突発 性 難聴 めまい。 なるべく早く病院へ!突発性難聴でめまいが起こる原因と対処法

【体験談】突発性難聴のめまい・ふらつきを抑える日常生活でできる工夫とポイント

突発 性 難聴 めまい

突発性難聴とは 突発性難聴は、突然、左右の耳の一方(ごくまれに両方)の聞こえが悪くなる疾患です。 音をうまく感じ取れない(感音難聴)のうち原因がはっきりしないものの総称で、幅広い年代に起こりますが、特に働き盛りの40~60歳代に多くみられます。 前日は問題なかったにもかかわらず、朝起きてテレビをつけたら音が聞こえにくい、あるいは電話の音が急に聞こえなくなるなど、前触れなく突然に起こることがあります。 聞こえにくさは人によって異なり、まったく聞こえなくなる人もいれば、高音だけが聞こえなくなる人もいます。 後者では、日常会話に必要な音は聞こえているため、難聴に気づくのが遅れてしまいがちです。 聴力が改善したり、悪化したりを繰り返すといった症状の波はありません。 また、難聴の発生と前後して、耳閉感(耳が詰まった感じ)や耳鳴り、めまい、吐き気などを伴うケースも多く、耳鳴りで受診したら突発性難聴だったという人もいます。 難聴やめまいが起こるのは1度だけで、メニエール病のように繰り返すことはありません。 突発性難聴は、以上のような症状を問診で確認したり、さまざまな聴力検査や画像診断を行って診断されます。 発症後すぐ治療を受けないと、難聴や頑固な耳鳴りが残ったり、聴力を失うこともあるため、早めの受診と治療開始が大切です。 突発性難聴の原因 音を感じ取って脳に伝える役割をしているが、なんらかの原因で傷つき、壊れてしまうことで起こります。 有毛細胞に血液を送っている血管の血流障害や、ウイルス感染が原因であると考えられていますが、まだ明らかになっていません。 ストレスや過労、睡眠不足などがあると起こりやすいことが知られています。 また、糖尿病が影響しているともいわれています。 突発性難聴の治療 治療は、内服や点滴の副腎皮質ステロイド薬による薬物療法が中心になります。 また、血管拡張薬(プロスタグランジンE1製剤)やビタミンB12製剤、代謝促進薬(ATP製剤)などを使うこともあります。 ストレスの影響が考えられるときは、安静にして過ごします。 十分に回復しない場合や全身投与が難しい場合は、耳の中にステロイドを注入する「ステロイド鼓室内注入療法」が行われることがありますが、その効果に対する評価は定まっていません。 発症後1週間以内に、それらによる適切な治療法を受けることで、約40%の人は完治し、50%の人にはなんらかの改善がみられます。 ただし、治療開始が遅れれば遅れるほど治療効果が下がり、完治が難しくなってしまうので、注意が必要です。 (最終更新日:2018年07月30日).

