お悔やみ の 言葉 例文。 「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

お悔やみの言葉 例文】ビジネス・上司・同僚・部下・会社・弔電・友人・友達

お悔やみ の 言葉 例文

それでは、本題の お悔やみの手紙の例文を見ていきましょう。 お通夜や葬儀に参列できない場合だけではなく、訃報を遅れて知った場合の例文についてもご紹介します。 関係ごとのお悔やみの手紙の例文 故人との関係ごとに例文をご紹介します。 こちらの例文をそのまま使っていただくこともできます。 ただし、形式上横書きとなっていますので、そのまま使われる際は縦書きに直してご利用ください。 祖父・祖母などの親戚に送る場合 祖父母など親戚に送る場合は、 自分からみて故人はどの立場にあるかを考えて手紙を書きます。 親しかった祖父母や親戚が亡くなった場合、敬称ではなく、通常の呼び方を文中でしても良いでしょう。 また相手が高齢であっても、「天寿を全うした」などの 死を肯定する言葉は禁句です。 このたびご祖父様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 昨年お会いした時にはお元気でこれからも長生きしてほしかったのですが、残念です。 小さい頃おじいちゃんにいつも遊びに連れていってもらったことが思い起こされています。 すぐにでも駆けつけ、葬儀に参列させていただきたいのですがやむを得ぬ事情でかないません。 いずれ折を見てご焼香にお伺いしたいと思っておりますが、まずは書中にてお悔やみ申し上げます。 おじいちゃんのご冥福をお祈りします。 友人・知人に送る場合 友人や恩師などの知人に送る場合の例文です。 友人の場合 友人のお父様が亡くなり、葬儀に参列できない場合に送る場合の文例です。 葬儀に参列できないお詫びは一言あった方が良いですが、 理由は具体的に書く必要はありません。 ご家族の皆様の悲しみはいかばかりかと拝察いたしますが、どうかお身体を大切にお過ごしください。 心よりお悔やみ申し上げます。 ビジネス・会社関係の人に送る場合 ビジネス・会社関係の人に送る場合の例文を見ていきましょう。 このようなケースでは、 自身の立場をご遺族に分かりやすく説明しましょう。 上司の場合 上司であった方が亡くなり、その事を後から知った場合の例文です。 故人と自身の関係を説明した上で、上司とのエピソードを述べると心のこもった手紙となります。 このたび、思いもよらぬご主人様の訃報にふれ驚いております。 最近はご無沙汰していたために、ご主人様が亡くなられていたことも存じませず、弔問にもお伺いせずに申し訳ございませんでした。 ご家族の皆様におかれましては、お力落としのあまりお身体を損ねませんよう、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 心ばかりのご香料を同封いたしましたので、お供えしていただきたく存じます。 謹んで哀悼の意を表します。 取引先の人の場合 取引先の方が亡くなり、遠方のため葬儀に参列できない際の例文です。 取引先の会社に送る場合は、ご遺族だけでなく 社員の方への慰めの言葉もあると良いです。 ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様の悲しみははいかばかりかと拝察いたします。 本来であればすぐにでもお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げます。 心よりお悔やみ申し上げます。 宗教ごとのお悔やみの手紙の例文 宗教により、使って良い言葉とそうでない言葉があります。 弔問の際によく耳にする「ご冥福をお祈りします」「お香典」は仏教での言葉ですので、 キリスト教や神道では使えません。 また 浄土真宗でも「ご冥福」と「ご霊前」という言葉を使いません。 仏教 浄土真宗でのお悔やみの手紙の例文です。 I have just heard of the loss of your mother. お母様が亡くなられと聞いたばかりです I would like to offer my heartfelt condolences. 心よりお悔やみ申し上げます It was my pleasure that I got to know her. お母様と知り合えて良かったです I will always cherish the memories with her. 