足つぼ 女性 図。 足つぼの図解~4つの大きな図で反射区を確認

足つぼマットの効果がヤバい!?段階別のやり方を紹介

足つぼ 女性 図

足つぼマッサージや足裏の反射区を刺激する英国式のリフレクソロジー効果はセルフケアで体をリセットし、正しいやり方と方法を行えば、むくみ 水毒 や便秘を解消し、美脚・脚やせ・ダイエットの心強いサポーターになります。 体をプラスマイナスゼロにリセットするのが、東洋医学の基本的な考え方です。 例えば、食欲が全くないときや反対に食べ過ぎて消化を促したいとき、どちらにも胃腸系のつぼが効く。 プラス・マイナスのどちらかに偏ってしまった時に、体調を整えてくれるのです。 つぼ療法・反射療法には副作用もないので、コンディショニングの一環として、とても役にたちます。 当サイトは足・ふくらはぎのつぼ、足裏反射区を図解 イラスト画像 をもってご紹介します。 また、口コミで話題の湿布ダイエットの効果について。 足・足裏・ふくらはぎツボ図解・マッサージのやり方 足つぼ図解一覧 では、足裏、甲、足の内側、外側の代表的な足つぼを図解で見てみましょう。 毎日忙しくてもう足はへとへと…。 家に帰るととにかく足が重い、怠い、もっとつらいのは翌朝になっても疲労感が抜けていない…。 なんてことありますよね。 特に、1日立ちっぱなしの、ふくらはぎはパンパン、ヒールで脛が痛い、足首もむくんでいる…「もう限界!」って足が悲鳴を上げていませんか? 女性の方に多い悩みの一つでもあるは生活習慣等が影響する「生理的なもの」と、や腎臓病などの「病気等の疾患によるもの」症状別にさまざまですが、現代人は足をかなりいじめているように思えます。 靴によるストレス、精神的なストレス、睡眠不足、運動不足などで、足のむくみや冷え、疲れなどで場合によってはを発症させてしまい、美脚を維持できなくなっています。 足つぼセルフマッサージをおこない、疲れやむくみ 水毒 、冷えなどを解消し、美脚をキープしよう!! 脚痩せしたい!という方におすすめの記事です スリムな太ももやふくらはぎは誰しも憧れます。 そんな方におすすめの「」ご紹介しておきましょう。 興味のある方、本気で脚やせしたい方は是非とも必読です! むくみで大根足…、筋肉質なふくらはぎ…、足を細くするための方法はいろいろありますが、これを知っていないと本末転倒! モデル・フィギアスケートの方の歩き方、痩せる足マッサージのコツなど、脚痩せ希望者必見です! ふくらはぎ・すね側ツボ図解 意外と知られていませんが、ふくらはぎ周辺には非常に重要なツボが多くあります。 自律神経の働きを整えるツボ、むくみや疲れ、冷えの改善など。 また、ふくらはぎのツボは押すと痛みを感じることが多く肩こりや腰痛など身体の不調がある証拠です。 委中(いちゅう) 膝の裏側のへこんだところにあるツボ。 でここを押えて痛い場合は、腰痛・坐骨神経痛・むくみなどのトラブルを招いていることが多い。 承筋(しょうきん) ふくらはぎの太い部分の中央にあるつぼで、足の疲れやふくらはぎにむくみがあると痛みを感じます。 承山(しょうざん) ひざ裏と足首のちょうど真ん中に位置するツボで、腰痛やぎっくり腰が起こる前にパンパンに張ることがあり、ふくらはぎにむくみがあると痛みがあります。 承間(しょうかん) 承筋と承山の中央にあるつぼで、ふくらはぎのむくみにより痛みがあります。 足・ふくらはぎのつぼ押しが様々な効用をもたらす 足のふくらはぎのツボ押し・マッサージは近年多くの専門家や整体・医療関係の現場でその効用についての研究が進み注目されています。 「第二の心臓」といわれるふくらはぎを温めることで、筋肉のポンプ作用を促し「足のむくみ」を解消するほかにも、し、血液循環が促進することで代謝機能がアップし、します。 また、新陳代謝が活発になると、皮膚のターンオーバーが促進されることで肌をいつまでも若々しく保ち続けられますし、基礎代謝がアップすると、エネルギー消費量が増え、余分な脂肪の蓄積を抑え、も期待できます。 