ナルト 外伝。 ナルトとボルトは作者が違うの?岸本斉史先生はどうなった?

NARUTO―ナルト―外伝~七代目火影と緋色の花つ月~ (ジャンプコミックスDIGITAL)

ナルト 外伝

一人の子シンが、オリジナルナルトを攻撃。 ナルト 「落ち着けよ、九喇嘛」 子シンが攻撃を素手で受け止めたナルト。 ナルトの背後に感じる強大な九喇嘛におびえる子シン。 ナルトが落ち着けといったのは、子シンではなく九喇嘛。 ナルト 「恐がる事はねーよ。 これ以上何も悪さしねーなら、こっちも何もしねーから」 おとなしくなり武器を引く子シン。 サスケ 「お前は相変わらず甘いな。 で、こいつらはどうする?」 ナルト 「そうだな…木ノ葉で支援してる子供達の施設があんだ。 そこの園長に相談してみるってばよ」 ナルトの甘さを心配するサスケ。 子供である子シン達には、しつけが必要だと語るナルト。 チョウチョウ 「え!?サラダ!眼がパパと同じになってんよ!?」 サラダに駆け寄るチョウチョウは、写輪眼に気が付く。 サラダは、自分の怪力に驚いき思わず拳を見つめる。 サクラ 「サラダ!大丈夫!?まったく心配させるんだからこの子は!」 サラダ 「ごめん」 サクラ 「無事で良かった…」 サラダを力強く抱きしめるサクラ。 サクラ 「だいたいの話はシズネさんから聞いたわ。 しゃーんなろーよ!正真正銘私の子に決まってるでしょバカな子ね」 サラダ 「うん、分かってる。 もういいの。 ちゃんと想いがあって、気持ちが繋がってるのが1番だから…」 サクラの言葉を思い出すサラダ。 サラダ 「パパは、ママとは気持ちがちゃんと繋がってると思う?」 サスケ 「ああ」 サラダ 「パパは何でそう言いきれるの?」 サスケ 「お前がいるからだ、サラダ」 サスケの言葉を聞いてい涙があふれるサラダ。 そんなサラダを優しいまなざしを送る、ナルトとチョウチョウ。 チョウチョウ 「(良かったね、サラダ)」 ナルト 「さて、帰るってばよ!」 ナルト一行、無事帰還! カブト 「とりあえず名前を1人ずつ付けてかないと。 不便だけど、多過ぎるから。 その前に、君達は今日からここで暮らします」 「つまり今日から僕が君達の父親になります。 僕の名前はカブト、遠慮はいらないよ」 子シン達の預け先である孤児院の院長は、きれいになったカブトw チョウチョウ 「あ~あ!あちしのパパを見つける旅だったのに。 サラダのパパが見つかるっていうね次はあちしの番だから手伝ってよ!」 サラダ 「う、うん…」 木の葉の門までたどりついたサラダたち。 チョウチョウは、ふと門の近くにいる男性に興味を持つ。 チョウジ 「これほどの任務は久しぶりだったよ」 いの 「アンタ久しぶりだからって全力出し過ぎ!」 チョウチョウが気になった男性は、実は父チョウジ。 チョウチョウは、父と知らずに任務直後のチョウジに話かける。 チョウチョウ 「あの~もしかして、アナタはあちしのパパですか?」 チョウジ 「何言ってんだチョウチョウ?パパだけど…」 チョウチョウ 「え!?マジでェ、パパァ!?」 チョウチョウは、チョウジが術で痩せた姿を見たことがなかった。 チョウジの姿に感激するチョウチョウ。 チョウチョウ 「パパ何ソレ!秋道一族に伝わる秘伝か何か?」 チョウジ 「まあ、そんなような?」 チョウチョウ 「あちし!どーせならその秘伝の修行するぅ!明日から教えて!」 サラダ 「へへへ…」 少し遅れてやってきたナルトたち。 サスケとの久々の再開を喜ぶ、いの。 そして、サスケ一家は自宅に戻り初めての団欒。 旅立つサスケ!家族の絆! 早くも里を去り、任務に戻るサスケ。 門の前で、サラダとサクラが見送る。 サラダ 「次はいつ帰ってくるの…?」 無言のサスケ。 サスケは、悲しそうな表情を浮かべるサラダを抱きしめる。 サラダ 「パパ…」 サスケ 「そんな顔をするな…また今度な」 サラダの額を指でつくサスケ。 以前サクラからされた事の意味を理解したサラダ。 サクラもサラダが自分の行動を理解したことを知り嬉しそう。 サスケに弁当を私、自分もサラダと同じようにしてもらおうと顔を前に出すサクラ。 サスケ 「じゃあな…行ってくる」 サクラ 「(私はおあずけ!?しゃーんなろー!!) しかし、そのまま何もせずに旅にでるサスケ。 口元はわずかに笑っていた。 火影をめざすサラダ! アカデミーにて。 弁当をナルトに届けてくれた事をサラダに感謝するボルト。 ボルト 「弁当、本当に届けてくれただろ」 サラダ 「こっちこそ、アレがあって私の目標が決められた、だからサンキューはこっちだよ」 サラダが何を言いたいのかわからないボルト。 サラダ 「里の人みんなにお弁当を届ける訳にはいかないから、代わりに火影になるって決めたの」 ボルト 「フン、くだらねーぜ火影なんてよ…」 アジト 対して起こる香燐 「じゃあそのヘソの緒って…」 香燐 「サラダとサクラのだよ!サクラはサスケを追いかけて、一緒に旅してた時期があって、ウチのアジトでサラダちゃん産まれたんだから!」 へその緒はサラダもの。 サラダを取り上げたのは、香燐。 サスケに対して熱狂的だった香燐だが、サクラと結婚しようともサスケが幸せだったら問題ない。 それだけでなく、女どうしの友情もあるらしい…。 「へーそんなもんかね。 なら、サスケのことはキッパリ割り切ったって事?」 香燐 「分かってねーな、繋がりってのは色々なカタチがあんだよ。 それよりてめー、サラダちゃんに色々謝ってこいよ!ついでに新しいメガネもプレゼントしてこい!前あげたの小さくなってるだろーから!」 サラダにメガネをあげたのは香燐。 ラストに写真を見つめ微笑むサラダ。 視線の先には、家族でとった写真が…。 一見落着。 sosha.

