転職 理由 スキル アップ。 キャリアアップの意味とは? 転職でキャリアアップするためのキャリアプランの考え方|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

スキルアップによる転職の魅せる志望動機の書き方と例文

転職 理由 スキル アップ

この記事を書いた人 アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大 Suenaga Yuta Profile 新卒でリクルートキャリア入社。 その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 Yahoo! ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している 目次 転職理由・退職理由は本音で言う! 転職理由・退職理由に関わらず、 面接ではウソをつかず本音で話すようにしましょう。 少しのウソならバレないと思って、本音を隠してしまう転職者が多いのですが、これは大きな間違いです。 なぜ、本音で話すことが重要なのかは、百戦錬磨の面接官には転職者が本音で話しているのか、実は一般論で話しているのかをすぐに見抜くことができるからです。 その結果、 本音で話していない=ジャッジや判断ができない=お見送りになってしまうことが多いです。 しかし、すべてを本音で話せば良いと言うわけでもないのです。 本音で話す際に重要なのは、ただ単に不満を述べるのではなく、より建設的でポジティブな転職理由を話すことです。 そのため事前に自分の考えを整理しておくようにしましょう。 何かしら不満がなければ、現職を辞めようとは思わないものなので、ついつい現職・前職の不満ばかりに目がいきがちですが、ぶっちゃけると採用企業にとって、転職者の不満はどうでもいいことで、評価の対象にすらならないのです。 例えば、自分が面接官で、面接で今の職場についての不満をダラダラと並べられたとしても「う〜ん……気持ちは分かるけど、一緒に働きたいとは思えないな……」と思ってしまいますよね。 自分が同じような転職・退職理由を言えば、面接官は同じように思うということなのです。 面接官が納得するように伝えるには「WhatとHow」を意識する! 面接官が納得して、思わず一緒に働きたい!と思うような伝え方をするには、「 What(何を言うか)」と「 How(どのように言うか)」が重要です。 現職に対する漠然とした不満も、じっくり考える時間をもうけることで、不満の根本的な原因と不満だけではない現職で良かったことなどを分解して考えられるようになります。 同時に、ポジティブな意味で、よりチャレンジしていきたい業務や分野、方向性も言語化して伝えることも大切です。 浅い答えにならないように、じっくり時間をかけて「What(何を言うか)」と「How(どのように言うか)」を意識して、転職理由を考えると良いでしょう。 面接官が転職理由で見る3つのポイント 面接を通過するための転職理由を考える際に、まずは「評価する側である求人企業の面接官が、どのようなポイントに注目して転職理由を見ているのか」を知る必要があります。 転職理由に関して、面接官が共通してチェックするポイントは以下の3つです。 この3つのチェックポイントについて、以下でより詳しく説明していきますね。 【面接官のチェックポイント】客観的に聞いていて納得感のある理由か 3つのチェックポイントの中でも重要なのが、 納得感のある理由であるかどうかです。 面接とはまったく違いますが、例えば、同じスーツでも既製品とオーダーメイドでは値段が変わってきますよね。 既製品はまとめて同じ型で作られているから安く、一方でオーダーメイドは寸法をしっかり測り、生地にもこだわっているので高いです。 さらに縫製も人の手で時間をかけておこなっているので、これなら既製品よりも高くても納得してお金を支払えますよね。 面接での転職理由でも同じことで、面接官に納得してもらえる理由であることが大切になってきます。 そこで面接官に納得してもらえる転職理由を考えるのコツを以下で3つご紹介しますね。 1、客観的に見て妥当性があるか 例えば、「定時で帰れないから転職したい」という場合、それは客観的に見て本当に転職の理由として妥当なのかという観点で精査した方が良いです。 