秋 の 七草 の 名前 覚え 方。 秋の七草の覚え方は?名前や種類を画像で確認!

秋の七草の名前の覚え方と選ばれた理由

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

目次 秋の七草の名前の覚え方!• 短歌と同じように覚える方法• 頭文字だけを語呂合わせにして覚える方法• まとめ 秋の七草の名前の覚え方で簡単な方法は? 春の七草といえば、 「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ すずな・すずしろ 春の七草」という歌があり、知っている人も多いと思います。 では、秋の七草に関してはどうなのでしょうか? 秋の七草も出来れば簡単に覚えておきたいと思いますよね。 そこでいくつか覚えやすい方法をご紹介します。 短歌と同じように覚える方法 春の七草と同じように、「五・七・五・七・七」の短歌と同じように覚えるという方法があります。 短歌なら、たとえ秋の七草の内容を覚えていないという人でもすっと頭に入ってくるのではないでしょうか? 読み方は、春の七草のようにただ順番に秋の七草を並べただけです。 「はぎ・ききょう くず・ふじばかま おみなえし おばな・なでしこ 秋の七草」 どうでしょうか? 誰が考えてくれたのかはわかりませんが、「五・七・五・七・七」にぴったりですよね。 これなら案外覚えやすいと思いますよ。 ただ、この覚え方には一つ問題があります。 それは、まず秋の七草を全て覚えておかなければならないという事です。 秋の七草の名前を知らなければ、この頭文字の語呂だけを思い出しても「いったいなんの頭文字だったっけ?」という事になってしまいますからね。 実はこの頭文字を取って覚えるというものは他にもいくつかあるようですが、「おすきなふくは」が一番簡単で覚えやすいのです。 他にも、歌に合わせて秋の七草を覚えていくような曲が、調べてみるといろいろ出てくるのでとても面白いですよ。 子供などは、言葉で覚えるよりも歌で覚えた方が覚えやすく、それでいてインパクトがあるかもしれませんね。 まとめ 秋の七草というと、最初は「春の七草のようにおかゆにして食べるの?」とまずは思いがちですよね。 しかし、秋の七草は春の七草とは違い、一応食用としても食べることはできますが、どちらかというと鑑賞をして楽しめる草花が選ばれています。 他にも、全てが薬効成分が含まれているので、今でも漢方として使用されているものも少なくありません。 秋の七草も日本に昔からあるものなので、せっかくなら春の七草のように覚えておくといざというときに役に立つこともあるかもしれません。 ただ、春の七草はポピュラーな覚え方があるのに対し、秋の七草はそれ自体があまり有名ではないので、覚え方というのもあまり知られていません。 しかし、調べてみると、.