足・ふくらはぎのつぼ押し等で温められ血液循環が促進されると、、脳梗塞、心筋梗塞などの循環器系疾患の発症リスクを軽減し、脳への神経伝達がスムーズになる事でにつながるといわれています。 また、体内の疲労物質や老廃物の排泄が促進し、筋肉の痛みやコリを和らげるため、・ぎっくり腰・ヘルニアといった症状の改善が期待できます。 また、があるため風邪やインフルエンザの予防にも効果を期待できます。 むくみに効果のある足つぼ 足三里(あしのさんり) 足のむくみ、下痢や便秘などの胃腸障害、更年期障害、不眠、自律神経失調症、うつ病に、ヒザ頭の外側のくぼみから指先4本分下にある。 陰陵泉(いんりょうせん) 湿気が多い梅雨時期の「水毒」によるむくみや冷え、下痢、膝の痛み解消にも効果があります。 ひざ下すねの内側、脛骨の内側に位置します。 座って膝を立てた状態で、脛骨の内側を指でさすって上に進んでいくと、自然と止まるところがあります。 承筋(しょうきん) 足のむくみに。 ふくらはぎの一番太いところのセンター。 足首から上に両手でふくらはぎふくらはぎを触ると見つけやすい。 湧泉(ゆうせん)・ソーラープレクサス 内蔵の働きをよくし、体内の水分を調整する。 足のむくみ、冷え性にも。 土踏まずの上の真ん中でくぼんでいるところ。 湧泉を別名「ソーラープレクサス(太陽神経叢)」ともいい、 自律神経のバランスを整え、全身の疲労回復、安眠、リラクゼーション効果があるとされています。 崑崙(こんろん) むくみ、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなどのほか、鼻水や鼻づまりを解消する足ツボとして有名です。 や 蓄膿症 、アレルギー性鼻炎・花粉症の鼻づまり解消、タラタラと流れる鼻水を止めるのに効果的です。 外くるぶしとアキレス腱の中間にある。 くぼんでいるところ。 太谿(たいけい) 内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあります。 さわると脈があるので探しやすいと思います。 太谿は腎機能を調整し、水分代謝がよくなり血流改善する事で、足の冷え症やふくらはぎのむくみに効きます。 足ツボ刺激と合わせて行うとさらに効果が期待できます。 足つぼマッサージに適した時間帯とタイミング 寝る前の足つぼ刺激がダイエット・むくみ解消を促進する つぼ押しやマッサージをする時間帯は基本的にはいつでもいいのですが、最も効果があるおすすめのベストタイミングは 夜の入浴後の就寝前です。 寝る1時間前くらいにお風呂で体を温め、マッサージやツボ押しをして血行をよくする事で、就寝時の深部体温がスムーズに下がり、深い良質の睡眠をとる事ができます。 また、成長ホルモンが分泌されると疲労物質の排泄を促し、疲れを修復し、を促進します。 体をほぐして、足つぼをマっサージし、血流をよくしてから寝れば、翌日の疲労感が軽減されます。 「寝る子は育つ」「寝れば治る」と言われるのは、成長ホルモンが関係しているからです。 また、最近では寝る前につぼマッサージなどでリラックスさせ、落ち着かせた状態で眠りにつく事でも質の高い良眠が得られるといわれています。 足つぼマッサージの方法とコツ 足つぼマッサージを行う方法には青竹踏みや専用の足つぼマットや健康サンダルやスリッパ、反射区を刺激するダイエットインソール、棒状のツボ押し器、お灸を置くせんねん灸などオリジナルグッズは様々です。 最近ではスマートフォンからダウンロードできるバイブ機能を利用し足つぼアプリなんかもあります。 ここではご自分でできる簡単なセルフマッサージ方法をご紹介します。 足ツボといえばやはり台湾式が有名で、台湾旅行に行かれる方の多くは必ずと言っていいほど体験されるほどです。 