うつ 病 の 初期 症状。 適応障害の症状と五月病・プチうつについて

うつ病の症状チェックシート|うつ病こころとからだ

うつ 病 の 初期 症状

うつ病は「心の風邪」と例えられることがあるほど、誰がいつなっても不思議のない病気のひとつです。 しかし、細菌やウイルスなどに感染して発症するものではないという点が、風邪とは大きく異なります。 予防するためには、どのような人がどのようなときになりやすいのかを知ることが大切です。 この記事では、うつになりやすい人の特徴について解説します。 うつになりやすい人となりやすい時期 うつ病にはなりやすい気質となりにくい気質があります。 気質とは、それぞれの人が持って生まれた性格のことです。 気質が異なると、同じ出来事に遭遇しても、受け止め方が違います。 たとえば、同じ場面に細かいことがいちいち気になってしまう人とおおざっぱな人が居合わせたらどうでしょうか。 細かいことを気にする人は、おおざっぱな人が気にも留めないことまで気に病んでしまいます。 その結果、大きな精神的プレッシャーやダメージを受けることになってしまうわけです。 一般的に、うつになりやすい人はまじめで責任感が強く、完璧主義で人からの評価を気にしやすいといわれています。 しかし、精神的なプレッシャーやダメージに強い人ならうつ病にならないのかというと、そうは言い切れません。 いくら精神的に強い人でも、出来事が起こる時期によってはうつ病を発症してしまう可能性があります。 プレッシャーのかかる出来事が1つだけなら何とか乗り越えられるという人でも、同時期に複数の出来事が起こってしまうと対応しきれない可能性があるからです。 うつ病の原因となり得る出来事は、近親者や友人の死や別れ、病気、事故、リストラなどマイナスの出来事だけではありません。 結婚や出産、昇進など一見プラスになる出来事も大きな影響を与えます。 また、プライベートな出来事と仕事上の出来事を頭では分けて考えられても、精神的な負担を感じる部分は同じです。 気づかないうちにプレッシャーやダメージが蓄積していてもおかしくありません。 さらに、リボゾーム遺伝子がストレス脆弱性に関係していることも研究によってわかってきました。 ストレスを感じやすいか感じにくいかという点に遺伝的な要素があるということです。 ストレスを強く感じることがうつ病の発症に関わっているため、うつ病のなりやすさにも遺伝性があるということができるといって良いでしょう。 子どものうつ病とおとなのうつ病の違い うつ病は成人の病気だと思われがちですが、実は子どもでもなる病気です。 かつては「子どもにはうつ病はない」といわれていましたが、実際には小学生でも気分障害を訴える子どもはいます。 中学1年ともなると、うつ病の有病率は成人とほぼ同じです。 原因としては、体と心の成長のアンバランスさや、家族や友人との人間関係の悩み、学校生活の悩みなど、思春期独特のものが考えられます。 発達障害や他の精神疾患が複合的に関与し合って発症することもあるので注意が必要です。 一方、うつ病の発症率が高いのは中高年で、平成26年に厚生労働省が行った調査では、うつ病患者の19. 6%を40歳以上が占めました。 40代以降は、体に老いを感じたり、身近な人と死別したりすることが増える時期です。 職場でも先行きの不安を感じやすいタイミングといえます。 そのため、それまでうつ病を発症しなかった人でも、発症しやすい時期だといえるのです。 性別によっても発症リスクに差があり、女性は男性の2倍発症しやすいといわれています。 男性にはないうつ病を発症しやすい時期が成人女性にはあるからです。 一般的に、女性は思春期に月経が始まり、妊娠出産を経て閉経します。 毎月のように月経があるうえに、思春期、産褥期、更年期とホルモンのバランスが大きく乱れる時期があることが発症リスクに性差が見られる原因です。 うつ病っぽいかも……?心のサインに気づこう うつ病の症状が重くなってからでは、適切な治療をしても効果が表れるまで時間がかかってしまいます。 早い時期に気付けば、短期間での回復も期待できるので、心がどのようなサインを発しているか、早く気づけるように注意してみましょう。 気分が落ち込んでなかなか晴れないということは誰にでもあることですが、長く続く場合はうつ病の可能性があります。 同じような不調が数カ月続くようなら、うつ病を疑ってみることも必要です。 うつ病の初期には、何となく体が重い、いくら寝ても疲れが取れないという症状が出ます。 全身の倦怠感は、うつ病を発症しやすいシチュエーションでは過労と判断されることが多く、見落とされやすい症状です。 また、眠りが浅くなるため、夜中に何度も目が覚めたり、早い時間に目が覚めたりすることも増えます。 食欲不振もよく見られる症状で、便秘になるケースと下痢になるケースがあります。 食事を摂れないので体重が減るのが一般的ですが、食欲が抑えきれなくなり体重が増加するというパターンになると、うつ病と判断されずに見落とされがちです。 うつ病の初期では、原因不明の呼吸困難や痛みに苦しまされることもよくあります。 検査やレントゲンでも異常が見つからないケースは、うつ病の初期症状かもしれません。 感じる痛みは激しいものではなく、慢性的な鈍い痛みです。 頭痛、腹痛、関節痛など痛みが出る部位は決まっていません。 おかしいと感じたら家族や医師に相談してみよう うつ病は、症状が軽いうちに気づけば、効き目の穏やかな抗不安薬や睡眠薬の服用とカウンセリングで回復させられます。 回復にかかる時間も短くて済むので、体の調子が何かおかしいと感じた段階で、家族や医師に相談してみることが大事です。 うつ病は放っておいて治るものではありません。 早期発見・早期治療を心がけましょう。

