ハーレー ダビッドソン 883。 XL883N アイアン(ハーレーダビッドソン)の中古バイク・新車バイク

パパサンと呼ばれるスポーツスター883モデル徹底解析 [ハーレーダビッドソン] All About

ハーレー ダビッドソン 883

51年の伝統を持つ ハーレーのスポーツモデル 昨今ハーレーの勢いがスゴイ。 どこを走ろうとハーレーを見かけない日はないくらいだ。 中でも人気が高いのが今回紹介する「XL883L」が属するスポーツスターファミリー。 スポーツスターは、まだ国産メーカーが形も無かった頃、アメリカに進出してきた英国車に対抗しハーレーが開発したスポーツモデルだ。 登場以来、空冷OHV Vツインのスタイルを崩さず進化を進めてきた。 スポーツスターは1957年に登場して以来、細かな変更はあったものの、エンジンのモデルチェンジは3度しか行われていない。 数年に1度モデルチェンジが行われるのも珍しくないバイク業界で、1つのエンジンの寿命がこれほど長いのは珍しい。 この寿命の長さこそ、ハーレーの魅力なのかもしれない。 それでもハイスペックマシンが無数にある中で、スペック的には目新しいモノがないハーレーが人気な理由は何なのか。 2008年モデルのスポーツスター「XL883L」に試乗し探ってみようと思う。 ハーレーダビッドソン XL883L スポーツスター883ロー 特徴 シンプルな装備& クラシカルなデザイン 現在のスポーツスターは2004年にエンジンのモデルチェンジが行われた3代目。 かつての、エンジンの振動がハンドルなどに直接伝わってきたモデルと比べると、エンジンをゴムで挟み込んでマウントするタイプの現行モデルは快適性が大いに向上している。 ハーレーの場合、エンジンはただ快適性を追求すればいいわけではなく、不規則に震えるVツインエンジンの鼓動が乗り手の感性を刺激しなければならない。 現行のスポーツスターのエンジンはその要求をしっかりと満たしてくれているのだ。 スタイル面は至ってシンプル、余計なモノは何一つ付いてない。 フロント19インチ、リア16インチのホイールサイズはハーレー特有のモノ。 他メーカーネイキッドモデルとは違う独特の操作感はこのホイールサイズに負うところが大きい。 至れり尽くせりのバイクに馴染んできた方には驚きかもしれないが、タコメーターはなく、風防もタンデムシートも装備されていない。 しかし、ハーレーの世界でこれは不思議なことではない。 必要なモノがあれば、後から取り付ければいいからだ。 カスタムパーツのカタログが電話帳ほどの厚みがあるこの世界では、自分好みにどうとでもカスタムできる。 当然ながら他の883シリーズと比べると、装備されているパーツは小柄な人でも不安なく楽しめる装備となっている。 前後サスペンションはスタンダードモデルより短い。 大柄な人だと窮屈なポジションに感じるかもしれないが、女性や体の小さい方にはこれほどポジションがマッチするバイクは少ないのではないか。 他メーカーのモデルに乗っていた方ならば、フットポジションが恐ろしく前に感じるだろう。 やや足を前に投げ出すポジションながら足の踏ん張りは充分で、スポーツ走行にはこのポジションでまったく問題はない。 決して高性能ではない でも、なぜか楽しいのだ スポーツスターは私にとって特別なモデルだ。 10年以上前の1200ccモデルに長年乗っており、走行距離は10万kmを突破している。 バイクの面白さ、カッコよさとは何なのか、はスポーツスターから学び、その後バイクに深く関わるきっかけになった。 それだけ思い入れの深いスポーツスターの試乗となると、楽しみでないわけがない。 躍る心を鎮めながら、冷静に試乗を行うとしよう。 XL883Lは小柄で体重の軽い人にもっともマッチするモデルだ。 