アラジン マジックグリラー。 有吉ゼミの煙の出ないホットプレート・グラファイトグリラーの口コミ

「煙」「油」「ニオイ」を気にせず、快適調理!グラファイトグリラーの技術を用いた新モデル!『Aladdin グラファイト マジックグリラー』新発売|日本エー・アイ・シー株式会社のプレスリリース

アラジン マジックグリラー

参考ブログ家えログ こちらのブログでは、実際にいろいろな食材を調理している画像がアップされています。 見たところ、割と食材を乗せられるような印象ですね。 グラファイトグリラーで作れるメニュー グラファイトグリラーは肉や魚、野菜などを焼くだけでなく、以下のおしゃれなメニューも作れます。 グリルビビンバ• 小松菜とエリンギの肉巻き• アップル春巻き• 明太子のブルスケッタ• チーズタッカルビ• サーモンとキノコの炙り• バナナとマンゴーのグリル アイスクリーム添え など。 これらのメニューはほんの一例で、公式サイトには合計40種類以上のレシピが掲載されています。 これらのレシピは一流ホテルの協力を得て作成されているため、ご自宅にいながら一流ホテルのメニューを楽しめるかも!? ヘルシー ネットで油をカットが可能 グラファイトグリラーは油を敷かずに調理できるため、 食材の油カット効果を期待できます。 これなら、ダイエットを意識している方も楽しく調理できそうです。 グラファイトグリラーは遠赤グラファイト搭載 グラファイトグリラーには株式会社千石の特許技術・遠赤グラファイトが搭載されています。 この機能は鉄の約10倍もの熱伝導率ですぐにプレートを温める働きがあります。 つまり、 プレートが温まるまでじっと我慢する必要がなく、すぐに食材を焼けるということです。 グラファイトグリラーの特徴 それでは、グラファイトグリラーの特徴について簡単にご紹介しましょう。 低煙仕様 グラファイトグリラーは下からの熱で食材を焼く構造になっているため、食材の脂が下に落ちて煙が出にくい構造になっています。 また、脂が下に落ちるため、従来のホットプレートのように調理中の脂の飛び散りが少ないという特徴もあります。 バラエティに富んだメニュー作りが可能 グラファイトグリラーは焼き物だけでなく、炙り料理や干物、スイーツと、幅広い調理が可能です。 お手入れが簡単 部品を取り外せて水洗いできるため、調理後のお手入れが簡単です。 マジックプレート付属 チーズ、ソース、たれなどの液体を使えるマジックプレート付きです。

次の

【アラジン】新型グラファイトグリラー「煙やニオイが気にならない」

アラジン マジックグリラー

グラファイトグリラー本体購入時の考え グラファイトグリラーなるものが若干怪しく感じていたこともあり、高いのを買って使わなくなるのは一番避けたい事態。 ということもあり、百貨店モデルと量販店モデルを比較した際、付属品なんていらいないし1万3000円ほど価格が違ってくるのはかなりでかい。 には後ろ髪をひかれましたが、とりあえずグリルプレートで焼肉やってみて、 そのうえで魚などを焼きたくなってきたら単品購入も可能みたいだったので、欲しくなったら追加購入しようと決めて量販店モデルを購入しました。 ちなみに、グラファイトグリラー量販店モデル+ヘルシーネット単品の方が総額は安いです。 このときは「グリルプレート」と「マジックプレート」はホボ同じものと考えてました。 (マジックプレートはチーズフォンデュできるぐらいのもの?ってイメージでした) 実際に使ってみて思ったこと グラファイトグリラーには大満足。 ホットプレートなどより断然気に入りました。 焼肉は美味しく食べれたし、魚にも使ってみたいと思い即ヘルシーネットを追加購入。 でもね。 量販店モデルを使用していて、すごい残念なことが一つ。 ) ということで、焼肉などをしたら100%焦げがつくし、焦げを洗って落とすのがメチャクチャめんどくさい。 最初の頃は新しいものを購入したドキドキもあり、焦げを落とすのも苦にはならなかったのですが、これが1ヵ月を越えたあたりからすんごいめんどくさい。 ちょっと焼肉やろうかなと思えない。 もう一つの問題もありました。 グリルプレートの隙間が大きすぎて小さいお肉が落ちてしまうという問題。 ただそれは、メッシュシートを工夫すると解決しました。 でもね。 どーしても焦げは我慢できない。 こすっても落ちないし。 重曹を使ったら落ちるけど、それもめんどくさくなってきました。 焦げを落とすには本気で気合いを入れて洗わないとだめです。 ふと気づく グラファイトグリラーを紹介しているページやYoutubeを見ていると、 旧モデル CAG-G13AS のグラファイトグリラーのプレートは焦げがついてない。 というか焦げ付きにくい仕様になってるポイ。 新型は当然同じ感じかそれ以上だと勝手に勘違いしてましたが、廉価版のためか、 量販店モデルはプレートが劣化してる。 フッ素コーティングっぽい。 ということに気づきました。 フーライは以前に、ザイグルという無煙ロースターを購入したのですが最大の特徴はモチロン煙やニオイが出にくいということ。 次に、ザイグルプレートは焦げ付きにくい仕様になっておりクッキングペーパーで拭くとホボ焦げが落ちてスゴイ手間いらず。 こんなイメージだったのでグリルプレート ただの鉄)の焦げを重曹などでとるのが苦痛でたまらない。 ニオイ、煙を気にせず調理でき、波型になっているので脂が落ちやすい仕組みになっています。 アラジンのマークがかっこいい。 中身はこんな感じ 開封すると、マジックプレートと、レシピなどが載った冊子が入っていました。 9cm 重さ:約1. 隙間のお陰で、食材から出た余分な脂が落ちやすくなっててヘルシーに調理できます。 それに脂が下のトレイ落ち、プレートに溜まることがないので煙を抑えることができているようです。 切り野菜や細かい野菜など、こぼしたくないものを焼きたい時に使うのがおすすめなようです。 まだそこで野菜を焼いたことは無いけど、焼きあがった肉などを置いておくのに便利です。 スリットテーブルの手前は、 ワイドスペースです。 じっくり火を通して焼きたい時や、チーズやソース・たれなどの液体をそこで温めることができます。 スリットテーブル、ワイドスペース、サイドポケット 各部ではたらきは違いますが、どの部分でも食材は焼けます。 本体にセットした感じ グリルプレートの時より、重量感、存在感を感じます。。。 グラファイトグリラー本体にプレートをセットした状態でテーブルに乗せる時がほとんどなのですが、マジックプレートをセットしたままだとなかなかな重さになります。 テーブルに乗せる際は別にして乗せると楽です。 水もトレイに入れないといけないですしね。 厚切り牛タンのせてみました 厚切りで大きめの牛タンだったのですが、余裕でのりました。 購入前はスリットテーブル部分が狭いと思っていたので、でっかい肉がのせられないのも嫌だなーとか思ってたけど間違いでした。 意外と乗せれました。 ただ、たくさんの量を一気に焼きたいとかだと向いてないかもしれません。 アラジン グラファイトグリラー レシピ レシピ集はこんな感じです。 グリルプレートを使用したレシピが5品ほど載っていました。 そんなに数は載っていないのですが、こんな風に使えるのかと参考になります。 ちなみにアラジン公式サイトには他にも色々レシピが載ってますよー。 まとめ 焦げがつかない!ついてもキッチンペーパーでホボとれる。 は絶対に購入すべきアイテムです。 洗い物が得意とか洗い物が大好きという方以外は、絶対に購入することをオススメします。 グリルプレートやだと焼く場所・食材の置く場所によって加熱状況が大幅に変わって結構大変なんです。