次の

うつになりやすい人は真面目な性格って本当?初期症状でくい止めよう|うつ病治療サポートコラム|うつ病サプリ

うつ 病 の 初期 症状

ぼくは会社員として働きながら、2013年の12月に 鬱病(うつ)になりました。 当時はまさか自分がうつ病になるなんて…想像もしていなかったので、体とメンタルの異変を感じながら放置してしまったのですが、今になって思えば初期症状で対策できたことはたくさんありました。 今となっては早くから 医師の診断を受けたり、 メンタルケアに取り組めば良かったと、少しばかり後悔しています。 ぼくが体験したことをもとに、予防と再発にも効果的なうつ病対策を紹介していきます。 うつ病を気合いで治そうとすると悪化する うつ病の経験がない人からすると、 原因不明の無気力感、倦怠感、脱力感は「精神的に甘えている」と認識し、なんとか気合いで治そうとしてしまうものですが、それでは確実に悪化します。 なぜならメンタルが摩耗するほど頑張って、燃え尽きてしまったからこそうつ病になったわけで、それ以上にがんばろうとすることは逆効果だからです。 とくに対人恐怖症も併発している場合は、できるだけ早く治療してくださいね。 うつ病を治すための基礎知識 うつ病を治すためには、いくつかの前提を知っておく必要があります。 うつ病を自覚するところから完治への道は始まる まずは自分のメンタルが消耗しきっていることを認めましょう。 それまではがまん強いと思い込んでいた人、自分のメンタルは強いと信じていた人もいるでしょうが、身体的・精神的な異変が表れた状態まできたのであれば、うつ病であることを認めて、前進することが大切です。 ぼくもこの過程はめちゃくちゃ辛かったです。 認めたくはなかったし、嘘だろ?と何度も思いましたが、 動悸の激しさ、過度の緊張、多汗症、対人恐怖症、倦怠感はもはや隠せないところまで進行しており、医師から「典型的なうつ病です」と告げられたときは、認めざるえませんでした。 経験したから分かることですが、早期に発見して、予防と対策をすることは何よりも大切なのです。 完治への道は、まずうつ病を自覚することから。 重度うつは医師の指示に従い、必要に応じて抗うつ剤を使用すること ただし、もし病院で 重度のうつ病と診断された場合は、まず医師の指示に従いましょう。 重度の症状がみられる場合に自力で克服しようとすることは危険です。 なぜなら自分自身で正常な判断ができない状態になっているからです。 ここまできて気合いや根性に頼ってしまうと、余計に鬱が悪化して大変なことになります。 まずは医師の指示通りの生活をして、抗うつ剤を飲むなど、忠実にメンタルケアをすることが大切です。 病気に抗おうとせずに、鬱であることを認めながら前進していきましょう。 それでは「初期症状に自力で対策できる7つのこと」を紹介します。 初期症状のときに自力でできる7つのうつ病対策 抗うつ剤を処方される前の「軽度鬱」では、自力でできる治し方もたくさんあります。 なかには「薬漬けになりたくない…」と恐れる人もいるでしょうから、自分のライフスタイルを見直すことで対策していきましょう。 1.とにかく休養して、メンタルを休ませる まずは休むことが大切ですが、実はこれがいちばん難しい。 うつ病にかかる人は責任感が強く、意識の高い人が多いですから、「休むことは甘えだ」ぐらいに思っています。 とくに骨折などのケガをしたならまだしも、精神的な不調を理由に休むことなど考えたこともないでしょう。 でもまずは休養です。 消耗しきって燃え尽きたメンタルを休ませてあげてください。 うつ病克服の取り組みは、まず質の高い眠りから始めましょう。 鬱の経過はじっくりと観察しよう 自分が軽度のうつ病なのか、それとも重度なのかを自分で判断することは難しいです。 インターネットには数多くの情報が存在しますが、最後は病院の医師に診てもらいましょう。 そして、万が一うつ病だと診断された場合は、今回ご紹介したうつ病対策を実施しながら、じっくりと経過を観察してくださいね。 もし現時点で辛い状況にあるなら、転職サービスを利用して環境を変える選択肢もあります。 市場価値を無料診断できるや、有名な なら、すぐに活動を始められます。 また、転職先をじっくり探したいなら、転職のスペシャリストがキャリアアップを手伝ってくれるも便利です。 ミラクリから一言 早めに見つけて早めに対処を!.

