イオン銀行カードローン 借り換え。 低金利な銀行カードローンに借り換える方法とデメリット

イオン銀行カードローンBIG口コミ情報

イオン銀行カードローン 借り換え

もうすぐミツ・アミさんの誕生日だからプレゼントを買いたいんだけど、お給料日まではまだ日があるし……こういうときこそキャッシングに頼るべきだよね?• そうだね。 でも、なにか迷っている様子だけど。 実は今、既にいくつかの会社からキャッシングしているんだ。 返済日もそれぞれ違うし、これ以上増えてしまうのはどうも面倒で……。 それなら、キャッシングの借り換えをしたら?• 「借り換え」って?• 今、借り入れている先のお金を全額、または一部返済して借り入れの会社を変えることだ。 えっ、そんな使い方ってしても大丈夫なの? さらに返済が大変になったりしないの?• 借り換えは全然悪いことじゃないし、むしろ賢い借り換えをすればメリットがたくさんあるね。 借り換えをすると今までとどう変わるの?• かりいれ君は今、それぞれの借入先の返済日がバラバラなんだろ?• しかも、お給料日は月初なのに返済日がみんな月末だから、返済分の金額を1ヶ月間キープしておかなきゃいけないのがキツくて。 借り換えをして、借入先を1社に絞ると、返済日もひとつになるだろ? それにジャパンネット銀行なら、毎月の返済日を自分で設定できるから、給料日の後に返済日を設けることも可能だ。 そうすれば無理なく返済できるはず。 へぇ! 自分の都合が良い日に設定できると、ずいぶん気持ちが楽になりそう! 他にはどんな場合に借り換えを検討すればいいんだろう?• 返済の仕方にしろ金利にしろ、今の借入先になにか不便を感じている場合かな。 ところで、かりいれ君は電気料金や水道料金なんかの支払いはどうしてる?• クレジットカードにまとめて、毎月10日に引き落としされるようにしているよ。 そうやってクレジットカードにまとめている理由って、毎月何回も引き落としがあって「今日は電気料金だ」「今日は水道料金だ」って、そのたびにいくらを何日にどの口座に入れておかなきゃいけないっていうのを気にしなくていいからだろ?• そうだよ、毎月10日までに必要な額をまとめて入金しておけばいいから。 借り換えもそれと同じように考えてみたら。 同じ日に返済できたら便利だと思わない? 小まとめ 借入先が複数にわたるキャッシングは、返済日がバラけていることで管理の手間がかかったり、残高不足で引き落としがされなかったりする可能性が。 借り換えをしてまとめて引き落とされるようにすれば、ぐっと返済の手間が省けるうえ、返済日を給料日の後に設定すれば、無理なく自分のペースで返済できるというメリットも……!• かりいれ君は返済のときはどこのATMを利用しているの?• 返済できるATMが近所にないから、わざわざ隣の駅のATMまで行っているよ。 職場と反対方向だからとっても面倒なんだ。 だったら、近所に返済できるATMがあるかとか、返済のしやすさも含めて借り換える先を選ぶべきだ。 ちなみにジャパンネット銀行なら、コンビニのATMを使える。 やった! コンビニなら近所にあるぞ。 複数箇所から借りていると、返済に必要な口座がバラバラだから、いろんな口座にお金を入れておかなきゃいけない。 でもジャパンネット銀行で借り入れを1本化すれば、そのわずらわしさが全部省ける。 それはとっても助かるね。 ジャパンネット銀行を給与の受取口座にしていない人は多いけど、「定額自動入金サービス」といって、給与受取口座からジャパンネット銀行の普通預金口座へ自動的に入金する無料のサービスもある。 どんなに忙しくても、返済の手間が省ければうっかり延滞しちゃうことも防げるはずだ。 イメージとしては引き落としに近いのかな?• 借入先を変えるということは、金利や利息も変わったりするの?• 借り換えを検討する人の多くが、金利を気にしているらしい。 やっぱりみんな、少しでも金利が低いところを利用して、利息金額を減らしたいんだな。 でも、必ず金利が低くなるわけじゃない。 だから審査の結果、現状よりも低い金利が提示されたらそっちに乗り換えればいい。 返済の時の不便さを解消しようと乗り換えたところで、金利が高くなってしまったら元も子もないからね。 返済の仕方と金利、両方の面で自分にあう借入先を見極めないといけないんだね。 あとは、毎月の返済額が高くて困っている場合にも、借り換えることで毎月の返済額が減る場合もある。 自分のライフスタイルにあわせて借入先を選ぶのがポイントだな。 うまく借り換えした場合、金利はどれくらい安くなるの?• そこは審査の結果次第だからなんとも言えないな。 ただ、条件次第では金利が下がることもあるから、とりあえず審査申込してみるのがいいと思う。 