ザシアン ザマゼンタ 色違い。 【ポケモン考察】ザシアン ザマゼンタの名前の由来が色の三原色なら次はザイエロー?

【バグ利用裏技】色違いザシアン、色違いザマゼンタ入手方法

ザシアン ザマゼンタ 色違い

「ウルォーード!! 」 基礎データ 図鑑番号 No. 8m 重さ 110. 0kg けんのおう 特性 概要 初登場は『』。 に存在するの一体で、ソード版のパッケージを飾る。 古傷だらけのすらりとした身体を持つ青い狼の姿であり、黄金に輝く『』を咥え、騎士の鎧のような刃と、ツインテールのような首毛を生やしている神々しい出で立ち。 「盾」のような装甲を纏うとは対をなし、共に長い眠りについていたザマゼンタのとも とも伝えられている。 人の王と力を合わせガラルを救った「伝説の英雄」と呼ばれる存在で、金属を取り込み武具に変化させて戦う力を有している。 咥えた剣の切れ味は凄まじく、あらゆるものを切り捨て、のポケモンたちが持つ分厚い鱗も紙のように切り裂かれてしまうほど。 そのは肉眼で捉えることが不可能なほどのを有し、疾風の如き速度で戦場を駆け抜け、その刃に討たれた者たちは、痛みも感じぬままに散っていくとされる。 そうして敵を倒す華麗な身のこなしは美しく、繰り出される攻撃は相対するものさえも魅了し、の舞を見ているようとも比喩される。 この事から『 妖精王の剣』の異名を持ち、味方はおろか敵からも崇められていたようだ。 特に剣を蒼く発光する大剣に変化させての斬撃は、ダイマックスポケモンの持つパワーに強い特効性を有し、海を真っ二つに切り裂くほどの破壊力だと云われている。 名前の由来は「The・ 色の一種 」から。 曰く「青いヤツに出会った」「蒼い騎士を見た」といった人間の目撃証言が言い伝えとなり,ザマゼンタ共々そのまま名前として定着していったらしい。 全身の色合いはザマゼンタと比べると淡いパステルカラー寄りの色調になっており、色違いは全身がよりはっきりしたシアン色に変化する。 フォルム ザシアンは2種類の姿を持ち、普段の姿は 「れきせんのゆうしゃ 歴戦の勇者 」というフォルムでフェアリー単タイプ。 「くちたけん」の力により剣と鎧を装備した 「けんのおう 剣の王 」となり、はがねタイプが追加される。 歴戦の勇者の姿はタテガミのような青い毛全体が伸びており、ツインテール状の首毛は三つ編みになっている他、左耳の半分が切れている。 また首毛はの触手のように自在に動かす事ができるらしく、非戦闘時はそれで剣を巻き付けて鞘代わりとし、背中側に保持している。 不思議な力が宿っているのか、そのまま切れてしまう事はない模様。 ゲーム上での特徴 フォルム H A B C D S T 歴戦の勇者 92 130 115 80 115 138 670 剣の王 92 170 115 80 115 148 720 上昇値 0 40 0 0 0 10 50 上述の設定から前作の同様メスであると思われるが、ゲームでは多くの伝説ポケモンの例に漏れず性別不明となっている。 歴戦の勇者でも攻守共に優れた能力を持ち、このままでも十分強力。 剣の王が苦手とするやのポケモンが増えて来たら此方の形態にするのも手だろう。 歴戦の勇者ではザマゼンタと全く同じ能力値であるが、くちたけんを装備してけんのおうになると攻撃と素早さが上昇してかなり攻撃的な配分となる。 (因みに能力値上昇はより低めだが、その分無駄が少ない) 攻撃170はあのと同じ数値。 加えて下記の特性で攻撃ランクが上昇するため、実質的な攻撃の種族値は最大 281に達する。 これはあの 最大262 をも凌駕する を使う場合はこの限りではない。 この状態から放つタイプ一致のは驚異。 火力指数にして49410と 1ターン目からデメリット無しで出せる火力としては最大級であり、生半可な耐久のポケモンなら軽く消し飛ぶ。 さらに素早さも 148に上昇。 ・共に 最速のポケモンとなった。 禁止伝説の中でも抜きん出た高さであり、これを上回るのは禁伝ではあののみ。 突出した攻撃に目がいきがちだが、何気に耐久面も優秀。 元のフェアリータイプにはがねタイプが加わり、弱点2、半減9、無効2となる。 HPはそこまで高くないが、防御特防も115と数値だけで見ればと同等ほどにあり、 不一致のや程度なら軽く耐える。 専用特性は「」 不撓の剣 で、場に出た瞬間に自分の攻撃ランクを1段階上げる。 