何とお慰めして良いか分かりません But please remember that you are not alone. 何かできることがあれば仰ってください お悔やみの手紙を書くときのマナー お悔やみの手紙を書く際の、 マナーについて見ていきましょう。 通常の手紙とは形式が異なりますので、確認しながらお悔やみの手紙を書きましょう。 すぐに本題に入る 通常の手紙では、頭語・前文から入りますが、お悔やみの手紙ではこれらを省き 冒頭から故人に対するお悔やみやを述べます。 また、頭語がないため 結語も文末に必要ありません。 宗教用語に気をつける 神道やキリスト教では弔問の際によく使用する「ご冥福」や「お香典」の概念がありません。 また「お香典」も仏教用語ですので、用いません。 ほかにも供養・成仏・往生・焼香は仏教独自の概念ですので、神道やキリスト教では使わないようにします。 神道 神道では「ご冥福をお祈りします」ではなく、 御霊(みたま)のご平安をお祈り致しますや 御霊やすらかに祈りますを用います。 また神道では、ご霊前にお香ではなく榊をお供えするため「お香典」や「ご香料」はありません。 お金を包む場合は「ご霊前」「御榊料」「御神饌料」「玉串料」となります。 キリスト教 キリスト教では「ご冥福」といった概念がありません。 故人に対しては 神様の平安がありますように、 安らかなお眠りを心よりお祈り申し上げますといった表現をします。 またお香典ではなく、「お花料」や「ご霊前」を用います。 忌み言葉に気をつける お悔やみの手紙には、避けるべき言葉である 忌み言葉があります。 詳しくは以下の表にまとめました。 これらの言葉を使わないようにしながら、手紙を書くようにします。 お悔やみの手紙の送り方のマナーについて見ていきましょう。 切手の選び方や宛名の書き方について解説いたします。 切手はどうすればいいの? お悔やみの手紙を郵送する際の切手ですが、一般的に 通常切手でも問題ありません。 ただし、地域によってはお悔やみの手紙に弔事用切手を使うところがあります。 よく分からない場合は、 最寄りの郵便局に相談しましょう。 香典と一緒に郵送する場合 お香典などお金を送る際は、必ず 現金書留で送ります。 そして、お悔やみの手紙は現金書留の封筒に入れて一緒に郵送します。 この際に、現金書留の封筒に直接便箋を入れてはいけません。 必ず 便箋を封筒に入れ、その封筒ごと現金書留の封筒に入れるようにします。 宛名はどうすればいいの? 故人と知り合いだった場合、お悔やみの手紙の宛名は 喪主さまです。 親しい人のご身内が亡くなられ、お悔やみの手紙を送る場合は、 友人・知人が送り先となります。 お悔やみの手紙の例文まとめ• お悔やみの手紙は葬儀に参列できない場合は初七日以内に、葬儀後に訃報を知った場合は、その時点で速やかに送付する。 お悔やみの手紙を書く場合は、ご遺族に自分の立場が分かりやすいように配慮する。 葬儀に参列できない理由や、訃報を遅れて知った理由は具体的に書かない。 相手の宗教に合わせて言葉を選ぶようにする。 お悔やみの手紙は弔事用切手ではなく通常切手を用いるのが一般的である。 お金を一緒に送る場合は現金書留で送り、現金書留の封筒に直接手紙を入れないで、封筒に入れた手紙を現金書留用封筒に入れる。 お悔やみの手紙の宛名は故人の知り合であれば喪主さま、友人・知人のご身内が亡くなった場合は、友人・知人にあてる。 以上です。 この記事が、お悔やみの手紙を書く際の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 「終活ねっと」では、お悔やみの手紙についてだけではなく、弔問の際の挨拶についても記事を豊富にご用意しています。 どうぞこちらも合わせてご覧ください。

次の

お悔やみの言葉の例文集|メール例文あり|お通夜、葬儀、告別式など

お悔やみ の 言葉 例文