それだけに大柄で規格外の体重の私には正直言って合っていない。 それは跨っただけで一目瞭然。 まず足つき性が良すぎる。 身長178cmの私だと、ひざを曲げた上体で両足がベッタリと地面につく。 身長150cm代の人でも、信号待ちなどで不安なく停車できるのではないだろうか。 それでも足つき性が不安な人はハンドル、シート、サスペンションを交換すれば、さらにオーナーにあったポジションに変更することができる。 この辺りのカスタムはハーレーでは何ら珍しくないことだ。 車両重量は260kgと重いものの、数字ほどの重量は感じないはず。 ポジションや重量については何ら心配することはない。 スタイルが気に入れば、それ以外の点についてはどうとでもなるのがスポーツスターだ。 ハーレーのラインナップの中では排気量はもっとも小さい883cc。 出力は公表されていないが、恐らく400ccのネイキッドモデルと同じくらいの出力しかないはず。 ハーレーにモリモリとしたトルクを求める人は「あれ? こんな程度?」と思ってしまうかもしれない。 しかし883ccエンジンの魅力はハーレーのビックツインモデルとは違う。 スロットルを回しきり、エンジンの持てる力をフルに使い切って走るのが、このエンジンの魅力なのだ。 最近のバイクで大排気量のエンジンならば、そのすべての力を公道で使いきれるモノはまずない。 そんな状況だからこそ883ccエンジンの魅力が注目されているのかも。 2008年モデルから価格が下がりさらに手に入れやすくなったが、ただのエントリーモデルと一言で片付けられない魅力がある。 このエンジンにこだわり10年以上乗り続けている人もいれば、大排気量のハーレーのビックツインからわざわざ乗り換える人もいる。 ただし、しっかりとしたライディングを知り、正確な操作を行ってやることで、スポーツスターのライディングは大きく変わる。 重い部品をふんだんに使用し、ブレーキは必要充分な効きしかない、出力も公道で走るには過不足ない程度、それでも何故か楽しいのだ。 ハーレーダビッドソン XL883L スポーツスター883ロー こんな方にオススメ ビックツインと比較するならば 初めからビックツインを買うべき 排気量の大きいハーレーのビックツインとスポーツスターとで悩むのであれば、価格差は大きいが最初からビックツインを購入することをオススメする。 スポーツスターはあくまでスポーツスター。 その楽しみ方はビックツインと違うところにある。 スポーツスターを存分に楽しんでいる人に話を聞くと、購入前に悩んでいたモデルはハーレー以外だった人が多い。 Triumph「Bonneville」やKawasaki 「W650」などと悩み、スポーツスターを選ぶ人、SRなど中型シングルから、より味わい深いテイストを求めスポーツスターに辿りつく人など。 スタイリッシュな車体にテイストフルなエンジンが搭載されたスポーツスターを求める人は、よくあるハーレーの選び方と違うところで悩んでいるのかもしれない。 他メーカーのライバルモデルと比較してのスポーツスターの魅力はまず「非常にわかりやすいエンジンの味わい深さ」、そして「どんな方向にも触れるカスタムパーツの豊富さ」だ。 全国各地でユーザーミーティングも多く開催されているため、同好の士と知り合うチャンスも多いはず。 装備は決して豪華ではない。 出力もスポーツスターに勝るモノはいくらでもある。 それでもスポーツスターは乗り手の心を惹き付けてやまない。 だからこそ、乗り手側も他メーカーのバイクと比較して機能の旧さを気にすることもなく、進化が遅くても喜んで受け入れてくれるのだろう。 2007年の今、こんな味わい深いバイクが販売されていることは我々ユーザーとしては喜ばしい限りだ。