日本国内でも『ドクターフット』 台湾式リフレクソロジー など本格的な台湾式足つぼを体験できる店やエステサロンに通うのもおすすめです。 場所によっては正しい足つぼの押し方やふくらはぎマッサージを指導くださることもあります。 手始めにエステサロン、そこで得た指導を下に自宅でするというのもいいかもしれません。 押して痛いところがあれば対応する体の部位が弱っている証拠です。 また、足の裏の土踏まずにゴリゴリ感があるときは老廃物がたまっているとされています。 かえって逆効果になりかねません 押す時 マッサージはまず「押す」ことから。 足つぼを一気に刺激して体内の血流を循環させます。 (ポイント)親指で押しながら、ラインに沿ってなでるように手を動かすのがポイントです。 痛ければ足つぼに当たってる証拠です。 気になる足つぼから行えばいいでしょう 軽く押せばOK!力強く押しすぎると、筋肉が反応しこわばってしまうので、うまくほぐれなくなってしまう。 もむ時 マッサージの要でもある「もみほぐし」を5つご紹介いたします。 かかとを大などにのせると行いやすくなります。 (ポイント)足の力を抜き、足の筋肉を動かすようにさすりながら手を動かしましょう。 手のひらと指を上手に使って。 次第に足がポカポカしてくるはずです。 (ポイント)筋肉の繊維に対して、マッサージの動きが垂直になるように、ジグザグに手を下します。 「N」の字を描くようにするイメージです• (ポイント)手首に力を入れて行います。 ジグザグが大きくならないように注意して「N」の字を描くように心がけましょう• 気になるところは念入りに。 (ポイント)足の内側から手を入れてマッサージします。 行いづらいときは足を組んで、組んだ方の足を揉むといいでしょう。 リズムを大切に。 一定のリズムで行うことは副交感神経を刺激することとなり、リラックスを実感できます。 たたく時 マッサージの仕上げはたたくことです。 強い刺激を与え、全体的に足をほぐしましょう。 (ポイント)硬くなったところをたたくことで、柔らかくしていきます。 揉んだ時にむくみや疲れを感じたところは入念に行いましょう。 強くたたかないように注意。 リズミカルにたたき、筋肉がほぐれることをイメージしましょう。 リフレクソロジーの意味は、reflex(反射)とlogy(学問)を組み合わせた言葉です。 ソフトな刺激とリラクゼーションを重視した西洋式リフレを日本人向きに体系化したものが英国式リフレクソロジーです。 体の健康状態は足裏状態でわかるといわれており、もっと足裏を意識して触れることで体の不調サインを感じ、身体の機能を活性化し健康増進を促します。 いつでもどこでも、そして一人でもできる手軽な足裏刺激健康法。 足裏の反射区は全身の鑑 足裏を刺激する理由は、「反射区」といって、身体の各器官とつながった抹消神経が集中しているところを反射投影させた部位の事です。 反射区を押したり揉んだりする事で間接的に全身の器官に働きかけ、それぞれの機能を活性化させます。 点で刺激を与える「足つぼ」に対して反射区は比較的広範囲の面で促すため、セルフケアには最適です。 リフレクソロジー =反射療法 によって足裏の反射区を刺激することで、血液循環、リンパの流れが促進し、体内にたまった老廃物を排泄さえることができます。 また、足のむくみを解消し、肩こりや腰痛などの不調が改善され、人間が本来持っている自然治癒力や免疫力のアップが期待できます。 症状別反射区一覧 症状 反射区 むくみ 腎臓・尿管・膀胱 頭痛 頭部・首・目 肩こり 頭部・首・肩 眼球疲労 頭部・首・目・肝臓 腰痛 腰・脊髄・肩 胃痛 胃・十二指腸 風邪 副鼻腔・胸腺・リンパ・肺 花粉症 頭部・喉・目・肺 アトピー性皮膚炎 肝臓・腎臓・大腸・小腸 貧血 脾臓・大腸・小腸 生理痛 脳下垂体・卵巣・子宮 便秘・下痢 頭部・大腸・小腸・腰 ダイエット 甲状腺・胆嚢・大腸・小腸 美肌 甲状腺・肝臓・大腸・小腸 不眠・自律神経失調症 頭部・脳下垂体・横隔膜 ストレス・うつ病 副腎・胃・大腸・小腸 リラクゼーション効果を生みだしストレスを解消する リフレクソロジーによる反射区の足裏つぼマッサージは心にも作用し、疲れた時や落ち込んだ時に、手も温もりを感じることで落ち着きが出てきて心の癒し効果があります。 