小まとめ 自分のライフスタイルにあわせ、返済できるATMが近所にあるかといった返済方法のしやすさも考えると、より賢い借り換えができる。 金利ばかり重視するのではなく、返済日の設定や使えるATM等の返済方法も必ず確認しよう。 なんだか興味がわいてきたぞ。 借り換えするにはどうすればいいの?• 新規の申し込みと仕組みは同じだよ。 でも、キャッシングしていることが他の人にバレたら嫌だなぁ。 だから、ネットでの申し込みだって言ったじゃん。 窓口に行って手続きするわけじゃないから、誰にも知られずに申し込みできる。 それに申し込みをしたら必ず借り換えなきゃいけないという決まりもないから、一度試しに申し込んでみるのがオススメ。 そうなんだ! だったら安心。 でも、新規の申し込みと同じということは審査もあるんだよね?• もちろん審査はある。 審査でどんな部分を見るのかは各社違うけど……。 審査はちょっとドキドキだな……。 もし、審査に落ちたとしても、そのときの状況が審査内容にそぐわなかっただけなので、いちいち落ち込まないように。 小まとめ 借り換えは一般のキャッシングと手順は同じ。 ジャパンネット銀行ならわざわざ窓口に行く必要はないので、人にバレる心配もなし。 ネットで手軽に申し込めるので、今の状態から返済が楽になるのなら乗り換えるくらいの気持ちでもOK。 無事審査に通って借り換えするとなったら、できるだけ負担を少なくしながら返済する方法があったら知りたいな。 毎月少額を返していくより、少し大きな金額を短期間で返すほうがおトクではあるよね。 例えば、ボーナスが出た月は追加で返済するのも手だ。 追加で返済した場合は、どんなメリットがあるの?• 当然だけど、残高が減るよね。 そうすると、今後の総支払金額や利息も少なくなってくるから、トータルで考えるとおトクになる。 一番良い返し方ってどんな返し方なんだろう?• ジャパンネット銀行には返済額が少なめに設定されていてゆとりを持って返済できる「残高スライド元利定額返済方式(A)」と返済額が多めに設定されていて短期間で返済できる「残高スライド元利定額返済方式(B)」という返済方式があって、どちらか好きなほうを選べる。 残高スライド元利定額返済方式(A) 返済額が少なめに設定されており、 ゆとりを持って返済できます。 約定返済日前日の 最終借入残高 約定返済額 (元本+利息合計) 10万円以下 3,000円 10万円超30万円以下 6,000円 30万円超50万円以下 10,000円 50万円超80万円以下 15,000円 80万円超100万円以下 20,000円 100万円超150万円以下 25,000円 150万円超200万円以下 30,000円 200万円超250万円以下 35,000円 250万円超300万円以下 40,000円 300万円超400万円以下 45,000円 400万円超500万円以下 50,000円 500万円超600万円以下 55,000円 600万円超700万円以下 60,000円 700万円超800万円以下 70,000円 800万円超900万円以下 75,000円 900万円超1,000万円以下 80,000円 残高スライド元利定額返済方式(B) 返済額が多めに設定されており、 短期間で返済できます。 約定返済日前日の 最終借入残高 約定返済額 (元本+利息合計) 50万円以下 10,000円 50万円超100万円以下 20,000円 100万円超200万円以下 30,000円 200万円超300万円以下 50,000円 300万円超400万円以下 60,000円 400万円超500万円以下 70,000円 500万円超600万円以下 80,000円 600万円超700万円以下 90,000円 700万円超800万円以下 100,000円 800万円超900万円以下 110,000円 900万円超1,000万円以下 120,000円• さっき、短期間で返したほうがおトクだってことだったし、Bが良さそうだね。 それもそうなんだけど、実はもっといい方法があるぞ。 Aを選んでお金に余裕がある月だけプラスで返済するんだ。 Bの方法だと、例えば5万円を借りた場合「月に1万円ずつ返します」ってもう宣言しちゃっているから、出費が重なってしまった月でも1万円を返済しないといけない。 でも、Aを選んだら毎月3,000円の返済でいいから1万円返していくよりも心理的負担は少なくなるよね。 月々の返済額が少ないと精神的な余裕は出るかもしれないけど、それって実際におトクになるわけじゃないよね?• だから、Aの方法で毎月ゆっくり返しながら、ボーナスが出たタイミングで一気に返す。 それで、その後またお金が必要になったら、その分をローンでもう一度借りることだってできるんだ。 毎回の固定返済額は少なくしておいて、返せるときにガンガン返す、そして借りたいときは借りる。 