ポケ森 珍しい生き物。 【ポケ森】レア魚・虫の一覧と使い道|どうぶつの森ポケットキャンプ

【ポケ森】レア魚・虫の一覧と使い道|どうぶつの森ポケットキャンプ

ポケ森 珍しい生き物

ポケ森で困った時はこちら! どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)の珍しい生き物(虫・蝶々・コウモリ)の捕まえ方・入手方法一覧です。 「めずらしいいきもの」を集める際の参考にしてみてください。 めずらしい生き物の捕まえ方 開花済みの花に珍しい生き物が湧いたら、捕まえることができるサインです(確率で開花させてもわかない場合有り)。 水やりや収穫時同様、捕まえたい生き物が飛んでいる花をタップし「ほかく」を選択すると捕まえることができますが、確率で失敗することがあるので注意。 めずらしい生き物の効率的な集め方 時短には、まとめて捕獲がおすすめ! 一度に複数の花からチョウを捕獲するには「まとめて捕獲」が効率的です。 対象の花をタップすることで一度に捕獲する範囲を選択できます。 確実に捕まえたいならハニワくんに頼む! ハニワ代行では、捕獲をハニワくんに頼むことができます。 その代わりリーフチケットが10枚必要になりますが、確実に捕まえたい場合はハニワくんにお願いするのも一つの方法でしょう。 「おすそわけ」の場合は、自身のガーデンに何かしらの花が咲いている状態であれば、珍しい生き物の受け取りが可能です。 フレンドと協力しながら珍しい生き物を収集しましょう。