この場合、他の会社に行っても同じような状況が起こる可能性が高いです。 これを転職理由にしていた場合は採用する側としても、評価や認めてくれない可能性が高いんです。 だからこそ、自分なりに不満や課題を感じていることがあっても、第三者に「これって転職するだけの本当の理由になり得るの?」ってことを聞いてみましょう。 2、他責性が強すぎないか 現状感じている不満が必要以上に、外部環境や他人に責任転嫁している場合もよくないです。 これも極端な例ですが、「怒られた原因が自分にあるにも関わらず、上司にかなりキツく怒られたから辞めた!」という場合は、まさにこれに該当しますね。 「本当に自分に責任や原因がなかったのか?」を冷静にしっかり考えるようにしましょう。 問題が起きたあとは、頭に血が上ってしまいがちです。 冷静に考えることが大切です。 3、変えられない事なのか? 不満や問題に対して、何らかの行動を取れば、不満や問題が解消することがあります。 そのためにしっかり行動したのかどうかが、これにあたります。 例えば、何かしら制約条件があり不満や課題を感じていた場合、それを現状改善するため自分なりにこういうような努力やアクションをしました、というのが大事です。 具体的には、上司に掛け合ってみたとか、そのようなアクションをした上で、どうしてもそれが打破できなかったなど。 他にも、物理的な制約条件だったことを証明した上で、仕方なく最後の手段として転職という手段に移ったという伝え方ができるとベストですね。 【面接官のチェックポイント】早期離職の心配はないか 面接でなぜ転職理由を質問するのか、疑問に思っている人も多いと思いますが、実は「 転職理由は入社後の早期離職のリスクを判断するための役割」も果たしています。 とくに人間関係や仕事環境に関わる内容は、転職先でも同じ問題に直面しやすいのです。 自分自身での改善の努力などがみられない場合には「また同じ理由で転職してしまうのでは?」という視点でみられる傾向にあります。 改善しようと取り組んだ姿勢や、前向きな目標・目的を示すことで、上記のような懸念を払拭することができます。 【面接官のチェックポイント】本当にそれしかないのか 「現職の不満を解消することができれば、あなたはそれだけで良い人なの? 他に仕事する上で、大切な事ってもっとないの??」と思われてしまうものです。 こういった面接官が求めがちな視点・概念を、私は転職理由における現職の不満を改善する意味での「ネガティブ回避」に対して、より前向きにこういう事を強化していきたいという意味で「 ポジティブの増幅」と呼んでいます。 ポジティブの増幅ができるように2つのポイントを以下で紹介します。 このポイントを面接官に対して上手にアピールすることができれば、アナタへの評価は高まります。 採用後にどのような強みを活かして働いてくれそうか 新卒とは違い、中途採用にあたる転職では即戦力として活躍できる強みが求められます。 これまでの経験から「何を武器に転職先で貢献したいのか」を意識して、転職理由にも関連した内容を盛り込むようにすると良いでしょう。 どんな仕事をしたいと考えているのか 2つ目は、具体的にどのような仕事に取り組みたいのかという部分です。 採用ポストに希望・能力が共に合致しているのかは、合否に直接影響します。 そのため、転職理由や志望動機で、どのような仕事をしたいのかを具体的に伝えるようにしましょう。 面接官が納得する転職理由が思いつかない場合 転職理由から面接官が何を知りたいのか分かったけど、自分で上手く考えられる自信がない人や、そもそも良い転職理由が思い浮かばない人は、 転職のプロである転職エージェントを頼るのも1つの方法です。 転職エージェントは、どういう転職理由なら面接官に刺さるのか、そのノウハウを持っています。 転職エージェントを利用すれば、転職のプロ視点からフィードバックを受けることができるので、結果として、面接の通過率を高めることができます。 大手エージェントは全業界・業種の求人を保有しているので、どんな業界や職種に転職すべきかわからない方でも幅広い提案をしてもらえます。 前の会社は完全に年功序列でした。 私自身は高い成果を挙げることができ、会社に一定レベルで貢献できていたという自負があります。 