足裏は自分の心と体の状態が現れる場所です。 足裏の反射区を刺激するリフレは自分の足と向き合う時間でもあります。 そのことからもリラックス効果を得ることができるのです。 リフレをマスターするコツは手や腕が疲れにくく、心地いい痛みを感じさせることです。 まずは基本的な姿勢と指使いの基礎をおさえておきましょう。 ラクな姿勢で行う リフレクソロジーをするときの姿勢に特別な決まりはありませんが、施術中は疲れないようにラクな姿勢、場所で行うのがポイントです。 フローリング床では硬くて冷たいので出来る事なら保温性のある絨毯やカーペット、保温性・クッション性に優れたEVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)のヨガマットやも冷え込んでしまう事なくおすすめです。 床に座るのはもちろん、椅子やソファ-に腰かけてもいいでしょう。 道具に必要はなく、使うのは自分の手と指だけなので、いつでもどこでも手軽にできます。 移動中の新幹線や飛行機の中でもできます。 しかし、同席者に迷惑がかからないように配慮しましょう。 イスに座って行う時は、自分に合った座りやしイスを用意しましょう。 楽だと感じる座り方ならどんな座り方でもOKです。 ケアする方の足をもう一方の足にかけて、自分の体重がかけやすい位置にすると行いやすいのでおすすめです。 床やベッドの上など平らな面で座って行う時はあぐらをかいてリラックスしましょう。 体が硬くて座りにくい人はお尻の下にブランケットなどを重ねて高さを調整して安定させるといいでしょう。 足裏に十分に圧力をかけるためには、自分の体重をのせると効果的です。 足裏の向きを体重がかけやすい方向に調整します。 手指の力で押すのではなく、背中からの重みを伝えるようにすれば簡単です。 手と腕が疲れないコツを身につけよう 足裏をもんでいると、手指が疲れてしまう事がありますね。 これは正しい指使いができていない証拠です。 リフレクソロジーをする時は、指先や関節裏など硬い部分を使い、狭い範囲に力を集中させるのがコツです。 さらに、刺激を入れる手とは反対の手を「支える手」にして、力が逃げないようにサポートするといいでしょう。 また、自分の体重を利用するのもコツ。 体の力を抜いてラクな姿勢をとり、足裏によりかかるように刺激を入れましょう。 自分の体重が足裏に伝わり、無理なく圧力をかけられます。 心地よい痛みを感じる基本の「指使い」 必要以上に力を入れてリフレクソロジーを行うと、手や腕が疲れるだけではなく、足裏に効果的な刺激を入れることができません。 セルフリフレで大切なのは、圧力をかける方向よりも、入れやすさ。 刺激を入れるのは、親指の硬い部分 親指の指先や第一関節の裏 を使います。 柔らかい指の腹だと力が分散するが、指先や第一関節の裏なら、硬くて面積も狭いので奥深い圧をかけれます。 基本の2つの指使い リフレの指使いには「押す」「滑らせる」の基本の2つで行います。 狭い反射区を的確に、刺激する時は「押す」、広い反射区の時は「滑らせる」など、反射区の大きさによって使い分けます。 滑らせる時には、少量のアロマオイルやクリームを使うと、摩擦から肌を守ってくれます。 押し滑らせるようなイメージで行います。 硬くて面積が狭い部分を使うと、的確にしかも効率よく刺激を入れることができます。 爪が伸びている人は皮膚を傷つける可能性があるので指先ではなく、関節裏を使うといいでしょう。 全ての指を活用して疲れない工夫を 親指1本の力だけで刺激を入れようとすると、その指に過度な負担がかかり、すぐに疲れてしまいます。 