遺族 年金 要件。 遺族年金は年収850万円未満の所得制限、実は年収851万円でも大丈夫。裏技も紹介します。

遺族基礎・厚生年金の「遺族の要件」や「年金額」等について

遺族 年金 要件

遺族年金とは、大黒柱の方に万が一のことがあった際に、残された遺族に支給される公的年金のことです。 残された家族にとっては、生活費を確保するための大切な保障です。 ほとんどの人が受けられる保障ですが、受けられない方もいるので受給条件は必ず確認しておかなければいけません。 遺族基礎年金と遺族厚生年金は少し受給条件が違うので注意が必要です。 そこでこの記事では• 遺族基礎年金の受給条件• 遺族厚生年金の受給条件• 遺族年金の寡婦年金と死亡一時金• 遺族年金の支給目安金額 をお伝えします。 遺族年金は年金に加入していれば受けられる保障ですが、ご不安な方は自分が受給対象となるのかこの記事をお読みいただいて確認頂ければと存じます。 はじめに:遺族年金は2種類ある 遺族年金は公的年金の一つですが、遺族年金を大きく分けると以下の2種類になります。 遺族基礎年金(自営業)• 遺族厚生年金(会社員・公務員) どの遺族年金を受け取れるかについては、亡くなった人の職業によって異なります。 そして、遺族年金をもらえる遺族の範囲も年金の種類によって異なります。 基本的には自営業の方は「遺族基礎年金」、会社員の方は「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の両方が保障の対象となります。 それではこれから各種受給条件を見ていきましょう。 遺族基礎年金の基本受給条件 遺族基礎年金を受給するには、以下の4つのうちいずれかに該当する必要があります。 国民年金に加入していること• 国民年金に加入していた人で日本国内に住所があり年齢が60歳以上65歳未満• 老齢基礎年金を受給中• 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている 1. の要件を満たすには、保険料を納付していたことが必要となります。 保険料が納付されている要件 基本的に国民年金に加入していることが受給条件になりますが、具体的には保険料が納付されているとは以下の2つの条件いずれかを満たしていることが必要です。 亡くなった日の2ヶ月前までの被保険者期間の中で保険料納付期間と保険料免除期間の合計が3分の2以上であること• 亡くなった日の2ヶ月前までの1年間に保険料支払いを滞納していないこと この2つのうちどちらかを満たしていないといざという時に保障が受けられませんので注意しましょう。 遺族年金の受給制限 遺族基礎年金を受給できる遺族の条件は、亡くなった人によって生計が維持されていた子供のいる配偶者または子供です。 生計が維持されていたと証明するためには、原則として遺族の年収が850万円未満であることが要件となります。 また生計が同一であるという要件を満たす必要もあります。 子供とは、以下の条件のいずれかを満たしていなければなりません。 18歳到達年度の3月31日を経過していない子供• 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子供 この条件を満たすことにより、遺族年金の保障の対象となります。 遺族厚生年金の基本受給条件 遺族基礎年金を受給するには、以下の5つのうちいずれかに該当をする必要があります。 厚生年金に加入している• 厚生年金の加入中に初診日のある傷病が原因で初診日から5年以内に死亡した• 1級または2級の障害厚生年金を受給• 老齢厚生年金を受給している• 老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている 遺族基礎年金と同様に1. の要件を満たすには、保険料をきちんと納めていなければなりません。 