次の

ハーレー・アイアン883を徹底的に楽しむ3つの方法 [ハーレーダビッドソン] All About

ハーレー ダビッドソン 883

カスタムハーレーの世界を席巻する人気のスタイル、カフェレーサー。 その誕生の原点であるイギリス・ロンドンでのヒストリーとカフェレーサーの魅力に迫ります。 さらに最新のカフェレーサーカスタムモデルもご紹介。 カフェレーサーとは カフェレーサー誕生のヒストリー 「ちょっと気晴らしに、オートバイに乗ってこようか……」 ライダーなら誰もが日々苛まれるこの心情、それは今に始まったことではない。 いつの時代も、思い立ったら走り出す。 それがバイク乗りの性分であり、やめられない習慣のひとつ。 休日の早朝から、山や海へツーリングに出かけるのももちろん素晴らしいが、夜のふとした瞬間にひとりヘルメットを持って駆け出すのも最高の気分転換。 老若男女を問わず、バイク乗りは皆それを知っている。 そうやって走っていると「ちょっとカフェで一服」、なんて気持ちが生まれる。 カフェとオートバイ、それは昔から切っても切れない関係だ。 バイク好きがどこからともなく集まって、そこでまた新しい仲間ができたりする。 昔はそんなカフェがたくさんあったが、今でもまだまだライダーの溜まり場は存在する。 1950年代、イギリス・ロンドンに点在するカフェには、オートバイを駆る若者たちが続々と集まっていた。 なかでも人気だったのは、唯一24時間営業をしていた「ACE CAFE LONDON」(エースカフェロンドン)だった。 真っ黒なレザージャケットにデニム、ブーツで着飾り、グリースで髪を固めたその出で立ちの彼らは「ROCKERS」(ロッカーズ)と呼ばれ、当時人気を博していたグランプリロードレーサーからヒントを得てカスタマイズされた彼らのオートバイは「カフェレーサー」と名づけられた。 彼らがもっとも興じたのが「ジュークボックス・ラン」。 コインを入れて好みの曲をかける「ジュークボックス」がどのカフェにもあり、曲の始まりをスタートの合図に、2台(もしくはそれ以上)のライダーがスピードを競い、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという熱狂的な公道レースを言う。 UKロックが生まれる前の時代、ロッカーズが愛したのはアメリカからやってきたロックンロールやロカビリーだった。 そう、カフェレーサーはロックンロールが流れるカフェから生まれたカルチャーだ。 ライダーが集まるカフェに自慢のマシンで乗りつけ、一息入れるのが彼らの流儀となり、乗っているバイクのカスタムも重要だった。 そうしてカフェレーサーのカスタムは人気を博していった。 カスタムポイントはセパハンとバックステップ まず、ハンドルは低い位置にセットされる「セパハン」(セパレートハンドルの略)が主流。 その名のとおり左右のグリップが独立したバーハンドル(パイプ一本から成るハンドルバー)とは異なるパーツで、フロントフォークに直接クリップオンされて取り付けられるのが大きな特徴だ。 欠かせないカスタムはそれだけではない。 「バックステップ」がなくては、カフェカスタムとは言えなかっただろう。 ハンドルを下げて前傾姿勢となったライダーが、窮屈にならず両足を置くことができるポジションは、フットコントロールを大きく後方に下げた位置。 コーナーで車体を大きく傾けた際に、ステップが地面に接地し走行の妨げにならないという利点もあり、これもまたサーキットからフィードバックされたものだった。 ライダーは極端な前傾姿勢となり、前屈みになってバイクを操る姿はまるでサーキットを走るロードレーサーのよう。 1本のバーハンドルタイプしか市販モデルではまだ装着されていなかった時代に、セパハンはカフェカスタムの象徴でもあり、若者たちが憧れる当時のレーシングスタイルをそのまま具現化していた。 速さ、過激さを追い求め、自らのオートバイをカスタムする。 カフェに集う彼らにとって、セパハンとバックステップは自らのスタイルを表現するアイコンでありシンボル。 いつしかそれはひとつのジャンルとして確立していき、時代や国を超えて受け継がれていくことになる。 1977年に手がけられたハーレーダビッドソンのカフェレーサー トレンドを見逃さないハーレーダビッドソンは、1977年に『カフェレーサー(XLCR CAFE RACER)』をリリースし、2年間に3,133台が生産された。 黒で統一された車体に、ビキニカウルや細長く四角いフューエルタンク、シートカウルを備えた斬新なスタイルは、ハーレーダビッドソンが出したカフェレーサーというコンセプトに対するひとつの答えでもあった。 現在でもマニア垂涎のモデルとなっている。 カフェレーサーカスタムに最適なスポーツスター なかでもカフェカスタムパーツが揃うロードスターは必見 ハーレーダビッドソンのラインナップでもっともカフェレーサー向きなモデルといえば、スポーツスターファミリーのなかでもXLCRのDNAを色濃く受け継ぐ 『』だ。 そのロードスターをカフェレーサースタイルへと近づけるカスタムパーツも豊富だ。 バーハンドルからセパハンへと変える「クリップオンハンドルバーキット」にバックステップ化を実現する「リアセット・フットコントロール」、さらに「バーエンドミラー」や「コンビネーション デジタルスピード&アナログタコメーター」など、ロードスターのキャラクターを一層高めつつ戦闘的なモデルへと昇華するパーツがずらりと揃う。 世界のカフェカスタムはオリジナリティ満載! 2016年に全世界で開催されたハーレーダビッドソンのカスタムナンバー1を決めるコンテスト「バトル・オブ・ザ・キングス」では、カフェレーサーをコンセプトとしたカスタムスポーツスターが数多く入賞した。 なかでも特に目を引いた4台のカスタムカフェレーサーをご覧いただきたい。 日本人の想像をはるかに超えるイマジネーションから生み出された世界のカフェレーサーたち。 カスタムの世界は青天井なのだと改めて教えられるようだ。 枠にとどまらない可能性を秘めるカフェレーサー 日本のみならず、世界でも大きなムーブメントを起こしているカフェレーサー。 レーサーバイクらしいソリッドでスピード感あふれるカフェレーサーカスタムは、そんなワンシーンに映えるバイクの個性をさらに引き上げてくれるに違いない。 憧れの眼差しが注がれる情景に想いを馳せながら、理想のスタイルを夢想してみよう。 Text:モーターサイクル ジャーナリスト 青木 タカオ Photos:安井 宏充、ハーレーダビッドソン Illustration:遠藤 イヅル PHOTO GALLERY.