指や腕が疲れないように、刺激を入れるときは全ての指を活用しましょう。 例えば、親指で刺激を入れるときは、その他の4本の残りの指からも親指に力を与えるようにすれば負担が軽減できます。 リフレクソロジー効果を倍増させる5つのコツ 心身のリラックスでリフレ効果アップ! リフレには健康促進の他に、リラクセーションの効果を促す働きもあります。 自分が心地よいと感じる環境を整えて、より効果的に行ないましょう。 リフレ後には水分補給を リフレ後に水分補給をすると、新陳代謝が活発になり、老廃物が排泄されやすくなります。 おすすめは、白湯かハーブティーなど、胃に負担のかかる冷たいものやカフェイン入りの飲み物は控えた方がいいでしょう。 アロマテラピーでリラックス アロマポットにエッセンシャルオイルを数滴たらして香りを部屋に充満させることで、臭覚からのリラックス効果を促します。 アロマポットがない場合はマグカップに熱湯を注いで、オイルを数滴たらすだけでも効果はあります。 優しい光で心を落ちつかせる キャンドルや間接照明などの光は、見ているだけで心が落ち着き、視覚からのリラクセーション効果があります。 間接照明がない場合には、部屋の電気を消して、廊下や隣の部屋の電気をつけるだけでも薄暗いモダンな空間を演出できます。 足湯または半身浴で血行を促進させる リフレ前に行ないたいのが、半身浴か足湯。 血行を促進して相乗効果が期待できるだけでなく、衛生面でも効果的です。 音楽をかけて聴覚からのリラクセーション効果を促しましょう。 リフレクソロジーを控えたい時 無害で安全はリフレでも控えた方がいい場合もあります。 以下の項目に当てはまる時は控えるようにしましょう。 ・酔っぱらっている時・• ・妊娠中の方• ・足にケガや捻挫がある時 ツボ療法が効く医学的科学的な根拠とは? つぼ療法が科学的な理由で治療できるものはないといわれる方もいらっしゃいますが、大昔から存在し、今もなお一定の実績や結果を生んでいます。 医学的な事はここでは長くなるので省きますが、全ては実証されたものが確立されているという事です。 迷信といわれるかたわら実際にはやったことがない人だったり、たまたまひどい整体や専門のサロンに通ってしまった、1~2回程度で治療ができると思っている場合の方もあります。 なによりも正しいツボ療法を行う事、また継続されることも大切です。 足裏反射区は全身のさまざまな不調を反射投影させた部位です。 ツボ刺激で痛みがあるという事は、何かしらのトラブルを招いている証拠です。 『元気回復 足もみ力』 美人開花シリーズ. これらの反射区や足つぼをマッサージなど刺激を与えることで、血管にまとわりついた自律神経が刺激されます。 自律神経から脊髄、脳へと信号が伝わり、刺激した足つぼや反射区に応じた器官を脳の指令により活性化させるように働くきます。 ではなぜ湿布を貼る事で足つぼマッサージやリフレクソロジーの反射療法同様の効果が得られるのでしょうか? 「足の裏に湿布」はなぜ効果があるのか?! 湿布には温湿布と冷湿布の2種類がありますが、主な成分にジクロフェナクナトリウム・ケトプロフェン・フェルビナク・インドメタシンなどの消炎鎮痛成分のほかに、サリチル酸・l-メントール・dl-カンフル・ビタミンEなどの血行を促す成分が含まれています。 つまり、たくさんの血管が集まってる 足の裏に湿布を貼る事で血行を促し、血液の循環を促進させます。 血液の循環がよくなれば、むくみや冷えが改善され、また、全身の筋肉が活性化することで代謝機能が向上し、脂肪の燃焼を促進させます。 足の裏に湿布を貼るだけで運動をしたのと同じような効果が期待できるわけです。 足裏湿布の張り方• やり方は簡単!市販の湿布を適当な大きさにカットして貼るだけです。 改善したい症状に応じた反射区に貼ります。 湿布の種類は指定はありませんが、温冷どちらでも効果を得ることができます。 