ソンミ 村 虐殺 事件。 ソンミ村虐殺50年:狂うか殺されるか 民間人殺害各地で

虐殺事件の一覧

ソンミ 村 虐殺 事件

事件一覧 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 日付 場所 名称 死亡者数 説明 000000000061-01-01-0000 61年 Europe North メナイ虐殺 不明 0,000,001 はローマ軍に対しブリテンのアングルシーにあるケルト族のドルイドの要塞を破壊し、ドルイディック・カレッジと神聖な森の略奪を命じた。 この虐殺はローマの宗教をブリテンに課す手助けとなった一方でドルイディズムが衰退し決して回復することはなかった 000000000390-01-01-0000 390年 Europe South 、 テッサロニキの虐殺 0,007,0007,000 の人気御者の逮捕に対する暴力的な抗議中にテッサロニキの市民によりトップレベルの軍司令官が殺害された後、古代ローマ帝国皇帝は処刑を命じた 000000000627-01-01-0000 627年 Middle East ・クライザ族の要塞 0,00600600-900 ムハンマドは彼の部下にクライザ族への攻撃を命じた イスラーム教徒の伝統によれば天使から攻撃を命じられたためだとされている ムハンマドが結んでいた部族との条約は裏切られることになった。 クライザ族の600~900人のメンバー 陰毛の生えている男性全員で全員が非戦闘員だった が斬首された一方、部族の女性と子供は奴隷に売られた タバリー、イブン・イスハーク アル=ワーキディーの影響はイブン・イスハークの伝記に現れている。 スティルマンとワットはアル=ワーキディーの信憑性を否定している。 アル=ワーキディーは頻繁に イスラーム法学者 から信頼できない人物として批判されている。 信頼性のある情報源では仲裁のためにクライザから任命されたの判断に基づいて戦士全員が殺害されたとしている。 イスラーム教徒2人が殺害された 000000000782-01-01-0000 782年 Europe North ・ フェルデンの虐殺 0,004,5004,500 はでザクセンを征服しキリスト教徒化させる戦役中のザクセンとの戦闘で使者2人、伯を4人及び貴族を20人失ったことへの対応として収監されていたペイガン・ザクセンの反乱勢力4500人を虐殺するよう命じた 000000001002-11-13-0000 1002年11月13日 Europe North の複数都市 聖ブライスの日の虐殺 不明 0,000,001 イングランド王は国内の全員を殺害するよう命じた。 デーン人はヴァイキングの襲撃者を援助しているとして非難されていた。 デンマーク王はイングランドに侵攻しエゼルレッドを王位から退けた 000000001066-12-30-0000 1066年12月30日 Europe South ・ グラナダ虐殺 0,004,0004,000 ユダヤ人の高官が王を暗殺し、王座を簒奪する意図があるとの噂に明らかに怒ったイスラーム教徒の暴徒が彼を殺害し、身体を十字架に磔にした。 000 カハマルカの「戦い」 は1532年11月16日にの支配者がが率いる小規模のスペイン軍により不意の待ち伏せ・包囲された。 スペイン軍はカハマルカのgreat plazaで数千人のアタワルパの顧問、指揮官及び非武装の随行者を殺害したことで街の外にいた武装した軍隊が逃走した。 アタワルパの拘束はペルーののインカ文明征服の初期段階となった。 入植者の陪審員全員が兵士は無罪としたが、これがを引き起こす原因の一つとなった 000000001771-07-17-0000 1771年7月17日 America North ヌナブト準州・クグルクトゥク の虐殺 0,000,02020 の戦士がのキャンプを攻撃し、男性、女性、子供を殺害した 000000001778-09-27-0000 1778年9月27日 America North ・ ベイラー虐殺 0,000,01515 イギリスの歩兵部隊は銃剣で就寝中の大陸軍軽装竜騎兵を攻撃した 000000001778-10-15-0000 1778年10月15日 America North ・ リトルエッグハーバー虐殺 30-50 英国王党派が再び就寝中の大陸軍軽装竜騎兵を銃剣で攻撃した 000000001780-05-29-0000 1780年5月29日 America North サウスカロライナ・ 0,000,113113 イギリス軍の中佐指揮下の王党派の軍がワックスホーの戦いの最終段階において降伏した大陸軍を虐殺した 000000001780-09-11-0000 1780年9月11日 America North ペンシルベニア・ シュガーローフ虐殺 0,000,1515 アメリカ独立戦争中にRoland Montourが率いる王党派とインディアンのグループがアメリカ兵のグループを攻撃した 000000001781-02-24-0000 1781年2月24日 America North ノースカロライナ・ パイルの虐殺 0,000,09393 愛国民兵組織のリーダー、ヘンリー・リー大佐はジョン・パイル医師の下の王党派民兵組織を騙して自身がバナスター・タールトンが彼らと会うために送り込んだイギリスの指揮官だと思わせた。 000000001809-12-01-0000 1809年12月 Oceania Australia and New Zealand ニュージーランド・ ボイド号の虐殺 0,000,06666 ファンガロアのマオリ族がボイド号の乗組員と乗客66人を殺害し食べた 000000001817-12-09-0000 1817年12月9日 Southern Asia スリランカ・ の虐殺 0,000,02222 イギリス軍が洞窟に隠れていた非武装の原住民22人を殺害した 000000001818-01-01-0000 1818年 Southern Asia ・ ウバ・Wellassa虐殺 Male population above the age of 18 in the 18歳以上の男性の人口 1818年ウバ・Wellassa蜂起 Great Rebellionとしても知られる はイギリスの帝国主義者による地元スリランカ人に対する複数の残虐行為 村落の破壊や壊滅を含む をもたらした。 イギリスの帝国主義者の占領に対する抵抗の報復として全体の18歳以上の男性が殺害された 000000001819-08-16-0000 1819年8月16日 Europe North イングランド・ 0,000,01111 武装騎兵隊が6万人の親民主主義の平和的な集会に突撃した 000000001821-03-01-0000 1821年3月 コンスタンティノープル コンスタンティノープルのギリシア人虐殺 1821年コンスタンティノープルの虐殺を参照 数百人のギリシャ人がオスマン帝国によって虐殺された 000000001821-08-19-0000 1821年8月19日 Europe South ギリシャ・ ナヴァリノの虐殺 0,003,0003,000 ギリシャがナヴァリノのトルコ人の全人口約3000人を殺害した 000000001822-01-01-0000 1822年 Europe South ギリシャ・ キオス島の虐殺 約52,000 1822年にの数万人がオスマン帝国軍によって虐殺された 000000001836-03-27-0000 1836年3月27日 America North テキサス・ 約400 1836年3月27日 聖枝祭 にテキサス軍約400人がゴリアドでサンタ・アナのメキシコ軍によって殺害された。 000000001838-01-01-0000 1838年1月 Oceania Australia オーストラリア、ウォータールー・クリーク ウオータールー・クリークの虐殺 0,000,100100—300 植民地の山岳警察の部隊によってアボリジニが殺害された 000000001838-06-10-0000 1838年6月10日 Oceania Australia オーストラリア、マイオール・クリーク マイオール・クリークの虐殺 0,000,02828 主に白人のグループ その内の1人は黒人のアフリカ人 がオーストラリアのアボリジナルを殺害した。 犯人は有罪判決を受け死刑を宣告された 000000001838-10-05-0000 1838年10月5日 America North の虐殺 0,000,01818 テキサスの白人入植者に対するネイティブアメリカンの攻撃としては最大のものであった。 000000001842-01-06-0000 1842年1月6日 Asia South エルフィンストーン軍の虐殺 0,016,00016,000 アフガン人がエルフィンストーンのイギリス軍 民間人1万2000人も含む を虐殺した 000000001857-04-08-0000 1857年4月8日 America Central ・カボルカ 虐殺 0,000,08484 ソノラ州カボルカでメキシコの反政府勢力とアメリカの反政府勢力が戦闘を行った。 90人未満のアメリカ軍の内、約30人が戦闘で死亡し残りはメキシコ人によって処刑された。 カスターは103人 後に140人に修正 の戦士と「一部」の女性、「少数の」子供が死亡し、女性と子供53人を人質にとったと報告した。 推定死傷者数は騎兵隊のメンバーや、スカウト、インディアンそれぞれで大幅に異なっており、男性の死亡者数は低い推定だと11人であり女性と子供の死亡者数は高い推定だと75人となっている。 基地に戻る前に騎兵隊は数百人のポーニー族を殺害し、村落を焼いた 000000001871-10-24-0000 1871年10月24日 American West アメリカ合衆国 1871年中国人虐殺 0,003,00018 500人以上の暴徒がロサンゼルスのチャイナタウンに入り、暴動や略奪したあとで中国系アメリカ人18人を拷問・殺害した。 アメリカの歴史上最大のリンチ殺人事件となった 000000001876-04-30-0000 1876年4月30日 Europe East 0,003,0003,000—5,000 オスマン帝国の非正規兵がバタクの教会にバリケードをつくり閉じこもっていたブルガリアの民間人を殺害した 000000001885-04-02-0000 1885年4月2日 America North カナダ、フロッグ・レイク フロッグ・レイク虐殺 0,000,0099 の戦士はに調印したインディアンへのカナダ政府の支援の欠如に不満を持っており、 食用としていた アメリカバイソンが絶滅寸前になったことによる食料不足で不満が悪化し、インディアン管理官のトーマス・クインを含む白人入植者9人を殺害した 000000001885-09-02-0000 1885年9月2日 America North アメリカ合衆国ワイオミング州 ロックスプリングス虐殺 0,000,02828 暴徒と化した白人移民の鉱夫が中国人鉱夫28人を殺害、15人を負傷させた上、中国人の家屋75軒を燃やした 000000001890-12-29-0000 1890年12月29日 America North アメリカ合衆国サウスダコタ州 0,000,200200—300 米軍第7騎兵隊が冬を凌ぐためにパイプリッジ保留地に向かっている途中のの一団を拘束した。 虐殺が起きた当時は硝酸塩鉱業時代の最盛期であり、チリ政治は議会共和制であった 1891 - 1925年。 虐殺とその後の恐怖政治でストライキが弾圧されただけでなく労働者の運動が10年以上にわたり忘れら去れることになった [ ] 1909年 000000001909-04-01-0000 4月—5月 Asia West アダナ州 アダナの虐殺 0,015,00015,000—30,000 1909年4月、政府が混乱する中アダナの都市での宗教と民族の衝突は地区全体で一連の反アルメニアのをもたらし、推定1万5000人~3万人の死亡者が出る事態となった 000000001914-04-20-0000 1914年4月20日 America North アメリカ合衆国コロラド州 ラドローの虐殺 0,000,02020 コロラド州ラドローの1200人のスト中の炭鉱労働者とその家族のテント村へコロラド州兵が攻撃を行い、子供11人を含む20人が死亡した。 この事件がより大規模な紛争につながりウッドロウ・ウィルソン合衆国大統領が派遣した連邦軍によって鎮圧された 000000002020-04-28-0000 4月28日— 000000001918-05-03-0000 1918年5月3日 Europe ・ ヴィボルグの虐殺 0,000,360360—420 のヴィボルグの戦いの後、少なくとも360人 主にロシアの軍人と民間人 がフィンランド白衛軍によって殺害された。 犠牲者には白衛軍がロシア人と推定した他国の人間も数多く含まれていた。 犠牲者の多くは赤衛軍とはつながりがないばかりか、白衛軍の支持者であった。 また、拘束された赤衛軍の戦闘員450~1200人が処刑された 000000001919-04-13-0000 1919年4月13日 Asia South インド・ 0,000,379379—1526 [ ] レジナルド・ダイアー准将が率いるの兵士90人が非武装の男性、女性、子供の集まりに対して発砲した。 発砲は弾薬が尽きるまで続いた 10~15分間 1920年3月-6月 ロシア極東・ニコラエフスク市 尼港事件 ロシア人 6000人以上 日本人 730人以上 ソヴィエト革命委員会から派遣されたトリャピーツィンらにより組織されたクラースヌィ(赤色パルチザン)によって、ニコラエフスク市内のロシア人と日本人居留民が虐殺された。 000000001920-11-21-0000 1920年11月21日 Europe North アイルランド・ 0,000,02323 イギリスの補助警察とブラック・アンド・タンズはクローク・パークでのの観客へ向けて発砲した 000000001921-05-31-0000 1921年5月31日 America South アメリカ合衆国フロリダ州 0,000,023確認された死者39人 推定100-300人 当時アメリカで最も裕福な黒人地域が、最大2000人規模の白人暴徒に襲われ、黒人住民が殺害され、商業施設や公的施設を含む35区画が破壊された。 爆発の約30分後、キーホーはトラックに積んだダイナマイトを爆発させ、5人 4年生と大人4人 を殺害・自殺した。 また、爆発の数時間前にキーホーはバス・タウンシップの自宅で妻を殺害している。 この事件は学校での大量殺人としてはアメリカの歴史上最悪の被害となった。 000000001928-08-14-0000 1928年8月14日 Australia North ・・コニストン コニストンの虐殺 0,000,08531—170 公式に認可された最後のオーストラリア先住民の虐殺として知られている。 のハンター、フレデリック・ブルックスの死への報復としてオーストラリア・ノーザンテリトリーのコニストン・キャトル・ステーション近郊で虐殺された。 000000001928-12-06-0000 1928年12月6日 America South コロンビア・マグダレーナ県シエナガ バナナの虐殺 0,000,047不明 推定 47—2,000 バナナの虐殺は1928年12月6日にの近郊のシエナガの町で起こったの労働者の虐殺である。 より良い労働条件を確保する目的で労働組合によって組織化された一ヶ月にわたるストライキを終わらせるために、ミゲル・アバディア・メンデスの保守政権がコロンビア軍の派遣を決定し、その後労働者が虐殺された 人数は不明。 アメリカ合衆国政府はコロンビア政府がユナイテッド・フルーツの権益を保護するために行動を起こさなければを侵攻させると脅していた 000000001929-02-14-0000 1929年2月14日 America North アメリカ合衆国 0,000,0077 のギャングがライバルのギャングメンバーとその仲間へ発砲した 000000001929-08-01-0000 1929年8月 Asia West ・ 1929年ヘブロン虐殺 0,000,06969 宗教指導者に扇動されたアラブ人がユダヤ人69人を殺害した。 