ポジティブ リスト。 ネガティブリストとは

残留農薬等に関するポジティブリスト制度

ポジティブ リスト

また、輸出国段階での原材料管理の検証に資するため、加工食品の残留農薬等に係る試験法を検討するとともに、引き続き農薬等が人の健康を損なうおそれのない量として定められる量を超えて残留する(別添1) 食品の販売等を原則禁止するいわゆる ポジティブリスト制度(以下単に「 ポジティブリスト制度」という。 )の着実な施行のため、輸入時の検査項目を更に拡充すると同時に、輸出国に対し、生産、製造、加工等(以下「生産等」という。 )の段階における安全対策の推進を要請し、必要に応じて、輸出国における残留農薬等管理の確認のため、現地調査を行うこととする。 )が、人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める量を超えて残留する食品は、これを販売の用に供するために製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、保存し、又は販売してはならないこととされた。 - 厚生労働省 これら我が国に輸入される食品等(以下「輸入食品等」という。 )の現状を踏まえ、平成19年度において、厚生労働省本省(以下「本省」という。 )及び検疫所は、残留基準が設定されていない農薬、動物用医薬品又は飼料添加物(以下「農薬等」という。 )が、人の健康を損なうおそれのない量として定められる量を超えて残留する食品の販売等が原則禁止されるいわゆる ポジティブリスト制度 以下「 ポジティブリスト制度」という。 )の着実な施行のため、輸入時の検査項目の拡充を図るなど、食品衛生法(昭和22年法律第233号。 以下「法」という。 )第28条の規定に基づくモニタリング検査や法第26条の規定に基づく検査命令等の輸入時における監視指導を強化するとともに、輸出国における衛生対策の適正化を推進するため、残留農薬等に係る法第11条違反等の事例が多い輸出国を中心に衛生対策の推進を求めたほか、牛海綿状脳症(以下「BSE」という。 )等に係る輸出国の衛生管理についても現地調査を行った。 They thepromotion that were mainlyresponsible for that , measures. )について、一定の量を超えて農薬等が残留する食品の販売等を原則禁止するという新しい 制度(以下「 ポジティブリスト制度」という。 3%)の順となっている。 , , the , with , level. , were 455 28. This was the 297 18. - 厚生労働省 また、カビ毒等の有毒な又は有害な物質の含有等による法第6条違反や、残留農薬等に係る法第 11 条違反等の事例が平成 20 年度に輸入された食品において発見された違反事例の大多数を占めることから、平成 21 年度においては、当該違反事例の多い国を中心に積極的に衛生対策を要請するとともに、 ポジティブリスト制度の円滑な実施や輸入牛肉等の衛生確保のため、輸出国における生産等の段階での衛生対策の検証が必要な場合には、専門家を当該輸入食品等の輸出国に派遣し、積極的に当該輸出国における衛生対策の確認を行う。 , were 2008 6 the , , , the 2009 , those whose have , measures. , for and for and , , the shall the countries. - 厚生労働省 例文 また、カビ毒等の有毒な又は有害な物質の含有等による法第6条違反や、残留農薬等に係る法第11条違反等の事例が平成21年度に輸入された食品において発見された違反事例の大多数を占めることから、平成22年度においては、当該違反事例の多い国を中心に積極的に衛生対策を要請するとともに、 ポジティブリスト制度の円滑な実施や輸入牛肉等の衛生確保のため、輸出国における生産等の段階での衛生対策の検証が必要な場合には、専門家を当該輸入食品等の輸出国に派遣し、積極的に当該輸出国における衛生対策の確認を行う。 , were 2009 6 the , , , the 2010 , those whose have , measures. In , for and for and , , the shall the countries. - 厚生労働省.

