リヒテン シュタイン 侯爵 家 の 至宝 展。 リヒテンシュタイン基礎データ|外務省

建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

リヒテン シュタイン 侯爵 家 の 至宝 展

公式の英語表記はPrincipality of Liechtenstein(プリンシパリティ・オヴ・リクテンスタイン)、略称、Liechtenstein。 日本政府による公式の日本語表記は リヒテンシュタイン公国(リヒテンスタイン公国)、略称: リヒテンシュタイン(リヒテンスタイン)。 「リヒテンシュタイン 侯国」と表記することもある。 英語表記で国名・形容詞ともLiechtenstein、国民はLiechtensteiner。 英語の"")より一段下の爵位であるため、日本語では「公爵」ではなく「」と訳される場合もある。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照• がシェレンベルク男爵領を購入。 ヨハン・アダム・アンドレアスがファドゥーツ伯爵領を購入。 は、が買収したファドゥーツ伯爵領とシェレンベルク男爵領とを併せてリヒテンシュタイン公(侯)領とすることを認可(リヒテンシュタインの始まり)。 の崩壊によって独立国となり、翌年にに参加する。 に加わる。 との関税同盟を締結。 ドイツ連邦解体に伴い再独立する。 となる。 軍隊を廃止。 オーストリアとのを解消。 を通貨とする。 スイスと関税同盟を結ぶ。 政権が誕生した際、リヒテンシュタイン国内でも勢力が増大していたが、は君主大権を行使してを無期限延期とし、リヒテンシュタインがナチズム化(人々を扇動する集会の禁止、ナチスの制服着用禁止等)するのを未然に防いだ。 これにより、リヒテンシュタインはにおいて併合されず中立を維持した。 6月 を認める。 に加盟する。 (EFTA)に加盟する。 (EEA)に加盟する。 憲法を改正。 に加盟する。 政治 [ ] はリヒテンシュタイン公(侯)で、の当主による男子世襲制である。 欧州の君主制国家の元首が象徴・儀礼的存在であるのに対して、公は政治的権限を有している。 そのため統治形態としてはであるといえるが、公の統治が能わざる時は執務を停止もしくは退位できる旨が憲法で定められており、また必要であればによって君主制の存廃を決めることができる など、、が確立されており、また国民の権利と自由も十分に保障されていることから、実質的にに分類される事が多い。 現在の君主、はに長男のアロイス公子を摂政に指名して統治権を譲り、自らは名目上の元首としての地位のみを有している。 はで、「Landtag()」と称する。 議員定数25、任期4年、解散あり。 は、とを組み合わせたで行われる。 が認められたのは、世界的に見ても遅いである。 を採用している。 の長であるは議会の第一党党首が公によって任命される。 また、副首相には第二党の党首が任命される。 歴史的経緯から、はオーストリアの民法が基本となっており、はスイスの刑法を基本としている。 は廃止されている。 軍事 [ ] で当時密接な関係にあったオーストリアが敗北し、安全保障政策の見直しが必要となった。 しかし自国の軍事力では近隣諸国に到底対抗できないため、に軍を解体し政策に転換する。 後におけるオーストリア=ハンガリー帝国の崩壊以降はスイスとの関係を強化、1923年に関税同盟を締結してからは実質的にスイスが安全保障を担っている。 また、100名ほどの国家警察は隣接する諸国(スイスおよびオーストリア)の軍と密接な関係を持っている。 国際関係 [ ] 1919年の合意に拠り、以外においてはスイスがを務める。 リヒテンシュタインはとのを長年行っていなかった。 これは終結直後のに、当時の政府が同国領内のドイツ系およびハンガリー系住民のチェコスロバキアを剥奪のうえ、私有財産を没収した()が、同国に領地を持っていたリヒテンシュタインはこの措置を違法行為とみなし、抗議したためである。 その後、にチェコとの間で外交関係を開設することが発表された。 また、同年にはスロバキアとの間でも外交関係が開設されることも発表された。 地方行政区分 [ ] ファドーツ中心部にあるリヒテンシュタインセンター。 観光案内の他、パスポートに入国証明のスタンプを押してくれる。 主要な産業は、と。 ほかに、、発行もよく知られている。 スイスとの関税同盟があり、郵便や電話の制度はスイスと共通となっている。 としても知られ、税金免除を目的とした外国企業のも集中しており、人口よりも法人企業数が多いと言われる。 近年はとの課税に関する条約に調印し、EU市民の預金については利子課税がなされることになった。 ただし、これらの税は、個々の預金者の情報を相手国に通知することなしに一括してリヒテンシュタインから各国に支払われるため、銀行の守秘義務そのものは維持されている(同様の銀行守秘義務を維持している国は、欧州では、、がある)。 が指名する「非協力的タックス・ヘイブン・リスト」(租税回避地)に掲載されている7カ国の1つであった が、2009年5月の時点で他の二カ国(、)と共にリストから削除されている。 