シンプルに強い効果であり、物理アタッカーの天敵と相殺し合えるのが大きな利点。 専用技の「 巨獣斬 」は、けんのおうの姿の時「」から変化するはがねタイプの物理技。 威力100、命中100とはがね技の中でも最高峰の性能を誇り、 さらに対象がダイマックス状態のときはダメージが2倍になる追加効果がある。 これによりダイマックスしたポケモンを相手にするでは無類の強さを誇り、 レイドのお供として日々駆り出されている。 圧倒的な火力と素早さに高水準の防御、優秀なタイプと特性、習得技のラインナップと、 どの点を取っても文句の付けようが無い凄まじいポケモン。 デメリットは持ち物がくちたけんに固定されることだが、そもそも型のレパートリーが少ないザシアンにとっては大した弱点ではない。 …が、どうしてもほかの道具を試したいのなら歴戦の勇者で使ってみるのも良いだろう。 ただし、は致命的に相性が悪い。 共演するかどうかは不明だが共演した場合はマークしておこう。 外部出演• 期間限定のコラボイベントにおいて、スピリッツボードにザマゼンタとセットのアタッカースピリット 無属性 ととして登場。 階級は伝説に相応しい「LEGEND」級。 余談だが、パッケージデザインの伝説ポケモンが、最高クラスのスピリットに設定されるのは、何気に以来だったりする マイチェンも含めるならば 超化 以来。 対戦では、 持ちのと バックシールド装備のを相手に、終点化したをステージに戦う。 特別なステージギミックは無い為、気軽に戦えると思えるが、攻撃力の高いウルフに加え、10000超えの強さもあるので、油断はせずに1体ずつ倒してクリアする事を薦める。 元ネタ考察 「剣」を咥えた「騎士」のような風貌の「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。 「騎士」要素については、本作の舞台からしてをモチーフにしているのではないかと言う意見が多い。 本作のタイトルが剣盾というタイトルから 盾を持つ騎士ギャラハッドの父親 、猛犬と呼ばれ、アーサー王伝説にも影響を与えた英雄という可能性もなきにしもあらず クー・フーリンは槍を使う逸話の方が有名な一方で剣を使っているエピソードも存在している。 「剣」については、前述のから連想して をイメージしているのではないかと言われている。 一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事からにおける太陽と月を食らう双子の狼という説やアーサー王の飼っていた狼ゴルラゴン等の説がある。 歴史人物であるの象徴する動物も「青い狼」である事から何らかの関係があるのかもしれない。 先述の情報から、やはり元ネタはである可能性が非常に高い。 アーサー王の持つは湖の妖精から賜った剣であり、激しい戦いの中で折れたという伝承は 『妖精王の剣』という異名やキーアイテムの 『くちたけん』の特徴に合致する上に、くちたけんは元々石碑に刺さっていた物という設定がまんまアーサー王伝説のそのまんまである為。 また、この石碑があるのはまどろみのもり奥地の湖というエクスカリバーと選定の剣の出典をミックスしたものになっている。 また、ザシアン自身も剣を加えた姿が『けんのおう』と呼ばれていたり、頭のデザインがザマゼンタよりも王冠に近くなっていたりとアーサー王を思わせる要素が多い。 一方で、ポケモン図鑑にはわざわざの姉とも言われているとの記述があり、またには盾に関する逸話もあることから、ザマゼンタこそがのポジションで、姉であるザシアンはアーサー王の異母姉であるがモチーフであるとする説もある(モルガンに関してはもモチーフ上の関連が指摘されている)。 なお、「犬型の動物が武器を口に咥えて戦う」というアイデア自体は、日本の漫画であるなど先達が存在している。 四足獣に物理的な手段で武器を保持させるには他に方法が乏しいため、偶然類似した可能性もあるが、ポケモンはパロディ色が強いシリーズでもあり、先行作品へのオマージュ・リスペクトが入っていることも十分考えられる。 関連タグ ・対になるポケモン 世代 ポケモン ポケモン 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代 第6世代 第7世代 第8世代 ザシアン.