冷え症の方は温湿布をおすすめします。 必ず両足貼るようにしましょう。 片方だけでは効果は低くなってしまいます。 靴下を上から履いても大丈夫です。 例えば、むくみには腎臓・尿管・膀胱ゾーン、ダイエットには甲状腺・胆嚢・大腸・小腸ゾーンに貼ります。 「」 足つぼマッサージ+湿布で効果倍増! では、足の裏湿布ダイエットを効果的に上げるためのポイントをご紹介します。 さらに湿布を貼る事で血液循環は促進されやすくなるので効果は倍増です。 就寝中がベスト 湿布を貼る時間帯はいつでもかまいません。 むしろ長いほどいいとのことですが、日中ではムレてはがれてしまい、張替が面倒。 また、長時間貼り続けるとかぶれてしまう事もあります。 効果的な時間帯は就寝時間に行うのがベストです。 ふくらはぎを細くする「サイクル運動」 ふくらはぎを細くしたい、つきすぎた筋肉太りを解消したいという方には必見です。 スラリとしたモデルのような美脚、マラソン選手のような引き締まったカモシカのようなスリムな筋肉をつける方法には、ウォーキングでの歩き方や筋トレ・ストレッチ体操、足ツボ刺激や足マッサージなど様々な方法があります。 中でも運動による最も効率的な方法に、注目されつつある自転車漕ぎの「 サイクル運動」があります。 家庭用ふくらはぎマッサージ機が便利 Panasonic(パナソニック) エアーマッサージャー レッグリフレ 比較的低価格で毎日手軽にできるコンパクトタイプのふくらはぎ。 使い方が簡単で忙しい毎日でも空いた時間を利用していつでも足マッサージ!女性の方に評判で愛用者続出の人気ぶり!ふくらはぎマッサージ効果で、むくみ解消を始め、冷え症改善・運動不足解消・リラクゼーションなど様々な効果を期待できます。 メドー産業「ドクターメドマー」 は、優れた足マッサージ効果でふくらはぎを温め、全身の血液循環を良くし、基礎代謝、新陳代謝を活発にし、ダイエット効果・美脚・美肌効果をえることができます。 整体院や病院でもリンパ浮腫やセルライトの治療用として採用される本格派で精度が高い家庭用足マッサージ機です。 体内から元気になり、美脚・美肌を得ることが健康にもダイエット・美容にも大切といえます。 エアロバイクの脚やせ・ふくらはぎ痩せ効果 の脚やせ・ふくらはぎを細くする効果は多くで実証されており、足裏のツボを刺激し、ふくらはぎのポンプ作用を促すことでマッサージ効果を高め、血行促進・リンパの流れをよくなり、むくみや冷え、脂肪燃焼効果を発揮します。 また、さらに、インナーマッスルといって、腸骨筋や大腰筋を刺激することで、下腹のポッコリお腹をひっこめ、下肢の安定感が高まる事で高齢者のつまづきや転倒予防にも最適とされています。 ここで紹介するのは自宅で手軽にできる 家庭用エアロバイク「サイクルツイスタースリム」は、全身12カ所以上の運動を同時に行なう事で、筋肉の刺激を分散させ、片寄った筋肉の付き方を防ぎ、さらに カロリーの消費量がウォーキングの3倍以上とされています。 筋肉をつけすぎたくない方、効率的な運動でスリムな体型を手に入れたい方、ダイエットしたい方にはおすすめです サイクルツイスタースリム紹介動画 系列店のご紹介 岩盤浴で有名な玉川温泉のホルミシス 低放射線 効果が、血液循環、リンパの流れをサラサラにし、むくみや冷え症の改善、新陳代謝アップでダイエットに最適!良質の発汗作用を促すことで体内の浄化、美肌、アンチエイジングになるデトックスの効用が期待できます。 その他、ガン治療や糖尿病、高血圧、アトピーの改善など様々な効用があるといわれています。 岩盤浴の「遠赤外線」・「マイナスイオン」・「ホルミシス」効果を自宅であじわう家庭用の岩盤浴マット『』は足つぼマッサージの効果をさらに高めてくれます! 花粉症・鼻炎・後鼻漏・副鼻腔炎等の鼻水鼻づまりを解消。 喉鼻スチーム吸入療法。 熱中症予防・暑さ対策におすすめ『空調服』。 今年の夏はファン付き作業服で乗り切ろう!!.