次の

突発性難聴は2週間の煽りに要注意?ステロイドの根拠や対策について

突発 性 難聴 めまい

突発性難聴とは 突発性難聴とは、理由もなしにある日突然耳の聞こえが悪くなる(難聴になる)病気。 主に両耳ではなく片耳に現れます。 突発的に難聴になる病気は他にもありますが、原因不明のものが突発性難聴と定義されます。 近年の患者数は年間で約35000人、その数は年々増加しています。 何の前触れもなく耳が聞こえなくなる突発性難聴は、早期発見をしてすぐに治療を開始する必要があります。 突発性難聴の病気の原因と特徴についてご紹介しましょう。 男女差はなく、50~60歳代に多いのが特徴です。 突発性難聴の原因は、ウイルス感染か、内耳の循環障害ではないかと言われています。 遺伝的要素はなく、どのような体質の人がかかりやすいのかも、まだ分かっていません。 耳の構造について 何気なく毎日聞く音。 耳は体の中でもとても大切な機能を持っているため、難聴になると生活に色々な支障をきたします。 耳は多く分けると外耳、中耳、内耳の3つの構造になっていますが、内耳が正常で外耳と中耳に障害ができる伝音難聴と、逆に内耳だけでに障害がでる感音難聴があります。 難聴は全く音が聞こえない高度難聴や軽度、中度などその度合いによって分かれていますが、生まれつき耳に障害を持つ方や、大人になって突発性難聴になり聞こえなくなる方など様々です。 今まで普通に生活にしていたのに、突然相手の言っていることが聞き取れない、テレビの音量が高くなるなど、耳の異常を感じたらすぐに耳鼻科で診察を受けましょう。 強い症状が特徴 「突発性」難聴ですから、ある日突然、聴力が低下する病気です。 就寝中のこともあれば、日中に突発的になることも。 耳になにかが詰まったような閉塞感とともに、急に周りの音が遠のいてしまったような感覚が襲います。 強いめまいと耳鳴り、ときには吐き気を伴うこともあります。 数日前に頭を強く打った、ヘッドフォンをして大きな音で音楽を聴き続けた、大きな騒音の中で仕事をしているなど、難聴になる心当たりがある場合には突発性難聴には当たりません。 突発性難聴になる原因 突発性難聴の気になる原因ですが、いまだにはっきりとした原因が解明されていません。 考えられる原因としては毛細血管の血流が悪くなり、内耳に血液が充分に届かない為、異常が発生するといわれています。 また感染症によりウイルスが原因になっている場合など、突発性難聴になる方の原因は様々。 しかし家族や親が難聴であってもそれが子供に遺伝することはありません。 現在では突発性難聴になる方は全国で3万人以上もいるといわれています。 患者さんの統計を見ると50代の女性が多いという特徴がありますが、近年では若年層の方にも増えていますので、年齢や性別には関係なく誰にでも起こる可能性がある耳の難病なのです。 まずは耳鼻科に行きましょう 我慢をせずに早めに耳鼻科へ行きましょう。 耳鼻科では、現在他の病気にかかっていないか、めまいの頻度と程度はどのくらいか、聞こえが悪くなったと自覚したのはいつからか、など問診を受けます。 その後、別室で外部の音を完全に遮断してから機械から発信される信号音を聞き取る、標準純音聴力検査を行います。 また、レントゲン撮影やMRI、血液検査などを行うこともあります。 治療は可能か? もし突然難聴の症状が出た場合はすぐに耳鼻科で検査をしてもらいましょう。 診察は簡単にできますので早期発見することが解決への近道にもなります。 突発性難聴は外耳にまったく問題がなく、鼓膜も正常で、左右の耳の聴力検査をして判断がされます。 時にはめまいを伴う場合もありますので、体全体に与える負担があることも特徴です。 治療は症状が出てから48時間以内に行うことで聴力が回復する可能性が高いのですが、そのまま放置して1か月以上の経つと治療は難しいといわれています。 治療にはステロイドホルモンの漸減療法と血漿増量剤の点滴を同時に行うのが一般的。 これで治らない場合は難治性の突発性難聴として高圧酸素療法などの治療を行う場合もあります。 治療は根気よく 突発性難聴と診断された場合、早期治療と安静が何よりも大切です。 治療は炎症を抑えるステロイド剤を中心に、アデホスコーワなどの血流改善薬、メチコバールなどの代謝促進剤が投与されます。 ほぼ2週間おきに受診して聴力検査を行い、経過を観察します。 ほとんどの場合、2週間から1か月程度で回復することが多いのですが、中には治療の効果がなかなか現れない場合も。 実は、一度傷ついた聴覚神経を元通りにすることは不可能なのです。 突発性難聴が長引くとこんな危険が 突発性難聴は状況次第で数カ月から数年程度に長引くことがあります。 難聴の他にも耳鳴りやふらつきが後遺症として残ることも多く、日常の生活に支障が出ることもあるので、慎重に対応することが必要です。 ただし、突発性難聴は基本的に再発しません。 もし、難聴が再発した場合には突発性難聴以外の病気の可能性があります。 早めに耳鼻科医で診察を受けましょう。• あらゆる体調不良には、ドクターズサプリメントのお試し.

次の

突発性難聴と「めまい」について

突発 性 難聴 めまい

突発性難聴は、音が聴こえにくくなる難聴の一種で、突然症状があらわれます。 発症したことがわかったら、できるだけ早く治療を始めることが肝心です。 突発性難聴の原因・症状・治療について知ることは、突発性難聴の早期発見・改善にはとても大切なことです。 難聴には、加齢により起こるものや心因性のものなど、いくつかタイプがあります。 突発性難聴は、原因が解明されてはいないのですが、病状のきっかけとして考えられる要因は複数あります。 突発性難聴の原因・症状・治療について知ることは、突発性難聴を治すためにとても大切です。 このページでは、突発性難聴を治すために必要な原因・症状・治療について詳しく説明しております。 【目次】• 突発性難聴の原因は、耳の内部にある内耳にウイルス感染がみられるということや、内耳で血液やリンパ液が滞り、うまく循環していないこと などが影響します。 厚生労働省が全国規模で実施した調査では、近年、突発性難聴でお悩みの方が増加傾向にあるとしています。 2000年をはさんだ約20年の期間で、それ以前とくらべ1. 5倍以上も増えているのが現状です。 常に速度を求められる現代社会を背景とした要因が関係していると推測されます。 心因性のストレスや、過労などによる肉体的、精神的な疲労が蓄積していることなどです。 食事の偏りによる栄養不足、眠れないなど睡眠障害の影響も可能性としてあります。 環境による要因もあります。 仕事で音を聴くことが中心となる方や、大音量で音楽を聴く方など(ヘッドホンの使用も含めて)聴覚を酷使する機会の多い方は、そうでない方と比較して、発症する確率は高くなるといえます。 突発性難聴の治療は、まず検査をして別の疾患がないかを確認することになります。 問診や聴力検査、X線やMRIなどで詳細に調べます。 発症したきっかけが特定できれば、最も適した治療法が選択できます。 内耳の障害に対しては、内服薬を使います。 循環を改善させる薬剤や利尿を促す薬、それからビタミン剤など、複数の薬を併用します。 副腎皮質のホルモン剤には副作用があり、10日間程度が投与の目安となります。 効能と病状の経過を見ながら服用量を減らし、別の薬剤を増やすなど調整していきます。 ご自分の判断で服用を中止する、あるいは薬の量を変えるのは病状を悪化させる危険性もあります。 良好な予後を過ごすためには、早期に治療を開始することがポイントとなります。 回復が早ければ、通院での治療で済みます。 突発性難聴は、発症から治療まで素早いほど良いということです。 「何かおかしい」と思われた瞬間から、放置せず行動することが大切です。 突発性難聴は原因を見つけ、しっかり治療すれば良くなる病気です。 どうぞあきらめず治療に専念してください。

次の