次の

ハーレーダビッドソン XL883L スポーツスター883ロー

ハーレー ダビッドソン 883

スピードメーターが動かない 車検を受けるのに整備点検も完了し、さぁ、このまま車検場まで向かおうと思った矢先。 スピードメーターが動いてないです。 整備はしたけど走ったのは初めてなのでスピードメーターが死んでるとか予想外です。 当然、スピードメーターが動いてなければ車検は通りませんし交通違反であります。 これは車検どころではない!急いで帰って断線してないか確認するも原因不明。 残念ながらこの日の車検はキャンセルしてまた整備からやり直しです。 ヤフオクには灯火類やメーター問題なしだったのにウインカーは断線してるはブレーキスイッチが壊れてるはメーターは動かないし、現状販売は怖いね。 まぁ覚悟の上で落札したのでノークレームです。 スピードメーター修理 スピードメーターはデイトナ製の社外メーターに交換されてます。 まずは配線チェックです。 社外品のメーターとハーレーの配線の色が一致してません。 よって何をどう繋げばよいのかデイトナの説明書をネットで探すことから開始です。 デイトナの配線図 で見つけましたスピードメーターの配線図。 デイトナのスピードメーターは常時12V電源でODOメーターのバックアップ用。 アクセサリー12V電源でバックライト点灯。 スピード表示は後軸からくる車速パルスに繋ぐ電子式ですね。 ハーレー車体側の配線が何の線だか理解するのにテスターを使って調べていきます。 すると• オレンジに黄色線入りがアクセサリー12V電源• 茶色の線が常時12V電源• 黒色がアース線• 黒に青い線入りが車速パルス でした。 これをデイトナのスピートメーターの配線と繋ぎます。 となると車速パルスが来てないのか?ハーレーのスピードセンサーの故障か? スピードセンサーのコネクターを外してテスターで通電テスト 真ん中が車速パスルの線です。 上下は12V電源とアース。 メーター側の配線と通電してません。 またしても断線か! 配線を辿っていくとこんな物が・・・ 車速パスルの配線に割り込ませているエレクトロタップが青?!青って太い配線用で200wとかに使うやつで元の配線が細すぎて刺さってないですよねコレ。 ここの配線は細い線だから赤いエレクトロタップにしないと接触不要を起こします。 線の太さや電流に合った部品を使ってない素人配線による接触不要が原因でした。 ここを正しい配線コネクターに差換えます。 テスターで通電チェックをすると今度は問題なく繋がりました。 さて、走ってみないとスピードメーターが動かないので、仮ナンバーを背負って公道でテストランです。 すると今度はちゃんとスピードメーターが動きます。 スピードメーター合わせ がしかし、20キロで走ってるのに80キロを針が指してます。 全然狂ってる。 そう、社外品の電気式メーターは車体に合わせて設定をしないと正しくスピード表示されません。 デイトナメーター本体の設定画面でハーレーの設定値52000と数値入力します(うちの883は再測すると74000が適正値でした)。 マニュアルでのメーター合わせ方法 もしくは下記計算方法で設定値をはじき出します。 設定をオートモード CAL-Iにして• タイヤの外周をメジャーで計ります。 タイヤを10回転させてパルス値を調べます。 計算します。 設定でマニュアルモード CAL-Yにしてパルス値を入力 詳しくはデイトナのオンラインマニュアルをご参照ください。 スピードメーターを設定し直した状態で実走行。 おぉ、今度は実走行とメーターの針が一致しているようです。 正確にスピードメーターを合わせるには予備車検場もしくはバイク屋まで行きシャシダイに乗せて40kmで合わせる必要があります。 僕は近くのヨビケンに行ってスピードメーター調整してきました。 今回使ったパーツと工具 これまでに発生した私のスポーツスタートラブル.

次の