案じ て おり ます。 「存じております」の意味と正しい使い方・類語・謙譲語なのか

誠心誠意 /文例・敬語の使い方・意味

案じ て おり ます

「存じております」は知っているの謙譲語です。 謙譲語なので、本来は相手に「ご存知ですか」というように使うと誤用です。 しかし、あまりにも多くの人がこの使い方をしたために、現在では「ご存知ですか」というような使い方も受け入れられています。 しかし「存じる」は、もともと「知っている」の謙譲語です。 文法的には間違いだが広く使われているために追認されています。 使い方には注意が必要です。 「ご存知ですか」が一般的に受け入れられているのは、本来の意味では間違いだがあまりにも多くの人が使っているためです。 「存じる」は本来謙譲語です。 「存じておりますでしょうか」はあまり耳慣れない言葉です。 避けた方が無難です。 「知っていますか」と丁寧に聞きたい時は「ご存知でしょうか」と聞くのがいいです。 存じておりますが 「存じている」「存じておる」は、知っているという意味、既知だということを相手に伝えるための言葉です。 「存じる」は謙譲語です。 「お忙しいとは存じておりますが明日事務所に来ていただけないでしょうか」「既にお持ちだとは存じておりますが、念のために再度書面をお送りいたしました」「佐藤さまには既にご理解いただいているものと存じておりますが、念のためにこちらを再度ご確認お願いいたします」などの使い方をします。 お忙しいとは 「存じている」は、そんなことは知っている、という場面ではなく相手を気づかって使う事が多いです。 「お忙しいとは存じている」「ご面倒だとは存じてる」「既にお持ちだとは存じている」「ご理解いただいているとは存じている」などがよく使われます。 「お忙しいとは存じている」は相手に何かを頼むときの慣用句的な表現です。 「お忙しいとは存じますが、ご足労願えますでしょうか」「お忙しいとは存じますが、ご連絡いただけませんでしょうか」などの使い方をします。 「存じております」の敬語 「存じております」は「知っている」の謙譲語です。 「知っております」をへりくだって言う形の敬語です。 「存じております」と類似言葉との違い 「存じております」とは少し意味がずれますが、「思います」「推測いたします」「考えています」「認識しています」「分かっています」などが類似言葉になります。 思っております 「存じている」「知っている」はその事実が既知であるという意味なので、「思っている」よりも客観的な認識です。 「ご理解いただいていると思う」と言った場合、状況から判断して相手が理解しているだろうと思っている、という意味になります。 「ご理解いただいていると存じている」というと「以前に承諾を得た」など、相手が理解を示したことがわかるような情報を知っているという意味になります。 しかし、日常会話の場合は「存じている」と言っても「思っている」と言ってもほぼ同じ意味合いで相手に伝わります。 考えております 「考えている」も、「存じている」より主観的な認識です。 思う、よりも論理的なニュアンスがあります。 「ご理解いただいていると存じている」「ご理解いただいていると思う」「ご理解いただいていると考えている」は、どれも若干ニュアンスは違いますが、聞き手からすればほぼ同じ意味合いの言葉です。 主体的で論理的なニュアンスが強いので、「忙しいと考えている」「ご面倒だと考えている」など、「相手の状況を知っているが、こう動いてほしい」ということを伝えたい場面では避けた方が無難です。 相手の状況について考えを巡らせたと伝えるならば「忙しいと考えたので、こちらまで来ていただくのはやめて郵送にしました」「ご面倒だと考えたので、こちらから来ました」などの言葉が続くのが自然であるためです。 存じ上げております 「存じ上げる」は、人に対してのみ使います。 「存じる」「上げる」と、敬語を二つ重ねる形の言葉であるため、人名以外に対して使うと丁寧過ぎて不自然になります。 「佐藤様のことはよく存じ上げております」「加奈子さんのことは子供の頃から存じ上げています」というように使います。 「存じております」メールでの使い方 「存じている」はメールでもよく使う言葉です。 最もよく使うのは「お忙しいとは存じますが」というような使い方です。 「お忙しいとは存じますが事務所までご足労願えますでしょうか」「ご面倒だとは存じますが、折り返しご連絡をお願いいたします」などは何かを依頼する時のクッション言葉として使うと表現が丁寧になります。 「セミナーは明日の3時からです」というような知らせを何度も受け取った時はなどは「存じております」と伝え、「ご連絡ありがとうございます」と書くのが一般的です。 「存じております」は失礼になる場合もある? 「存じております」は「知っている」の謙譲語です。 この言葉自体は敬語なので失礼にはあたりません。 しかし、状況によっては、やや高飛車な印象を相手に与えてしまう事もあります。 「セミナーは明日3時から2階の会議室です」と言われて「存じております」とだけ答えた場合、「知っている」を丁寧に伝えただけなので問題なさそうにも思えますが、やや言葉足らずです。 知っていることを相手に伝え、伝えてくれたことに対するお礼を言い添えるべきです。 「佐藤さんには以前お世話になりました。 またお会いできるなら嬉しいです」など、「知っている」に加えて何か一言添えるようにしましょう。 承知しております 「承知しております」も「知っている」の謙譲語です。 「お忙しいとは承知しております」など「存じております」を「承知しております」に入れ替えてもほぼ意味はとおります。 ただ「うけたまわる」という字が入っているため「存じております」よりも相手からの依頼について理解している、というニュアンスが強いです。 「私はコーヒーが飲めないから紅茶を入れて欲しいです」と言われたとして、もともとそのつもりだった場合は「分かりました」ではなく「承知しております」と答えた方がいいです。 「ちゃんと覚えている」ということと、「紅茶を出すことを了解した」ということが同時に伝わるためです。 「存じております」と言われたときの返事 「お忙しいとは存じておりますが」「ご面倒だとは存じますが」などの言葉で依頼された場合は、「存じております」はクッション言葉として使われているので依頼についての返事をしましょう。 「明日は直接現地に集合です」などと伝えて「存じております」という返事だった場合は、「ではよろしくお願いいたします」というような返事が適当です。 「存じております」を使いこなそう 「存じております」は知っているの謙譲語です。 何かを知っていることをへりくだって相手に伝えたい時に便利です。 「明日は現地集合ですよ」など、何かを伝えてもらってそのことを知っていたときの場合は「存じております」というだけでも問題はありませんが、伝えてくれたことに対するお礼を伝えた方がより丁寧です。 「忙しいとは存じておりますが」「ご面倒だとは存じておりますが」など、何かを依頼するときのクッション言葉として使う事も多いです。 「存じております」を使うと丁寧な表現になることが多いです。 使いこなせるようになりましょう。