次の

足つぼ図解!足裏反射区の痛い場所で健康チェック

足つぼ 女性 図

足裏は体全体を投影しています 足には多くの重要なツボがあり、その多くは足の裏にあります。 下の図を見てもわかるように、親指を頭として親指の付け根が首、そこからかかとへ向かって気管支、肺、胃、腸から膀胱へと、あぐらをかいた人の体を真後ろから見た状態と同じように内臓・器官に効くツボが並んでおり、足裏はまさに人体の地図となっております。 このように、足うらのツボは体全体につながっていますので足うらのツボを刺激することで、血行が促進され症状を緩和改善することができるのです。 足のツボとそれに対応する臓器は、原則として同じ側にあります。 左胸にある心臓のツボは左足に一つだけ。 肺は左右両方にあるので、両足にそれぞれツボがあります。 左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足に、と覚えておきましょう。 ただし、耳と目だけは例外です。 耳や目に効くツボは、左右逆になっています。 例えば、右足の人差し指と中指は左目に対応しています(上図参照)。 耳や目の調子が悪くなったときは、反対側の足の指を揉む、と覚えておきましょう。 また耳や目は、片方が悪くなるとバランスが崩れもう片方も悪くなる傾向がありますので、予防のため左右両方の足裏を刺激するとよいでしょう。 また、足裏のツボをさがす際には、下図のように椅子に座った姿勢でさがすと楽にさがすことができます。

次の

足つぼを押して痛いところでわかる不調と効果的な足つぼマッサージ

足つぼ 女性 図

体を冷やすということは、免疫力を弱めるということです。 体温が下がるとインフルエンザウイルスを取り込みやすくなります。 万病のもとともいわれるのが冷え性です。 冷え性は肩こり、頭痛、腹痛、めまいなどさまざまな不快症状を引き起こします。 特に夏場は冷房や冷たいものを摂り過ぎる傾向があるので注意したいものです。 至陰(しいん)は腎臓の働きを活発にする冷え性の特効ツボです。 体を冷やさないよう保温をこころがけるとともに至陰(しいん)のツボを押して、腎エネルギーアップ、免疫力アップしましょう。 そのくぼみのすぐ上です。 血海は両足にありますが、 生理痛の場合は必ず左の「血海にしこり」が現れます。 押すと股関節まで伝わる「ひびき」が強く感じられるはずです。 不快症状を改善すると同時に肝臓・脾臓・腎臓の経絡が整っていきます。 深く押し込まないと効果が得られません。 これを繰り返します。 朝晩2回を習慣にすると更年期障害が軽減されるとともに、体調の不調が全体に整ってきます。 更年期の症状によく効く万能ツボ 更年期は40~50代の多くの女性が体調変化の周期を迎えます。 閉経を節目にホルモンの分泌が一時的に減少するため、ホルモンバランスが崩れます。 そのためのぼせ、動悸、倦怠感、冷え、頭痛、イライラ、不定愁訴などの不快症状が現れます。 病気ではありませんので、人生のプロセスのひとつと考えて、おおらかに過ごしましょう。 婦人科系のあらゆる症状に有効なツボです。 不快症状を改善すると同時に肝臓脾臓腎臓の経絡が整っていきます。 深く押し込まないと効果が得られません。 5、7、5と数えながら、これを繰り返します。 朝晩2回の指圧を習慣にすると更年期障害が軽減されるとともに、体調の不調が全体に整ってきます。 曲げた指の関節で左図の濃い色のゾーンを強く押すと、腸のぜん動運動がはじまり便秘の解消に有効です。 手のひらの横ジワを小指側の沿ってなぞると、かたい突起(骨の出っ張り)に当たります。 その手前のくぼんだところが左神門です。 左の手首の小指側にある左手だけを刺激しましょう。 息を吐きながら5回、息を吸うときは休んで、さらに5回と計5回ほど繰り返してください。 さらに、強く刺激を加える場合は、お灸や、お線香を使用します。 お線香の場合はツボにお線香の火をを近づけ、熱さを感じたら離す温熱刺激を5~7回ほど繰り返してください。 せんねん灸 アロマ灸 --- 肌が弱い方、初心者におすすめ。 首の後ろの大椎(だいつい)を刺激して、全身の気を流れをスムーズにしましょう。 自律神経は、内臓、血管、汗腺などの働きをコントロールして健康で快適な状態を保つ神経です。 交感神経と副交感神経を絶妙なバランスでコントロールしつかさどる全身の要 かなめ ともいえます。 自律神経のバランスが崩れると全身の働きに混乱と乱れを引き起こし、さまざまな不調が現れます。 めまい、不眠、食欲不振、無気力、味覚障害などは一例で原因不明の不調は自律神経の乱れに関係しています。 