保険料が納付されている要件 厚生年金は給与天引きになっていることがほとんどなので、会社員の方は問題ないと思いますが、遺族基礎年金と同じく保険料納付されていないといけません。 以下の2つの条件いずれかを満たしていることが必要です。 亡くなった人の保険料納付期間が国民年金加入期間の3分の2以上• 死亡日の2ヶ月前までの1年間に保険料の滞納がないこと 注意点としては、2. の条件は亡くなった人が死亡日に65歳未満であることが必要です。 遺族厚生年金の受給優先順位 遺族厚生年金を受給できる遺族の条件は、配偶者や子供だけではありません。 亡くなった人によって生計を維持されていた遺族となります。 以下が優先順位となります。 配偶者または子供• 祖父母 1. の配偶者または子供とは、遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方を受給することができます。 遺族基礎年金では、子供がいない配偶者が受給できませんでしたが、遺族厚生年金は子供がいない配偶者も受給が可能です。 ただし、その配偶者が30歳未満の妻であれば、5年間しか受給できないことを注意しましょう。 しかし、子供がいない配偶者が40歳以上であれば、65歳になるまで遺族厚生年金に中高齢寡婦加算が加算されて支給されるケースもあります。 そして2. 父母と3. 祖父母には55歳以上の人が60歳になったときから支給が始まるという年齢の要件が設けられています。 遺族年金の寡婦年金と死亡一時金 先ほどお伝えした遺族基礎年金と遺族厚生年金とは別に寡婦年金と死亡一時金があります。 寡婦年金 保険料納付期間が25年以上ある自営業の夫が死亡したとき、第1号被保険者期間だけで計算した年金額の4分の3が支給されるものです。 受け取れるのは婚姻関係が10年以上あり65歳未満の妻で60歳から65歳までの5年間受け取れます。 ただし亡くなった夫が老齢基礎年金や障害年金を受給していたり、妻が老齢基礎年金の繰り上げを受給している場合は受け取ることができません。 死亡一時金 第1号被保険者として保険料を3年納めた人が老齢基礎年金や障害基礎年金を受け取らないまま亡くなった場合は死亡一時金が受け取れます。 寡婦年金のどちらも受けられる場合は一方を選んで受け取ります。 死亡一時金の金額は納付期間と保険料免除期間に応じて12万円~32万円なります。 参考:遺族年金の支給される金額 最後に参考までに遺族年金からどれくらいの金額が支給されるのかお伝えしたいと思います。 遺族年金は職業・所得・保険料払込期間によって支給金額が変わりますが、遺族年金の金額の目安は以下のようになります。 【遺族年金支給額目安(2018年12月時点)】 このように家族構成や職業によって支給金額が違いますが遺族が生活をしていく上で一定の金額は受取れます。 詳しくは「」でお伝えしていますので、是非参考にしてください。 まとめ 遺族年金は年金に加入をしていれば、受けられる保障です。 ただし、一定の要件があり、自分が本当に受けられるのか確認しておかなければいけません。 遺族年金は大黒柱の人に万が一があった時に、ご家族が生活費を確保するのに重要な大きな保障となります。 そして、生命保険に加入するときには遺族年金から保障がいくら受けられるか確認してから、どれくらい民間の生命保険が必要か金額を決めます。 よって生命保険に加入するときには遺族年金がしっかりと受けられるのか確認してから加入しなければいけません。 上記の表はあくまでも目安となりますので、自分に万が一があった場合にどれくらい保障が受けられるのかも併せて確認しておくとよいでしょう。