次の

春の七草と秋の七草の違いと生える時期、名前の簡単な覚え方

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草は万葉集に収められている山上憶良の2首の歌が始まりです。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」 「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」 1つ目の歌は、「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」、 2つ目の歌で「それは萩の花、尾花、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、 女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と言っています。 秋の七草は花で、春の七草と違い「目で見る」楽しみ方になります。 ただ、桔梗や藤袴がレッドリスト(絶滅危惧類)に指定されているので、 秋の野で目にする機会が少なくなっているのです。 秋の七草いつ咲くの? 萩(はぎ) 花の時期は、6~10月 秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の名の由来にもなっています。 私の住むあたりでは、この花は、夏ごろから咲いているのをみますね。 すすきの穂が動物の尾に似ていることが、名前の由来と言われていて お月見にはかかせない飾りの1つです。 葛(くず) 花の時期は、7~9月 葛湯、葛切り、葛餅など今でも親しみ深い植物の1つです。 葛の根を乾燥させた「葛根(かっこん)」は民間治療薬として、 風邪や胃腸不良などの際に用いられます。 葛の花って、いいかおりがするんです、 私、子供の頃は、ファンタグレープの香りだと思ってました 笑 撫子(なでしこ) 花の時期は、6月~9月 日本女性の清楚さを表現した「大和撫子」の「撫子」は、この花のことです。 女郎花(おみなえし) 花の時期は、7月~10月 女郎花の名前の由来は、花の美しさが美女を圧倒するためという説があるほど、 優雅で美しい花として古代の人に親しまれた花です。 藤袴(ふじばかま) 花の時期は、8月~10月 藤袴は、花の色が淡紫色で、弁の形が筒状で袴に似ていることからこの名前が付けられました。 乾燥させると良い香りがするため、洗髪や香水にも用いられます。 現在は絶命危惧種に指定されています。 桔梗(ききょう) 花の時期は,7月~8月 キキョウの花形が均整のとれた五角形で重用され、たくさんの武士たちが家紋にしてきました。 私の好きな安倍晴明が使用した五芒星もキキョウ印といい、晴明神社の神紋ともされています。 藤袴と同じく絶命危惧種に指定されています。 スポンサーリンク 秋の七草覚え方は? 頭文字の語呂合わせで覚える方法が覚えやすいと思います。 代表的な覚え方は、2通り。 まとめ 秋の七草ですが、夏くらいから咲き続ける花も多く、 野山に出かけた時など、まわりで探してみるのも楽しいですね。 すすきやくずは、すぐに見つかると思いますよ。 最後まで読んでいただいてありがとうございます。 こちらもどうぞ.

次の

秋の七草の名前の覚え方!簡単に覚える方法とは?

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

目次 秋の七草の名前の覚え方!• 短歌と同じように覚える方法• 頭文字だけを語呂合わせにして覚える方法• まとめ 秋の七草の名前の覚え方で簡単な方法は? 春の七草といえば、 「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ すずな・すずしろ 春の七草」という歌があり、知っている人も多いと思います。 では、秋の七草に関してはどうなのでしょうか? 秋の七草も出来れば簡単に覚えておきたいと思いますよね。 そこでいくつか覚えやすい方法をご紹介します。 短歌と同じように覚える方法 春の七草と同じように、「五・七・五・七・七」の短歌と同じように覚えるという方法があります。 短歌なら、たとえ秋の七草の内容を覚えていないという人でもすっと頭に入ってくるのではないでしょうか? 読み方は、春の七草のようにただ順番に秋の七草を並べただけです。 「はぎ・ききょう くず・ふじばかま おみなえし おばな・なでしこ 秋の七草」 どうでしょうか? 誰が考えてくれたのかはわかりませんが、「五・七・五・七・七」にぴったりですよね。 これなら案外覚えやすいと思いますよ。 ただ、この覚え方には一つ問題があります。 それは、まず秋の七草を全て覚えておかなければならないという事です。 秋の七草の名前を知らなければ、この頭文字の語呂だけを思い出しても「いったいなんの頭文字だったっけ?」という事になってしまいますからね。 実はこの頭文字を取って覚えるというものは他にもいくつかあるようですが、「おすきなふくは」が一番簡単で覚えやすいのです。 他にも、歌に合わせて秋の七草を覚えていくような曲が、調べてみるといろいろ出てくるのでとても面白いですよ。 子供などは、言葉で覚えるよりも歌で覚えた方が覚えやすく、それでいてインパクトがあるかもしれませんね。 まとめ 秋の七草というと、最初は「春の七草のようにおかゆにして食べるの?」とまずは思いがちですよね。 しかし、秋の七草は春の七草とは違い、一応食用としても食べることはできますが、どちらかというと鑑賞をして楽しめる草花が選ばれています。 他にも、全てが薬効成分が含まれているので、今でも漢方として使用されているものも少なくありません。 秋の七草も日本に昔からあるものなので、せっかくなら春の七草のように覚えておくといざというときに役に立つこともあるかもしれません。 ただ、春の七草はポピュラーな覚え方があるのに対し、秋の七草はそれ自体があまり有名ではないので、覚え方というのもあまり知られていません。 しかし、調べてみると、.

次の