自律神経のバランスを整えるツボは首の後ろにあり、第7頸椎の下にあります。 そのすぐ下にある骨のくぼみが大椎です。 3~5分間 自分では指圧しづらいという場合は、温熱刺激もよいです。 ドライヤーの熱風や、 熱めのシャワー 42度くらい を大椎の部分に当ててあげると効果的です。 外出時はスカーフやマフラーなどで首周りを保温するようにこころがけましょう。 夏の冷房で不調を来した人の多くは、首の後ろに集中する自律神経を冷やしたことが原因かもしれません。 首の後ろを保護するようにしてください。 2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。 3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。 5、7、5 を3〜5分間くり返します。 首のうしろ「大椎」は冷やさないように意識しましょう。 秋から冬にかけて季節の変わり目に体調をくずしがちな人は、夏の暑い時期に首まわりをスカーフなどでガードし、冷やさないように。 冷えに充分注意することにより、体調をコントロールしてください。 勝野式首・肩・背中・温快サポート Neck Warmer 首をガード 頭熱足寒を改善する足裏のツボ「湧泉(ゆうせん)」 「ほてり」の症状のことで、全身をめぐっている帰血が上半身に集まっている状態です。 頭が熱いのに足や手などの末端は冷えています。 さらにフラフラとめまいがする場合もあります。 精神的な緊張や興奮、自律神経の不調、更年期障害などの原因が考えられます。 のぼせを感じたら、足のうらにある湧泉のツボを刺激すると、すみやかに症状が改善しスッキリします。 それほどのぼせ解消には即効性のあるツボです。 自律神経を整え、頭部に集まった気血を散らして、手足など末端に血流を促進します。 のぼせが慢性化しているひとは、毎日温熱灸をして体質改善をしましょう。 足の指を足の裏側に曲げると、大きなくぼみができるところで、左右の足うらにあります。 温熱の場合はお線香の火を近づけ、熱く感じたら離します。 それを5~7回繰り返します。 ツボと火の距離は1. 5センチ程度を目安にしてください。 もご参照ください。 「」の項です。 【国産】イボ付健康竹踏み 最近どうも疲れやすい、肝臓が疲れているかも、と思ったらこのツボ。 大衝(たいしょう)を押すと足首からひざにかけて「ひびき」を感じます。 お酒の席が多い時期や肝臓が疲れていると感じたら押してみましょう。 肝臓以外にも効く万能ツボのひとつです。 たとえば女性器、尿道、腰痛、めまい、耳鳴り、湿疹、視力低下など幅広お症状を改善する覚えておくと便利なツボです。 親指と人指し指の間を足首の方向へ向かって、骨の谷間をなぞっていくと、指が骨 中足骨 の合流点のあるくぼみで止まります。 そこが大衝 たいしょう のツボの位置です。 2) 1、2、3、4、5、6、7 と数えるあいだ深く押し続けます。 3) 1、2、3、4、5 と数える間に、力を抜き指は皮膚から離しません。 5、7、5 を3〜5分間くり返します。 冷え対策によい食品として、ショウガ、ネギ、シナモン、根菜類がおすすめです。 老化を防ぐ松の実やクコの実、黒ゴマ、黒豆、クルミ、ギンナン、カボチャの種などがよいでしょう。 また、脾を元気にする食物は、ヤマイモ、大豆、ハスの実、ウナギなど意識的に摂取するとよいでしょう。 遠赤 腹巻き 発酵食品(みそ、納豆、しょうゆ)は腸内環境を整えます。 不眠が高じると抑鬱状態に陥ったり、自分ではコントロールできない不快症状のため生活に支障をきたすこともあります。 ここちよい眠りを得るためには、寝る前に足を温めることも有効です。 左右両方の足のツボを刺激しましょう。 同じ足裏にある「湧泉」も刺激するとさらに効果的です。 全身の血行を改善し、倦怠感や気分の高ぶりを解消し神経のバランスを整えます。 不眠、冷え、のぼせなど更年期にありがちな女性特有の自律神経の不調や不快症状を改善します。 「失眠」とともに不眠に効果的なツボです。 このとき指は皮膚から離しません。 「いち、にぃ」と数える間、浅く圧をかけます。 一定の強度に達したら1、2、3、4、5と数える間、圧をかけ続け「いち、にぃ」と数えながらすっと指を皮膚から放して圧を抜きます。 このとき指は皮膚から離しません。 「新編 よくわかるツボ健康百科」 ツボがちゃんと押せる本。 骨を目安に正しいツボの位置を解説。 癒しのテクニック[単行本] 遠赤肩サポーター(五十肩に) サーマラップスカート (腰を温める) 天然石ローズクオーツ 指圧・ツボマッサージ棒.

次の