ただ、より責任ある大きな仕事や役職は、常に入社・在籍歴が長い10年以上の年配の先輩方が任されておりました。 より責任のあるもっと大きな仕事がしたい、キャリアアップがしたいと思い上司に直談判してみたのですが、年功序列は変えらず、成果や利益貢献に関わらず10年以上先でないと任せる事はできない、とのことでしたので、今回転職を決意した次第です。 自分にとってのキャリアアップ=より大きな責任のある仕事にチャレンジする事という具体的に定義することが重要です。 また、なぜ前の職場ではキャリアアップが出来ないのかという理由を明確にすることに、気を配ってください。 その状況にある中で、努力をした結果報われなかったため、転職を決意したという流れに持っていくとなお良いでしょう。 スキルアップしたい 「もっとスキルアップできる環境で挑戦したいと思い、転職を決意致しました」というのもよくある転職理由です。 キャリアアップしたいと同様に、「前の会社ではできないのか」「どうしてスキルアップしたいのか」「採用したらうちの会社にどんなメリットがある?」など、様々なことを面接官は質問してきます。 それを明確にできなければ、評価はされません。 「スキルアップしたい」でNGになってしまう理由と、ベストな回答例をご紹介します。 自分がこれまで行ってきた業務においては、一定高い成果を出せ、通常業務においては一プレイヤーとして習熟する事はできたと自負しております。 ただ、一方で、今後、新しいことを経験したり、身につけたりする機会がありませんでした。 そのような状況を改善するため、上長に新しいミッションを任せてもらえないかと交渉してみたり、なるべく他部署とのプロジェクトに積極的に参加したり、ビジネス書を読む等してきました。 一方で現職の営業経験の中でマーケティングに関わるプロジェクトを一部経験する事ができまして、営業よりもより多くの顧客にリーチを行う事ができるマーケティング業務に興味を抱きました。 しかし、今の会社ではマーケティング部門に異動できる機会がなく、御社の商材や顧客層に対してのマーケティング支援の営業経験にチャレンジする事で、自分が求めるマーケティング分野のスキルを向上する事ができ、また同時に、商材は異なりますが現職での自身の営業経験を活かす事で貴社に利益貢献できるのではと判断して、転職を決意しました。 上記のように、具体的にどのようなスキルアップを求めているのか、今の会社ではそのスキルアップができないことを伝えるようにしましょう。 会社は社員のスキルアップをどのように業績に反映させるかを考えます。 自分勝手な成長理由を語るのではなく、身につけたスキルをどのようにその会社で活用したいのかといった視点を忘れないようにしましょう。 キャリアチェンジしたい 新しいことにチャレンジしたくて、転職を決意する人も中にはいます。 挑戦し続ける姿勢は良いのですが、なぜキャリアチェンジをしたいのか、明確にしないと飽きっぽい人なのでは?と思われてしまうので注意が必要です。 5年間営業を続けてきましたが、営業を続けていく中でお客様の生の声を直接聞く機会が多く、 そういったお客様のニーズに応えるように商品の企画をしてみたいという思いが強くなったため、転職を決意しました。 前職と違う仕事をしたい理由を明確にした上で、向上心のある人材という印象を与える伝え方がポイントです。 キャリアチェンジという理由自体がとても好印象なので、後はそれをどれだけ磨き上げるかにかかっています。 ただ、「前職は自分に合わないと感じ、キャリアチェンジがしたくて転職を決意しました」というように、「前の仕事が合わないから」という根拠はNGです。 それよりも「前職で培った経験やスキルを活かして、もっと別の分野で活躍したい」というチャレンジ精神をアピールしたほうが、効果的でしょう。 繰り返しになりますが、転職理由は全てにおいて、前向きが1番です。 やりがいのある仕事がしたい 「もっとやりがいのある仕事がしたいと考え、転職を決意致しました」は20代に多い転職理由です。 やりがいという定義は難しいので、面接官としては自社にやりがいを感じなければまた辞めてしまうのでは?と警戒してしまいます。 「やりがいのある仕事がしたい」でNGになってしまう理由と、ベストな回答例をご紹介します。 現職では、自社の採用業務を任されています。 