同じ金額を借り続けるよりも、こまめに返してまた借りるほうが、実は返済総額って少なくなる。 より金利を下げたり、より返済の負担を少なくできたりするような裏技ってないのかなあ?• 一つ挙げるとしたら、キャンペーンを利用することだ。 会社によっては新規申込でポイントプレゼントとか、キャッシュバックしますよというキャンペーンをやっているところもあるから、チェックしてみるといい。 借り換えのタイミングって大きな金額で申し込む場合が多いから、キャンペーンを利用しない手はない。 ジャパンネット銀行でもなにかキャンペーンをやっているの?• ジャパンネット銀行では新規契約で50万円以上を借りると、現金と交換できる「JNBスター」というポイントが5,000円分プレゼントされるキャンペーンをやっていたこともある。 今後も要チェックだ。 えっ! 5,000円は大きい! ミツ・アミさんと食事に行けちゃうよ。 小まとめ ポイントプレゼントやキャッシュバックなど、キャンペーンをやっている会社は多い。 借り換えの際はまとまった金額を借り入れすることになるので、キャンペーンを利用するとおトクになる可能性が。 こまめにチェックしてみよう。 それはそうと、「おまとめローン」という言葉も聞いたことがあるよ。 それと借り換えの違いってなんなの?• おまとめローンは、複数の業者からの借り入れを1本化して返済することが目的。 相手の会社に交渉して借入残高が記載されている書類を出してもらったり、ちょっと複雑な手続きが多い。 借り換えは単に新しく契約したローンの限度額内で借り入れて他社の返済にあてるだけ。 さっき説明したように返済日や月の返済額を調整できたり、返済のわずらわしい手間がなくなったりするんだ。 限度額内だったら追加借入もできるよ。 ジャパンネット銀行でも借り換えできるの??• もちろんだよ。 ジャパンネット銀行でキャッシングの限度額が200万円と出たら、その200万円の使い方は、言ってしまえば自由。 他社の返済に充てることもできる。 じゃあ、ミツ・アミさんへのプレゼントの費用にあててもいいってことだね!• 一応、ルール上はね。 でも、いくら金利が低くても借入残高が大きければ利息が膨らんでしまうので、計画的に返済して利息を減らすのも忘れずに。 借り換えがどんなものかはわかったけど、今借り入れしているところを変えるのって少し面倒くさいような気もしてきた……。 今さらなにを言ってるんだい、かりいれ君。 それはそうだけど……使い慣れているものを変えるのは抵抗があるなぁ。 毎月5回返すより、1回で返せるほうが楽だろ。 携帯電話のキャリアだって月々の料金や便利さを比較して、その時の自分に一番あってるものが別にあったら変更するだろ? キャッシングの借り換えはそれと同じような感覚だ。 初期費用を抑えることにこだわる人もいるけど、月々のランニングコストを気にする人もいるよね。 ATMに行く回数も人によって違うから、頻繁に行く人はATM手数料が余計にかかってしまう。 でも、調べると手数料無料のATMだってある。 そういう、自分がおトクだと感じる点は人によって違うから、自分がなにを重要視するかで借り換えるかどうかが変わってくるね。 そうか。 そう言われると賢く借り換えようって気になってきたぞ!• よろしい。 小まとめ 複数の業者からの借り入れをまとめる場合、他社の完済証明書類を提出するなどの手間がかかるが、将来的には支払う金額が安くなるケースがある。 ご利用限度額 金利(%) 300万円以上400万円未満 6. 5 250万円以上300万円未満 8. 0 200万円以上250万円未満 10. 0 150万円以上200万円未満 12. 0 100万円以上150万円未満 15. 0 100万円未満 18. まあ、借入先の候補のひとつにはクレジットカードのキャッシングもある、ってことを頭に入れておけばいいんじゃないか。 借り換えを検討するときに比較サイトを参考にする人もいると思うんだけど、あれってどのくらい参考になるものなの?• 比較サイトを見る人は多いと思うけど、各社バラバラに設定されている金利を同じ条件で比較するのは難しいな。 そもそもの前提条件が違う場合も多いしね。 だから、実際に審査を受けてみて検討するのがベストだ。 借り換えってどこか後ろめたいイメージもあったけど、賢く使えばむしろおトクになるってことがわかったぞ。 まずは臆せず、気軽に申し込んでみることが第一歩だね。 そうそう、知っていて損はしないよ。 よし! さっそくジャパンネット銀行で借り換えに挑戦してみるよ! 小まとめ キャッシングの方法としては消費者金融や銀行のほか、百貨店などのクレジットカードも。 各社バラバラに設定されている金利を比較サイトだけで比べるのは難しいので、借り換え先の候補には、一度審査を受けてみるのがベスト。