次の

遺族年金の受給条件|必ず知っておきたい4つのポイント

遺族 年金 要件

遺族共済年金 受給要件 組合員の方や退職共済年金等を受けている方などが、次の1から4のいずれかに該当したときは、遺族の方に遺族共済年金が支給されます。 組合員の方が死亡したとき。 組合員であった間に初診日がある傷病により、退職後、その初診日から5年以内に死亡したとき。 障害共済年金(1級、2級)の受給権者または障害年金(1級~3級)の受給権者が死亡したとき。 1から3を「短期要件」といいます。 組合員期間等が25年以上の方または退職共済年金等の受給権者の方が死亡したとき。 4を「長期要件」といいます。 (注)• 短期要件と長期要件の両方に該当するとき(たとえば、組合員期間等が25年以上の組合員の方が死亡したときなど)は、遺族の方の申出がなければ「短期要件」に該当することとされています。 短期要件による遺族共済年金の額の計算においては、300月みなしの保障措置があります。 「組合員期間等が25年以上」についてはをご覧ください。 配偶者および子• 祖父母 (注)• 子や孫については、18歳に達した日以後の最初の3月31日までの間にあってまだ配偶者がない方か、組合員若しくは組合員であった方の死亡当時から引き続き障害の程度が1級又は2級に該当している方となります。 夫、父母、祖父母は60歳以後の支給となります。 生計維持関係については、加給年金額が支給される場合と同様の取扱いとなっていますので、詳しくはをご覧ください。 年金額 遺族共済年金は、次の合計額となります。 なお、遺族共済年金の額は、受給要件が「短期要件」であるか「長期要件」であるかにより、計算方法が異なります。 短期要件 年金額を構成する各種金額の計算式は以下のとおりとなります。 厚生年金相当額(AとBを比較して高い方の額) A.本来水準額(イとロの合計額) B.従前保障額(イとロの合計額) 注1 組合員期間の総月数が300月未満のときは、イ、ロのそれぞれの額に換算率(300月/組合員期間の総月数)を乗じます。 注2 昭和13年4月1日以前に生まれた方は、0. 999に読み替えます。 職域加算額(AとBを比較して高い方の額) A.本来水準額(イとロの合計額) B.従前保障額(イとロの合計額) 注1 組合員期間の総月数が300月未満のときは、イ、ロのそれぞれの額に換算率(300月/組合員期間の総月数)を乗じます。 注2 昭和13年4月1日以前に生まれた方は、0. 999に読み替えます。 妻加算額 584,500円 妻が遺族共済年金を受ける場合で、40歳から65歳に達するまでの間、加算されることになっています。 したがって、妻が65歳となったときは、妻加算額が加算されなくなりますので、その分年金額が減額となりますが、ご自身の老齢基礎年金が支給されます。 老齢基礎年金の請求については、最寄りの年金事務所へおたずねください。 なお、国民年金の遺族基礎年金を併せて受けることができるときは、その間、この妻加算額は支給が停止されます。 長期要件 年金額を構成する各種金額の計算式は以下のとおりとなります。 厚生年金相当額(AとBを比較して高い方の額) A.本来水準額(イとロの合計額) B.従前保障額(イとロの合計額) 注 昭和13年4月1日以前に生まれた方は、0. 999に読み替えます。 職域加算額(AとBを比較して高い方の額) A.本来水準額(イとロの合計額) B.従前保障額(イとロの合計額) 注1 組合員期間の月数が240月 20年 未満であるときの給付乗率は、1/2を乗じます。 注2 昭和13年4月1日以前に生まれた方は、0. 999に読み替えます。 妻加算額 584,500円 妻が遺族共済年金を受ける場合で、組合員期間が20年以上あるときに限り、40歳から65歳に達するまでの間、加算されることになっています。 なお、国民年金の遺族基礎年金を併せて受けることができるときは、その間、この妻加算額は支給が停止されます。 遺族基礎年金について 遺族共済年金を受給できる方が、次の1、2のいずれかの条件に該当するときは、原則として、国民年金法による「遺族基礎年金」があわせて支給されます。 遺族共済年金を受給できる配偶者で、子(注)がいるとき• 遺族共済年金を受給できる子がいるとき (注)子については、[遺族の範囲と順位]の(注1)をご覧ください。 この場合、「組合員若しくは組合員であった方の死亡の当時から引き続き障害の程度が1級または2級に該当している方」は、20歳未満の方に限られます。 遺族基礎年金の額 子の人数 年金額 2人のとき 224,300円 3人目から1人につき 74,800円 遺族共済年金の失権 遺族共済年金を受けている方が、次の1から4のいずれかに該当したときは、その受ける権利はなくなります。 死亡したとき• 婚姻したとき• 直系の血族または姻族以外の方の養子になったとき• 子や孫である方が18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき 子のいない30歳未満の妻に対する遺族共済年金について 平成19年4月以降、夫の死亡により30歳未満で遺族共済年金を受けることになった妻の場合、有期給付となることがあります。 1 30歳未満で遺族共済年金を受けることになった妻に子がいないとき 遺族共済年金の受給権は、5年間が経過したところで消滅します。 2 30歳未満で遺族共済年金を受けることになった妻に子がいて、国民年金法による遺族基礎年金を受けられるとき 妻が30歳に到達する前に遺族基礎年金の受給権が消滅した場合には、そのときから5年間が経過したところで遺族共済年金の受給権は消滅します。 (注)子とは、18歳未満 18歳到達の年度末まで の子、または20歳未満で障害の程度が1級、2級に該当する子をいいます。