2年間毎日、面接業務を担当してきたことで、その人の適性や人柄を限られた時間の中で見極める能力が身につきましたが、毎日同じことの繰り返しで、やりがいの部分で物足りなさを感じるようになりました。 採用のスペシャリストになるために、採用方法の設計や、入社後の教育や評価制度についての知識も身につけたいと考えております。 現在の職場は、採用部門も採用設計・面接・教育・制度設計の業務フローごとに担当がいるため、これらの知識を身につけることが難しい状況です。 そのため、面接だけではなく、採用設計や教育、制度設計などの採用全般の業務に携わるチャンスのある環境で、より仕事の幅を広げたいと思い転職をしようと思いました。 仕事に対するやりがいは人それぞれ違います。 「仕事の幅が広がること」「昇進すること」「年収アップ」など、にとによって「やりがい」という定義は異なってくるのです。 自分にとってのやりがいが何なのか、しっかりと言語化・定義しておき、現職・前職では自分の思うやりがいにミスマッチや不一致が出ていることを具体的に伝える必要があります。 将来性のある仕事がしたい 「前職の会社では将来性が感じられず、転職を決意致しました」というのもよくある転職理由です。 将来性という言葉は簡単に使えるため、ついつい使ってしまいますが、面接官にしてみれば「じゃあ、あなたにとっての将来性ってなんなの?」と思うわけです。 「将来性のある仕事がしたい」でNGになってしまう理由と、ベストな回答例をご紹介します。 前職では、銀行の法人営業を担当しておりました。 競合の企業の倒産や合併という話も聞きますし、前職で勤めていた会社でも業績が停滞し、リストラの話も上がっておりました。 業界モデル的にも、これから先の飛躍が見込めないのではないかと不安になった時、このままこの業界で営業の仕事を続けていて良いのか?という疑問と、別の業界でこれまで身につけてきた営業のスキルをさらに磨いていきたいと思い転職に思い至りました。 やりがいと同じように、自分自身にとっての「将来性」が何なのかをしっかり定義するようにしましょう。 将来性とは「自分自身の能力・スキルアップなのか」「会社でのポジションが上がることなのか」「会社が倒産しない安定性なのか」など、自分の中でどういう定義なのか、明確に答えられるように考えてみてください。 面接では将来性の定義を明示するとともに、その将来性を志望動機と絡めて話せるようにしておくと、一貫性があって面接官を納得させやすいです。 また、ネガティブになりがちな退職理由を上手く伝えるコツや、対象者別に転職理由の伝え方を解説している記事もあるので、以下の記事も参考にしてください。 前職の不満・ネガティブ要素を他責にすることなく、ポジティブに伝えること• より前向きにこういう事を強化していきたいというポイントをアピールすること この点を踏まえて前向きな転職理由として「スキルアップ」「やりがい」「業界や会社の将来性」といった内容を話そうかな…?と思っている人も多いと思います。 しかし、「もっとスキルアップしたい!」「もっとやりがいのある仕事に挑戦したくて……」「もっと将来性のある環境で働きたくて……」という前向きな転職理由を伝えたにも関わらず、サクッと面接で落とされてしまうというケースは非常に多いです。 ちゃんと考えたのになぜ!?と思われる人も多いので、その理由について以下で詳しく説明していきますね。 一般論では刺さらない 一生懸命考えた転職・退職理由でも、実は多くの転職者が既に同じようなことを伝えているため、一般論になってしまっているケースは案外多いです。 このようなケースは、どんなに頑張って考えたとしても、本人にとってのリアルな転職理由として受け取ってもらえないのです。 面接官はその企業に勤めている社員です。 自社がとても素晴らしい環境ではなく、実際には大変な仕事も多いと認識していることがほとんどです。 自社での大変な仕事や環境を乗り越えられるだけの「 あなたなりの理由や動機付け」が本当にあるのかを厳しく見極めようとしているのです。 そうした視点でジャッジされるので、浅い一般論を伝えるだけでは評価してくれません。 「アナタにとってのスキルアップって何?」「アナタにとってのやりがいって何?」「アナタにとっての将来性って何?」など、主語をあなたにした場合のリアルな意志や動機づけを求めているのです。 それらを答えられるようにすることが、何よりも大切なのです。 