次の

ザシアン (ざしあん)とは【ピクシブ百科事典】

ザシアン ザマゼンタ 色違い

60 [弱点]• ソニアがやってくる• ソニアから『 ソニアのほん』をもらう 手持ちのポケモンが弱っている場合、この後の流れで戦闘になってしまうのでこのタイミングで回復しておいたほうがいいかもしれません。 祭壇に『』 『』 を返す• 『ソッド』と『シルディ』が現れる• ソッドが『』を手に入れ、シルディが『』を手に入れる• ソードの場合はソッドと、シールドの場合はシルディとバトル! ホップ戦と連戦の場合、回復はされないので注意してください。 現チャンピオンなら問題なく倒せるはずです。 ターフスタジアムへ• ヤローとネズに話しかける• 暴れているダイマックスポケモン『』を大人しくさせる 主人公、ホップ、ネズ、ヤローでの「マックスレイドバトル」になります。 以下、ダイマックスポケモンとのバトルは『』の『ダイマックスほう』が有効です。 相手がダイマックスしているとダメージが2倍になるため、素の威力100ということもあってかなり強力な技になります。 通常のレイドバトルでもムゲンダイナは重宝しますので、『けいけんちアメ』を大量投入してレベル100にしてしまうことをオススメします。 バトル終了後、ゲットチャンスはありません。 ヤローから『 ヤローのレアリーグカード』をもらう• ソッドとシルディが現れる• ターフスタジアムを出る• ソニアがやってくる• バウタウン エンジンシティ へ どちらから進めても構いません。 62 [4倍弱点] [弱点] ポケモントレーナーのシルディ ドータクンLv. 62 [弱点] タイレーツLv. 62 [弱点] ギギギアルLv. 62 [弱点]• ソッドとシルディに『』を取られる• ポケモン研究所を出る• 各地のスタジアムに行こう 順不同 このチャートでは、ジムバッジ順に進んでいきます。 すべてのスタジアムを回った後にナックルスタジアムのエネルギープラントに入ります。 そのため、ナックルスタジアムは最後にするとスムーズに進行できます。 また、最後に訪れるスタジアムをナックルスタジアムにすると、ネズのセリフが少しだけ変化します。 ラテラルタウン シールド ザシアンLv. 70 [弱点]• 『』 『』 が現れる もう一方の伝説のポケモンが現れます。 ホップが『』 『』 を取り返す• 『』 『』 とバトル! ザシアン ザマゼンタ を捕まえなければいけません。 倒しても即座に復活してやり直すことができます。 ムゲンダイナとは異なり、かなり捕まえにくい設定になっています。 夜に戦えば『』が捕獲率が一番高く、オススメです。 特性『』は効かないようです。 オートセーブを切って、バトル前にレポートを書くのを忘れずに!.