この国に拠点を持つ会社としては、コーティング装置の製造および、コーティングの受託加工の社、電動工具・鋲打機・墨出し機などの社、プロ用オーディオコネクターの ()、歯科材料の ()などが有名。 労働者の約半数はスイス、オーストリアから毎日越境している。 交通 [ ] 鉄道・駅の地図 国内の主要な交通は路線バスであり、各所を結ぶ路線が頻繁に運転されている。 黄色い車体のをよく目にすることができる。 主なバス停は郵便局の前であることが多い。 バスは対岸のスイスの鉄道駅(やブックス)のほか、オーストリアの駅への路線もある。 また、で運賃を支払うこともできる。 国内を鉄道が走っており、駅が4駅ある(主要駅は)。 運行をしているのはである。 オーストリアとスイスを結ぶ国際急行列車も通るが、リヒテンシュタイン国内の駅は全て通過する。 もっとも近い主要国際空港はスイスのである。 言語 [ ] は標準だが、現地住民はに属する系 ()の一方言を使用し、その他にではが使用される。 宗教 [ ] 宗教はが79. 文化 [ ]• の作家の『』ではによる世界水没に対処するため、ファドゥーツで各国による国際会議が開かれた。 他の欧州諸国同様に加盟しているが、加盟する55の国と地域の中で唯一国内プロサッカーリーグを有しておらず、国内のサッカークラブはスイスのに参加している。 このため、の予選及び本大会に「国内リーグの結果」によって出場可能なチームが存在しない(スーパーリーグで優勝すればスイスの出場枠での出場することが可能)。 一方でカップ戦は開催されているため、には予選1回戦から出場可能である。 リヒテンシュタインでは冬場でも水風呂に入る習慣がある。 スポーツ [ ] を開催、参加している。 観光 [ ]• 著名な出身者 [ ]• - 作曲家・オルガン奏者• - 政治家、元首相• - 政治家、前首相• - 政治家• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - アルペンスキー選手• - サッカー選手• - サッカー選手• - バンド• - 画家• - 物理学者 脚注 [ ] []• , Select all countries, "GDP, Per Capita GDP - US Dollars", and 2016 to generate table ,. Accessed on 17 Jan 2019. 2019年. 2020年5月16日閲覧。 CIA 2019年. 2020年5月16日閲覧。 2009年のデータである。 ただし、他の地域(フランスやイギリスなど)においてはprinceはdukeよりも上位である。 イギリスの侯爵(Marquess)に相当するドイツの爵位は(Markgraf)であり、はHerzogの下、Markgrafの上の爵位と解釈するのが正しい。 各国によって爵位体系には違いがあるので、単純に日本語訳できないというのが正解である。 『地球の歩き方 2016〜17 スイス』ダイヤモンド・ビッグ社、2016年、263頁。 2018年1月8日19時30分NHK総合放送「世界プリンス・プリンセス物語」• 「世界プリンス・プリンセス物語」2018年1月8日放送• 植田健嗣『ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」』(1999年 )P131• 2011年5月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年10月18日閲覧。 2011年5月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年7月10日閲覧。 外務省 - OECD有害税制プロジェクト(非協力的タックス・ヘイブン・リストの公表) - 3. 上記2. の国・地域のうち、末までの透明性の確保及び実効的税務情報交換の実施を約束せず、に発表された「非協力的タックス・ヘイブン・リスト」には掲載された国である。 In May 2009, the Committee on Fiscal Affairs decided to remove all three remaining jurisdictions Andorra, the Principality of Liechtenstein and the Principality of Monaco from the list of uncooperative tax havens in the light of their commitments to implement the OECD standards of transparency and effective exchange of information and the timetable they set for the implementation. As a result, no jurisdiction is currently listed as an unco-operative tax haven by the Committee on Fiscal Affairs. 植田健嗣『ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」』(1999年 郁文堂)P171 参考文献 [ ].