次の

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)攻略まとめ

ポケ森 珍しい生き物

昔、私が小さい頃にお婆ちゃんが読んでくれた本の物語。 誰か書いたのかわからない物語で、本当の事なのか空想の事なのかもわからなかったけど、 魔法を使える青年が、他のヒトや『ポケモン』という生き物と力を合わせて、 世界を賭けた戦いをするという冒険のお話。 私はこの物語がとても好きで、特に『ポケモン』という生き物に興味があった。 けど、お婆ちゃんに聞いても会ったことはないと言っていて、 大きくなって学生になっても、姿を見るのは昔偶然撮られたという古ぼけた写真の中や、 人と『ポケモン』が登場する様々な物語の中ばっかり。 それでも、写真や物語を見るたびに『ポケモン』に会いたい気持ちが昂るばかりで、 いつかふとしたことで出会えるんじゃないかと夢を見ながら眠ったある日の事。 次の日、目の覚めた私は見たことのない森の中で目を覚ますことになったんだ。 [newpage] 木々が生い茂る森の中。 ただ、普通の森ではなく立ち入ればその時その時で姿を変える不思議な森。 近年、増加し始めた現象「ダンジョン化」 迷宮化し、運悪くしたら二度と抜け出すことはできない場所で、 一匹の生き物がごそごそと何かをしていた。 その姿は、獣のようであったがまず違うことは二足で立っている。 それに、普通の獣では着ないであろう服を着ている。 その獣・・・いや、この世界では「ザングース」と呼ばれる種族である彼は、 何やら小さな袋を回収している。 「え~と、これで依頼に書いてあった道具はこれだけかねぇ」 と袋を自分の腰に着けていた大きな袋に入れる。 実は、所属しているギルドにて受けた依頼「窃盗犯の盗伐」の追加で 盗まれた道具の回収に来ているのだ。 ちなみに、それは正式な依頼ではなかったのだが 面会した依頼人の押しに負けた彼が自主的におこなったものである。 「これがなきゃ商売ができないのは困難だからね。 ・・・あぁ~でも」 と、彼ははぁ~とため息をつく。 彼がこの地方に来たのが、約一年前辺り。 別の地域でも冒険者として未開の地を巡っていた時に 昔お世話になった恩師から受けた依頼が今の彼の頭を悩ませているのである。 その依頼とは・・・ 「・・・・・ひみゃあぁぁぁ!!」 「!!」 と森の中に悲鳴が響く。 それは、女の子の声のようで何かあったようだ。 「んん?さっきは誰もいなかったと思うけど・・・」 ダンジョン化した場所にいるのは、そこを守るように現れる自我が薄れた者だけのはず。 それなのに声が聞こえると言うことは・・・ 「・・・誰か迷い込んで来たみたいだね」 それなら、助けに行かなきゃいけない。 ダンジョンに迷い続ければ、そこから抜け出せなくなる。 彼は、声がした方角に袋からとある道具をだしながら走り出す。 [newpage] 木々が立ち並ぶ場所を少女は走っている。 そこは、彼女が住んでいた街にはない場所で、何故ここにいるのかわからない。 それに、彼女が覚えている自分の姿と全く違う姿になっている。 服はいつものお気に入りの服のようであったが、まず姿が「ヒト」ではない。 大きさはヒトよりも低く、獣に近い容姿であった。 余裕があれば、可愛い!とじっくり見てみたいが、今の彼女にそんな暇がない。 それは、 「何で、追っかけてくるのーー!!」 と少女は走りながら大声を出す。 その後ろでは、二匹の生き物が少女を追いかけている。 二匹とも、蜂の姿のようで二本の脚が鋭い槍のようになっており、 無言のまま少女に向かってきている。 (ここかどこだかわからなくて、話しかけてみただけなのにーー!) そう思いながらも、蜂の姿に悪い予感がしてただ走り続ける。 方向感覚が無くとも真っすぐ進めば、森の外に出れるのではないかと。 しかし・・・ 「・・・あぁ!!」 と、彼女は立ち止まる。 そこは隙間でも通れないように、不自然に木々が密集している。 あわわわと慌てる彼女だが、後ろからは蜂が近づいている。 「どど、どうしよう・・・」 と言葉に出した時、 「嬢ちゃん、この玉に力込めてごらん?」 目の前に何やら玉が出てきたと思ったら、白と青の色をした獣が現れた。 「え、えぇ!?あ、あの・・・」 「大丈夫、俺は味方だから。 あいつらに目標狙って力込めてみ?」 と獣が手を横に一閃すると、周りに剣のような形が一瞬現れる。 色々と起きすぎて混乱している彼女だが、言われた通りに目の前に迫ってる蜂二匹に集中して、 玉をぐっと持ってみる。 すると、玉が光り周りの空気が一瞬変わる。 玉が光終わった後、相手に変化が訪れた。 相手の動きが鈍った・・・いや、相手の体に小さな電撃が走り動きが止まっている。 「お、おぉ!!」 「ナイス嬢ちゃん。 後はそこで待っててね」 と獣は素早く相手に向かって走り出す。 飛び上がり、相手に近づいた瞬間、爪を二匹に一閃させる。 獣が地に足をつけると、蜂は地上に落ちた。 どうやら気絶させたようだ。 「ほい、戦闘終了~。 嬢ちゃん危なかったねぇ」 と彼女の方向にくるりと踵を返し歩いていく。 「でも、駄目だよ。 ここにいたら帰れなくなるよ・・・って」 話しかけていたが、彼女はポカンとした表情で立っている。 嬢ちゃん?と顔の近くで手を振ってみるが反応が無い。 戦闘初めて見て驚いたとか・・・と心配していたら、 「あぁーーーーーー!!」 「!? えっ、何、どうしたの!?」 と彼女の大声に逆に驚いた獣は、がしっ!っと体を掴まる。 そして、 「貴方の姿、写真で見たことある!!ほ、本当にポケモンなの!?」 「・・・へ?」 [newpage] 「・・・ダンジョン化かぁ」 「うん、だからね。 普通の子はあぁいう場所は長居しちゃいけないんだよ」 森を抜け出し、街道にでた所であの場所について説明する。 さっきまで危険な目に遭っていたというのに、今の彼女はこの世界に興味津々らしく、 説明をするたびに目を輝かせている。 「・・・君、適応性早いねぇ。 普通はもっと驚いてもいいと思うけど」 「だって、ポケモンって私の世界じゃ本物見たことないし、そういう現象も聞いたことないからすっごい楽しみで・・・ でも、この世界じゃ『ヒト』も珍しいんだよね?」 「そうだね。 でも、ダンジョン化が増加する前からも『ヒト』がポケモンになるってのはあったからねぇ」 と彼は語る。 現に、彼が現在所属しているギルドのマスターも元ヒトのはずだ。 ただ、彼女の場合、「記憶」がないからと判断されたからと聞くが、 (記憶の有り無しもあるのかねぇ・・・?) と隣でニコニコしている彼女を見てみる。 「・・・で、嬢ちゃんこれからどうするの?ここじゃ宛てもないだろに・・・」 「えっとね、おじちゃんも『ギルド』ってのに入ってるんでしょ? 私もそこに入れたらいいなっておもってるんだけど・・・」 と聞いて、ふむと彼は考える。 ギルドに入るというのはいいと思う。 しかし、所属するギルドによってその内容は違ってくる。 一番良いのは、自分が所属するギルドに勧誘すること。 しかし、うちのギルドで請け負う依頼は「指名手配犯の盗伐」が主である。 ならば、ギルド内にあるカフェの店員でもいいのだが・・・ 「・・・あ」 と彼は袋に手を伸ばし、ごそごそと何かを探す。 何を探しているのだろうと考えてた彼女に、袋から取りだした一枚の紙を見せる。 「ここなんていいんじゃないかい?」 「・・・冒険ギルド「OnlyYou」?」 どうやら文字はわかるらしい。 その紙に書いてあるのは、今から約二か月前に発足された新しいギルドについてである。 紙を持っていたのは、各ギルドの名前が分かっていた方が、 もしダンジョン内で会った場合良いことがあるだろうと思っていたからだ。 「俺のとこは、さっき見たいな戦闘のほうが多いからね。 こっちはメンバー全員でさっきみたいな場所を探検するギルド。 嬢ちゃんはこの世界を知りたいんだろう?だったらここのギルドにはいるのはどうだい?」 と彼女の顔を見て話しかける。 彼女の顔はさっきよりも輝いていて、紙にじっと見て視線を逸らさない。 どうやら、彼女の中では決まっているようだ。 そんな彼女を見て、ホッとした彼は ふと自分が持ってるバッジから何かが聞こえているのに気がついた。 ギルド所属の際、ダンジョン内に漂う「ダークマター」の浸食を軽減できるこのギルドバッジには、 メンバーとのやり取りができる通話機能もついている。 そのバッジをてに持って相手に話しかける。 「もしも~し、こちら・・・」 『あ、やっと繋がりましたねザウリさん!!」 聞こえてきたのは、ギルドマスターからだ。 ちょっと怒ってるように聞こえるのは気のせいだろうか? 「あれ?ベガちゃん、何かあったの?」 『何かあった?ではありませんよ。 依頼人の方が荷物を受け取りくるまで時間がありませんが、 回収はうまくいきましたか?』 「・・・あ」 『無事、回収が終わっていましたらそろそろ帰ってきた方がいいですよ』 と少し話してから、通信を切った。 この子のことですっかり忘れていた。 じぶんが今、依頼遂行中のこと。 回収だけだからと時間指定したのも自分だった。 (でも、この子も心配だしなぁ・・・) しかし、自分のギルドと彼女が決めたギルドは正反対の場所にある。 どうしたもんかと悩んでいると、 「おじちゃん、どうしたの?」 「ん?いやね、俺もそろそろギルドに戻らなきゃいけないんだけど、君の事をどうするかってねぇ」 「ねぇ、このギルドの場所の道のりって厳しいの?」 「いや、あっちの街道をそのまま行けばいいと思うけど」 「それなら、一人でも行けるよ!私だって早く行ってみたいもの!!」 「それなら・・・」 と彼は道具袋から、玉をいくつか出して彼女に差し出す。 「万が一って事もあるから、これあげるね」 「? これって・・・」 「さっき使った道具で、玉によってそれぞれ違った効果が出せるんだ。 もし何かあった時は使ってみるといいよ」 俺もこれにはお世話になってるからと、続けて言うと 彼女も納得しているようで、肩から掛けたカバンにしまいこんだ。 「あ、おじさんの名前教えて! また会いたいから!!」 「そういえば、まだ名乗ってなかったね。 俺はザクリ。 星の盗伐団「スターバスター」ってギルドでお世話になってるよ」 「ザクリおじちゃんね。 私はメレっていうの!」 「メレちゃんか。 良い名前だね」 「えへへ」 こうして二人はそれぞれの場所に向かって別れた。 この日から二人の歯車が廻り始める。 それはまた、次回のお話。