お悔やみの言葉を使うときは突然訪れるもので、弔問の際に故人のご家族に対してなんと言葉をかけていいのかわからない時に使われる言葉です。 現代では、現地まで駆けつけることができない場合などにはメールでのご連絡も多く利用されており、その場合にメールでどのようにお悔やみの言葉を伝えたらいいのか?失礼に当たらないか?などきになるところです。 お悔やみの言葉は残された家族の気持ちをいたわる意味が込められています。 お通夜や、葬儀、告別式などで使われるものでどのような時に使うものなのかなどを紹介していきます。 お電話で訃報をお伝えされた時や現代では友人などにメールでお通夜のご案内などが行くこともあります。 そんな時にもお電話やメールでのお悔やみの言葉をお伝えすることがあると思いますので合わせて紹介していきます。 お悔やみの言葉の基本をしろう ここではお悔やみの言葉の使い方や使ってはいけない言葉などをまとてています。 ご挨拶の時以外にも遺族の方とお話しする際に気をつけておきたい言葉があルため、こちらの基本を理解しておくと理解が深まります。 お悔やみの言葉のNGワード忌み言葉• 状況別のお悔やみの言葉を知ろう 遠方で訃報を聞いて駆けつけることができない場合や、すぐに駆けつけたいけれど駆けつけることができない状況などにいる場合、などにも対応しています。 お通夜の時、葬儀、告別式の時などに添えたいお悔やみの言葉を知ることができます。 関係別でのお悔やみの言葉 個人との関係でお悔やみの言葉の内容は多少変わってくることがあります。 友人、仕事の関係、親族などで違いがありますので理解しておきましょう。 弔問とは「死者の家を訪問して、くやみを言うこと。 」と定義されており、お悔やみの言葉も言うことも必要なこととされています。 お悔やみの言葉の心得 お悔やみは弔間に訪れた際に、遺族や喪家側に伝える短い言葉です。 通夜の前にとりあえず駆けつけた場合は、玄関先で対応してくれる人にお悔やみを述べ流ように心得ましょう。 わざわざ遺族を呼び出してもらったり、忙しそうな遺族に声を掛けるのは避けます。 対応してくれる人が、自分と面識のない相手であれば、自分の名前と故人との間柄を先に告げます。 手伝いを申し出るなどの場合は、相手の迷惑にならないように「何かできることがありましたら…」と、謙虚な姿勢を心掛けましょう。 通夜や葬儀に参列するときには、まず受付でお悔やみを述べます。 遺族と対面したときであっても、故人の生前のことなどを長々と話すのは迷惑になります。 お悔やみの言葉をひと言、丁重に述べるにとどめましょう。 弔事には使っていけない忌み言葉や、宗教特有の言葉があります。 遺族を傷つけないよう、言葉選びには十分注意しましょう。 電話でのお悔やみは、なにかと忙しい先方に迷惑となるので、控えるのがマナーです。 一般的なお悔やみの言葉 お悔やみの言葉を使う場合は色々な状況があるかと思いますが、その中でも一般的なお悔やみの言葉を紹介しています。 ポイントになることも併せて紹介していますがこれらは全般に言える基本になりますので覚えておくと便利です。 お悔やみの言葉は簡潔に。 ひと言、ふた言の短いものにする。 死亡や亡くなるという直接的な言葉は使わない。 「突然のこと」「思いもかけないこと」などと言い換える。 一般的なお悔やみの言葉の例文 ここでは、汎用性の高い一般的に使われるお悔やみの言葉の例文を紹介しています。 いくつかの言葉の使い方がありますので、基本的にはこちらを覚えておけば遺族の方へお悔やみを述べることができます。 このたびは誠にご愁傷様です。 心からお悔やみ申し上げます。 このたびは突然のことで、お力を落としと存じます。 お慰めの言葉もございません。 取るものもとりあえず伺いましたが、いまだに信じられません。 ご胸中お察しいたします。 どうか気を強くお持ちになってください。 このたびは思いもかけないことで、気が動転してしまい、お慰めの言葉もございません。 心からご冥福をお祈り申し上げます。 ご連絡をいただいて、たいへん驚きました。 おつらいこととは存じますが、遺されたご家族のためにも、お気をしっかりとお持ちになってください。 お悔やみの言葉とは お悔やみの言葉を使う時というのは法事や悲しい出来事が起きてしまった場合に使われるものになります。 ただしマナーや言葉を選び「お悔やみ」を伝えましょう。 その中でも使ってはいけない言葉や、状況、またお悔やみの言葉をいただいた側のお返事などを紹介していきます。 また、現在では遠方から駆けつけることができない場合などで電報やメールなどでも送ることがあるかもしれないので、その際のマナーや言葉なども理解しておきましょう。 お悔やみの言葉のNGワード忌み言葉 お悔やみの言葉を述べる際に使ってはいけない言葉は「忌み言葉」として法事の際にはふさわしくないNGワードになっています。 ご遺族のかたは気を落とされていますので、この言葉以外や言い回しを変えた物などをしようし伝えるように注意しましょう。 重ね言葉 重ね言葉は、 不幸が続くイメージがあるので避けるようにします。 「重ね重ね」「ますます」「度々」「くれぐれも」や、「続く」「追って」「繰り返す」といった言葉も使わないようにしましょう。 