次の

リヒテンシュタイン

リヒテン シュタイン 侯爵 家 の 至宝 展

人口は3万人ほどで、警察官は100人ほどしかいないと言います。 それほど小さな国なのに、スイスの影響を受けた独自の文化を持っていて、ヨーロッパでも「一度は行ってみたい国」として、もてはやされているんですよ。 アルプスの山々に囲まれているので、1年中爽やかな空気に包まれていてそこにいるだけで心地よい気分を味わえます。 またリヒテンシュタインの名物を聞くと、多くの人が「切手」と答え、そんなちょっぴりマニアックな面白い側面も持っているんですよ。 今回はあまり知られていないヨーロッパの小国、「リヒテンシュタイン」にスポットライトを当ててみます。 リヒテンシュタインに来てまず初めに驚くのは、国の小ささでしょう。 面積は160平方kmほどしかなく、1時間もあれば徒歩で国を1周できてしまいます。 分かりやすい大きさでいうと、日本の小豆島や平戸島と同じくらいです。 リヒテンシュタインは独自の政治体制を持つものの、現在、防衛と外交はお隣の国、スイスが代行しています。 そのためリヒテンシュタインの人々の生活もスイスの影響を受けていることが多く、通貨はスイス・フランが一般的ですが、ユーロもだいたいのお店で使えます。 リヒテンシュタインは、ルパン三世の映画「カリオストロの城」に出てきたカリオストロ公国のモデルになったことでも知られています。 リヒテンシュタイン国王が住んでいる「ファドゥーツ城」は、小高い丘の上に立ち、国のどこからでも見ることができるかわいらしいお城です。 丘の麓から見上げるとそれほど大きくは感じませんが、坂を上って近くまで行くとその立派さに驚くでしょう。 そこからの景色も最高です。 現在も国王とその家族が住んでいることから中を見学することはできませんが、近くで外観を眺めることは可能で、外からその雰囲気を味わうだけでも十分に価値があります。 ただし年に1度、8月15日の建国記念日にのみお城の庭が開放されるので、タイミングがあればぜひ訪れてみてください。 その日は飲み物や食事が無料で振る舞われるそうです。 3番目に紹介するリヒテンシュタイン観光情報は「ファドゥーツ大聖堂 Vaduz Cathedral 」。 ネオゴシック様式で建てられた「ファドゥーツ大聖堂」は、1997年、ヨハネ・パウロ2世により大聖堂へと昇格しました。 全体的な外観は質素ながら、オレンジ色の時計盤を備えた時計塔が印象的で、ヨーロッパの中にある数々の大聖堂の中でも珍しい色合いです。 作曲家ヨーゼフ・ラインベルガーが、この「ファドゥーツ大聖堂」でオルガン奏者を務めていたことでも有名で、特別なミサなどがなければ無料で入場ができ、そのパイプオルガンを見ることもできます。 少し坂を上ったところにありますが、「ファドゥーツ城」ほどの距離はないので、いい景色を見たいけれど、長時間坂を上るのがきついという人は、この「ファドゥーツ大聖堂」から景色を眺めるのがおすすめです。 2000年に開館したばかりの比較的新しい「現代美術館」は、建物のつくりもモダンでスタイリッシュです。 そこから見えるファドゥーツ城との対比はインパクトがあります。 もともとは、リヒテンシュタインの王子がコレクションしていた彫刻や絵画が展示されていましたが、それらの作品は、現在はオーストリアやスイスの美術館に移されてしまいました。 そのため、今は企画展のような形で期間ごとに違った作品を展示しています。 現代アート好きにはたまらない美術館なようで、今日も世界各国から多くの人が足を運んでいます。 小さなショップも併設されているので、ちょっとしたお土産を買うにもおすすめです。 リヒテンシュタインのことを思う存分知りたいなら、「リヒテンシュタイン国立博物館」に行ってみましょう。 ここにはリヒテンシュタインの歴史や自然に関する展示が多くあり、中世の時代に使われていた自転車や、今でもリヒテンシュタインの自然の中で見ることができる動物のはく製などが豊富に飾られています。 博物館と言えど、難しいことを考えなくても目で楽しめるものが多いので、「想像以上に面白かった!」と感想を残す人が多いんです。 あまり注目されることのないこの国の魅力が、「リヒテンシュタイン国立博物館」には詰まっています。

