミングになるためかイマイチな印象だったが、屋外ならばさほど不自由は感じなかった。 通話も数回試したが、品質に問題は感じなかった。 ただ、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクが実効値70Mbpsオーバーを常にたたき出すような環境でも、20Mbps程度と、速度は多少控えめ。 とはいえ、4Gとしては「こんなもの」ではないか、と思う。 そもそも、楽天モバイルは他の3社ほど、使える電波帯に恵まれてはいないのだから。 楽天モバイル・山田社長は、発表会で記者からの質問に対し、「今後の基地局数の増加については、計画をより精査するが、今の電波帯でも、意外とつながる。 つながりやすい プラチナバンドのような帯域があればいいのですが、すぐには出てこないでしょう」と語る。 個人的には、楽天本社の三木谷浩史社長のぶち上げ方より、山田社長の抑制的な説明の方が納得感はある。 楽天モバイルでは接客時間短縮に取り組む。 事前のID登録や機種選択をウェブで終わらせることで、最短18分での終了を目指すという 携帯電話ショップでの接客の問題点は、それが「あまり快適ではない」「とにかくめんどくさい」ことだ。 そのことは、携帯電話ショップをマーケティングの最前線とする携帯電話事業者にとってゆゆしき問題のはずだが、携帯電話事業者側の努力的にも、販売店側の構造的にも、改善が進んでいない。 これは、携帯電話を販売する人々にとってもビジネス上マイナスだ。 楽天モバイルは、最短の場合18分で接客を終えたい、としている。 「簡単にはいかないだろう」とは思うが、そうした部分を改革していくことが、新規事業者らしさでもある。 エリア充実と同様に、そうした改革にも期待したい。 西田 宗千佳 1971年福井県生まれ。 フリージャーナリスト。 得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。 主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。 朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、週刊朝日、AERA、週刊東洋経済、GetNavi、デジモノステーションなどに寄稿する他、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。 近著に、「顧客を売り場へ直送する」「漂流するソニーのDNAプレイステーションで世界と戦った男たち」 講談社 、「電子書籍革命の真実未来の本 本のミライ」 エンターブレイン 、「ソニーとアップル」 朝日新聞出版 、「スマートテレビ」(KADOKAWA)などがある。 メールマガジン「」を小寺信良氏と共同で配信中。 Twitterは.

次の

ビビるお得度!楽天モバイル「UN

楽天 モバイル サービス エリア

楽天モバイル MNO とauと楽天モバイル MVNO の通信速度比較 まず、各キャリアの通信速度について実際に現場で計測しました。 項目 内容 速度測定ツール Googleの速度測定ツール internet speed testで検索 時間帯 10:00~14:00 赤坂近辺 通信キャリア ダウンロード アップロード 楽天モバイル MNO 50. 0Mbps 19. 6Mbps 楽天モバイル MVNO 0. 81Mbps 0. 13Mbps au 65. 6Mbps 6. 31Mbps 赤坂近辺はアップロードはau、ダウンロードは楽天モバイル MNO が速いという結果となりました。 晴海近辺 通信キャリア ダウンロード アップロード 楽天モバイル MNO 33. 1Mbps 14. 8Mbps 楽天モバイル MVNO 3. 38Mbps 0. 80Mbps au 22. 6Mbps 3. 23Mbps 晴海近辺ではダウンロード・アップロードともに楽天モバイル MNO が一番速い結果となりました。 池袋近辺 通信キャリア ダウンロード アップロード 楽天モバイル MNO 28. 3Mbps 8. 42Mbps 楽天モバイル MVNO 4. 79Mbps 9. 09Mbps au 65. 9Mbps 17. 1Mbps 池袋近辺ではダウンロード・アップロードともにauが一番速い結果となりました。 まだ整備が完全ではないとはいえ、どのエリアでも楽天モバイル MNO も結構健闘していますね。 このように数字で結果が出ると、MVNOの速度の遅さが如実に現れますね。 ちなみにYoutubeでは4K動画をストレス無く見れる持続的な推奨速度を 20Mbpsとしています。 HD1080pの動画を見る場合は 5Mbpsです。 この速度を基準とすると、楽天モバイル MNO はどの場所でもストレス無く利用できるということになります。 アプリを起動すると上記の様な画面が表示されます。 左上の水色の数字が利用している周波数帯を表しています。 L1800となっていたら楽天モバイル回線、L800となっていたらパートナーエリア回線です。 今回は都内を電車で移動してみましたが、都営大江戸線や有楽町線などの地下鉄ではほぼ全ての区間で L800表記に変わりました。 電車を降りて、地上に上がっていくとL1800に切り替わったため、楽天モバイル回線は地下までは現状、ほぼ電波が届いていないようです。 建物内については L1800表記が多く、楽天モバイル回線を利用していました。 楽天モバイルを2週間程度使ってみた感想 最後に2週間ほど楽天モバイルを使ってみた感想について書いていきます。 まずネットサーフィンですが、速度については特に問題なく利用できています。 ただ、電車で利用しているたまにアンテナが0本になるときがあり、サービスエリア内でも安定しない場所があるようです。 動画・音楽鑑賞については、電波が途切れない限り問題なく利用できます。 動画の読み込みも速く途中で止まるということも今の所起こっていません。 通話については、 楽天Linkを利用して行いましたが音がずれたり聞こえないということもなく利用できています。 現在はパートナーエリアというものがあるため楽天回線が届かいない範囲でも問題なく使えていますが、今後全て楽天回線に移行するとなった時にどうなるかですね。 地下鉄を使う機会は多いので、地下に電波が届くようになってほしいです。 とはいえ、楽天モバイル MVNO と比べると速度は段違いです。 楽天モバイルの正式プランも発表されたため、MNPしました。 楽天モバイルのプランについては以下の記事で解説しているのでご覧ください。