直接的な表現 「死去」「死亡」「亡くなる」などは、 「死」を直接イメージする表現は避けましょう。 この場合は「ご逝去」に言い換えます。 また、 「生きる」という言葉も避けましょう、「お元気な頃」や「ご生前」などの言い回しで伝えます。 負担になる励ましの言葉 「頑張ってください」「頑張りましょう」などは、遺族の負担になるので避けましょう。 不吉なことを連想させる言葉 「消える」「浮かばれない」「大変なことになる」は、不吉なイメージがあるのでNGです。 お悔やみの言葉を言う状況や場所 一般的にはお通夜、葬儀の際に遺族に向けて使うのですが、どのような場合に使うものなのかというのを知っておきましょう。 お悔やみの言葉へのお返事 状況別のお悔やみの言葉を知ろう 電話でお悔やみの言葉を伝える場合 メールでお悔やみの言葉を伝える場合 通夜の前に駆けつけた場合のお悔やみの言葉 「取るものもとりあえず駆けつけました」など、急いでやってきたことを伝える。 玄関先で、出てきた人に述べればよい。 わざわざ遺族を呼んでもらう必要はない。 連絡を受けまして、取るものもとりあえず駆けつけました。 心からお悔やみ申し上げます。 このたびは、ご愁傷様でございます。 まさかと思いながら駆けつけて参りました。 このたびは誠に残念なことで、心からお悔やみ申し上げます。 悲報を聞きましてとりあえず駆けつけて参りました。 急なできごとで、まさかと思い嘆き悲しんでおります。 また、あらためまして、通夜に参ります。 通夜でのお悔やみの言葉 故人が病死の場合のお悔やみの言葉 お見舞いに行かなかった場合は、そのお詫びもひと言添える。 療養中のことについては、お悔やみの席では尋ねないようにする。 病気療養期間が長かった場合には、遺族に看病に対するねぎらいの言葉をかけるとよい。 このたびは、心からお悔やみを申し上げます。 ご入院中はお見舞いにも伺えず、たいへん失礼をいたしました。 必ず快復されると信じておりましたのに残念です。 安らかにお眠りになるよう、お祈りいたします。 入院中と伺っておりましたが、まさかこんなに急に逝かれるとは夢にも思っておりませんでした。 心からお悔やみ申し上げます。 このたびは、心からお悔やみを申し上げます。 懸命の看病を見るにつけ、お慰めの言葉もありません。 奥さまの献身的なご看病には、ご主人も感謝しておられるでしょう。 どうかお疲れの出ませんように…。 早いご快復を祈っておりましたが、私も本当に残念でなりません。 しばらくたいへんかと存じますが、お体に気をつけて。 心を強くお持ちになってください。 心からご冥福をお祈り申し上げます。 故人が急死・事故死の場合のお悔やみの言葉 取るものもとりあえず弔間に伺ったことを伝える。 遺族は取り乱していることが少なくない。 その悲しみを深めないように、落ち着いた態度で弔意を述べる。 このたびはいあまりに突然のことで、なんと申し上げてよいやら、言葉も見つかりません。 心よりお悔やみ申し上げます。 つい先日元気にお会いしたばかりでしたのに、いまだに信じることができずにおります。 〇〇さんのような方が、こんなにも突然いなくなってしまわれるなんて…。 ご遺族様もさぞ無念でございましょう。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 突然の知らせをいただきましていまさかと思いながら駆けつけました。 ご家族の心中もいかばかりかとお察し申し上げます。 どうか、お気持ちを強く持ってください。 あまりに急なことで、何の準備もできず駆けつけました。 さぞおつらいでしょうが、どうぞお力を落とされませんように…。 故人が高齢だった場合のお悔やみの言葉 天寿を全うした年齢であったとしても、やはり遺族は寂しいもの。 「よかった」などの表現は差し控える。 このたびのご不幸、ご愁傷様です。 天寿を全うされたかとも思いますが、やはりもっとお元気でいていただきたかった……。 お母様にはお気の毒さまです。 人生の先輩として頼りにしておりましたのに残念でなりません。 心からお悔やみ申し上げます。 知らせを受け、駆けつけて参りました。 まだお教えいただきたいこともたくさんありましたのに、とても寂しく感じております。 心より、ご冥福をお祈り申し上げます。 故人が幼い子だった場合のお悔やみの言葉 親は、子どもの死に責任を感じることが少なくない。 少しでも気が楽になるように、言葉を選ぶことが大切。 ご無念のこととお察し申し上げます。 