次の

ポジティブリスト制度とは

ポジティブ リスト

1 原則として禁止されている中で、例外として許されるものを列挙した表。 特に、輸入制限が原則のときに、例外として輸入自由の品目を列記したもの。 輸入自由品目表。 2 に定められる、等に関するのこと。 ・動物用医薬品・(農薬等という)などを対象に、そのが一定を超えて残留する・の、製造・・販売を禁止する。 約800の農薬等にが設定され、この基準値を満たす農・食品だけができる。 食品衛生法のにより平成18年(2006)に導入。 [補説] 2で、のない農薬等には0. 01ppm以下という一律基準が適用される。 また、法改正以前は規制する農薬等を列挙するだけで、それ以外のものについてのがない(ネガティブ)制度だった。 出典 デジタル大辞泉について の解説 原則として規制・禁止する状態で、的に許されるものだけを列挙した一覧表。 「」「ポジティブリスト制度」などとよび、広く世界の法律、政策、制度に適用されている。 反対に、原則として自由とする状態で、例外的に禁止・規制するものを列挙した一覧表をネガティブリストとよぶ。 とくに、大陸法を適用しているヨーロッパ各国や日本などでは政策や制度で「許されること」だけを列挙するポジティブリスト方式をとるケースが多い。 一方、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英米法を適用する国々では、「してはいけないこと」のみを明示するをとる場合が多い。 一般にポジティブリスト方式は原則として禁止・規制しているため犯罪・事件・事故などを抑止する効果があるものの、許されることが限定的になるためイノベーション(技術革新)が起きにくいという欠点があるとされる。 貿易分野では、貿易自由化の対象とする分野のみを約束表(リスト)に明示する方式をポジティブリスト方式とよび、この約束表がポジティブリストとなる。 一方、ネガティブリスト方式は自由化しない分野のみを一覧表にする方式で、一般にポジティブリスト方式よりネガティブリスト方式のほうが貿易の自由化が進んでいるといえる。 軍事・防衛分野では、軍事・防衛行動として許される行為のみを列挙し、それ以外は禁止する方式をポジティブリスト方式という。 日本では、食品の安全性を確保するため、すべての食品に残留・混入する農薬、動物用医薬品、飼料添加物の流通・販売を原則禁止とし、人の健康を損なうおそれのない化合物のみを基準値とともに明示するポジティブリスト制度を採用している。 2002年(平成14)に中国産冷凍ホウレンソウから基準値を超す農薬が検出されたことを機に、2006年の改正食品衛生法の施行で実施された。 また、化粧品では、安全性を確保するため、配合できる防腐剤、紫外線吸収剤、タール色素について、配合可能な種類のみを許容量とともに定めるポジティブリスト方式をとっている。 [矢野 武].

次の

ポジティブリスト制と飛散防止|農林水産|東京都産業労働局

ポジティブ リスト

畜産農家におけるポジティブリスト制度への対応のポイント 食品衛生法に基づき平成18年5月29日に導入された「ポジティブリスト制度」によって、農薬、飼料添加物及び動物用医薬品について、食品中の残留に対する規制の範囲が広がっています。 これによって動物用医薬品を使用するに当たっての注意事項、特に休薬期間や使用禁止期間が大きく変わりました。 ポジティブリスト制度が施行されています。 畜産現場での動物用医薬品の投薬・飼料の給与にはご注意下さい! 畜産農家におけるポジティブリスト制度への対応のポイント 食品衛生法違反とならないように次の点に注意して下さい。 動物用医薬品の添付文書をよく呼んで、適正に使用する。 投薬中や投薬後の動物・畜舎には表示をし、間違えないようにする。 出荷する動物や牛乳・卵を出荷している動物の治療記録を確認する。 対象家畜や使用時期が定められた飼料について、これを遵守する。 書類や帳簿を保管する。 (ア)飼料の購入伝票や給与記録 (イ)牧草などへの農薬散布記録 (ウ)動物用医薬品の購入記録や使用記録 (エ)動物用医薬品指示書や出荷制限期間指示書 特に、保管した書類・記録は、問題が発生したときの重要な資料となります。 アドバイスしてくれる地域の指導機関等 アドバイスしてくれる地域の指導機関等 都道府県の家畜保健衛生所、地域の獣医師、JA・飼料販売業者及び動物用医薬品販売業者) 動物用医薬品および飼料の表示を守って家畜へ投薬・給与すれば、畜産物の基準値は遵守可能です。 詳しくは 最新の情報は、農林水産省動物医療検査所および、独立行政法人農林水産消費安全技術センターのホームページをご覧下さい。 (外部リンク) (外部リンク).

次の