次の

通信・エリア

楽天 モバイル サービス エリア

申し訳ありません) 楽天モバイルが3月3日に料金プラン「UN-LIMIT(アンリミット)」を発表しました。 名前は「使い放題」ですが、楽天基地局のサービスエリアのみが使い放題。 エリア外のKDDI接続では2GBに限られるのが悩ましいところです。 プランはたった1つ「UN-LIMIT」だが「限定された使い放題」 楽天モバイルの料金プランは「UN-LIMIT(アンリミット)」という名前で、プランはこの1つのみ。 価格は2980円(税別、以下同じ)です。 料金プランがたった1つでわかりやすいこと、そして使い放題であることは大きなメリット。 他社にはない魅力で、思い切った料金プランを出してきました。 ただし大きな問題点が1つあります。 「エリア」によって料金が異なるのです。 2980円なのでは楽天のサービスエリアのみ。 楽天の基地局によるカバーは、現時点では東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都といった一部の都市部のみ。 ここだけなら使い放題です。 しかしサービスエリア外は1ヶ月で2GBと限定されてしまうのです。 au接続では2GBまで。 超えたら低速128kbps・追加は1GB500円 サービスエリア外ではパートナーであるKDDI(au)の回線を使います。 こちらは使い放題ではなく、2GB/1ヶ月まで。 2GBではサイトを見るだけでもすぐに使い切ってしまいそうです。 2GBを超えた場合、低速の128kbpsに落ちます。 データ容量を追加することは可能ですが、1GBあたり500円かかってしまいます。 他社プランと比較:確かに安いが2GB限定がつらい 他社プランと比較してみます。 まずは7GBまでの小・中容量プランが下のグラフです。 赤が楽天で、1GBまではドコモ・auと同等、2GBまでなら最安値です。 2GBを超えた場合は点線です。 楽天エリア内であれば使い放題で安くなるのですが、エリア外では2GBオーバーは低速になるので比較にならないからです。 では2GBを超えて、KDDI接続で追加料金を払うとどうなるでしょうか。 追加500円を払っていった場合でも他社よりは安くなります。 しかし現実問題としてその度に追加料金を払うのは面倒です。 ここがネックとなります。 結論としては確かに楽天「UN-LIMIT」は安いのです。 しかし2GBの壁があるのが難点です。 大容量プランも念のために比較 大容量プランも比較図を作ってみました。 楽天は当然ながら安いのですが、これは事実上の東京・大阪・京都エリア限定。 楽天基地局のエリアしか有効ではありません。 自分の生活範囲が楽天エリアであるとハッキリわかっている人はいいでしょうが、それ以外の地域では「現時点」では使う意味がありません。 結論としては「都市部限定使い放題」で、それ以外のエリアは待つしかないということです。 問題は「どちらに繋がるか常時表示されない」「楽天のみにすることもNG」 楽天の記者向けオンラインレクチャーでは、以下のように社長が答えています。 「現時点ではどこに接続しているか表示はない。 これはとても不便。 いちいちアプリで確認するの面倒です。 また「楽天だけに接続することはできないのか?」という質問に対しても、ハッキリとないと断言していました。 使い放題の楽天だけに接続できるオプションがあればいいと思うのですが、それはできないとのことです。 300万人は1年間無料。 ただしKDDI接続の追加料金は必要に 300万人限定で1年間無料で使えるキャンペーンが行われますから、興味のある人はぜひ申し込んでテストしてみましょう。 ただし楽天基地局のない地域では2GBのみ。 それを超えた場合は超低速の128kbpsか、追加料金500円/1GBがかかります。 正直に言って今回の楽天料金は「期待ハズレ」というのが正直なところです。 接続エリアによって料金が変わる上に、それがわかりにくいからです。 楽天のサービスエリアが全国カバーするのは2021年3月とのことですから、それを待ってから考えた方がいいのかもしれません。

次の