生存者はエルサレムに移住し「数百年間で初めてユダヤ人のヘブロンの地を離れた」 000000001929-08-01-0000 1929年8月 Asia West ・ サフェド 1929年サフェドの虐殺 0,000,01818 アラブ人がユダヤ人18人を殺害し、約40人を負傷させ200軒もの家が焼かれて略奪された 000000001930-04-23-0000 1930年4月23日 Asia South ・ キッサ・カワニ・バザールの虐殺 0,000,200200—250 インド独立運動中にの兵士が非武装・非暴力のの抗議者へマシンガンを発砲した 000000001930-07-01-0000 1930年7月 Asia West トルコ・ の虐殺 0,004,5004,500 - 47,000 トルコ軍がアララトの反乱中にの住民を殺害した 000000001933-08-01-0000 1933年8月 Asia West の虐殺 0,003,0003,000 イラク軍が3000人のアッシリアの男性、女性、子供を殺害した。 この虐殺中にレイプや、子供を車で轢いたり妊婦と子供を銃剣で刺したりなどの残虐行為もあった 000000001937-03-21-0000 1937年3月21日 America North プエルトリコ・ ポンセの虐殺 0,000,01919 島の警察はプエルトリコでの奴隷制の終結を記念する平和的な非武装の民族主義者のデモ行進者に対し発砲した。 海上で輸送船がに接触し沈没したことで更に3,000人のイタリアの捕虜が溺死した。 000000001943-10-07-0000 1943年10月7日 Pacific Ocean 0,000,9898 海軍少将指揮下の日本軍は米軍によるウェーク島への空襲の2日後、米軍の島への侵攻を恐れて残っているアメリカ人捕虜98人を虐殺した 000000001943-12-13-0000 1943年12月13日 Europe South ギリシャ・ カラブリタの虐殺 0,000,511511-1200 第二次世界大戦中の1943年12月13日にドイツの占領軍がギリシャのカラブリタの町の男性を根絶し、町を壊滅させた。 これは第二次世界大戦中の枢軸国のギリシャ占領で行われた戦争犯罪の最も深刻な事件である。 000000001944-01-27-0000 1944年1月27日 Europe East ソビエト連邦・ の虐殺 0,000,700700 Khaibakh虐殺はNKVDのMikhail Gveshiani大佐指揮下のソ連軍がチェチェン山間部にあるKhaibakhのアウル 村 のチェチェン民族を大量処刑したことについての報告を指す。 000000001944-04-01-0000 1944年4月1日 Europe West フランス・ 0,000,08686 がでの爆弾攻撃の後86人の男性を殺害した 000000001944-06-10-0000 1944年6月10日 Europe West フランス・ オラドゥール=シュル=グラヌの虐殺 0,000,642642 が特定の理由もなく642人の男性、女性、子供を殺害した 000000001944-06-10-0000 1944年6月10日 Europe South ギリシャ・ 0,000,218214 第二次世界大戦中、のディストモ村でのメンバーが行った戦争犯罪 000000001944-08-08-0000 1944年8月8日 Europe East ポーランド・ ボラ地区の虐殺 0,040,00040,000—100,000 親衛隊の特別組織とドイツ国防軍の兵士がワルシャワのボラ地区の家から家に行き、住民を集め、殺害した 000000001944-08-12-0000 1944年8月12日 Europe West イタリア・ サンタンナ・ディ・スタッツェーマの大虐殺 0,000,560560 SS第35装甲擲弾兵連隊第2大隊の親衛隊員が主に女性、子供及び高齢者の村民と難民560人を集め発砲し、遺体を燃やした 000000001944-08-01-0000 1944年8月 Europe East ポーランド・ オホタの虐殺 0,010,00010,000 1944年8月にがワルシャワのオホタ地区の民間人の大量虐殺を行った 000000001944-08-26-0000 1944年8月26日 Europe West ・ リュッセルスハイムの虐殺 0,000,66 ドイツの警備兵2人のエスコートで爆撃を受けたリュッセルスハイムの町を歩いていたアメリカ軍の捕虜が町民の攻撃を受け、6人が殺害された 000000001944-10-01-0000 1944年10月 Europe South イタリア マルツァボット虐殺 0,000,700700—1,800 がレジスタンス運動への支援の報復としてイタリアの民間人を殺害した 000000001944-12-01-0000 1944年12月 Europe West ベルギー・ 0,000,08888 ナチスのの兵士がアメリカ軍の捕虜に発砲した 43人は逃走 000000001945-01-01-0000 1945年1月 Europe West ベルギー・ の虐殺 0,000,06060 ドイツの戦争捕虜がの報復 無許可 としてアメリカ軍の兵士に撃たれた 000000001945-02-01-0000 1945年2月 Southeast Asia ・ 0,100,000100,000 日本の占領軍はの中で推定10万人のフィリピンの民間人を虐殺した 000000001945-04-10-0000 1945年4月10日 Europe West ドイツ・ ツェレの虐殺 0,000,300300 The Celler Hasenjagd "hare chase of Celle" は第二次世界大戦の終結直前にツェレで起こった強制収容所の収容者の虐殺である。 000000001945-05-15-0000 1945年5月15日 Central Europe ・ ブライブルクの虐殺 0,050,00050,000-250,000 逃走中のクロアチア兵、とクロアチアのファシストの政権に関連したスロベニア・ホーム・ガードのメンバーがオーストリア国境でユーゴスラビアのによって逮捕された。 殺害された人の中には民間人もいた 人数不明 000000001945-05-01-0000 1945年5月 North Africa ・ セティフの虐殺 0,006,0006,000 イスラーム教徒の村落がフランス軍の航空機から爆撃を受け、ベジャイア湾の海岸沖の巡洋艦デュゲイ=トルーアンはKherrataを砲撃した。 000000001947-12-09-0000 1947年12月9日 Asia Southeast インドネシア・Balongsari ラワジード村の虐殺 0,000,431431 手配中のインドネシアの独立戦闘員Lukas Kustaryoの居場所を明かすことを拒んだ報復としてインドネシアのラワジード村 現在のBalongsari のほぼ全ての男性が王立オランダ領東インド軍 KNIL によって殺害された。 推定死者数は431人である。 000000001947-12-30-0000 1947年12月30日 Asia West ・ ハイファ製油所虐殺事件 0,001,60045 シオニスト組織イルグンがパレスチナのハイファ製油所のアラブ人労働者約100人のグループへ爆弾を投げ、6人を殺害、42人を負傷させた。 アラブ人の労働者はその後報復として同じ製油所で働くユダヤ人労働者を攻撃し、39人を殺害、49人を負傷させた 000000001947-12-31-0000 1947年12月31日 Asia West ・ の虐殺 0,001,60017-71 がパレスチナの「Balad al-Shaykh村」の住民を攻撃し、就寝中の住民21人を殺害した 000000001948-04-03-0000 1948年4月3日 Asia East ・ 済州島の虐殺 0,014,00014,000 -60,000 済州島で起きた島民の蜂起は残忍に鎮圧された。 鎮圧のさなか多数の共産主義者の支持者の民間人が韓国軍によって殺害された。 蜂起中に1万4000人~6万人が死亡した 000000001948-04-09-0000 1948年4月9日 Asia West ・ 0,000,107107 デイル・ヤシーンの虐殺はとのシオニストのテロ組織がパレスチナのエルサレム近郊のアラブ人の村「デイル・ヤシーン」 人口750人 を攻撃した時に起きた。 村民はシオニスト勢力と不可侵協定を結んでおり、攻撃当時は就寝していた。 アラブ人の推定死者数は107人に達した 民間人の男性、女性及び子供を含む 000000001948-04-13-0000 1948年4月13日 Asia West ・ 0,000,07979 が護衛し、医療・軍事用品及び人員を乗せスコーパス山にあるハダサー病院へ向かっていた車列がアラブの軍によって待ち伏せを受け、ユダヤ人78人 主に医師と看護師 が死亡した 000000001948-05-13-0000 1948年5月13日 Asia West ・ の虐殺 0,000,0157157 イスラエルの国家独立宣言の前日にアラブの軍がユダヤ人のを攻撃した 000000001948-07-11-0000 1948年7月11日 Asia West ・ リッダの虐殺 Dahamsh Mosque massacre 0,000,0250250-426 イスラエルのリッダ 今日のロッド 征服中に150人以上のパレスチナの民間人がDahamshモスク内に避難していた時、イスラエル兵がモスクの壁に穴を掘り、 そこから対戦車砲弾を撃った。 爆発の圧力で全員が壁に押しつぶされ、死亡した。 また、虐殺現場の清掃後さらに20人が死亡した。 率いる第89旅団のイスラエル兵がパレスチナ人の家屋に手榴弾を投げ入れ、外へ逃げ出した住人が撃たれ多くの民間人が死亡した。 多数の難民を含む当時約5万人のリッダの人口のほぼすべてがその後追放され、アラブの前線への「死の行進」中に数百人の男性、女性、子供が脱水症状、疲労、病気が原因で死亡した 000000001948-11-28-0000 1948年11月28日 Asia West ・ の虐殺 0,000,14080 - 200 中に IDF がパレスチナのアラブ人の町al-Dawayimaで民間人を殺害した 000000001948-10-30-0000 1948年10月30日 Asia West ・ の虐殺 0,000,01414 イスラエル軍がイスラエル北部Eilaboun村のパレスチナ人キリスト教徒14人を殺害し、残りの住人をに追放した。 とからの圧力により、コミュニティの一部は数か月後に帰還した 1948年 000000001948-10-31-0000 10月31日 — 11月1日 Asia West ・ フーラの虐殺 0,000,03535-58 フーラ虐殺は1948年10月31日 - 11月1日に起きた。 フーラは近郊に位置するレバノンのシーア派イスラーム教徒の村であり、のカルメリ旅団によって無抵抗で占領された。 伝えられるところでは男性35~58人が家屋内で殺害された。 2人の将校がこの虐殺を行っており、そのうちの1人Shmuel Lahisは一年間の刑を宣告された後、大統領恩赦が与えられた。 Lahisはその後「ユダヤ機関」の会長に就任した 000000001948-10-31-0000 Asia West 委任統治領パレスチナ・ の虐殺 0,000,09460-94 イスラエル国防軍第7旅団が建物 恐らくモスク を爆破し、建物内部に避難していたパレスチナの村民60~94人が死亡した 000000001948-12-12-0000 1948年12月12日 Asia East ・ バタン・カリ虐殺 0,000,02424 イギリス軍が村民を撃ち、その後村落を焼いたとされている 000000001949-12-24-0000 1949年12月24日 Asia East ・ 0,000,08686-88 共産主義者の支持者の民間人が韓国軍によって殺害された 000000001950-06-28-0000 1950年6月28日 Asia East 0,004,934 4,934 朝鮮戦争中に共産主義者の支持者の民間人または捕虜が韓国軍によって殺害された。 一部学者は犠牲者数が10万人から20万人の間と主張しているが 、真実和解委員会 2005 により確認された数は4,934人である。 000000001950-06-28-0000 1950年6月28日 Asia East ・ ソウル大学付属病院虐殺事件 0,000,900900 朝鮮戦争中、北朝鮮軍は医療関係者、入院患者及び負傷兵を殺害した。 犠牲者の数は900人に上った 1950年 000000001950-07-26-0000 7月26日—29日 Asia East ・ 0,000,100163-400 朝鮮戦争の初期、老斤里の米軍の防衛線を渡ろうと試みた韓国の避難民が北朝鮮軍の侵入者を恐れた米軍によって殺害された。 2005年に韓国政府が死亡者150人、失踪者13人、負傷者55人 一部は負傷が原因で死亡 の氏名を認定し、それより多くの犠牲者についての報告書は提出されていないと述べた 生存者は400人が死亡したと推定している 000000001950-08-17-0000 1950年8月17日 Asia East ・倭館邑 0,000,04141 朝鮮戦争中の1950年8月17日にアメリカの捕虜がに虐殺された 000000001950-10-01-0000 1950年10月 — 1951年初頭 Asia East ・ 南楊州民間人虐殺 0,000,460460 朝鮮戦争中の1950年10月 から1951年の初頭 に韓国警察が韓国市民を虐殺 1950年 000000001950-10-09-0000 10月9日—31日 Asia East ・ 高陽衿井窟民間人虐殺 0,000,153153 朝鮮戦争中の1950年10月9日~31日の間に韓国の民間人が韓国警察によって虐殺された 1950年 000000001950-10-17-0000 10月17日 — 12月7日 Asia East 0,030,00030,000 北朝鮮政府は1950年10月17日~12月7日の間にが北朝鮮の民間人を虐殺したと主張した。 警察本部は外出禁止時間に従わず捕まった民間人は撃つように命じた。 死傷者の半数以上は女性と子供だった。 000000001960-03-21-0000 1960年3月21日 Africa South ・ 0,000,07272—90 南アフリカの警察が黒人の抗議者を射殺した 000000001960-06-16-0000 1960年6月16日 Eastern Africa ・ ムウェダの虐殺 0,000,200200—325 マコンデ族の民族主義者がムウェダの町の広場のムウェダ地区本部の前でポルトガルからの独立を求めるデモを催したが、地区の行政官は彼らに不満を出すように求めていたとみられる。 行政官は指導者達を逮捕するよう命じ、群衆は抗議した。 ポルトガルの行政官は招集した軍に群衆を撃つよう命じ 、その後、多くの人が峡谷に投げ込まれて死亡した。 死者数は論争となっている。 しかしながら、これらの出来事によって生じた憤りが最終的に独立主義のゲリラ「」がモザンビーク独立戦争の開始時において必要な勢いを得ることにつながった 000000001961-10-17-0000 1961年10月17日 Europe West フランス・パリ 1961年パリ虐殺 0,000,200200—325 の命令でフランス警察はアルジェリア人独立主義者の平和的なデモを弾圧した 000000001962-06-02-0000 1962年6月2日 Europe East ソビエト連邦 ノヴォチェルカッスクの虐殺 0,000,02323—70 MVD がインフレーションに抗議する群衆に対して発砲した 000000001962-07-05-0000 1962年7月5日 Africa North ・オラン 1962年オランの虐殺 0,000,20095—548 1954—62 の末期にアルジェリア民族解放戦線 FLN がヨーロッパ系 大半はフランス人 の民間人を虐殺した 1964年 000000001964-01-18-0000 1月18日—21日 Africa East 中の虐殺 0,008,0008,000—17,000 スルターン 国王 政権の崩壊後、何千人ものアラブ人とインド人がジョン・オケロの軍によって虐殺された 000000001966-08-01-0000 1966年8月1日 America North アメリカ合衆国テキサス州 テキサス大学の虐殺 0,000,1616 でチャールズ・ホイットマンが母親と妻をそれぞれの家で殺害した後、大学の時計台の頂上で15人を殺害、32人を負傷させた。 