必ず自分なりの原体験をセットにして伝えよう 主語が自分になった場合、どうしたらリアルな意志や動機付けを伝えられるのか、ですよね。 ズバリ、 必ず原体験を一緒にして伝えるようにしましょう。 一生懸命考えた転職理由や志望動機が他の転職者と似たとしても、原体験までは似てきません。 これまでの人生で体験してきたことを転職理由や志望動機に結びつけるようにするだけで、アナタだけの転職理由や志望動機になるのです。 転職理由や面接が不安な人は転職エージェントに相談! 面接では、「なぜ転職をしようと思ったのですか?」と絶対に聞かれます。 その際に第三者目線で、転職理由をちゃんと言語化しておくことが求めらます。 正直、自分1人ではこの答えを導くのが難しいため、 転職の専門家である転職エージェントにアドバイスを貰うのが良いでしょう。 しかし今回がそもそも初めての転職で、転職エージェントってキャリア相談にちゃんと乗ってくれるの?とか、転職先をちゃんと紹介してくれるのか?など不安を感じるのではないでしょうか? 確かに転職エージェントは、私のような中小エージェントから、大手企業と数多くあり、良い・悪いがあります。 今回が初めての転職という方は、まず念のため大手の転職エージェントに登録をしてみるのも1つの手段です。 そこで転職のプロである私がおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント 大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。 さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

次の

面接で転職理由・退職理由を「スキルアップ(成長・専門的な技術を学びたい)」にした場合の伝え方

転職 理由 スキル アップ

<目次>• 転職理由から採用担当者が判断する内容とは 「転職理由」からは、その人の仕事に対する姿勢や考え方を知ることができます。 たとえば、実績がないにも関わらず「新しいことに挑戦したい」と言うのであれば単に根気がないだけの可能性がありますし、環境が劣悪な状況でも「やり遂げたと言えるところまできたので、次のステージへ進みたい」というのであれば、ストレス耐性が強いと判断します。 転職に成功して入社してもまたすぐ退職すると、採用にかけた費用や時間はムダになってしまいます。 そうならないため、企業側は転職理由からあなたの本気度やストレス耐性を見極めようとするのです。 では、どんな転職理由を書いたらいいのでしょうか。 年齢別・職種別、未経験の仕事に挑戦する場合について、伝えるべき内容をまとめました。 転職理由で伝えるべき内容……第二新卒の人の場合 社会人歴が浅いので、採用担当者はこれからの成長に期待します。 「さらにステップアップしたい」という向上心は、未来への可能性を与えます。 反面、学生のアルバイト感覚のままの人や、安定や福利厚生の充実、自分の利益ばかり気にする理由を書くと、「これ以上の成長は見込めない」という印象を与えてしまうので要注意。 例えば「サービス残業が多かった」「退職金が期待できる会社がよかった」などはNGです。 転職理由で伝えるべき内容……30歳以上の人の場合 社会人としての経験も熟してきた年齢なので、分析力やリーダーシップなどの自分の強みや弱み、上司への報告の仕方や納期に対する意識など働き方のスタイルが確立している人が多いでしょう。 そのため「これまでの経験を生かして次のステップへ行きたい」と具体的経験を書くことで、経験を活かして着実に活躍してくれるイメージを持つでしょう。 転職理由で伝えるべき内容……未経験の人の場合 経験のない職種に応募する際に、「今の仕事は自分に向いていないので転職したい」と書く人がいますが、これはNG。 企業にとってあなたが仕事の向き不向きをどう考えているのかは、正直、どうでもよいことであり、大切なのは「新しい仕事で成果を上げてくれるのか」という一点です。 よって、たとえば営業から企画に転職したい場合は、「営業をしているうちにチームの企画や営業管理をまかせられるようになった。 それらに興味をもったので、より知識を深め実績を積んでいきたい」のように、前職からの流れと次の仕事との関連と、転職を思い立った経緯があるとよいでしょう。 