次の

加西市 ふるさと納税 アラジン グラファイトマジックグリラー CAC

アラジン マジックグリラー

スポンサードリンク AEG-G13A W とCAG-G13B G の違いは? 「AEG-G13A W 」も「CAG-G13B G 」も、グラファイトグリラーとしての機能や性能は全く同じです。 違っているのは付属品です。 「AEG-G13A W 」には新プレート「グリルプレート」が付属しています。 一方の「CAG-G13B G 」には「マジックプレート」が付属されています。 また、「CAG-G13B G 」には、ヘルシーネット、トング、本体カバー、収納バッグも付属されていますが、「AEG-G13A W 」にはこうしたものは付属されていません。 つまり、「AEG-G13A W 」はグリルプレートのみが付属されたシンプルなモデル、「CAG-G13B G 」は様々な付属品が付いた豪華なモデルということです。 当然、両者の価格も違っており、• AEG-G13A W 20,000円(税別)• CAG-G13B G 32,000円(税別) となっています。 要するに、シンプルで安い方がイイ!という方は量販店で「AEG-G13A W 」を、どうせなら豪華な方がイイ!という方は百貨店で「CAG-G13B G 」を買って下さいということですね。 まあ、ネットならどちらも買えますけど・・・ 量販店モデル「AEG-G13A W 」の特徴 「AEG-G13A W 」に付属されている新プレートは、軽量化と加熱性能向上が実現された「グリルプレート」です。 、 これにより調理時間が短縮されると共に、独自のスリットと曲面によって食材の脂を落とすことでヘルシーな調理が出来ます。 まあ、普通に肉、魚、野菜などを焼く分にはこれで十分かも。 また、本体カラーがグラファイトグリラーとしては初となる新色「ホワイト」であることもポイント。 独特な雰囲気を持った「アラジングリーン」も良いですが、やはり清潔感のある「ホワイト」に惹かれる方も多いでしょうね。 スポンサードリンク 百貨店モデル「CAG-G13B G 」の特徴 「CAG-G13B G 」には「マジックプレート」が付属されています。 この「マジックプレート」は、これまで別売りとして販売されていたものですが、チーズやソース、たれなどの液体を使用した調理も楽しめるというのが大きなメリットです。 つまり、単に食材を焼くだけでなく、焼いた食材を温めたチーズやソースなどに絡めて食べることもできます。 要するに、調理の幅がより広がるということですね。 また、「CAG-G13B G 」には「ヘルシーネット」も付属されています。 この「ヘルシーネット」を使えば焼く面積(網の面積)が広がるので、普通に多くの食材を焼きたい場合には良さそうです。 なお、付属されているオリジナルトングは先端部が細くスマートなデザインになっていて使い勝手も良さそうです。 AEG-G13A W とCAG-G13B G の価格と通販情報 アラジン・ダイレクト・ショップでのアラジン グラファイトグリラーの販売価格は• AEG-G13A W 21,384円(税込)• CAG-G13B G 34,560円(税込) となっていますが、楽天市場やヤフーショッピングなどでは、これよりも安く販売しているところもあるようです。 なお、2019年モデル「CAG-G13B G 」と初代モデル「CAG-G13A G 」はよく似ているのでご注意ください。 「B」と「A」の違いですよ。

次の