ホイットマンはその後警察に射殺された 000000001966-10-09-0000 1966年10月9日 Asia South ・ビンタイ村 ビンタイ村の虐殺 0,000,06868 韓国軍の兵士が南ベトナムの村民68人を殺害したとされている 1966年 000000001966-12-03-0000 12月3日—6日 Asia South ・ビンホア村 ビンホア村の虐殺 0,000,422422-430 韓国軍の兵士が南ベトナムの村民を殺害したとされている 1968年 000000001968-01-31-0000 1月31日 — 2月28日 Asia South ・ フエ虐殺 0,002,8002,800—6,000 の1968年で、非武装の南ベトナムの民間人がとによって虐殺された。 攻勢の後でフエとその周辺で複数のが発見された。 男性、女性、子供、乳幼児が犠牲になった。 民間人と捕虜の推定死者数は2800~6000人である。 は殺害または誘拐されたと特定された4062人の犠牲者のリストを公開した。 犠牲者は縛られ、拷問され、しばしば生き埋めにされた。 犠牲者は1歳~81歳で、大半は女性と子供だった 000000001968-10-02-0000 1968年10月2日 America Central メキシコ・ 0,000,02525—250 メキシコシティで行われるの10日前に政府軍が25 公式 ~250人 人権活動家、CIA文書 、独立した調査による の学生を殺害し、その後血痕と虐殺の証拠を消そうと試みた 000000001970-05-04-0000 1970年5月4日 America North アメリカ合衆国 ケント州立大学の虐殺 0,000,0044 オハイオ州警備隊の29人の隊員がケント州立大学のキャンパスでベトナム戦争のカンボジアへの拡大に抗議する非武装の学生に発砲し4人を殺害、9人を負傷させた その内の1人は永久に麻痺が残った 000000001971-05-15-0000 1971年5月15日 Asia South ・ の虐殺 500人以上 バリサル県のKetnar Bil地域でパキスタン軍が非武装のベンガル人のヒンディー教徒を虐殺した 000000001971-06-10-0000 1971年6月10日 America Central メキシコ・ 聖体祭の虐殺 0,000,120? 公式 -120 独立調査 トラテルコの虐殺と同様に、聖体祭の虐殺は1971年6月10日の木曜日に起き、学生のデモ参加者が「Los Halcones」と呼ばれる軍の秘密工作部隊によって虐殺された 000000001972-01-30-0000 1972年1月30日 Europe North ・ ボグサイドの虐殺 0,000,01414 イギリスの空挺隊員が非武装の市民権の抗議者に対して発砲し14人を殺害した。 政府が支援したサビール報告書 2010年6月公開 では殺害された市民全員が無実の市民権デモ参加者であるとしたことで、イギリス首相による謝罪を促した。 当時は殺人で訴追された人はいなかった 000000001972-05-30-0000 1972年5月30日 Asia West イスラエル・ テルアビブ空港乱射事件 0,000,02626 の代わりにのメンバー3人がのロッド空港 現 で26人を殺害、80人以上を負傷させた 000000001972-09-05-0000 1972年9月5日 Europe West ドイツ・ ミュンヘンオリンピック事件 0,000,01212 パレスチナの過激派組織「」がイスラエルのオリンピックチームのメンバーを人質にとり、殺害した。 西ドイツの警察官1名もこの事件で死亡した。 000000001973-06-20-0000 1973年6月20日 America South ・ブエノスアイレス州エセイサ エセイサの虐殺 0,000,01313 のアルゼンチン帰還後、ペロン党の右翼のメンバーが13人を射殺した 000000001974-02-07-0000 1974年2月7日 Asia Southeast ・ ホロの虐殺 0,020,00020,000 -50,000 の兵士がフィリピン南部のスールー州ホロの町を略奪・放火し、イスラーム教徒のタウスグ人の住人の多くを殺害する一方、モロの反乱勢力との交戦後に更に多くのホームレスが発生した 000000001974-05-15-0000 1974年5月15日 Asia West イスラエル・ マーロットの虐殺 0,000,02929 のメンバーがレバノンからイスラエルに侵入し、キリスト教徒のアラブ人の女性とユダヤ人の夫婦と夫婦の4歳の息子を射殺し、その後高校生22人と大人のエスコート3人を人質にとり殺害した 000000001974-08-14-0000 1974年8月14日 Europe East キプロス・、 と 0,000,126126 の武装集団がMaratha、SantalarisとAloda村に住むトルコ系キプロス人を虐殺した 000000001974-09-24-0000 1974年9月24日 Asia Southeast ・ 虐殺 0,020,0001,500 フィリピン軍の兵士がモスク周囲の村で11歳~70歳のイスラーム教徒のモロの男を殺害した。 000000001975-07-31-0000 1975年7月31日 Europe North マイアミ・ショーバンドの虐殺 0,000,0055 イギリス軍の支援を受けていた UVF のメンバーが音楽グループ「マイアミ・ショーバンド」のメンバー3人を銃と爆弾攻撃で殺害した。 爆弾は予定より早く爆発しUVFのメンバー2人も死亡した 000000001976-01-05-0000 1976年1月5日 Europe North キングスミル の虐殺 0,000,01010 アイルランド独立派が・キングスミルの村の外でプロテスタントの労働者10人を射殺した 000000001976-01-18-0000 1976年1月18日 Asia West カランティナの虐殺 0,001,5001,500 中にレバノンのキリスト教徒の民兵組織はベイルート東部のカランティナ地区を制圧し、パレスチナ人とイスラーム教徒を殺害 最大1500人 した 000000001976-01-20-0000 1976年1月20日 Asia West ダムールの虐殺 0,000,582582 レバノン内戦中、レバノン国民運動 LNM と提携したパレスチナ人の民兵がカランティナの虐殺の報復としてダムールの村のキリスト教徒の民間人150~582人を殺害した 000000001976-08-12-0000 1976年8月12日 Asia West テルザアタルの虐殺 0,001,5001,500 to 3000 レバノン内戦中にレバノンのキリスト教徒の民兵がテルザアタルの難民キャンプに侵入し、1500~3000人を殺害した 000000001978-03-11-0000 1978年3月11日 Asia West 沿岸道路の虐殺 0,000,03535 レバノンに拠点を置くパレスチナののメンバーがテルアビブの北部沿岸に上陸し、アメリカ人の写真家を殺害、イスラエルの沿岸高速道路を走る都市間バスをハイジャックした。 民間人35人が死亡し80人が負傷した 000000001979-01-31-0000 1979年1月31日 Asia インド・ 虐殺 0,015,00050-1000 Marichjhapi虐殺は1979年1月から6月までの間のバングラデシュ避難民の強制退去とその後の飢えや疲労、警察の発砲による死亡を指す 000000001980-05-18-0000 1980年5月18日 Asia 0,002,000165 韓国の光州で大衆の抗議が過激化していき、一部の市民の抗議者が警察署と軍事施設を襲撃し得た武器で武装したことで、韓国軍による暴力的な抗議の鎮圧につながり、165人 最高推定 が死亡した。 000000001980-06-27-0000 1980年6月27日 Asia West ・ タドモル刑務所の虐殺 0,001,000約1,000 虐殺はシリア大統領の暗殺が失敗した翌日に起きた。 大統領の兄弟のリファアト・アル・アサド指揮下の準軍事組織「防衛旅団」の部隊のメンバーがタドモル刑務所に侵入し、監房と大部屋にいた囚人約1000人を暗殺した 000000001981-12-11-0000 1981年12月11日 America Central エルモソテの虐殺 0,001,0011,000 エルモソテの虐殺は1981年12月11日にエルサルバドルのモラサン県エルモソテ村で起き、米軍から訓練を受けたエルサルバドル軍が反ゲリラ作戦で少なくとも1000人の民間人を虐殺した 000000001982-01-14-0000 1982年1月14日 America Central メキシコ トゥーラの虐殺 0,000,01313 拷問された13人の遺体がメキシコのイダルゴ州トゥーラで発見された。 当時のはArturo Durazo Morenoがメキシコシティの警察のトップを務めていた。 000000001982-02-02-0000 1982年2月2日 Asia West 0,007,0007,000—35,000 はハマー市で推定3万人を殺害した。 シリア軍による大量処刑と拷問の事実は攻撃の間に文書化された 1982年 000000001982-09-16-0000 9月16日—18日 Asia West 0,000,700700—3,500 サブラーとシャティーラの住民 主にパレスチナ難民とレバノンのシーア派 が難民キャンプで、地域を取り囲んでいたイスラエル軍の助けを得たキリスト教徒の民兵組織「レバノン軍団」により殺害された。 サダムフセインは自身の特別治安部隊及び軍の部隊にダアワのメンバー全員とその家族を逮捕するよう命じ、787人の男性、女性、子供を収監した。 1985年3月、暗殺の試みに参加したことを自白した148人の内96人が処刑された 000000001985-05-14-0000 1985年5月14日 Asia アヌラーダプラの虐殺 0,000,047146 の神聖な仏教の聖地で祈っている人に対しての武装集団が発砲し、仏教の尼僧と僧侶を含むシンハラ族の民間人146人が死亡、85人が負傷した 000000001985-08-14-0000 1985年8月14日 America South アコマルカの虐殺 0,000,04747—74 アヤクーチョのアコマルカの農村で軍が47-74人 子供6人を含む を虐殺した 000000001987-03-07-0000 1987年3月7日 Eastern Asia 金門県烈嶼郷東崗 烈嶼郷の虐殺 東崗事件 0,000,04719人以上 1987年3月7日 - 8日に金門県烈嶼郷の東崗浜で人民解放軍が道に迷った漁船に乗っていた政府の保護を求める非武装のベトナム難民 を全員処刑した 000000001987-06-02-0000 1987年6月2日 Asia South の虐殺 0,000,04732 Arantalawaでが仏教徒の修道士を乗せたバスを停止させ、1人の修道士を除く全員を虐殺した。 虐殺で住職のVen. Hegoda Indrasaraと数人の新人修道士 18歳未満 が殺害された 000000001987-08-09-0000 1987年8月9日 Oceania Australia and New Zealand オーストラリア・ 虐殺 0,000,077 1987年8月9日のHoddle Street虐殺はオーストラリア・北東部のクリフトン・ヒルのHoddle Streetでが7人を殺害、19人を負傷させた事件である 000000001987-08-19-0000 1987年8月19日 Europe North イングランド・ ハンガーフォードの虐殺 0,000,01616 セミオートのライフルとで武装した犯罪者が16人を殺害し、その後自殺した 000000001987-11-08-0000 1987年11月8日 Europe North ・ リメンバランス・デー爆弾事件 ポピー・デーの虐殺 0,000,01212 リメンバランス・サンデーにIRA暫定派が町の慰霊碑で爆弾テロを起こした 000000001987-12-08-0000 1987年12月8日 Oceania Australia and New Zealand オーストラリア・ クイーン・ストリートの虐殺 0,000,088 1987年12月8日のクイーン・ストリートの虐殺はオーストラリアのビクトリア州メルボルンでが8人を殺害し5人を負傷させた事件である 000000001988-03-16-0000 1988年3月16日 Europe North ・ ミルタウンの虐殺 ミルタウン墓地襲撃 0,000,0033 UDA のメンバーのマイケル・ストーンはベルファストのミルタウン墓地で行われていた3人のIRAメンバーの葬儀を銃と手榴弾で攻撃し3人を殺害、60人を負傷させた 000000001989-06-04-0000 1989年6月4日 Asia East 中国・ 六四天安門事件 0,000,400400—3,000 元総書記の追悼は最終的に大規模な反汚職と民主化デモに発展したが人民解放軍による暴力的な鎮圧で終了した。 実際の死者数は未だに不明である。 虐殺は天安門広場内ではなく広場周辺のエリアで起きた 000000001989-10-03-0000 1989年10月3日 America Central ・ アルブルックの虐殺 0,000,08412 クーデターの失敗後、パナマの指導者に忠実な軍によって12人の将校が射殺された 000000001989-12-06-0000 1989年12月6日 America North カナダ・・[[モントリオール理工科大学 ]] 0,000,01414 で反のマルク・レピーヌがの女子学生14人を射殺し、14人を負傷させた後、銃で自殺した。 本事件はニュージーランドで最悪の被害となった銃乱射事件であり続けている 000000001991-10-16-0000 1991年10月16日 America North アメリカ合衆国テキサス州 0,000,02223 ジョージ・ジョー・ヘナードがで「ルビーズ・カフェテリア」に突っ込み、銃で23人を殺害、27人を負傷させた後、自分を撃ち自殺した 000000001991-11-03-0000 1991年11月3日 America South ペルー・ 15 反共産主義部隊「」が民間人のバーベキューパーティーを反乱勢力「」の集会と誤認し、発砲したことで15人が死亡、4人が負傷した 000000001991-11-15-0000 1991年11月15日 Africa Eastern 、南スーダン・ ボル虐殺 0,002,0002,000-27,000 中に、が率いるSPLAナシル派のの戦闘員とヌエル白軍として知られる民兵組織がで推定2000人の民間人を虐殺した 1991年 000000001991-11-18-0000 11月18日—21日 Europe South ・ 0,000,264264 ユーゴスラビア人民軍の援助を受けたセルビアの民兵のメンバーがクロアチアの民間人とを殺害した 000000001992-02-26-0000 1992年2月26日 Asia West ・・ 0,000,613613 ロシア第366自動車化狙撃連隊の助けを得ていると報じられたアルメリア軍はホジャリの町を襲撃し、同町のイスラーム教徒の民間人を虐殺した。 