ご快復を信じておりましたのに、おつらいでしはう。 でもどうか、お気持ちを強くお持ちください。 懸命なご看病をされていただけに、ご無念の心中お察し申し上げます。 でも、ご両親の懸命なお気持ちは、きっとお嬢さんにも伝わっていると思います。 手は尽ぐされたのですから、どうかご自分をお責めにならないでください。 子どもを遺して配偶者が亡くなった場合のお悔やみの言葉 遺族と親しい間柄であれば、「力になれることがあれば」などの気持ちを示す。 このたびは突然のご不幸、ビ愁傷様でございます。 さぞおつらいことと存じますが、お子さまたちのためにもお気を強くお持ちください。 このたびのご不幸、小さなお子さまを遺してのことだけに、山下さんもさぞご無念なことでしょう。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 このたびは心よりお悔やみ申し上げます。 長年一緒に過ごされただけにおつらいことでしょう。 胸中お察し申し上げます。 小さいお子ざまがいらっしゃってたいへんと存じますが、お力になれることがあればおっしゃってください。 代理で弔問した場合のお悔やみの言葉 「誰の代理で来たのか」「なぜ代理なのか」を簡潔に伝える。 本人が来られないことを必ずひと言詫び、本人が来られるようになりしだい、あらためて伺うことを伝える。 このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 本来なら夫がお伺いすべきところですが、ただいま出張中でして、私が焼香にお伺いしました。 夫もすぐに戻り、お焼香をさせていただくつもりですが、本日のところはご容赦くださいませ。 このたびはまことにご愁傷様でございます。 父が体調を崩しておりますので、私が代理でお伺いいたしました。 父も体調がよくなり次第、ごあいさつにお伺いしたいと申しております。 本日の失礼、どうかお許し願います。 このたびは突然のことでい心からお悔やみいたします。 手伝いを申し出る場合のお悔やみの言葉 近所に住んでいる、会社の同僚であるなどの関係であれば、すぐに弔間に行き手伝いを申し出る。 このたこの度のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。 ご近所ですので少しでもお力になりたいと思っております。 何かお手伝いできることがありましたら、どうぞお申し付けください。 この度は思いがけないことで、心よりお悔やみいたします。 私にできることがあれば、なんでもお申し付けください。 このたびはご愁傷様でございます。 突然のことで、さぞお力を落としでしょう。 会社を代表し、取るものもとりあえずやって参りました。 お手伝いできることがありましたら、何なりとお申しつけください。 このたびは心よりお悔やみ申し上げます。 手伝いは無用とお聞きしましたのでお通夜に改めるつもりではありますが、何かありましたらご遠慮なくお申し付けください。 キリスト教式のお悔やみの言葉 「冥福」「供養」などは仏教用語なので、他宗教では使わないように注意する。 突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。 どうか安らかな眠りにつかれますように、お祈りさせていただきます。 ご連絡をいただきまして、駆けつけて参りました。 どうぞお父様の御霊安らかにとお祈り申し上げます。 神式のお悔やみの言葉 「御霊安らかに」はキリスト教式だけではなく、神式の場合でも使える。 本当にこのたびは残念なことでした。 お嬢様の御霊(みたま)安らかにと謹んでお祈りいたします。 生前はひとかたならぬお世話になり、ありがとうございました。 とてもよくしていただいたので、残念でなりません。 謹んでお悔やみ申し上げます。 葬儀・告別式でお悔やみの言葉 手紙でお悔やみの言葉 法事・法要でお悔やみの言葉 英語でお悔やみの言葉 故人との対面を受ける場合 お悔やみの言葉を添えたご挨拶の時にご家族から故人への対面を進められることがあります。 その時にお返しの言葉として添えるものを伝えましょう。 対面を受けるにしても断るにしても、「ありがとうございます」のひと言をまず添える。 ありがとうございます。 では、お別れをさせていただきます。 ありがとうございます。 ではお言葉に甘えてそうさせていただきます。 故人との対面を受けない場合 対面して取り乱しそうなど、どうしてもできない心境であれば、丁重に断ってもよい。 ありがとうございます。 