次の

フラッペとスパークをご招待

ポケ森 珍しい生き物

どうも、ぼんじりこです。 今回はポケ森の「ガーデンひりょう」のベストな使い方や使うタイミングについてご紹介します。 「ガーデンひりょう」とは 「しょくぶつ」の 成長時間を30分短縮できるガーデン専用の肥料です。 フルーツを成長させるのに使える「ひりょう」とは異なるので注意。 入手方法• ログインボーナス• ガーデンイベントの花と交換 することで入手できます。 基本の使い方 「ガーデンひりょう」は、自分のガーデンの成長中の花をタップすることで使うことができます。 基本的には、期間限定のイベントの「お題」などを期間中に終わらせるために使うのがおすすめ。 ベストタイミングはイベント後半! ガーデンイベントの報酬としてもらうことが出来る「ガーデンひりょう」。 余裕がある人は使いまくって効率的に珍しい生き物を集めることもできますが、先のことを考えると ストック作戦 が効果的です。 イベント前半で入手した肥料をイベント後半に持ち越して、 ピンチになったら使うという使い方が吉! さらに、イベントが終わって 余った分は次回のガーデンイベントに持ち越すことができるため、リーフチケットの消費を抑えられ、次回のイベントの備えもできて一石二鳥です。 以上、今回はポケ森の『「ガーデンひりょう」のベストな使い方』についてご紹介しました。 BonZiriko.

次の