アゼルバイジャン政府によれば、民間人の死者数は613人に達し、その内の106人が女性で83人が子供であった 000000001992-06-17-0000 1992年6月17日 Africa South ・ ボイパトン虐殺 0,000,04545 ANC の支持者45人が IFP のメンバーによって殺害された 000000001992-07-18-0000 1992年7月18日 America South ・ 0,000,04545 ラ・カントゥタ大学で学生9人と教授1人が反共産主義の準軍事組織「」によって誘拐されその後殺害された 000000001992-09-07-0000 1992年9月7日 Africa South 南アフリカ・、 ビショ虐殺 0,000,02929 ANC の支持者28人と兵士1人が抗議の行進中にシスカイ国防軍によって射殺された 000000001992-10-02-0000 1992年10月2日 America South ブラジル・ カランジルの虐殺 0,000,111111 虐殺は刑務所内での囚人の反乱が引き金となった。 刑務官が暴動を制御することが困難となったので、警察は軍が施設に突入する前に囚人と交渉を行おうと努力することは殆どなかった。 結果として囚人111人が死亡した。 000000001993-01-08-0000 1993年1月8日 America North アメリカ合衆国イリノイ州 ブラウンズ・チキンの虐殺 0,000,0077 パラタインの「ブラウンズ・チキン&パスタ」で7人が殺害された。 1992-1993 Europe East ・アブハジア自治共和国 ジョージアの民族浄化 0,000,11117,000-22,000 アブハジアでのジョージア人の民族浄化 「アブハジアでのジョージア人虐殺」 と「アブハジアでのジョージア人のジェノサイド」 としても知られている は、 、虐殺 及び数千人のジョージア民族の大規模強制追放を指している 000000001993-04-19-0000 1993年4月19日 アメリカ合衆国テキサス州 America North ウェーコの虐殺 0,000,08282 51日間に及ぶ教団本部の包囲の後、は戦車による主要施設への攻撃を行い、その後事故または教会メンバーの手によって施設から出火・炎上し教会のメンバー76人が焼死した。 200以上の住宅、クリニック、学校及びモスクも焼かれた 000000001993-07-25-0000 1993年7月25日 Africa South 南アフリカ・ セント・ジェームズ教会の虐殺 0,000,01111 アサルトライフルとグレネードで武装したアザニア人民解放軍 APLA が教会の礼拝中に11人を殺害した 000000001993-10-30-0000 1993年10月30日 Europe North ・ グレイスティールの虐殺 0,000,0088 UDA は混雑したバーで銃 AK-47と自動拳銃 を乱射し、民間人8人が死亡し13人が負傷した 000000001994-02-25-0000 1994年2月25日 Asia West アブラハムのモスク虐殺事件 0,000,02929 イスラエルの入植者がヘブロンのイブラヒミモスクで礼拝を行うパレスチナのイスラーム教徒に対してアサルトライフルを発砲し29人を殺害、125人を負傷させた。 その後生存者によって取り押さえられ、撲殺された 000000001994-01-01-0000 1994年 et seq. Africa 1990年代のアルジェリアの村の虐殺 0,010,00110,000 1990年代のアルジェリアで、グループが夜に村を襲撃し住民の喉を切り裂く大規模な村民の虐殺事件が多発していた。 GIA はそれらの虐殺の多くを実行したと認めた。 虐殺は1997年にピークに達した 1994年に小規模なピーク。 一部報道によれば元アルジェリア軍将校Habib Souaidiaは政府の虐殺への関与を証言した。 少なくとも虐殺の大半はイスラム過激派が行ったが、政府がこれらの虐殺への介入に失敗したのは明白であるということが学術的なコンセンサスとなっている 000000001994-03-28-0000 1994年3月28日 Africa South 南アフリカ・ シェル・ハウス 虐殺 0,000,01919 ANC の警備員が2万人の IFP のデモ行進者に対し発砲した 000000001994-04-06-0000 1994年4月6日 East Africa 0,500,000500,000-1,000,000 のジュベナール・ハビャリマナ大統領と隣国ブルンジのシプリアン・ンタリャミラ大統領の暗殺から、ルワンダ愛国戦線 RPF が同国を制圧するまでの約100日間に、フツ系の政府とそれに同調するフツ過激派によって、多数のツチとフツ穏健派が殺害された。 000000001994-06-18-0000 1994年6月18日 Europe North ・ 虐殺 0,000,0066 UVF は混雑したバーでアサルトライフルを発砲し、民間人6人を殺害し5人を負傷させた 000000001995-01-22-0000 1995年1月22日 Asia West ベイトリッド 虐殺 0,000,02222 による最初ので22人を殺害、69人を負傷させた。 犯行は2人で行われ、2人目は負傷者と瀕死者を援助するための緊急部隊が到着するまで待ち、その後自爆した 000000001995-07-01-0000 1995年7月 Europe East 8,372 ボスニア戦争中の1995年7月にの町やその周辺で8372人 主に男性と少年 が虐殺された 000000001996-03-13-0000 1996年3月13日 Europe North ダンブレーンの虐殺 0,000,01717 小学校で犯人が発砲し、子供16人と教師1人を殺害した後自殺した 000000001996-04-29-0000 1996年4月29日 Oceania Australia and New Zealand オーストラリア・タスマニア州 0,000,03535 1996年4月28日のポート・アーサーの虐殺はがオーストラリアのタスマニア州南東部にある歴史的観光地ポート・アーサーを中心として35人を殺害、21人を負傷させた事件である。 その後犯人は重度の知的障害を抱えていることが判明した。 このスプリー・キラーによる虐殺はオーストラリアで最も犠牲者を出した事件であり、近世の世界のスプリー・キラーによる虐殺事件で最も犠牲が大きい事件の一つであり続けている 000000001996-04-18-0000 1996年4月18日 Asia West 第一次カナ虐殺 0,000,106106 レバノンの民間人約200人にシェルターを提供していたカナの Unifil の本部がイスラエル軍の砲撃を受けた。 イスラエル軍は攻撃は誤りで国連軍のシェルターは狙っていないと述べたが、イスラエルの主張に反して、砲撃の直前にイスラエルのドローンが国連施設を偵察していることを示すアマチュアの映像が公開された。 国連は攻撃は意図的であると結論付けた。 もまた「IDF イスラエル国防軍 は意図的に国連施設を攻撃した」と結論付けた 000000001997-02-05-0000 1997年2月5日 Asia East 中国・ 0,000,0099 抗議者が「神は偉大なり」「新疆の独立を」と叫びながら行進した2日間にわたる抗議デモの後、デモはによって鎮圧された。 公式の報告では死者数は9人であるとされた一方、反体制者は推定100人以上が死亡したと報じた 000000001997-07-15-0000 1997年7月15日 America South ・ マピリパンの虐殺 30-4930-49 傘下の部隊がメタ県マピリパンに侵入。 土地を求めて行動していた農民を連行。 5日間で30人から49人を拷問の末に虐殺した。 000000001997-11-17-0000 1997年11月17日 Africa North エジプト・ 0,000,06462 エジプトのイスラーム教徒の過激派が自動火器とマチェットで62人 その内58人は観光客 を虐殺した 000000001997-12-22-0000 1997年12月22日 America Central メキシコ・ 0,000,04545 メキシコのチアパス州チェナロー地区のアクテアル村で祈祷会に参加していた先住民族45人 平和主義グループ「ラス・アベハス」のメンバー が準軍事組織によって虐殺された 000000001998-08-15-0000 1998年8月15日 Europe North ・ オマー爆弾事件 0,000,02929 オマー爆弾事件はに反対するIRA暫定派の元メンバーの分派「」による自動車爆弾テロである。 爆発で29人が死亡し、約220人が負傷した。 BBCはこの攻撃を「北アイルランドでの単一のテロリストの残虐行為としては最悪 "Northern Ireland's worst single terrorist atrocity" 」と表現した 000000001998-10-18-0000 1998年10月18日 America South ・ マチュカの虐殺 0,000,7171 アンティオキア県マチュカのカニョ・リモン油田とコベニャスの間でがオセンサ・パイプラインを爆破。 誘爆を引き起こし巻き添えとなった民間人少なくとも71人以上が死亡、100人以上が負傷した。 000000001999-04-20-0000 1999年4月20日 America North アメリカ合衆国リトルトン 0,000,01515 エリック・ハリスとディラン・クレボルドの10代の少年2人は1994年4月20日にコロンバイン高校で彼らのクラスメイトへ向け銃を発砲、生徒12人と教師1人を殺害し、21人を負傷させた。 その後学校の図書館内で自殺した 000000002000-07-27-0000 2000年7月27日 Asia South インド・ 虐殺 0,000,01111 インドの政党の活動家がインド・西ベンガル州バーバム県 Bitbum district のNanoor近郊のSuchpur Nanoor警察署管轄 で土地を持たない労働者11人を殺害した 000000002001-06-01-0000 2001年6月1日 Asia West ・ ドルフィナリウム・ディスコ Dolphinarium discotheque 虐殺 0,000,02525 の自爆テロ犯がのナイトクラブの外で自爆し、少なくとも10代の少女21人と成人4人が死亡した。 最年少の犠牲者は14歳であり、10代の少女の大半はロシア出身だった 000000002002-01-17-0000 2002年1月17日 Asia West ・ バト・ミツワー虐殺 0,000,0066 2002年1月にのパレスチナ人の犯人が12歳となった少女を祝うユダヤの伝統的な行事に手りゅう弾を投げつけ6人を殺害、33人を負傷させた 000000002002-02-28-0000 2002年2月28日 Asia South インド・ グルバルガ・ソサエティ 虐殺 0,000,06969 2002年のグジャーラト暴動中に、暴徒がアフマダバードのチャマンプラにある下流中産階級のイスラーム教徒の地区「グルバルガ・ソサエティ」を攻撃した。 家屋の大半は焼かれ、インドの元国会議員Ehsan Jafriを含む少なくとも35人が焼死し、31人が事件後行方不明 後に死亡したと推定 になったことで死亡者の総数は69人に達した 000000002002-03-27-0000 2002年3月27日 Asia West イスラエル・ 過越祭の虐殺 0,000,03030 イスラエル・ネタニヤのパークホテルで伝統の過越祭のセデルの食事を取っていた30人のゲストが殺害され、他の143人も負傷した。 が犯行を主張した 000000002004-09-01-0000 2004年9月1日 Europe East 0,000,334334 武装したチェチェンの分離主義者 が学校で1200人以上を人質に取り生徒186人を含む人質334人を殺害、数百人を負傷させた 000000002005-03-05-0000 2005年3月5日 Africa ナミビア・レホーボス近郊 Kareeboomvloer虐殺 0,000,0088 SylvesterとGavinのBeukes兄弟は農場「 Kareeboomvloer」のオーナー夫婦を殺害し、2人の子供を含む目撃者全員を処刑した。 過去に農場のオーナーから窃盗容疑で告訴されたことへの復讐が犯行の動機として考えられている 000000002005-05-13-0000 2005年5月13日 Asia Central 0,003,000187—1,500 ウズベキスタン内務省と国家安全保障部隊は抗議者の集団へ発砲した 000000002005-08-04-0000 2005年8月4日 Asia ・ Shefa-Amr虐殺 0,000,0044 政権のイスラエルのガザ植民地からの撤退への抗議で、ユダヤ人のイスラエル国防軍の兵士 Eden Natan-Zadaはイスラエルのアラブ人の都市Shefa-Amrに行き、ドゥルーズ地方の住民に対して発砲した 000000002005-11-19-0000 2005年11月19日 Asia West ・ ハディーサの虐殺 0,000,00624 米海兵隊が非武装のイラクの民間人24人を虐殺し、多くの子供と高齢者が犠牲になった。 部隊の司令官であるフランク・ウートリッチ二等軍曹は部隊が直前に攻撃を受けていたと主張していたが、その地点には武器は発見されなかった 000000002006-03-25-0000 2006年3月25日 America North アメリカ合衆国 キャピトル・ヒル虐殺 0,000,0066 カイル・アーロン・ハフ 28歳 がシアトルのキャピトルヒル地区の南東部でのレイブの二次会で銃を発砲し6人を殺害、2人を負傷させた後自殺した 000000002006-07-30-0000 2006年7月30日 Asia West 0,000,02828 イスラエル空軍によって3階建ての建物への空爆が行われ、子供16人を含む民間人28人を殺害した。 イスラエル軍は建物は武器を貯蔵するためにが使用していると主張したが、国際的なオブザーバーとジャーナリストは犠牲者やパジャマが剥ぎ取られた民間人の遺体が見つかった建物の瓦礫からは軍用装備は見つからなかったと否定した 000000002007-04-16-0000 2007年4月16日 America North アメリカ合衆国バージニア州 0,000,03233 犯人のは32人を殺害、多数を負傷させた 後、自殺した。 学校のキャンパス内外での単独犯による銃乱射事件として米国史上最悪の犠牲者数となった 000000002009-09-28-0000 2009年9月28日 Africa ・ 9月28日虐殺 0,000,157157 ギニアの治安部隊がでの政治集会に向けて発砲した 000000002009-11-05-0000 2009年11月5日 America North アメリカ合衆国テキサス州 フォートフッド虐殺 0,000,01313 米陸軍のニダル・マリク・ハサン少佐がフォートフッド基地で兵士12人と民間人1人を殺害、少なくとも30人を負傷させた。 初期の報告ではハサンはイラクへ派遣されることに動揺していたと指摘した 000000002009-11-23-0000 2009年11月23日 Asia South アンパトゥアン マギンダナオ虐殺 0,000,05757 100人の武装集団 警察とアンダル・アンパトゥアンJrが率いる民兵組織も含むとされている が2010年のフィリピン州知事選挙の立候補者イスマエル・マングダダトゥの妻を運ぶ5台の車列を停止させた。 彼女は夫の候補者証明書を提出するために妹や他の支援者及び報道関係者と共にシャリフ・アグアックの町へ向かっている途中だった。 武装集団はマングダダトゥのグループの全メンバーを誘拐し、後に殺害した。 グループの女性はレイプされた後殺害されたと報じられた。 初期の推定では牛3万8000頭が盗まれ、子供208人が誘拐されたと示された 000000002011-10-05-0000 2011年10月5日 Asia South メコン川虐殺 0,000,01313 中国の貨物船2隻がの流域で攻撃を受け、乗員13名全員が殺害され川に投棄された。 