手作り 七夕飾り。 仙台七夕祭りの七夕飾りを作ってみよう!飾りの名前~作り方を動画で大公開!

七夕飾りを折り紙で簡単に☆星や網飾り、とあみの作り方

手作り 七夕飾り

【七夕の折り紙一覧】• 七夕の折り紙 織姫 折り紙は、ぜひ和紙や古典柄を使って下さいね。 折り紙の柄によって雰囲気が変わるので、 青色系の折り紙で折っても素敵ですよ。 天の川 天の川は、一年に一度織姫と彦星が逢える場所として有名ですよね。 実際に、夏に夜空を見上げると、雲のような光の帯を見ることができます。 実は、これが天の川で、私たちの太陽系がある銀河のことなんですよ。 スポンサーリンク 四角つながり 七夕飾りのひとつで、四角の形を交互に折ったものです。 切って広げるだけなので、忙しいときでも、簡単に作れちゃいますよ。 星つづり 星のフレームを折り紙で作ってたくさん繋げてみました。 色違いで作ると、とっても可愛いですよ。 星飾り 切り紙の星を繋げて、可愛い飾りを作りました。 切った星は交互に並べるので、両面折り紙がおすすめです。 スポンサーリンク 菱飾り 七夕の菱飾りは、星が連なる天の川をイメージしたものです。 でも、四角い折り紙を繋げただけだとつまらないですよね。 そこで、ちょっとひと工夫してみました。 短冊 七夕の短冊は、もともとは五色の糸を飾っていました。 これが糸から布に変わり、今では紙に願い事を書くようになったんですよ。 紙衣 七夕飾りに作る着物の折り紙は、紙衣(かみころも・かみこ)といいます。 本物の着物を選ぶように、素敵な柄の折り紙で作って下さいね。 スポンサーリンク 貝飾り 飾りに使うときは、同じものをたくさん作ってのりで繋ぎ合わせて下さい。 色違いで作ると、カラフルで素敵ですよ。 吹き流し 吹き流しは、織姫の織り糸を表しています。 七夕に飾る吹き流しには、 織姫のように機織が上手になりますように という意味があるんですよ。 透ける素材や、和紙で作ったら一層、雰囲気がでますよ。 星 ハサミで切るだけで、こんなにちゃんとした星が出来上がりました。 真ん中に線が入る形になるので、ちょっと変わった出来上がりになりますよ。 折り紙を1枚使って、星を折る方法です。 思ったよりも簡単にできるので、ぜひ、作ってみて下さいね。 2枚の折り紙を使う星の折り方です。 とっても簡単なので、小さいお子さんでも作れちゃいますよ。 さんまいぼし(三枚星)は、3枚の折り紙を使って、星を作ります。 これは、私が知っているなかで一番簡単に、星が出来ちゃいますよ。 5枚の折り紙を使って、立体の星を作りました。 5枚の折り紙の色を変えるとグラデーションになって素敵ですよ。 スポンサーリンク ラッキースター 小さくて可愛い立体の星を作りました。 ぷっくりとしていて、こんぺいとうの星型に似ていますよ。 星のお皿 星の形をした入れ物を作りました。 大きいサイズで作れば、小物入れとしても活躍しますよ。 菊の花のくす玉 6個の菊の花を貼り合せるだけなので、とっても簡単に出来ちゃいますよ。 中が空洞なので、七夕飾りにも最適ですね! スイカ とっても簡単で、夏にぴったりなスイカの折り方です。 これなら小さなお子さんでも一人で作れちゃいますよ。 スポンサーリンク まとめ 七夕は、一年に一度の願い事を星にお願いする日です。

次の

七夕飾り折り紙で簡単!おしゃれで可愛い作り方【16選】

手作り 七夕飾り

短冊に願いごとを書いて 竹笹にキレイな飾り方をして・・・ 実は この飾りには 1つ1つ意味があるのです。 知らない方も多いかと思いますので それぞれ簡単に紹介したいと思います。 まず 短冊です。 皆さん短冊に願いごとを書くとき 短冊の色を気にされたことがありますか? 折り紙で画用紙を切って 好きな色を選んでいるという方が多いかもしれませんが 実は七夕飾りの色は一応5色と決まっているのです。 その5色は 赤・青・黄・白・黒 紫 です。 そして それぞれの七夕飾りにも意味があります。 折り紙1枚で作ることが出来ます! 作り方も 基本的な折り紙の折り方が出来れば 簡単に作っていただくことが出来ます! ポイントとしては 緑色の折り紙を使うことです。 なぜかというと 七夕は日本の古くからの 棚機女 たなばたつめ の風習が由来になっているそうです。 そもそも 棚機女って何?って感じですよね 笑 棚機女とは 7月6日に幾屋で神様にお供えする着物を織って 7月7日の夕方に禊ぎをするという風習です。 そのことが由来となっているので 七夕飾りも1日限りとされているのです。 しかし 幼稚園や学校では 早いと6月頃から七夕飾りの準備が行われます。

次の

七夕飾りを折り紙で手作り 簡単な作り方8選~吹き出し・笹・短冊・天の川・星など~

手作り 七夕飾り

Contents• 七夕飾りは折り紙で簡単にできる 七夕飾りって、自力で作るのは難しそうに感じますよね。 七夕飾りには、これで作らなければという決まりはありません。 最近では七夕の飾りがセットになって売っていたりもしますが、頻繁に使うものでもないので何だか勿体無いですし、七夕本来のやり方では飾る期間が短いせいか安くすむなら済ませたいものです。 それを叶えてくれる方法は、 折り紙とハサミとノリがあれば七夕飾りは簡単に作ることができます。 折り紙はメリットだらけ 折り紙は安いので気軽に購入できますし、どこでも買えます。 そして子どもにとっても身近であり、指先と目と頭をよく使うので脳を刺激して想像力を育てると言われ、教育現場でもよく用いられています。 更には、七夕が終わった後に処分するときもかさばりませんし、処分もしやすいと いいことづくめですよ。 折り紙を使って、願い事を書く短冊の他に織姫と彦星や星飾り、吹流しや天の川、提灯 ちょうちん なんかも作るとかなり七夕の雰囲気が出ますので、是非チャレンジしてみましょう。 七夕飾りの作り方 七夕飾りには様々な種類がありますが、ここでは折り紙で作る七夕飾りの中でも ハサミとノリで簡単に作ることができるものをご紹介していきます。 を見てみる 子供でも簡単に作れるものを中心に紹介しましたので、是非作ってみてくださいね。 子供も喜びますし、子供と一緒に作っている様子を録画して動画を残したり、写真を撮って願い事を書いた短冊と一緒にアルバムに入れておけば、良い思い出にもなりますよ。 折り紙とハサミとノリがあれば手作りできるので、 ハサミを使う時だけはしっかりと手を添えたり見守れば、楽しく気軽にできますね。 七夕飾りを片付ける時 七夕が終わって、後片付けや七夕飾りを処分をする時は 地域で決められた方法でゴミに出すのが一般的です。 その時に、もし子供が処分することを嫌がったりするようなら、手作りした七夕飾りを子どもと一緒に安全な場所で燃やすと、天の神様 または織姫と彦星 に捧げたと子どもに説明できます。 または、神社に持っていて 「お焚き上げ」をしてもらっても理由づけしやすいですよね。 子供に、ただ単に悲しい思いをさせるのではなく、何かの学びになったらいいと私個人としては考えます。

次の