次の

【お見舞・挨拶】ビジネスメールの言葉と文例

案じ て おり ます

もう殺されたのではないかと案じておりました。 どうやってここへいらしたのです? … バローズ『火星シリーズ07 火星の秘密兵器』 より引用• お前は昔どおり神さまにお祈りをしていますか、ロージャ、われらの創造主でありあがない主である神さまのお恵みを信じていますか? わたしは、お前も最近流行の不信心にかぶれていはすまいかと、心ひそかに案じております。 もしそうだったら、わたしはお前のためにお祈りしましょう。 … ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』 より引用• 以前に坂巻様のお家に 伺 うかがった時、奥様もどうされるのだろうと案じておりましたもの。 そうそう、その清三郎という独活の大木が巴さんに思いを寄せているようなことも聞いたことがあります。 … 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』 より引用• 御文面のように、安田辰郎が二十日の夜、香椎の海岸の情死現場にいたことを絶対の条件にすると、二十一日に《まりも》で札幌に着くわけがありません。 さりとて飛行機にも乗った形跡がないというのは、どこかに常識的な見のがしがあるのではないかと案じております。 小生のいう「綿入れの袖無し」でございます。 … 松本清張『点と線』 より引用• アトロパテネでお別れ致してより、ずっと御身を案じておりました。 田中芳樹『アルスラーン戦記05』 より引用• けれども、貧血のために、お顔色が悪く、意識もはっきりせず、お脈もよろしくございません。 今夜か、明朝あたり、ご容体が急変せねばよいが、それのみを案じております。 … 松本清張『かげろう絵図(上)』 より引用• 次々に予期せぬ出来事が発生し、ご心痛ご苦労はいかばかりと案じております。 貴君がいま、辛い立場にあることも承知しています。 … 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』 より引用• はや夜も明け方に近づいておりましたので、彼は指にその指輪をはめたまま、足にまかせて歩いておりますと、海岸にたどりつきました。 それから自分の宿屋にもどってみますと、彼の仲間たちや宿の主人が夜っぴて、彼の身の上を案じておりました。 彼がみなに、自分の身の上に降りかかったことを物語りますと、主人はすぐにナポリを立ち去るのがよいと忠告しました。 … ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』 より引用• それで自分の身が心配になって、彼を助けだそうともしないで、それどころか、ほかの人々と一緒になって、殺してしまえなどとどなっておりました。 そうしながらも、しじゅう、どうしたら彼を市民たちの手から引き離すことができるかと、案じておりました。 人々は、マルケーゼがとっさに思いついたにげ道がなかったら、きっと彼を殺してしまっていたことでございましょう。 … ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』 より引用• わたくしたちは、 非常 ひじょうにガの 身 みの上を 案 あんじておりました。 まえにも申しましたように、わたくしたちは、ガにあのような危険な仕事をいいつけたので、すまないことをしたと思っていたのです。 … ロフティング『ドリトル先生物語08巻 ドリトル先生 月へゆく』 より引用• 左馬ノ允の消息がまるで知れませんので、これでは御面目にもかかわると、案じておりましたが、これでその点は助かりました。