現代の海外での中国人に対する攻撃としては最悪の被害になった 2011年 000000002011-12-23-0000 12月23日—2012年1月4日 Africa ・ ピボル虐殺 0,000,900900-3,141 過去の虐殺についての一部反応で、ヌエル白軍は「ヌエルの牛の長期的安全を保障するための唯一の解決策として地球上から全ムルレ族を消し去る」とする声明を公表 し、ムルレ族のメンバーを虐殺した 000000002012-03-11-0000 2012年3月11日 Asia West ・ カンダハル虐殺 0,000,01617 アフガニスタンの市民17人が米軍兵士のに殺害された。 死亡者の中には8歳から18歳までの生徒134人も含まれていた。 000000002015-06-17-0000 2015年6月17日 United States サウスカロライナ州 チャールストン教会虐殺 9 のディラン・ルーフ 21歳 が「エマニュエル・アフリカン・メソジスト・エピスコパル教会」で銃を乱射し、9人を殺害した 000000002015-11-13-0000 2015年11月13日s France ・ バタクランの虐殺 銃撃、人質及び自爆 130。 フランス史上最大のテロ攻撃となった。 金曜の夜に複数の銃撃と手りゅう弾攻撃が起き、音楽会場、スポーツスタジアム、複数のバー、レストランのテラスが標的となった。 のコンサートが行われていたの包囲中に90人が殺害された。 フランス大統領のは約40分の間に3回の別々の自爆テロが発生した後、フランス代表とドイツ代表のサッカーの試合が行われていた の予定会場 から避難した。 ISILは犯行を主張した。 現代アメリカの歴史上単独の犯人による銃乱射事件としては最悪の被害となった 000000002020-02-14-0000 2020年2月14日 Cameroon 22 の排除を名目に、がヌトゥボ村の民間人を虐殺した事件。 : 61 - 2016年 世界 261件の虐殺事件が掲載 犠牲者数:2 351 654人以上 リストの総虐殺件数と死亡者数 順次更新 関連リンク [ ]• Massacre, n. Books. google. 2013年4月16日閲覧。 Books. google. 2013年4月16日閲覧。 John Julius Norwich 1989. Byzantium: The Early Centuries. New York: Knopf. 112. , "and 7,000 were dead by morning" Page 139• Edward Gibbon; D. Low 1960. The Decline and Fall of the Roman Empire. : Harcourt Brace. 27 2:56. 2003 , , Kessinger Publishing, p. 317, ,• Ibn Ishaq, A. Guillaume translator 2002 , The Life of Muhammad Sirat Rasul Allah , Oxford University Press, pp. 461—464,• Peters, Muhammad and the Origins of Islam, p. 222-224. Stillman, The Jews of Arab Lands: A History and Source Book, pp. 137-141. 201-205. 213, , 2015-03-05 at the. Subhash C. Inamdar 2001 , , Psychosocial Press, p. 166 footnotes , ,• Al Tabari, Michael Fishbein translator 1997 , , State University of New York Press, pp. 35—36, ,• Stillman, The Jews of Arab Lands: A History and Source Book, pp. 14-16. , section on "Muhammad"• Watt, , Section on "Kurayza, Banu". Muhammad: Husayn Haykal, The Life of Muhammad, pp. 313-314. Barbero, Alessandro 2004. Charlemagne: Father of a Continent, pages 46—47. Ann Williams 2003. London: Hambledon and London. "It is usually assumed that this story relates to the St Brice's Day massacre... " p. Simon Hall 1998. The Hutchinson Illustrated Encyclopedia of British History. : Fitzroy Dearborn Publishers. 297. "1002 St Brice's Day massacre; Danes in England were killed on order of King Ethelred. " p. 340• May 9, 2008, at the. Retrieved December 26. 2007. Lucien Gubbay 1999. Sunlight and Shadow: The Jewish Experience of Islam. : Other Press. "It should be noted though that the Granada massacre of 1066 was the first instance of persecution of Jews in Muslim Spain, which had enjoyed an almost unblemished record of tolerance for the preceding 350 years. " Page 80• Norman Roth 1994. Jews, Visigoths, and Muslims in Medieval Spain: Cooperation and Conflict. Netherlands: E. Brill. 110. "Assuming that he was at least ten years old, however, it is again surprising that no more personal recollection of the Granada massacre is found in his writing... " Page 110• G 1906 ed. Daud, Abraham Ibd 2007年. Medieval Sourcebook. Fordham University. 2011年7月9日閲覧。 He was proud to his own hurt, and the Berber princes were jealous of him, with the result that on the Sabbath, on the 9th of Tebet in the year 4827 Saturday, December 30, 1066 , he and the Community of Granada were murdered. The Cambridge Illustrated History of the Middle Ages: 950-1250. Cambridge University Press. 1986. 507—508. Lane A. Beck 1995. Regional Approaches to Mortuary Analysis. : Plenum Press. 231. Michal Strutin 1999. A Guide to Contemporary Plains Indians. : Southwest Parks and Monuments Association. nebraskastudies. org• July 18, 2009, at the. "Nordisk historia. Del III. 160—163• , , HarperCollins Publishers, 1984, p. 92,• , MacMillan Co. , 1915, pp. 111—114,• , , , 2004• Change and Development in the Middle East: essays in honour of W. Fisher, John Innes Clarke, Howard Bowen-Jones, 1981, p. 290• The Heritage of Armenian Literature, A. Agop Jack Hacikyan, Nourhan Ouzounian, Gabriel Basmajian, Edward S. Franchuk, 2000, p. 777• "Turkey" by Edward Shepherd Creasy, Page 195• Countrystudies. 2013年4月16日閲覧。 Alastair Armstrong 2003. France, 1500—1715. London: Heinemann Education Publishers. Reinhard Bendix 1978. Kings Or People: Power and the Mandate to Rule. : University of California Press. 324. Staff, May 10, 2008, at the. Retrieved 23 December 2007. , Catholic Encyclopedia• Massacre of Smerwick article, The Encyclopedia of Irealand, p. Janell Broyles, A Timeline of the Jamestown Colony, p. 22, The Rosen Publishing Group, 2004• Alfred Abioseh Jarrett, The Impact of Macro Social Systems on Ethnic Minorities in the United States, Page 29, Greenwood Publishing Group, 2000• Colonialwarsct. org. 2013年4月16日閲覧。 Owen Bowcott. the Guardian. 2018年1月27日閲覧。 2018年1月27日閲覧。 The Story Of Ireland By Emily Lawless, XXXVII p146• Bolton. org. 2013年4月16日閲覧。 [ ]• Ebrey, Patrician Buckley 1993. Simon and Schuster. 2013年4月16日閲覧。 Lee, Khoon Choy 2005. World Scientific. 2013年4月16日閲覧。 James B. Parsons May 1957. The Journal of Asian Studies Association for Asian Studies 16 3 : 387—400. Parsons May 1957. The Journal of Asian Studies Association for Asian Studies 16 3 : 387—400. Cites "a1715 BP. BURNET Hist. Own Time 1734 II. 156 The Massacre in Glencoe, made still a great noise. 2013年12月10日時点のよりアーカイブ。 2016年3月24日閲覧。 Zobel, The Boston Massacre, W. Norton and Co. 1970 , 199—200. Britannica. com. 2013年4月16日閲覧。 Americaslibrary. gov. 2009年10月7日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Kenn Harper 2008年5月16日 - , , 29 July 2005• Robin McGrath. , ,. Retrieved 23 December 2007. January 12, 2009, at the. , HighBeam Research, From: Manitoba History Society June 1, 2005 Binning, Alexander• June 8, 2011, at the. Historical Society. 2008年10月31日閲覧。 Rootsweb. ancestry. com. 2013年4月16日閲覧。 Moore, Rogan H. 2009. The Bloodstained Field: A History of the Sugarloaf Massacre, September 11, 1780• Ohio History Central. 2009年6月5日閲覧。 Britannica Online Encyclopedia. 2013年4月16日閲覧。 Historywiz. com. 2013年4月16日閲覧。 David Andress, The Terror: The Merciless War for Freedom in Revolutionary France, Chapter 4, Macmillan, 2006• The French Revolution and Napoleon: A Sourcebook. Routledge. Retrieved 19 February 2008. WWW Virtual Library Sri Lanka. 2013年10月23日閲覧。 New British Empire. 2016年8月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 Retrieved 21 October 2013. , Asian Tribune, Sat, 2011-03-12. Retrieved 21 October 2013. Clair, That Greece Might Still Be Free The Philhellenes in the War of Independence, Oxford University Press, London, 1972 p. Australia• , Bruce Elder, Sydney Morning Herald, March 29, 2003• 2010-08-28 at the. , Parliament of New South Wales Hansard, June 8, 2000• Christopher Long, "KILLOUGH MASSACRE," Handbook of Texas Online , accessed February 25, 2015. Uploaded on June 15, 2010. Published by the Texas State Historical Association. 2008-04-28 at the. "What was the Haun's Mill Massacre? " — Brigham Young University website abstracted from "Haun's Mill Massacre", in Encyclopedia of Mormonism, ed. Daniel H. Ludlow, New York: Macmillan, 1992• Historical Record, Jenson, Vol. , Vol. III, pp 182—186. Gardner, P. 2001 , Gippsland massacres: the destruction of the Kurnai tribes, 1800-1860, Ngarak Press, Essay, Victoria• July 19, 2014, at the. May 9, 2008, at the. Blog Post 2007年10月9日. Iqballatif. newsvine. com. 2013年4月16日閲覧。 