転職理由の書き方・伝え方は職種別で違いがある? 営業職、企画職、エンジニア、バックオフィスなどいろいろな職種がありますが、職種によって転職理由を意識する必要はありません。 採用担当者はあなたのことを1人の社会人として判断をしようとしているのであって、スキル面を見ているわけではないからです。 ネガティブな志望動機の言い換え例! 嘘はNG 転職理由にネガティブな感情が出てしまうのは仕方のないこと。 でも、それをそのまま表現してはいけません。 好印象を与える転職理由の書き方を紹介します。 本音の転職理由を書き出す 「給料が安い」「労働時間が長い」「上司が嫌だ」「仕事がつまらない」などのように、まずは本音の転職理由を書き出します。 本音の転職理由を書き出す理由は、自分の中での一貫性を確認するためです。 見栄えのいい嘘の理由を作り上げても、相手は採用のプロ。 にいろいろな質問を受け答えていく過程で矛盾が生じ、嘘だとわかって信頼を失ってしまいます。 でも、本当の転職理由を起点としているのであれば、当然そんな矛盾は生じません。 ただ、表現方法を変えればいいだけなのです。 ネガティブな理由を前向きな理由として伝える 例えば、本音の転職理由に対し、以下のような言い換えができます。 それをポジティブな転職理由に変換させることで、ポジティブな印象を与えることができます。 転職理由のNG例文……「待遇が悪い」「労働時間が長い」などはダメ 転職理由のNG例として多いのが次の3つです。 本音として無意識に書いてしまう人も多いので、ご注意を。 正当性があればよいですが、会社側としても保証できるものではないので、敬遠されるでしょう。 人間関係の問題は多様な価値観の人間がいる組織ではなくなることはありません。 採用企業は、人間関係を円滑にできる人を望んでいるので、ポジティブな印象にはならないでしょう。 裏を返せば自分に自信がなく、会社に依存したいという気持ちの表れとも捉えられます。 転職理由の書き方、注意点 転職理由を書く際は、以下の点に注意してください。 1.転職で変えることができない問題点を書かない 例えば「上司と性格が合わない」「将来性が不安だ」などです。 どんな会社にも性格が合わない上司はいますし、どんな会社でも将来性が安泰という会社はありません。 2.転職理由は2つまで、そして短く書く 理由が多すぎたり文章が長すぎたりすると、言い訳に思われたり文句の多い人だと勘違いされてしまいます。 一般的には、1、2つを短く書くのがよいでしょう。 3.セクハラ、パワハラが本当の転職理由の場合どうするか? 転職理由がセクハラやパワハラの場合、訴えたくなる気持ちもわかりますが、そのまま書いてしまうと印象はよくありません。 セクハラやパワハラにどの企業も慎重になっているので、訴訟の種になりやすいという印象を与えてしまいます。 転職理由に書くのはやめておいたほうが無難です。 4.「ありのまま」の自分を表現しない 転職希望者から相談を受ける内容としてよくあるのが、「ありのままの自分を見てもらいたいので、転職理由は嘘をつきたいくない」というものです。 確かにその通りで、嘘はいけません。 嘘をついて入社してもいいことはないですし、内定取り消しの対象になる可能性すらあります。 しかし、嘘をつくのではなく相手に伝わりやすい表現を丁寧に工夫することは、極めて重要です。 例えば、営業職の人が得意先で、「いや~、本音で言うとうちの商品、他社とだいたい同じで特徴がなくって……」と言われたら、この営業から買いたいと思う顧客はいないでしょう。 できる営業なら、顧客の特性や希望をヒアリング・観察して一番ベストな商品やサービスを提案するはず。 そのため、「相手に合わせて表現方法を変える」ことが必要なのです。 転職理由は端的に!長すぎると言い訳がましい 転職理由は、150字~200字程度の短いものでもかまいません。 逆に800字など長すぎると、言い訳がましくなります。 転職理由と自己PRどちらが大切かといえば、自己PRです。 同じ時間を使うなら、自己PRにウェイトを置きましょう。 自分に何ができるのか、その強みこそが大事です。 転職理由は、応募先企業の社風に合うか、すぐに退職しないかどうかのリトマス試験紙のような位置づけになのです。 【関連記事】•

次の

職務経歴書の退職理由・転職理由の書き方(例文付)|ケース別の書き方解説!