次の

NARUTO外伝【最終回700+10話】あらすじ・ストーリー紹介-七代目火影と緋色の花つ月-

ナルト 外伝

シン 「こいつらはオレの複製 クローン だ。 同じ遺伝子を持つオレの代用品でしかない」 子シンが親シンのクローンであるという事実を聞かされ驚くサクラ。 サクラ 「アンタ、自分のクローンをこんなに…。 じゃあるまいしなんて奴なの。 クローンだってね…」 シン 「そうだ、奴はオレの師だ」 「いや、正確に言うならばの元実験体。 クローン技術を作り上げる為のな」 親シンにとって、子シンは単なるストックでしかない。 仙人モードでサクラを探すナルト。 遠すぎるのかはたまた結界のせいか居場所がつかめない。 [広告] ナルト 「カカシ先生は関係の忍じゃねーかって」 サスケ 「オレもそう思った、奴の左腕。 写輪眼が埋め込まれていたからな」 ダンゾウを思い出すサスケ。 ダンゾウの腕に写輪眼を移植したのは。 ナルト 「サクラちゃんを見つけるには、やっぱの所へ行くっきゃねーって事だな」 を訪ねることにしたナルトたち。 チョウチョウ 「(この重い空気、ホント嫌!重いのは体重だけで十分だぞ!ガンバレあちしのガラスハート!!)」 「もう、うす塩味しかないんですけど。 これで仲直りできないってんなら、あちしもう知んない!」 状況を把握していないチョウチョウ。 仲直りさせるためにサスケにポテチを差し出す。 サラダを見つめるサスケ。 母サクラのことが心配で涙ぐむサラダ。 争いの中に生命の進化を見出すシン シン 「悲しむ必要はない。 反対にそれ以外の体細胞は、一定期間で死滅する」 「つまりだ、人間とは死なぬ遺伝子の増殖を支える為に使い捨ての細胞を犠牲にしながら生き続けている事になる。 親子とは遺伝子の伝達だけではないと反論するサクラに、シンは子をつくることはより強い種を生み出す本能的な行為であり、争いもまた優秀な遺伝子を選別し紡ぎだす生命の本質的な行為であると説く。 シン 「人が進化する為には争いが必要不可欠だ。 暁はその為にある」 サクラ 「アンタは以上の大バカ者ね!アンタは人…親にとって大事なものが何か まるで分かってない!」 再び!!シンの正体判明!! ヤマト 「よしてくれ…火影に隊長なんて呼ばれたくないよ」 ナルト 「なんか、やっぱつい。 オレにとってはヤマト隊長だからさ」 チョウチョウ 「(この人はあちしのパパじゃないな…)」 なぜか、最終回で出番がなかったヤマトと合流したナルトたち。 サスケの案内でのアジトに潜入開始。 「久しぶりだねサスケ。 ここは子供達と遠足に来る様な場所じゃないんだけど」 重吾 「!火影か?」 アジト内部で出くわしたのはと重吾。 例の写真に写っていた2人を見て驚くサラダ。 「あらあら、まさかアナタの方からまた訪ねて来るとはね。 サスケくん」 ナルト 「わ、若くなってんぞ…」 登場。 さらにヤングに。 チョウチョウ 「(仮に、もし仮にこの人あちしの親だとしたら。 パパママどっち?)」 「ねえどっち!?サラダ」 サラダ 「ええ?」 また一人で勝手に盛り上がるチョウチョウw サスケ 「お前の部下らしき男に子供が命を狙われ妻がさらわれた。 何か企んでいるなら今のうちに全て吐け」 「私が何か怪しい行動でもしたかしら?外の監視は何の為?」 うちはシンについてから情報を聞き出そうとするサスケ。 状況理解したは、サスケにうちはシンについて説明する。 