次の

遺族年金の受給資格要件を確認しておこう [年金] All About

遺族 年金 要件

死亡一時金とは、国民年金に加入している被保険者に万が一のことがあったとき、遺された家族に支給される死亡時の保障のひとつです。 死亡時の保障には「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」の3つが用意されており、それぞれに受給要件が設定されています。 それまで払い込んできた国民年金保険料が、掛け捨てられて無駄になることのないように、遺族がいずれかは受給できるようにと考慮された制度です。 その中でも死亡一時金は、他2つの要件に合わず受給できない方や、一時金として受け取ったほうが有利な場合にのみ、最終の手段として選ばれることの多い選択肢となっています。 このページでは、死亡一時金とはどのような要件を満たすと受給できるのか、そして受給できる遺族の範囲や受給金額など、詳しい制度内容をご紹介したいと思いますので、しっかりと概要を整理しながら見ていきましょう。 スポンサーリンク 死亡一時金の受給要件とは まず初めに、受給対象となるのは「亡くなった被保険者と生計を同じくしていた遺族」です。 妻や子どもに限定される遺族基礎年金や寡婦年金と大きく異なる点は、この対象が広範囲という部分にあります。 配偶者や子ども以外にも、同一生計の父母、祖父母、孫、兄弟姉妹であっても、受給する権利があるのです。 ただし、注意点として 遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金はいずれか1つしか受給できませんので、遺族基礎年金や寡婦年金の受給権があり、そちらを受け取る場合には死亡一時金は支給されません。 次に、亡くなった被保険者としての要件は、以下の通りです。 第1号被保険者として国民年金保険料を36月(3年)以上納めている(免除期間を含む)• 老齢基礎年金や障害基礎年金を受給していない 被保険者と生計の同じ遺族の要件を満たしていれば請求することが可能ですが、手続きには期限があり、国民年金の被保険者が亡くなった日から2年以内と定められています。 そうハードルの高くない要件や幅広く設定された対象者からも、国民年金として「掛け捨てを回避するためのの最終的な救済措置となっている一時金」ということが見て取れます。 配偶者や子どもがいないから国民年金がすべて無駄になってしまう、というのは何だか大きく損をしたような気持ちになりますが、こうして身内に少額でも入ると思えば、幾分かは安心ですね。 遺族の受給順位 先述の受給対象者では、幅広い親族が対象となるとご紹介しましたが、その中でも受給者には以下のように明確な優先順位が決められています。 配偶者• 子ども• 祖父母• 兄弟姉妹 被保険者が亡くなった時点で最も優先度の高い人が、請求して支給を受けることができます。 もし兄弟姉妹など複数の該当者が居た場合には、1人が代表者として受給し、分割して他の人へ分配します。 死亡一時金はいくら貰えるのか? 死亡一時金の支給額は、第1号被保険者として保険料を納めた月数に応じて決められています。 目安となる月数や受け取れる金額は以下の通りです。 免除期間を算入する際は、そのまま納付済期間と足すのではなく、免除の割合に応じた月数を合算します。 全額免除期間は保険料納付済期間とはみなされず対象外となりますので注意しましょう。 ちなみに、注記にある付加保険料とは、第1号被保険者が定額保険料に上乗せして(月額400円)を納めることで、将来貰える年金を増額することができる制度です。 もしこちらにも加入して納めていた場合には、8,500円が加算されて支払われます。 寡婦年金と死亡一時金はどちらかしか受け取れません 死亡一時金と寡婦年金は同時に受けることができませんので、どちらも要件を満たしている場合には、いずれか有利な方を選択しなければいけません。 通常であれば1回の支給で終わってしまう死亡一時金よりも、年金として継続的に受け取れる寡婦年金を選択したほうが有利なケースが多いのですが、中には死亡一時金を選択したほうが良いケースもあります。 老齢基礎年金の繰り上げ受給など、寡婦年金が支給停止になるような事由を検討している• 65歳まであまり期間がなく、寡婦年金の受給できる期間が極端に短い ・・・・など こちらも受給する際のご自身の状況に応じて、有利な方法を選択しましょう。

次の