転職 理由 スキル アップ

<目次>• 転職理由から採用担当者が判断する内容とは 「転職理由」からは、その人の仕事に対する姿勢や考え方を知ることができます。 たとえば、実績がないにも関わらず「新しいことに挑戦したい」と言うのであれば単に根気がないだけの可能性がありますし、環境が劣悪な状況でも「やり遂げたと言えるところまできたので、次のステージへ進みたい」というのであれば、ストレス耐性が強いと判断します。 転職に成功して入社してもまたすぐ退職すると、採用にかけた費用や時間はムダになってしまいます。 そうならないため、企業側は転職理由からあなたの本気度やストレス耐性を見極めようとするのです。 では、どんな転職理由を書いたらいいのでしょうか。 年齢別・職種別、未経験の仕事に挑戦する場合について、伝えるべき内容をまとめました。 転職理由で伝えるべき内容……第二新卒の人の場合 社会人歴が浅いので、採用担当者はこれからの成長に期待します。 「さらにステップアップしたい」という向上心は、未来への可能性を与えます。 反面、学生のアルバイト感覚のままの人や、安定や福利厚生の充実、自分の利益ばかり気にする理由を書くと、「これ以上の成長は見込めない」という印象を与えてしまうので要注意。 例えば「サービス残業が多かった」「退職金が期待できる会社がよかった」などはNGです。 転職理由で伝えるべき内容……30歳以上の人の場合 社会人としての経験も熟してきた年齢なので、分析力やリーダーシップなどの自分の強みや弱み、上司への報告の仕方や納期に対する意識など働き方のスタイルが確立している人が多いでしょう。 そのため「これまでの経験を生かして次のステップへ行きたい」と具体的経験を書くことで、経験を活かして着実に活躍してくれるイメージを持つでしょう。 転職理由で伝えるべき内容……未経験の人の場合 経験のない職種に応募する際に、「今の仕事は自分に向いていないので転職したい」と書く人がいますが、これはNG。 企業にとってあなたが仕事の向き不向きをどう考えているのかは、正直、どうでもよいことであり、大切なのは「新しい仕事で成果を上げてくれるのか」という一点です。 よって、たとえば営業から企画に転職したい場合は、「営業をしているうちにチームの企画や営業管理をまかせられるようになった。 それらに興味をもったので、より知識を深め実績を積んでいきたい」のように、前職からの流れと次の仕事との関連と、転職を思い立った経緯があるとよいでしょう。 転職理由の書き方・伝え方は職種別で違いがある? 営業職、企画職、エンジニア、バックオフィスなどいろいろな職種がありますが、職種によって転職理由を意識する必要はありません。 採用担当者はあなたのことを1人の社会人として判断をしようとしているのであって、スキル面を見ているわけではないからです。 ネガティブな志望動機の言い換え例! 嘘はNG 転職理由にネガティブな感情が出てしまうのは仕方のないこと。 でも、それをそのまま表現してはいけません。 好印象を与える転職理由の書き方を紹介します。 本音の転職理由を書き出す 「給料が安い」「労働時間が長い」「上司が嫌だ」「仕事がつまらない」などのように、まずは本音の転職理由を書き出します。 本音の転職理由を書き出す理由は、自分の中での一貫性を確認するためです。 見栄えのいい嘘の理由を作り上げても、相手は採用のプロ。 