おへそ の 国 から こんにちは。 信濃の国からこんにちは

おへその国からこんにちは/天まで登れ!とは

おへそ の 国 から こんにちは

2019年3月1日に発売されたヤングガンガン No. 06の表紙はつばきファクトリーの谷本安美さん。 表紙&巻頭グラビア 谷本安美(つばきファクトリー) 今号はグラビアが8ページと特大両面ポスターという構成。 表紙をめくるといきなりビキニ姿のあんみぃーがお出迎え。 プールサイドにちょこんと体操座りしているのが実にかわいらしい!! 続いて初めてという競泳用水着に。 飛び込みスタイルに寝姿、そして立ちポーズと続いて…今度は屋内。 キャミソールで少し胸元を意識させつつ、じっとみつめる感じとか、にっこり笑顔とか、かわいらしいカットを連発しています。 続いて赤い衣装で屋外のカット。 あひるのボートのくちばしにあごをちょこんとのせた感じはかわいらしいし、陰影の効いたカットは美形っぷりを存分に感じさせてくれます。 最後はビキニでジャグジーに…というグラビア。 …あれあれ? 水着ありのグラビアにも関わらずおへそがいっこも出てこない…逆に奇跡の構成になっています。 かつては「おへその国からこんにちは」なんて曲があるぐらい、ハロプロといえばへそ出しみたいなイメージがあったんですが、今は女性ファンを意識しているのかへそ出しじゃなくてへそ上のラインのお腹出しが主流になってしまい、個人的にはすごくつまらなくなってしまったなぁって思うんですが… せめて水着グラビアぐらいはおへそ見せてくれてもいいのにと若干寂しさを感じるグラビアでした。 個人的な趣味趣向は一旦置いておくとして、今回は「谷本安美さんがとにかく美形である」という基本スペックの高さを存分に発揮してくれたグラビアだったと思います。 元々、矢島舞美さんが太鼓判を押すほどの美形が、ここへきて一気に洗練された感があって、こうしてソログラビアをやるまでに至ったのは非常に喜ばしいことだと思うし…と、鈴木愛理さんが命名したオケツマンというちょっと変わった一面も持っているので、そういう味も出せるとギャップがあっていいんじゃないかなって思いました。 (今のご時世何がヒットするかわからないから、必ずしも正統派である必要はないと思うんで…) ちなみに最近のお気に入り… この辺のギャップが発揮されるとすごく面白いと思うんですけどね….

次の

[B! ハロプロ研修生] 【亡国か?】 「おへその国からこんにちは」の影響で大槻ケンヂの死生観がカオスに 【おへその国か?】 : ハロプロキャンバス

おへそ の 国 から こんにちは

A ベストアンサー 東京都内、マイナー駅の商店街。 休みの日だったのでぶらぶらしてたら、おっさんが若い子に絡んでた。 絡まれた女の子、きれい目の服装で美人さん。 んで、ポカーンとしてる。 すでに警察官が10人ぐらい来てたけど、警察官もポカーン。 おっさんは二十歳前後の少女から暴行を受けた、あざがある!!とシャツをめくるが肌色の下着しか見えない。 あまりに笑えたんだが、他のおばさん達と「可哀そうに(少女が)」と傍観。 警察官も殴られた連呼するおっさんに無言。 勢いがすごい上、まともな会話不可の状態。 近くにパチンコ屋あるから負けたんだろうとおばさん達が言ってましたわ。 腹いせの通り魔wしかも近くの薬局のおじさんに通報されて、若い子に謝らせての鬱憤晴らしができなかった模様。 その場を離れて買い物帰り中。 遠くであの付近から救急車の音聞こえました。 もう精神病棟入れてやってくれと思った。 ギャンブル脳怖い。

次の

[B! ハロプロ研修生] 【亡国か?】 「おへその国からこんにちは」の影響で大槻ケンヂの死生観がカオスに 【おへその国か?】 : ハロプロキャンバス

おへそ の 国 から こんにちは

2019年3月1日に発売されたヤングガンガン No. 06の表紙はつばきファクトリーの谷本安美さん。 表紙&巻頭グラビア 谷本安美(つばきファクトリー) 今号はグラビアが8ページと特大両面ポスターという構成。 表紙をめくるといきなりビキニ姿のあんみぃーがお出迎え。 プールサイドにちょこんと体操座りしているのが実にかわいらしい!! 続いて初めてという競泳用水着に。 飛び込みスタイルに寝姿、そして立ちポーズと続いて…今度は屋内。 キャミソールで少し胸元を意識させつつ、じっとみつめる感じとか、にっこり笑顔とか、かわいらしいカットを連発しています。 続いて赤い衣装で屋外のカット。 あひるのボートのくちばしにあごをちょこんとのせた感じはかわいらしいし、陰影の効いたカットは美形っぷりを存分に感じさせてくれます。 最後はビキニでジャグジーに…というグラビア。 …あれあれ? 水着ありのグラビアにも関わらずおへそがいっこも出てこない…逆に奇跡の構成になっています。 かつては「おへその国からこんにちは」なんて曲があるぐらい、ハロプロといえばへそ出しみたいなイメージがあったんですが、今は女性ファンを意識しているのかへそ出しじゃなくてへそ上のラインのお腹出しが主流になってしまい、個人的にはすごくつまらなくなってしまったなぁって思うんですが… せめて水着グラビアぐらいはおへそ見せてくれてもいいのにと若干寂しさを感じるグラビアでした。 個人的な趣味趣向は一旦置いておくとして、今回は「谷本安美さんがとにかく美形である」という基本スペックの高さを存分に発揮してくれたグラビアだったと思います。 元々、矢島舞美さんが太鼓判を押すほどの美形が、ここへきて一気に洗練された感があって、こうしてソログラビアをやるまでに至ったのは非常に喜ばしいことだと思うし…と、鈴木愛理さんが命名したオケツマンというちょっと変わった一面も持っているので、そういう味も出せるとギャップがあっていいんじゃないかなって思いました。 (今のご時世何がヒットするかわからないから、必ずしも正統派である必要はないと思うんで…) ちなみに最近のお気に入り… この辺のギャップが発揮されるとすごく面白いと思うんですけどね….

次の