「…それがシンの能力。 イタチに陶酔しただけでうちは一族の者ではないわ。 もう私の元から離れてしまったかつての実験体の1人よ」 シンは、文字通りダンゾウの右腕になった男。 特異体質で移植組織にまったく拒絶反応を起こさなかったシンを使ってクローン実験を繰り返したは、その過程で遺伝子の謎を解明していった。 クローンという聞きなれない言葉に反応するナルト。 「アナタの影分身の術の更に上級ってとこね。 全てがオリジナルなのよ2度と消えない影分身とでも言おうかしら」 ナルト 「よく分からないな、消えねーって。 用が済んだらそいつらどーすんだ?」 用が済んだら殺すしかない、と。 ナルト 「人間て、そんな単純なものじゃねーぞ。 そんな実験やっていいのか?」 「思ったより人間とは単純なものよ。 人間は遺伝子の奴隷みたいなもの、個人もその繋がりも全て証明できる」 の語る遺伝子の話に反応するサラダ。 サラダ 「クローンじゃなくて、普通の親子や兄弟でも?」 「もちろんよ、何なら鑑定してみるお嬢ちゃん?」 サラダにやめとくよう耳打ちするチョウチョウ。 しかし、何か決断したような表情を浮かべるサラダ。 サスケ 「遊んでる時間はない。 そのシンがどこに居るかも分かってるな、アンタなら。 教えろ」 「いいわ…あの厄介なシンを木ノ葉で捕らえてくれるならこちらも助かるしねェ」 忍者だって親子鑑定は遺伝子検査!! 別室へ移動する面々。 その途中でを捕まえて、香燐の居場所を聞こうとするサラダ。 「ああ、香燐ね。 別アジト。 ここには居ないよ」 サラダ 「そうですか。 な、なら、もう1つだけお願いしたい事があります。 いいですか?」 2人は香燐の研究室へ。 「えェ!?ま…まさか…サスケがそこまでのクズ野郎だとは!」 サラダの悩みを聞き衝撃を受ける。 サラダは、母親がだれなのか鑑定してほしがっている。 サラダ 「繋がり、調べてもらえますか!?」 「別にいいけど…」 香燐の机をあさる。 その中から、香燐のものを思われるへその緒を取り出す。 香燐のへその緒と、サラダの口の粘膜から取り出した遺伝子とを解析にかける。 「どうやら君のママは…カリンに間違いないね」 サラダたちの様子をこっそりうかがっていたナルトも驚きを隠せない様子。 サクラの言葉を思い出し涙があふれるサラダ。 「あ、じゃあ…ボクはこれで…」 サラダの様子を見て気まずくなったはそそくさと退散しようとする。 部屋を出てきたに文句を言うナルト。 「悪いのはサスケでしょ?君…知ってんのコレ?」 ナルト 「知るわきゃねーだろ!!あのサスケのクソヤロー!!」 ナルトは何も知らない。 ナルト 「あ、あのよサラダ。 そろそろ、ここを出るってばよ」 「マ、ママを助けに行かなきゃ…だろ?」 慎重にサラダに声をかけるナルト。 サラダ 「七代目のうそつき!!何でアタシがママでもない人を助けに行かなきゃなんないのよ!!私をずっと騙してた人達の事なんてもう知らないよ!!」 再び写輪眼を発言するサラダの瞳。 サスケ一家、今度こそ家庭崩壊の危機!? 遺伝子やらクローンやら、なんだかSFチックです。

次の

NARUTO外伝 700+7話 あらすじ・ストーリー紹介!!-七代目火影と緋色の花つ月-

ナルト 外伝

window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers.

次の