にいろいろな質問を受け答えていく過程で矛盾が生じ、嘘だとわかって信頼を失ってしまいます。 でも、本当の転職理由を起点としているのであれば、当然そんな矛盾は生じません。 ただ、表現方法を変えればいいだけなのです。 ネガティブな理由を前向きな理由として伝える 例えば、本音の転職理由に対し、以下のような言い換えができます。 それをポジティブな転職理由に変換させることで、ポジティブな印象を与えることができます。 転職理由のNG例文……「待遇が悪い」「労働時間が長い」などはダメ 転職理由のNG例として多いのが次の3つです。 本音として無意識に書いてしまう人も多いので、ご注意を。 正当性があればよいですが、会社側としても保証できるものではないので、敬遠されるでしょう。 人間関係の問題は多様な価値観の人間がいる組織ではなくなることはありません。 採用企業は、人間関係を円滑にできる人を望んでいるので、ポジティブな印象にはならないでしょう。 裏を返せば自分に自信がなく、会社に依存したいという気持ちの表れとも捉えられます。 転職理由の書き方、注意点 転職理由を書く際は、以下の点に注意してください。 1.転職で変えることができない問題点を書かない 例えば「上司と性格が合わない」「将来性が不安だ」などです。 どんな会社にも性格が合わない上司はいますし、どんな会社でも将来性が安泰という会社はありません。 2.転職理由は2つまで、そして短く書く 理由が多すぎたり文章が長すぎたりすると、言い訳に思われたり文句の多い人だと勘違いされてしまいます。 一般的には、1、2つを短く書くのがよいでしょう。 3.セクハラ、パワハラが本当の転職理由の場合どうするか? 転職理由がセクハラやパワハラの場合、訴えたくなる気持ちもわかりますが、そのまま書いてしまうと印象はよくありません。 セクハラやパワハラにどの企業も慎重になっているので、訴訟の種になりやすいという印象を与えてしまいます。 転職理由に書くのはやめておいたほうが無難です。 4.「ありのまま」の自分を表現しない 転職希望者から相談を受ける内容としてよくあるのが、「ありのままの自分を見てもらいたいので、転職理由は嘘をつきたいくない」というものです。 確かにその通りで、嘘はいけません。 嘘をついて入社してもいいことはないですし、内定取り消しの対象になる可能性すらあります。 しかし、嘘をつくのではなく相手に伝わりやすい表現を丁寧に工夫することは、極めて重要です。 例えば、営業職の人が得意先で、「いや~、本音で言うとうちの商品、他社とだいたい同じで特徴がなくって……」と言われたら、この営業から買いたいと思う顧客はいないでしょう。 できる営業なら、顧客の特性や希望をヒアリング・観察して一番ベストな商品やサービスを提案するはず。 そのため、「相手に合わせて表現方法を変える」ことが必要なのです。 転職理由は端的に!長すぎると言い訳がましい 転職理由は、150字~200字程度の短いものでもかまいません。 逆に800字など長すぎると、言い訳がましくなります。 転職理由と自己PRどちらが大切かといえば、自己PRです。 同じ時間を使うなら、自己PRにウェイトを置きましょう。 自分に何ができるのか、その強みこそが大事です。 転職理由は、応募先企業の社風に合うか、すぐに退職しないかどうかのリトマス試験紙のような位置づけになのです。 【関連記事】•

次の