ただ、今はもう突然のことで心が乱れております。 お心遣いはうれしいのですが、ご遠慮させてください。 ありがとうございます。 ご生前の姿を胸に留めておきたいので、ご遠慮させてください。 お心遣いに感謝します。 故人との対面の後 胸につまっても、お礼のひと言は伝える。 ありがとうございました。 とても安らかなお顔でいらつしやいますね。 お別れをさせていただき、ありがとうございました。 ありがとうございます。 もう、胸がいっぱいでございます。 お心遣い、感謝いたします。 関係別でのお悔やみの言葉 友達にお悔やみの言葉を伝える場合 上司にお悔やみの言葉を伝える場合 親戚・親族にお悔やみの言葉を伝える場合 お悔やみの言葉の際に役立つ知識 季節の変わり目などでお手紙を書く際に古くから日本では時候の挨拶という美しい言葉を添えてご挨拶をしてきました。

次の

言葉遣いは?返信は?お悔やみメールの文例・マナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お悔やみ の 言葉 例文

訃報を遺族から知らされたときの対応は、非常に気を遣うものです。 大切な人を失った悲しみの渦中にある遺族をできるだけ気遣わなければいけません。 お悔やみの挨拶を述べる際も十分に気を付ける必要があります。 以下で 訃報を聞いた際のお悔やみの挨拶について解説します。 どのような形で訃報を聞くことが多いの? 訃報は 電話や電報、手紙といった形で伝えられることが一般的です。 親しい間柄であれば、 メールやSNSのような現代的な手段で訃報が伝えられる場合もあります。 また最近は近親者のみで葬儀を執り行う家族葬が増えているため、親族以外には手紙などで後日、訃報が伝えられるケースも増えています。 簡潔に弔意を伝える 訃報を聞かされた場合は、 簡潔に弔意を伝えることが重要です。 弔事関係の挨拶は丁寧に自分の気持ちを表現しようとするあまり、回りくどい表現になりがちです。 しかし、家族を失ったばかりの遺族は気持ちの整理が付いておらず、悲しみに沈んでいることが予想されます。 そのような遺族に必要以上に言葉を並べ立てるようなことはせず、 故人を悼む言葉をシンプルに伝えましょう。 お悔やみの言葉の挨拶をする際には、以下の点にも気を付けます。 先に解説したお悔やみの挨拶は、主に直接会ってお悔やみを伝える場合についてです。 しかし、遺族と直接会えない場合も考えられるため、お悔やみの挨拶を伝えるさまざな手段について知っておく必要があります。 以下で お悔やみの挨拶を伝える手段について解説します。 直接会って弔意を伝えるのが正式 弔意は 直接会って口頭で伝えることが正式とされています。 しかし、遠方に住んでいる人から手紙やメールなどで訃報を伝えられた場合、わざわざ遺族に会いに行って弔意を伝えることは、現実的には困難です。 現在では、必ずしも直接会って口頭で伝える必要はないと考えられていますが、 可能であれば直接会って伝えるようにしましょう。 直接会えない場合の手段 直接会って弔意を伝えられない場合、それ以外の手段でお悔やみの挨拶を伝えます。 以下で 直接会えない場合の手段について詳しく解説します。 電話 最も一般的な手段は電話です。 親族や親しい友人相手であれば、訃報が電話で伝えられるケースが多いため、必然的にお悔やみの挨拶も電話で述べることになります。 挨拶の仕方も直接会う場合と変わらないため、 弔意を伝えるのに最適の手段です。 ただし、相手が親族や友人・知人以外(ビジネス関係など)の場合、葬儀などの準備で忙しい相手に電話をかけて時間を取らせることは失礼だと考える人もいます。 電話で弔意を伝える場合は、 気軽に電話できるような相手かどうかをよく見極める必要があります。 メール 最近増えている手段の1つがメールです。 ビジネス関係の相手であれば訃報がメールで伝えられる場合も多いため、 お悔やみの挨拶をメールで返しても問題はありません。 メールの場合、仮に遺族が葬儀の準備などで忙しくとも時間があるときに読めばよいので、余計な気を遣わずにすむメリットもあります。 ただし、 訃報をメール以外の手段で伝えられた場合は、メールでお悔やみの言葉を述べることは避けます。 相手との関係性(普段からメールでやり取りをしている相手かどうかなど)を考慮した上で、メールを使ってもよいかどうかを判断しなければなりません。 手紙・はがき 古典的な手段として手紙(ハガキなど)で弔意を伝えるという方法もあります。 