次の

借り換え先としておすすめ低金利銀行カードローン!絶対に損をしない選び方

イオン銀行カードローン 借り換え

カードローンの借り換えとは何か? 「借り換えしてみようかな」と、考えたことのある方は多いでしょう。 カードローンの借り換えとは、現在利用しているカードローンよりも、さらにメリットのあるカードローンに乗り換えすることを指します。 借り換えの認知度が高い理由は、住宅ローンの借り換えを想像する方が非常に多いからです。 しかし、何千万円という住宅ローンとは違い、カードローンの借り換えは非常にわかりやすいものです。 借り換えのメリット・デメリット 借り換えのメリット・デメリットを簡単にまとめると以下の通りです。 カードローンの借り換えのメリットとデメリット メリット デメリット 利息を少なくすることができる 再度審査を受ける必要がある 利便性の良いカードローンを選べる 新規申し込み時よりも審査通過率が低い 月々の返済額を減らすことができる 選択ミスをすると、返済合計額が増える場合もある 合計返済金額を少なくすることができる カードローンを選ぶ手間がかかる 上記をご覧いただくとわかりやすいのですが、借り換えのメリット・デメリットは、「自分に合った借り換え先を上手く見つけることができるかどうか」に全てかかっているのです。 さらに詳しく借り換えのメリット・デメリットについて知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 疑問や不安を解消するオススメ記事 借り換えするべき人と、 借り換えしないほうが良い人はどんな人? 上記の事例をもとに、借り換えするべき人としない方が良い人の事例を挙げていきます。 借り換えするべき人• 1社の消費者金融を利用していて、カードローンの金利が高く利息額も高いと感じている• 現在利用しているカードローンの提携先が少なく、利便性が良くない• 毎月の約定返済金額が高く、支払いの負担が大きい 借り換えしないほうが良い人• 現在消費者金融を利用しているが、過去5年以内に延滞、自己破産している• 長期返済を考えているが、特典だけを利用するために消費者金融へ借り換え 借り換えを上手く利用することで返済を効率化することができますが、どれほどのメリットがあるのか、事前に把握しておく必要があります。 借り換えの審査は甘い?通りやすくする条件とは 「借り換えの審査は甘いって聞いたことがあるけど、実際はどうなのかな」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 実は、借り換えの審査は新規の申し込みに比べると厳しい場合が多いです。 なぜなら、借り入れを既に行っている状態で新たに審査を受ける必要があるからです。 借り換えの審査に通りやすくするには、既存のカードローン残高をできる限り減らしておくことです。 なぜかというと、借り換えの審査を行う際に、既存のカードローン残高が大きく審査結果に影響するからです。 借り換え審査を分かりやすく解説 ここで、借り換えの審査のポイントをまとめましたので、下記を参考にして下さい。 借り換えの審査を受ける際のポイント ポイント 解説 審査時間 最短30分から1週間程度まで、カードローンによりさまざまです。 書類や手続き 新規申込時と同様、 ・本人確認書類 ・収入証明書類 必要なケースのみ が必要となります。 その他必要なもの 借り換え後、銀行引き落としで返済を行うカードローンは、銀行口座のわかる物と銀行印が必要です。 借り換えの審査は、新規申し込み時と同様の内容で行われる場合がほとんどです。 ただし、カードローンによっては審査時間の長いものや、収入証明書が必要なものもありますので、事前に借り換え先カードローンの詳細情報に必ず目を通しておきましょう。 借り換え審査を通りやすくする手順・方法 先述したように、借り換えの審査は新規申し込み時と同様の手順・内容で行われることがほとんどです。 ただし、既に借り入れしている状態で再度審査を受けるということは、新規申し込み時よりも審査通過率が低くなるということです。 したがって、既存のカードローンの借り入れ金額を減らした状態で審査を受けることができるかどうかが非常に重要です。 つまり、借り換えの審査に通りやすくするには、既存の契約をできる限り削減しておくことがポイントです。 