次の

うつ病の症状で泣くのは初期段階!そんな時どうする?

うつ 病 の 初期 症状

気分が良い事は基本的には良い事ですが、気分が良すぎてしまうと「躁」の可能性も出てきます 気持ちが乗らないときは誰にでもあります。 どの位、気分が乗らないかによりますが、目の前の事をやろうと思ってもなかなか始められない、やり出しても、すぐ投げ出したいようでは、なかなか辛いでしょう。 物事を首尾よくこなすには、気分が良いに越したことはないでしょうが、気分が良すぎてしまうと、それ特有の問題が生じてきます。 今回は、気分の上がり下がりが大きすぎる事が特徴的である、躁うつ病の症状について、わかりやすく解説したいと思います。 良い気分 v. 気分が良すぎる「躁」 気分が良い時には、「楽観的になる」「口数が増す」「自信が増す」「活動的になる」「頭が冴える」といった事が起こります。 こうした事は基本的には良い事ですが、良い気分を通り越して、気分が良すぎる状態では、これらの事が深刻な問題を生じさせてしまいます。 例えば、楽観し過ぎて自信過剰になってしまえば、重大な判断ミス、例えば、自分の返済能力を超える、借金を軽い気持ちでしてしまうといった事が起きてしまうかもしれません。 口数が増す状態を通りすぎてしまうと、話し出したら止まらなくなってしまいます。 また、頭が冴えた状態を通りこしてしまえば、頭の回転が空回りの状態になってしまい、次から次へ考えが湧くものの、一つの事に注意を向ける事ができなくなってしまいます。 こうした気分の良すぎる状態は「躁」と呼ばれ、他人から見れば、問題があるのは明らかであっても、本人はなかなか、自分の気分が問題を生じさせている事に気付きにくいものです。 躁うつ病では、気分が大きく落ち込んだ状態では、うつ病と同様の症状ですが、「躁」の存在が、躁うつ病をうつ病と区別する、躁うつ病の特徴的な症状です。 ただのハイな状態から、どのように躁鬱の症状が経過するのか、でさらに詳しく解説します。

次の