1902. Washington: Government Printing Office. 126. 1860. Washington, D. : U. Dept. of the Interior. Blood of the Prophets: Brigham Young and the Massacre at Mountain Meadows. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. 1950. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. Denton, Sally 2003. American Massacre: The Tragedy at Mountain Meadows. New York: Alfred A. Knopf. Paludan, Philip S. 1981. Victims: A True Story of the Civil War. Knoxville, Tennessee: The University of Tennessee Press. 144 p. Brigham D. Madsen with forward by Charles S. Peterson , The Shoshoni Frontier and the Bear River Massacre, University of Utah Press 1985-hardcover 1995-paperback , trade paperback, 286 pages, pp. 190—192,• Pages 183 to 194, The Shoshoni Frontier and the Bear River Massacre, by Brigham D. Madsen, forward by Charles S. Peterson, University of Utah Press 1985-hardcover 1995-paperback , trade paperback, 286 pages,• Xroads. virginia. edu. 2016年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Britannica. com. 2008年5月9日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 December 1, 2008, at the. Kshs. org. 2013年4月16日閲覧。 Dyer, Frederick H. 1908. A Compendium of the War of Rebellion. Des Moines: The Dyer Publishing Company. 590• 2013年8月5日閲覧。 Critchell, Robert S. 1864年5月3日. 2013年8月5日閲覧。 2006 [February 6, 1905]. Fort Pillow Massacre. Cimprich, John; Mainfort, Robert C. , Jr. December 1989. 76 3 : 830—837. 2005. CMH Pub 30-21. Freepages. genealogy. rootsweb. com. 2013年4月16日閲覧。 Hoig, Stan. 1977. The Sand Creek Massacre. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. Historyandtheheadlines. abc-clio. com 2007年9月26日. 2013年4月16日閲覧。 Andrist, Ralph K. , The Long Death: The Last Days of the Plains Indians, University of Oklahoma Press, 2001, 371 pages, pp 157—162,• Brown, Dee, Bury My Heart at Wounded Knee, Henry Holt and Co. , 2007, 487 pages, pp 167—169,• Churchill, Ward, , City Lights, 1997, 381 pages, p 236,• Colorado Humanities. 2012年2月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Dale Cox. ExploreSouthernHistory. com. 2013年5月2日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Huffingtonpost. com. 2007年4月22日. 2013年4月16日閲覧。 winter rabbit. Native American Netroots. 2013年4月16日閲覧。 PBS. 2013年4月16日閲覧。 The Saint Francis Herald, , St. Francis, Kansas, November 17, 2005• Zeman, Scott C. , , ABC-CLIO, 2002, 381 pages, p 155,• University of Southern California 2002年6月23日. 2012年10月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 Erika Lee, Review of The Chinatown War: Chinese Los Angeles and the Massacre of 1871, by Scott Zesch, Journal of American History, vol. 100, no. 1 June 2013 , pg. 217. Greenway, Paul. 2002. Bulgaria: Centuries of History Ripe for Discovery. P141. Lonely Planet. Bousfield, Jonathan. 2002. The Rough Guide to Bulgaria. P352. Rough Guides. Crampton, R. 2007. Bulgaria. P92. Oxford University Press. Chisholm, Hugh, ed. 1911. 4 11th ed. Cambridge University Press. John Chaput 2007年. The Encyclopedia of Saskatchewan. University of Regina and Canadian Plains Research Center. 2009年9月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年6月8日閲覧。 2005年12月15日 - , University of Alberta Libraries, response by W. Cameron to "Massacre at Frog Lake", Edmonton Journal, 4 April 1939. Retrieved 2 August 2009. Camp Pilot Butte, National Register of Historic Places. Larson, History of Wyoming, pp. 141—44. Daniels, Asian America, pp. 61—63. Ostler, Jeffrey, Conquest and the State, 65 Pacific Hist. Rev. 217, 248 n. 52 1996 collecting estimates• 2008-03-09 at the. National Park Service. Retrieved on 19 February 2008. December 5, 2011, at the. 1999. Encyclopedia of genocide illustrated ed. ABC-CLIO. 287. "also known as the Hamidian Massacres, after the sultan", distinguishing the current name from what the events were previously known as: the Armenian Massacres. Cohan, Sara October 2005. Social Education National Science Teachers Association, 1840 Wilson Boulevard, Arlington, Virginia 22201-3000 v69 n6 : 333. "They are now known as the Hamidian Massacres"• Totten, Samuel; Paul Robert Bartrop; Steven L. Jacobs 2008. Dictionary of genocide. Greenwood Publishing Group. "they are now often called the Hamidian massacres to distinguish them from the greater atrocities associated with the 1915 Armenian Genocide"• Western Cape Institute for Historical Research 1993-01-01. Kronos. Issues 20—22: 57—60. , Weapons of Satire, pp. 168—178, Syracuse University Press, Syracuse, New York 1992• 2008年9月6日 - , by Christine Gibson, AmericanHeritage. com, March 8, 2006• Byler, Charles A. ; Military Review, May—June, 2005• Creelman, James 1909年8月22日. The New York Times. Akcam, Taner. A Shameful Act. 2006, pp. 69—70: "fifteen to twenty thousand Armenians were killed"• The New York Times. 1909年4月25日. Century of Genocide: Eyewitness Accounts and Critical Views By Samuel. Totten, William S. Parsons, Israel W. Charny• Walker, 1980, pp. 182—88• Umwa. org. 2013年4月16日閲覧。 Zinn, H. , Excerpt from A People's History of the United States. pgs 346—349. Westerlund, Lars 2004. Sotatapahtumat 1918—22. Prime Minister's Office of Finland. Report of Commissioners, Vol 1, New Delhi, p. 105• Retrieved February 15, 2008. Ryle Dwyer, The Squad and the intelligence operations of Michael Collins, Dublin, 2005• David Leeson, "Death in the Afternoon: The Croke Park Massacre, 21 November 1920", Canadian Journal of History, vol. 38, no. 1 April 2003• 2009年2月21日時点のよりアーカイブ。 2009年9月29日閲覧。 See• November 5, 2010, at the. April 10, 2008, at the. Retrieved March 3, 2010. , New York Times, September 1, 1929• Safed. il 1929年8月14日. 2013年4月16日閲覧。 Social Scientist 25 9—10 : 43—66. 1997. Journal of Peace Research 34 1 : 53—71. "Der Krieg am Ararat" Telegramm unseres Korrespondenten , October 3, 1930, "... (ドイツ語)• 105. (トルコ語)• 289, 290. Tuesday, December 28, 1999; Page A03. Apology Isn't Enough for Puerto Rico Spy Victims'. ' Retrieved July 8, 2009. Retrieved July 14, 2009. , , November 19, 2009. (トルコ語)• Fordham University webpage:• , Accessed December 17, 2007. Cites eight sources directly and another ten indirectly. Lowest estimate Spence, The Search for Modern China: 42,000. Justin Harmon , , November 12, 1997• and. In Denial: Historians, Communism, and Espionage. , 2003. Aleksandr Shelepin's March 3, 1959 note to Khrushchev, with information about the execution of 21,857 Poles and with the proposal to destroy their personal files. March 25, 2008, at the. Beria's March 1940 proposal to shoot 25,700 Poles from Kozelsk, Ostashkov, and Starobels camps, and from certain prisons of Western Ukraine and Belarus bearing Stalin's signature among others. March 30, 2008, at the. , "", Studies in Intelligence, Winter 1999—2000• Retrieved December 23, 2007. Lenin, Stalin, and Hitler: The Age of Social Catastrophe. , 2007 p. 391• 2002. Masters of Death: The SS-Einsatzgruppen and the Invention of the Holocaust. New York: Alfred A. Knopf. Retrieved 17 December 2007. Victoria Khiterer 2004. PDF. Brandeis Graduate Journal 2: 1—16. のNovember 28, 2007時点におけるアーカイブ。 