また、注意点として、総量規制枠のギリギリまで既存の契約で借り入れしている場合、借り換えの審査に通る確率は非常に低いです。 なぜかというと、借り換え専用商品以外の消費者金融カードローンを借り換え先として利用する場合、総量規制の対象となるからです。 さらに詳しく借り換えの審査に通りやすくする方法について知りたい方は、「」参考にしてみてください。 低金利おすすめ借り換え先銀行カードローン 借り換えを検討している多くの人は、今より低金利なカードローンを選び、総返済額を減らしたいと思っていると思います。 そこで、おすすめなのが 「楽天銀行カードローン」になります。 楽天銀行カードローンの場合、通常金利は1. 9%~14. 借入金額:100万円 返済期間:3年 金利 毎月返済額 総支払額 15. 上記は想定金利でのシミュレーションとなります。 楽天銀行カードローンであれば 毎月の支払額は、差額5,000円ほど楽になり、総返済額では差額124,691円も浮きます。 「楽天銀行カードローン」に借り換えることで毎月の返済額が同じくらいで、最終的に支払う利息も減らすことが実現します。 こちらで銀行カードローンの金利について詳しく紹介しているので、ご参考にしてください。 「」 FPがおすすめする借り換え先の選び方 借り換え先を選ぶ際、選び方に注意点があります。 借り換えを考えている方の借入状況として以下の2つが想定できます。 総量規制枠ギリギリまで既に借り入れしていて、返済が厳しい• 総量規制枠内で借り入れしていて融資枠には余裕があるが、より条件の良いカードローンに借り換えしたい 1に該当する方 総量規制枠ギリギリであれば、借り換え向きのカードローンを選びましょう。 なぜかというと、通常のカードローンを選ぶと借入額が大きいことにより、審査に落ちてしまう可能性が高くなるからです。 その点、借り換え向きのカードローンであれば、あらかじめある程度金額が大きいであろうことを想定しています。 審査に通過できないと、借り換え自体が実現しませんので慎重に借入先を検討したいところです。 2に該当する方 既存のカードローンと同様、自由にカードローンを選択することができます。 今よりも少しでも低金利で利便性の良いカードローンを選ぶことができます。 次章では、おすすめの借り換え先をランキング形式でご紹介します。 借り換え以外の方法はないのか? 借り換え以外の方法として、資金の利用目的が「教育費用」「自動車購入費用」などの場合は目的限定型ローンを利用することで、低い金利でお金を借りることができます。 しかし、「資金の利用目的が限定されると困る」「好きなときにお金を借りたい」という方は、より条件の良いカードローンを借り換え先として検討しましょう。 カードローン借り換えのよくある疑問 今回の記事を踏まえ、カードローンの借り換えに関する「よくある疑問」をまとめてみました。 借り換えに関するちょっとした疑問や質問もすっきり解消して、自分にぴったりのカードローンを選んでください。 【みずほ銀行カードローンについて】• 5%引き下がります。 引き下げ適用後の金利は年1. 【レイクALSAの貸付条件について】• 【レイクALSAの貸付条件】融資額など借入れに関する諸条件です。 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、利用いただけます。 【融資額】1万円〜500万円【貸付利率(実質年率)】4. 5%〜18. 【利用対象】満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)【遅延損害金(年率)】20. 【必要書類】運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)【担保・保証人】不要-貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。 新生フィナンシャルが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関 日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 契約には所定の審査があります。 2018年4月現在。