次の

ソードシールド詳細攻略チャート10 (クリア後:ザシアン/ザマゼンタ入手方法)|ポケモン徹底攻略

ザシアン ザマゼンタ 色違い

「ウルゥーード!! 」 基礎データ 図鑑番号 No. 9m 重さ 210. 0kg れきせんのゆうしゃ 785. 0kg たてのおう 特性 概要 初登場は『』。 に存在する盾の王で、シールド版のパッケージを飾る。 古傷だらけの逞しい身体を持つ赤い狼の姿であり、前面を煌めく『』状の装甲で覆い、マントのような体毛を纏う、狼系の体形でありながら鬣を持った獅子にも見える雄々しい出で立ち。 感情が高ぶると目がオレンジ色に発光する。 黄金の「剣」を咥えるとは対をなし、共に長い眠りについていたであるザシアンのライバルとも伝えられている。 人の王と力を合わせガラルを救った「伝説の英雄」と呼ばれる存在で、金属を取り込み武具に変化させて戦う力を有している。 体表を覆う金属の盾の強度は凄まじく、のポケモンたちの鋭い爪でも、傷ひとつつけられないほど。 その鉄壁の力は同時に強力な攻撃手段でもあり、力任せに突進すればその威力で大地はひび割れ、同時に起こるで数百の敵を打ち倒すと評されている。 どんなに過酷な戦場にも怯まず、正々堂々と敵陣に乗り込み、敵を討つ。 威風堂々としたの振る舞いにより、相対するものは圧倒されるという。 この事から『 格闘王の盾』の異名を持ち、味方はおろか敵からも崇められていたようだ。 特に前面へ扇上に展開した赤く発光する盾を構えての突進は、ダイマックスポケモンの持つパワーに強い特効性を有し、そびえる山を穿つほどの破壊力だと云われている。 名前の由来は「The・ 色の一種 」から。 曰く「赤いやつに出会った」「紅い騎士を見た」といった人間の目撃証言が言い伝えとなり、ザシアン共々そのまま名前として定着していったらしい。 全身の色合いはザシアンと比べると濃い原色寄りの色調になっており、色違いは全身がよりはっきりしたマゼンタ色に変化する。 フォルム ザマゼンタは2種類の姿を持ち、普段の姿は 「れきせんのゆうしゃ 歴戦の勇者 」というフォルムでかくとう単タイプ。 「くちたたて」の力により盾と鎧を装備した 「たてのおう 盾の王 」となり、はがねタイプが追加される。 ゲーム上での特徴 フォルム H A B C D S T 歴戦の勇者 92 130 115 80 115 138 670 盾の王 92 130 145 80 145 128 720 上昇値 0 0 30 0 30 -10 50 歴戦の勇者でも攻守共に優れた能力を持ち、このままでも十分強力。 盾の王が苦手とするやのポケモンが増えて来たら此方の形態にするのも手。 というよりが解禁されるか否かで育成方針も変わってくるだろう。 歴戦の勇者の時点ではザシアンと全く同じ能力であるが、くちたたてを装備して盾の王になると素早さが下がって防御・特防が上がる。 (因みに能力値上昇はより低めだが、その分無駄が少ない) シリーズでは初となるのパッケージ伝説で、格闘の中では守り寄りのステータス。 HPはやや控えめだが防御・特防が結構高く、下がったとはいえ素早さも割と高め。 抜かれて困るのは素早さ130族と位。 なお、ウルトラネクロズマはソード・シールドには存在しない。 はがねタイプのおかげでかくとうタイプが苦手とするフェアリーも等倍で受けられる。 専用特性「ふくつのたて」 不屈の盾 は場に出ただけで防御ランクが1段階上昇、またたてのおうの姿のみ使用できる専用技「」ははがねタイプの物理技で、その名の通りにより巨大化した相手へのダメージが倍になるが、この技を使うにはを覚えている必要がある。 耐久・素早さが揃った、耐久寄りのバランス型といった能力値だが、メインウェポンに難があり、実用的なかくとう技がしかないのが欠点。 倒しきれれば問題ないが、調子に乗って連発しているとせっかくの耐久力が台無しになってしまう。 また、「くちたたて」を持たせると火力アイテムを持てず火力に難儀することも。 耐久力を生かして居座るより、サイクル戦に持ち込んで耐久力低下を目立たせないようにしたい。 あるいは下がった耐久を「」で押し付ける戦法も考えられる。 この他、ダブルバトルでのサポート性能も優秀で、を張りつつ「」で相手の壁を壊し、圧倒的素早さから「」をぶつけて相方を動きやすくしたり、「」で退場したりとアタッカー一辺倒 盾が殴るしかできないというのもアレだが でない活躍もできる。 外部出演• 期間限定のコラボイベントにおいて、スピリッツボードにザシアンとセットのアタッカースピリット 無属性 ととして登場。 階級は伝説に相応しい「LEGEND」級。 余談だが、パッケージデザインの伝説ポケモンが、最高クラスのスピリットに設定されるのは、何気に以来だったりする。 マイチェンも含めるならば 超化 以来。 対戦では、 バックシールド装備のと 持ちのを相手に、終点化したをステージに戦う。 特別なステージギミックは無い為、気軽に戦えると思えるが、攻撃力の高いウルフに加え、10000超えの強さもあるので、油断はせずに1体ずつ倒してクリアする事を薦める。 モチーフ考察 「騎士」のような風貌の鬣が『盾』になった「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。 「騎士」要素については、本作の舞台からしてに登場するに選ばれた騎士 とする説が有力。 「盾」については、前述のガラハッドから連想してガラハッドの持つ十字盾がモチーフだと言われている。 また、アーサー王も船に変形するという盾を所持している。 一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事からにおける 太陽と月を食らう双子の狼という説や、アーサー王の飼っていた狼ゴルラゴンである説。 少数派ではあるが、の異名の元ネタとなったクランの猛犬という意見もある さすがにに関しては猫とされる事が多い上に、唸る獣は明らかに敵キャラなので候補からは外れる。 一部では狼みたいだけど、も元ネタではという意見も存在する。 ライオンはイギリスにも深い関係のある生き物で、アーサー王伝説にものお供として登場する事がある。 というかアーサー王伝説ではブリテンに生息している生き物というトンデモ設定である。 関連タグ ・対になるポケモン 世代 ポケモン ポケモン 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代 第6世代 第7世代 第8世代 ザマゼンタ 、:同じタイプ。 、:同じく、対のポケモンの防御側を担当している。 :守りに特化したディフェンスフォルムになる。 :四足歩行の格闘ポケモン。 準伝説と幻のポケモン。 と:8世代のをもつ伝説のポケモン。 、:種族値が守りに特化している準伝説ポケモン。 、:他人の空似 関連記事 親記事.

次の