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』 より引用• この寒村の小さな子供さえも噂に怯えておる始末ですぞ。 奇輔と二人で案じておりました。 黙っていても幕府は自ら破滅するのではないか、とな。 … 高橋克彦『火城』 より引用• しきりに案じております。 今村信雄編『古典落語(上)』 より引用• それはようございました。 もしや頭痛でもと案じておりましたので。 準備のために、何度も行ったり来たりで、さぞかしご苦労もおありだったでしょう。 … オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』 より引用• 私は荒々しいこともせず、読み書きの手伝いなどをして、毎日出入りしておりますうちに、娘と密通し、娘は妊娠してしまいました。 そのうえ、男子はなく、一人娘であることから、婿取りをするなどということで、どうしよう、ああしようと案じておりますうちに、娘は『いずれにしてもここから出よう』としきりに申すので、せんかたなく、ある夜、娘を連れて出奔したのです。 その娘は金子二百両を盗み持ち、『これでどこへなりとも立ち退いて生きてゆこう』と申します。 … 根岸鎮衛/志村有弘訳『耳袋の怪』 より引用• そして、その報いがきて、ひさしいあいだ、こんなところで、世をはばかる身となったのでございます。 今では、犯した悪事の罪ほろぼしをして、先祖代々の家を再興できるようにと、たびたび祈願をしているしだいでございますが、その 術 すべもおぼつかないのではないかと、案じております。 … ハーン/田代三千稔訳『怪談・奇談』 より引用• 御台さまの御 帰依 きえには、方丈さまも日ごろより深い御執心ゆえ、さぞかしお力落としであろうと、一同案じておりました。 ウォルポール/平井呈一訳『オトラント城綺譚』 より引用.

次の

お見舞い連絡メールフレーズ|メール例文.com

案じ て おり ます

時候の挨拶や自身の近況は省いて、お見舞いの言葉だけを書きます。 相手を元気付けることが大切ですが、余計なプレッシャーを与えるような言い回しは避け、温かで思いやりのある文面になるよう心がけましょう。 頭語・前文を省略する 「突発的事実を知って、とるものもとりあえず書いた」という姿勢を示すようにします。 頭語を入れるとすれば「急啓」「前略」「冠省」などで、頭語を省略していきなり主文に入る場合でも結語に「草々」と入れるようにします。 今の心情 お見舞い状の書き出しには、予想もしていなかった驚きや、事態を飲み込むのに時間がかかったというような心情を書くといいでしょう。 直接出向けない略儀 本来なら自分から出向いてお見舞いの言葉をかけるべきところを、取り急ぎ書状にて気持ちを伝えるのがお見舞い状です。 なるべく早い時期にお見舞いに伺う旨や、必要なものは遠慮せずにおっしゃってほしい、というような誠意を示すことも必要です。 お見舞い状を送るタイミングはいつ? 早く出すことが重要 知らせを聞いて相手の状況が判ったらできるだけ早く送ることが礼儀ですが、早過ぎると事態を予期していたかのように見えることもありますので少しだけ注意が必要です。 ただし、しばらく時間が経ってからでは、伝えたい心情も伝わらず、お見舞いの真意も薄れてしまいます。 お見舞い状をご家族あてにする場合 周囲の方へ 病気や事故などの場合、ご本人に直接出さず家族の方や周囲の方に送り、伝えてもらうこともあります。 また、病状が思わしくない場合にはご家族宛に送って、ご本人の安否を気遣うと共に激励することもありあす。 このような場合は、ご家族や周囲の方へのねぎらいの言葉も付け加えるようにしてください。 療養中の仕事について述べたりするのもやめましょう。

次の