次の

△▼リヒテンシュタイン展に行ってきました▲▽

リヒテン シュタイン 侯爵 家 の 至宝 展

展覧会『建国300年 ヨーロッパの宝石箱 侯爵家の至宝展』を鑑賞しての備忘録 ザ・にて、2019年10月13日~12月23日。 侯爵家の油彩画と磁器のコレクション計126点を7つの ジャンルで紹介。 第1章「侯爵家の歴史と貴族の生活」は侯爵家の人々のを中心に15点の作品で構成。 冒頭を飾るのは、美術品蒐集に情熱を注ぎ、初めて目録を作成した侯ヨハン・アダム・アス1世の肖像(フィリップ・ハインリヒ・《侯ヨハン・アダム・アス1世の肖像メダル》)。 《侯ヨーゼフ・ヴェンツェル1世 》(フラン・ソリメーナに帰属)や《侯爵家出身のターハー伯妃の肖像》(ヨーゼフ・カール・シュラー)など威厳を示すが並ぶ。 とりわけ、フリードリヒ・フォン・アマーリンングの描く皇女たち(カロリーネ、)が1歳半にして早くも気品ある落ち着いた表情を見せているのが印象に残る。 また、侯爵家は早くからと結びつき、産出した馬を献じていたということで馬を描いた作品(ルートヴィヒ・デ・ウィッテの《軍服姿のザールモンアラピーと葦毛の馬》と同《馬丁と黒斑馬》)が、さらに、華やかな暮らしぶりを伝えるためか放埒の戒めのためか定かでないが、パーを描いた作品(フランツ・クリストフ・ヤネック《室内コンサート》、同《屋外での雅な音楽の集い》、ヨハン・ゲオルク・プラッツァー《雅な宴》)が合わせて展示されている。 第2章「宗教画」では、イの誕生(ロレンツォ・コスタ《東方三博士の礼拝》、ヨハン・ヘーニヒ《羊飼いの礼拝》など)や聖母子(マルコ・バザイーティ《聖母子》、セーノ・マイナルディ《洗礼者聖と天使二人といる聖母子》、モレット《聖母子と洗礼者聖》、ペーテル・・《聖母を花で飾る聖アンナ》など)など絵画お馴染みの主題を中心に19点の絵画が並ぶ。 あどけなさの残るデが巨大なの首を重そうに右肩に抱える様を描くジロラモ・フォラボスコ《の首を持つデ》や、主題となるとイサクを後景に追いやって、作者独特のねっとりした顔を持つ2人の従者(とロバ)を前景に大きく表わしたルーカス・(父)《イサクの犠牲》、縦長の構図を活かし角の間にキリストのを顕現させた崖上の鹿と改宗したエウスタキウスを崖下に描いたルーカス・(父)《聖エウスタキウス》などが興味深い。 第3章は「神話画・歴史画」は神話主題の作品を中心に絵画7点・磁器6点が並ぶ。 ヘンドリク・ファン・バーレンの《の略奪》はが牡牛に連れ去られる場面は左奥の海に僅かに表わし、らが牡牛を愛でる情景を中心に描いている。 ペーテル・・と工房《と》は、画面左手に右を頭を向けるペガサス、中央右手に赤い布を翻してを救出するが描かれ、画面右手の拘束されたへと視線を強く誘導する。 岩壁との鈍く光る鎧がの白い裸身を強調する。 第4章「磁器 西洋と東洋の出会い」では景徳鎮窯や有田窯を中心に25点の磁器が並ぶ。 有田焼の蓋付きの大壺に金具を取り付けてポプリ壺に転用した《染付山水文金具付ポプリ蓋物》の華やかさが目を引く。 それに対して異国趣味が昂じてトカゲや謎の生き物が貼り付けられた《黒絵唐人物ポット》は仄暗い魅力がある。 ビシッと決まった配置が素晴らしいヤン・ダーフィツゾーン・デ・へーム《陶器、銀器、果物のある》や、ヴァニタスとしての性格が色濃いビンビ《花と果物のとカケス》(寄託作品)などの画4点も合わせて紹介されている。 第5章「ウィーンの磁器製作所」は第4章と連続し一体化してウィーン窯の磁器17点を取り上げている。 ホット・チョコレートをこぼさず飲むためのトランブルーズ(受け皿の中心にを支える構造がある)3点(うち1点は明らかに飲み物は注げないつくりだが)が含まれている。 第6章「風景画」では、風景画13点、磁器5点を紹介。 ヤン・(父)《市場への道》は手前に大木が聳える丘を赤い服の人物などを含めて描き、遠景に淡い青や緑できめ細かに表わした街並みを配した作品。 小さな作品だが隅々をじっくり見たい気持ちに駆られる。 ハインリヒ・ラインホルト《・アルプスを探索する画家たち》は、峠に点在する人の小ささに対し大きく積み重なる雲が主役として描かれた作品。 クジラととがアナロとして示されたようなト・サーフェリー《打ち上げられたクジラ》や、高地独特の眺望に登山欲を煽られるフェルディナント・ゲオルク・ヴァルト《イシュル近くのヒュッテンエック高原からのの眺望》なども興味深い。 第7章「花の画」花を描いた油彩画6点と磁器9点を紹介する。 金地に花々をあしらったアントン・デーリンクとイグナーツ・ヴィルトマンのセットをはじめ華やかな作品が並ぶ。 このセクションだけは写真撮影も可能になっている。 「世界で唯一、侯爵家(君主)の家名が国名となっている」は「スイスとにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有し」、「戦火ををくぐり抜け」させることに成功したという。 国家を今日まで維持できた理由の一端や、治世とコレクションとの関係性などの紹介があると良かった。 「建国300年」の記念展覧会ということもあり、世界史寄りの企画を期待してしまっていたが、それは間違いであった。 duneilepossible.

次の