2008年1月20日閲覧。. Heritage: Civilization and the Jews. Public Broadcasting System PBS. 2008年1月20日閲覧。 2006. The Wehrmacht: History, Myth, Reality. Harvard University Press. 112. "The massacre at Babi Yar, near Kiev, which claimed the lives of more than thirty thousand Jewish victims on September 29 and 30, 1941, was the largest single mass killing for which the German army was responsible during its campaign against the Soviet Union. Jill Dougherty; Jim Bittermann 2001年6月25日. CNN. 2008年1月20日閲覧。 Holocaustremembrance. net 1943年9月1日. 2012年5月29日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Peter Stanley principal historian to• , , September 17• David Vaughan. website of , 11 June 2002• Lidice-memorial. 2013年4月16日閲覧。 2018年1月27日閲覧。 Matthew M. Burke 2012年1月22日. 2018年1月27日閲覧。 Oradour. info. 2013年4月16日閲覧。 Secondworldwar. uk 1944年6月10日. 2013年4月16日閲覧。 Mackness, Robin. Oradour. info. 2013年4月16日閲覧。 Mackness, Robin. Amazon. com. 2013年4月16日閲覧。 Hare-Cuming, Stephanie 2013年3月1日. oxfordjournals. org. Oxford Journals. 2013年4月16日閲覧。 Farmer, Sarah 1999年. H-net. msu. edu. Berkeley: University of California Press. 2007年8月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Richard Owen. , London , January 15, 2007• — Henri Rogister, Joseph Dejardin and Emile Jamar• Goldstein, Donald M. ; J. Michael Wenger; Katherine V. Dillon 1997. Nuts! the Battle of the Bulge illustrated ed. Brassey's. Geiger, Vladimir 2013. Review of Croatian history Croatian institute of history 8 1 : 77—121. de Zayas, Alfred M. : A terrible Revenge. Naimark, Norman: Fires of Hatred. Ethnic Cleansing in Twentieth - Century Europe. Cambridge, Harvard University Press, 2001. Prausser Steffen and Rees, Arfon: The Expulsion of the "German Communities from Eastern Europe at the End of the Second World War. Florence, Italy, European University Institute, 2004. Commission of enquiry report, Palestine Post, 20 Feb 1948. Kana'ana and Zeitawi, 1987. Zionism-israel. com. 2013年4月16日閲覧。 Allon, Yigal, 1970 "Shield of David - The Story of Israel's Armed Forces". Weidenfeld and Nicolson. SBN 297 00133 7. Page 196. Gilbert, Martin 1977 "Jerusalem - Illustrated History Atlas". Published in conjunction with the Board of Deputies of British Jews. Map 50, page 93. Shehadeh, Raja 2012年10月16日. The New York Times. 2017年12月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年1月27日閲覧。 UNITED NATIONS CONCILIATION COMMISSION FOR PALESTINE. 2015年7月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年1月27日閲覧。 Morris, The Birth of the Palestinian Refugee Problem Revisited, Cambridge University Press, 2004. pp481,487,501,502. An article no title given by R. Barkan from the Mapam newspaper Al Hamishmar, quoting a letter from eyewitness Dov Yirmiya and the Jewish Agency's response, translated in the Journal of Palestine Studies, vol. VII, no. 4 summer 1978 , no. 28, pp. 143-145. Hirst, David 2010. Beware of small states. Nation Books. BBC News. 2009年4月28日. 2013年4月16日閲覧。 Kent, Jonathan 2004年7月17日. BBC News. Only one reference names this as "the Batang Massacre" rather than just a massacre at Batang• 朝鮮語 경남도민일보. 2009年2月16日. 2010年7月8日閲覧。 朝鮮語. 2009年2月17日. の2011年5月3日時点におけるアーカイブ。. 2010年7月8日閲覧。 Telegraph UK London. 2009年11月26日. Sydney Morning Herald• 2010年6月4日. 2013年1月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月19日閲覧。 Committee for the Review and Restoration of Honor for the No Gun Ri Victims 2009. No Gun Ri Incident Victim Review Report. Seoul: Government of the Republic of Korea. 247—249, 328. Associated Press. 1999年9月29日• 2012年3月27日 - 8th United States Army• 2001年5月16日. の2013年6月19日時点におけるアーカイブ。 2012年8月3日閲覧。 Kim Sung-hwan 2008年5月22日. 2012年8月30日閲覧。 Charles J. Hanley; Jae-Soon Chang 2008年12月6日. Associated Press. 2012年8月30日閲覧。 2011年11月29日閲覧。 朝鮮語. 2006年2月28日. 2010年7月12日閲覧。 朝鮮語. 2009年10月20日. 2010年7月12日閲覧。 [ ]• 2008年11月7日. の2011年7月22日時点におけるアーカイブ。. 2010年7月11日閲覧。 2009年4月17日. の2011年6月11日時点におけるアーカイブ。. 2010年7月11日閲覧。 Times dispatch March 28, 1953. Stephen Corradini 1999. University of Wisconsin-Madison. 154. Time. 1960年4月4日. 2010年5月8日閲覧。 Sahistory. org. 2013年7月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 This invitation was later disputed by the Portuguese authorities. Azevedo, Mario 1991 "Mueda" Historical Dictionary of Mozambique Scarecrow Press, Metuchen, New Jersey, page 92,• 2003 ""Who Rules Us Now? " Identity Tokens, Sorcery, and Other Metaphors in the 1994 Mozambican Elections" pp. 92-124 In West, Harry G. editor 2003 Transparency and Conspiracy: Ethnographies of suspicion in the new world order Duke University Press, Durham, North Carolina, ,• 1995 A History of Mozambique Indiana University Press, Bloomington, Indiana, ,• Fitzpatrick, Mary 2007 Mozambique Lonely Planet, Footscray, Victoria, Australia, ,• West, Harry G. 2003 "'Who Rules Us Now? ' Identity Tokens, Sorcery, and Other Metaphors in the 1994 Mozambican Elections" pp. 92-124 In West, Harry G. editor 2003 Transparency and Conspiracy: Ethnographies of suspicion in the new world order Durham, North Carolina: Duke University Press, , "The number of casualties is disputed. Nationalists suggested that as many a six hundred were killed, while Portuguese accounts sometimes place the number of casualties in the single digits. Alessandra Stanley, , October 13, 1995• A Century of Violence in Soviet Russia. , 2002. A Century of Violence in Soviet Russia. , 2002. 2013年4月16日閲覧。 BBC News. 2010年5月8日. 2010年5月11日閲覧。 2018年1月27日閲覧。 , Abdul Sheriff 2001 , Afrika Spectrum 36 3 : 301-318• , Felicitas Becker, Wenzel Geissler, p. 123, Volume 36 of Studies on religion in Africa• Critical asian studies, Volume 33, Issue 4:America's Korea, Korea's Vietnam. 530—534• 2009年1月4日. 2011年7月9日閲覧。 Tourist attractions: Relics. 2011年8月8日時点のよりアーカイブ。 2011年7月9日閲覧。 Anderson, David L. 2004. The Columbia Guide to the Vietnam War. 98—9• Jackson, Gerald 16—22 February 1998. The New Australian. 2014年4月25日閲覧。 Anderson, David L. The Columbia Guide to the Vietnam War. 2004, page 98-9• RVN. 2014年4月25日閲覧。 [ ]• RVN. 2014年4月25日閲覧。 [ ]• Kendrick Oliver, The My Lai Massacre in American History and Memory Manchester University Press, 2006 , p. Encyclopedia of the Stateless Nations: Ethnic and National Groups around the World, edited by James Minahan, vol. 4 Greenwood, 2002 , p. 1761. 176. Manley, Jacqueline. Saigon Salvation. Xulon Press. 364. September 13, 2015, at the. Artemio R. Guillermo 16 December 2011. Scarecrow Press. Alfred W. McCoy 2009. Univ of Wisconsin Press. Han Hong-gu, Sungkonghoe University professor 2000年11月15日. 朝鮮語. 2011年1月29日閲覧。 Kwon, Heonik. After the massacre: commemoration and consolation in Ha My and My Lai. University of California Press. , , March 29, 2005• , , February 4, 1998• Foxnews. com. 1968年10月2日. 2013年4月16日閲覧。 