最近は家族葬が多いため、葬儀後に訃報の連絡を受けるケースも増えています。 そういった場合は、丁寧なお悔やみの言葉を手紙にしたためて弔意を伝えるとよいでしょう。 手紙と一緒に香典などを送ることもできるため、葬儀に参列できなかった場合に便利な手段です。 ただし、お悔やみの言葉は初七日までに出さないといけないとされているため、 葬儀後に訃報を知った場合はできるだけ早く手紙を出しましょう。 メールや手紙のお悔やみの挨拶の文例 件名 お悔やみ申し上げます(終活花子より) 本文 このたびはご尊父様のご逝去の報に接し、大変驚いております。 心よりお悔やみ申し上げます。 心身共に大変な時だと存じますが、ご無理をなさいませんように。 本来であれば直接お目にかかりたいところではございますが、 略儀ながらメールにて失礼いたします。 メールの場合は、 件名にお悔やみである旨と差出人の名前を書いておくと丁寧です。 口頭で弔意を伝える場合と変わらず、簡潔な表現を心がけましょう。 メールはあくまで略式の挨拶なので、 文末に略儀である旨を謝罪する文言を入れます。 手紙の場合 続いて手紙の場合の例文です。 一般的なお悔やみの手紙の例文を見てみましょう。 訃報を葬儀前ではなく、葬儀後に知らされた場合、お悔やみの挨拶はどうやって伝えればよいのでしょうか? 以下で 後日訃報を知った場合のお悔やみの挨拶について解説します。 遺族の気持ちを第一に考える 後日訃報を知った場合、すぐにでも弔問に伺った方がよさそうに思えますが、実際には必ずしもそうとは限りません。 家族葬などの場合、遺族はあえて訃報を知らせていなかったとも考えられるため、そのような 遺族の気持ちに配慮する必要があります。 いきなり香典を送ったり弔問に押しかけたりはせず、遺族に電話などで連絡した上で行動を決めるようにしましょう。 遺族が香典や弔問を断った場合は、 遺族の気持ちを尊重してお悔やみの言葉を述べるにとどめます。 後日訃報を知った場合の文例 後日訃報を知った場合のお悔やみの挨拶の例文を見てみましょう。 手紙によるお悔やみと仮定します。 ご尊父様ご逝去の知らせを知り、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 さぞお辛いかと存じますが。 どうかお力を落とされませんようご自愛ください。 本来ならば直接お悔やみを申し上げたいところですが、遠方のためままならず、 略儀ながら、書中をもちましてお悔やみ申し上げます。 心ばかりのものを同封しましたので、御霊前にお供えください。 後日訃報を知った場合でも、お悔やみの挨拶は簡潔に述べます。 手紙の場合は 頭語・結語、時候の挨拶は必要ありません。 香典を一緒に送る場合は、そのことを書き添えておきましょう。 下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。 訃報は電話や電報、手紙などで伝えられることが一般的である。 最近はメールやSNSの場合もある。 弔意はできるだけ簡潔に伝える。 定型文を使って弔意を示し、忌み言葉の使用は避ける。 余計な質問はしない方がいいが、お通夜・告別式の日程の確認はしておく。 お悔やみの挨拶は相手との関係性によって内容が多少変わるが、基本的には丁寧な表現を心がける。 お悔やみの挨拶は直接会って伝えるのが正式の方法であるが、現実的には難しいため、電話やメール、手紙などの連絡手段も使われている。 メールでお悔やみの挨拶を伝える場合は、件名にお悔やみの挨拶である旨や差出人の名前を書いておくとよい。 手紙の場合は、頭語や結語は必要ない。 メールも手紙も末尾で略儀である旨を謝罪する文面を入れる。 後日訃報を知った場合は、遺族の気持ちを考慮して行動を決める。 遺族が断っているのに無理に香典を送ったり弔問に押しかけたりしてはいけない。 後日訃報を知った場合は、手紙などでお悔やみの挨拶を伝える。 香典を一緒に送る場合は、その旨を手紙に書き添える。 現代は訃報を知らせる手段が多様化しているため、お悔やみの挨拶を伝える手段もどれがよいと一概には言えません。 しかし、遺族の気持ちを第一に考えなければならない点はどの手段でも同じです。 基本的なマナーは変わらないので、しっかりと覚えておきましょう。 「終活ねっと」では、他にも葬儀全般に関わる記事を多数掲載しています。 以下の記事では香典を郵送する方法やマナーについて解説をしていますのでぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の