次の

イオン銀行のマイカーローンの金利とメリット・デメリット【キャッシング大全】

イオン銀行カードローン 借り換え

以下の条件をすべて満たされる方• お借り換え対象ローンに合わせての、事実婚の方々、同性パートナーの方々による連帯債務型借入をご利用の場合は、お二方のうちどちらか一方が上記の条件を全て満たし、物件を共有され、同居されること、所定の書類のご提出、連生団体信用生命保険へのご加入が条件となります。 お使いみち ご本人のご自宅に係る現在お借り入れ中の住宅ローンのお借り換え、お借り換えと同時に行うリフォーム資金(最大500万円)• ご融資金額 100万円以上1億円以内(10万円きざみ) ご融資期間 <変動金利型>1年以上35年以内 <固定金利特約型>2年以上35年以内 <超長期固定金利型(全期間固定金利型)>10年超35年以内 (それぞれ1ヵ月きざみ)• (毎月返済と併用して半年ごと増額返済も利用可能です。 半年ごと増額返済はご融資金額の50%以内とします。 ) 【元利均等返済】 ご返済額(元金と利息の合計額)はご融資利率の変更にともなうご返済額の見直し時まで一定です。 25倍を限度に見直しいたします。 (以降、5年ごとに、ご融資利率の見直しに合わせ、前回ご返済額の1. 25倍を限度としてご返済額を見直します。 当初のご融資期間が満了しても未返済残高がある場合は、原則としてご返済期日に一括返済していただきます。 【元金均等返済】 ご返済額(元金と利息の合計額)のうち、元金部分が一定です(ご返済額は毎月変動します。 団体信用生命保険 当行指定の団体信用生命保険にご加入いただきます。 保険料は当行が負担いたします。 担保・保証人• 手数料等• 保証料• 受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます) [海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料) 東京: 大阪: 受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます) [海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料) 東京: 大阪: 受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます).

次の