November 24, 2011, at the. , "in a CIA document it reads 'As is typical in Mexico, accurate statistics concerning the number of casualties in the 2 October battle cannot be found. Reports have been received of as high as 350 killed. The best Embassy estimate is that this figure is between 150 and 200. TIM WEINERPublished: February 07, 2003 2003年2月7日. New York Times. 2013年4月16日閲覧。 Scripps Howard News service. 2007年11月9日閲覧。 Caputo, Philip 2005年5月4日. NPR. 2007年11月9日閲覧. "These would be the first of many probes into what soon became known as the Kent State Massacre. Like the Boston Massacre almost exactly two hundred years before March 5, 1770 , which it resembled, it was called a massacre not for the number of its victims but for the wanton manner in which they were shot down. Ryan, Tim 2007年5月4日. Congressional website of Rep. Tim Ryan D-Ohio. 2007年11月9日閲覧。 McCann, Eamonn 2006. The Bloody Sunday Inquiry — The Families Speak Out. London: Pluto Press. 4—6. Walker, Christopher; Barkham, Patrick 2002年10月17日. London. 2009年7月22日閲覧。 Feemster, Ron 2002年3月7日. : p. 2009年7月22日閲覧。 BBC News. 2010年6月15日. 2010年6月15日閲覧。 Once inside the airport they grabbed automatic firearms from their carry-on cases and fired at airport staff and visitors. In the end, 26 people died and 80 people were injured. " , , "Fasten Your Seatbelts: Ben Gurion Airport in Israel", 2007. Retrieved June 2, 2008. "The short-term impact of the Lod Airport massacre as a precursor to Munich... " Stephen Sloan, John C. Bersia, J. Hill. Terrorism: The Present Threat in Context, Berg Publisher, 2006, p. "Two years later, just before the Lod Airport massacre, authorities uncovered the bodies of 14 young men and women on remote Mount Haruna, 70 miles northwest of Tokyo. " , , August 18, 1975. "Those named by Lebanese officials as having been arrested included at least three Red Army members who have been wanted for years by Japanese authorities, most notably Kozo Okamoto, 49, the only member of the attacking group who survived the Lod Airport massacre. " , , February 19, 1997. "They were responsible for the Lod Airport massacre in Israel in 1972, which was committed on behalf of the PFLP. " Jeffrey D. Simon, The Terrorist Trap: America's Experience with Terrorism, Indiana University Press, p. 324. CBS News 2002年9月5日. Wolff, Alexander 2002年9月2日. Time. の2010年4月7日時点におけるアーカイブ。 2010年5月8日閲覧。 の2016年2月1日時点におけるアーカイブ。 2013年3月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年9月29日閲覧。 , , March 07, 2007. 1982 , Social Science Monographs, p. 185• , United Nations• Donna Carton 2005年12月11日. の2008年3月10日時点におけるアーカイブ。 2008年2月5日閲覧。 BreakingNews. ie 2005年7月30日. 2008年2月5日時点のよりアーカイブ。 2008年2月5日閲覧。 4NI. uk 2007年12月10日. 2008年3月12日時点のよりアーカイブ。 2008年2月5日閲覧。 2007年12月10日. 2008年2月5日閲覧。 1991. The Dirty War. Arrow Books. 174. Retrieved December 23, 2007. Sam Knight, , London , January 20, 2006• Kissinger, Henry 1999 Years of Renewal Simon Schuster, p 1022• Retrieved May 17, 2009• 1984 , The Palestinian Liberation Organisation: People, Power, and Politics, Cambridge University Press, p 73• Price, Daniel E. 1999. Islamic Political Culture, Democracy, and Human Rights: A Comparative Study. Greenwood Publishing Company, , p. The attack left 35 civilians dead and 80 wounded. " Ben Gad, Yitschak. Politics, Lies, and Videotape, Shapolsky Publishers, 1991, , p. "1978, March 11. The Coastal Road Massacre" Richard Ernest Dupuy, Trevor Nevitt Dupuy. The Encyclopedia of Military History from 3500 B. 1362. " Operation Litani is launched in retaliation for that month's Coastal Road massacre. " Gregory S. Mahler. 259. "So did the Coastal Road massacre of 1978, in which a POLO hijacking of an intercity bus ended with the deaths of thirty-five Israeli hostages. " Binyamin Netanyahu. A Durable Peace: Israel and Its Place Among the Nations, Warner Books, 2000, , p. 218. 2015年6月10日時点のよりアーカイブ。 2015年5月5日閲覧。 The New York Times 2005年3月8日. 2018年1月27日閲覧。 , March 31, 1997 [ ]• Friedman, Thomas L. , From Beirut to Jerusalem, Macmillan, 1991 , 76—105. Robert Fisk December 1, 2008, at the. , 28 November 2001• Cilina Nasser. March 12, 2008, at the. , , 5 March 2006• Amal Hamdan March 12, 2008, at the. , , 16 September 2003• , 09-14-06• Black July Massacre• Kavanagh, Jim 2009年7月24日. CNN. 2010年6月3日閲覧。 Gresko, Jessica 2004年7月18日. Escondido, California. の2010年5月20日時点におけるアーカイブ。 2010年6月3日閲覧。 Ben-Ali, Russell 1990年12月14日. 2010年6月3日閲覧。 , , June 7, 2005• June 4, 2011, at the. , , Reuters, March 3, 2006• 2006年11月19日. 2009年8月18日閲覧。 2006年11月19日. 2009年8月23日閲覧。 Time. 1985年5月27日. The Hindu Chennai, India. 2006年6月17日. Mundoandino. com. 2013年9月23日時点のよりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 Derechos.

次の

ベトナム戦争のソンミ村虐殺事件とは何ですか?詳しく教えて下さい。

ソンミ 村 虐殺 事件

集落は壊滅状態となり、生存者はわずか3人だった(生存者は2018年現在も生存している。 最高齢者は事件当時43歳)。 さらにC中隊が何ら抵抗を受けていなかったにもかかわらず、B中隊が増派され、近隣の村落で虐殺を行っている。 この際、()4級特技兵が機長を務め、()准士官が操縦し()4級特技兵が射手を担当する偵察ヘリコプターが村落上空を通りがかり、多数の死者と民間人への攻撃を目撃した。 トンプソン准士官は上官への報告・救助ヘリの派遣要請・生存者の救出を行い、さらに狼藉をやめねば攻撃するとC中隊を脅している。 報道 当初は村民に対する虐殺ではなく「の部隊との戦い」という虚偽の報告がなされたが、翌に、フリーランスのが、雑誌『』で真相を報じたことが端緒となり、『』誌の報道などでも、アメリカ軍の歴史に残る大虐殺事件が明らかになった。 ハーシュの記事は「 My Lai 4: A Report on the Massacre and its Aftermath」としてまとめられ、度を受賞した。 この虐殺事件は、現場に居合わせた複数のアメリカ軍兵士から軍上層部に報告されていたものの、軍上層部は、アメリカ世論をベトナムの方向へ導く可能性が高いことなどから、事件を隠蔽し続けた。 軍事法廷 なお、に開かれたでこの虐殺に関与した兵士14人がで起訴されたものの、に下った判決ではカリーに終身刑が言い渡されただけで、残りの13人は証拠不十分で無罪となった。 また、カリー自身もその後10年の懲役刑に減刑された上、3年後のには仮釈放される。 陸軍のこの不可解な処置は世界中から大きな非難を浴びた。 虐殺計画は掃討作戦決行の前夜に決定された既定事項で、C中隊指揮官の大尉が主張したものであるという。 その後 事件から40年経った2008年3月16日、事件現場跡に建てられた記念館にて追悼式典が開かれ、事件の生存者や元アメリカ軍兵士、地元住民が参加した。 カリーは仮釈放後、マスコミの取材に応じることはなかったが、41年経った、で開かれた奉仕活動団体の昼食会に出席し、事件について口を開き、謝罪した。 これに対し、3人の生存者の一人で犠牲者追悼活動を続ける(ティンケ村記念公園博物館長、事件当時10歳。 家族を皆殺しにされ孤児となった)は23日、「謝罪は無いものと思っていた、あまりにも遅くて驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べている。 虐殺から50年後の2018年3月16日、ソンミ村の跡地に建設されたティンケ村で追悼式典が行われ、地元住民や団体関係者ら約1000人が犠牲者の冥福を祈った。 クアンガイ省幹部は「亡くなった人を忘れたことはないが、村は復興した。 未来志向でいたい」と語った。 記念碑を中心に平和祈念公園を建設する構想も発表された。

次の

ベトナム戦争時、ソンミ村の事件は、何故起こったのですか?善良な村民を襲...

ソンミ 村 虐殺 事件

集落は壊滅状態となり、生存者はわずか3人だった(生存者は2018年現在も生存している。 最高齢者は事件当時43歳)。 さらにC中隊が何ら抵抗を受けていなかったにもかかわらず、B中隊が増派され、近隣の村落で虐殺を行っている。 この際、()4級特技兵が機長を務め、()准士官が操縦し()4級特技兵が射手を担当する偵察ヘリコプターが村落上空を通りがかり、多数の死者と民間人への攻撃を目撃した。 トンプソン准士官は上官への報告・救助ヘリの派遣要請・生存者の救出を行い、さらに狼藉をやめねば攻撃するとC中隊を脅している。 報道 当初は村民に対する虐殺ではなく「の部隊との戦い」という虚偽の報告がなされたが、翌に、フリーランスのが、雑誌『』で真相を報じたことが端緒となり、『』誌の報道などでも、アメリカ軍の歴史に残る大虐殺事件が明らかになった。 ハーシュの記事は「 My Lai 4: A Report on the Massacre and its Aftermath」としてまとめられ、度を受賞した。 この虐殺事件は、現場に居合わせた複数のアメリカ軍兵士から軍上層部に報告されていたものの、軍上層部は、アメリカ世論をベトナムの方向へ導く可能性が高いことなどから、事件を隠蔽し続けた。 軍事法廷 なお、に開かれたでこの虐殺に関与した兵士14人がで起訴されたものの、に下った判決ではカリーに終身刑が言い渡されただけで、残りの13人は証拠不十分で無罪となった。 また、カリー自身もその後10年の懲役刑に減刑された上、3年後のには仮釈放される。 陸軍のこの不可解な処置は世界中から大きな非難を浴びた。 虐殺計画は掃討作戦決行の前夜に決定された既定事項で、C中隊指揮官の大尉が主張したものであるという。 その後 事件から40年経った2008年3月16日、事件現場跡に建てられた記念館にて追悼式典が開かれ、事件の生存者や元アメリカ軍兵士、地元住民が参加した。 カリーは仮釈放後、マスコミの取材に応じることはなかったが、41年経った、で開かれた奉仕活動団体の昼食会に出席し、事件について口を開き、謝罪した。 これに対し、3人の生存者の一人で犠牲者追悼活動を続ける(ティンケ村記念公園博物館長、事件当時10歳。 家族を皆殺しにされ孤児となった)は23日、「謝罪は無いものと思っていた、あまりにも遅くて驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べている。 虐殺から50年後の2018年3月16日、ソンミ村の跡地に建設されたティンケ村で追悼式典が行われ、地元住民や団体関係者ら約1000人が犠牲者の冥福を祈った。 クアンガイ省幹部は「亡くなった人を忘れたことはないが、村は復興した。 未来志向でいたい」と語った。 記念碑を中心に平和祈念公園を建設する構想も発表された。

次の