ユリ 交配表。 花の種類と交配の一覧表【あつ森攻略】

知りたい! ユリの種類や品種、それぞれの特徴と見分け方

ユリ 交配表

水やり後の元気な花同士であること• 同じ種類の花同士であること• 側に並べる 隣り同士なら確実 水やりは絶対に欠かせませんが、元気な花全部に水をやると非効率なので、しおれている花と、交配させたい花に ピンポイントで水やりしましょう。 また、雨や雪が降ると水やりしたのと同じ効果を得ることができます。 自然の花と種から育てた花 花は1つ1つ「 色情報」を持っています。 遺伝子みたいものですね。 種から育てた花は色情報がハッキリしているので、交配予想が立てやすいですが、自然の花はどんな色情報を持っているか不明なので、交配の結果が予想とは異なる場合があります。 交配用の花壇づくり 花壇を作る際は、上記の情報を踏まえて、区別がつくよう自然の花と種から育てた花を分けておくのを推奨します。 また、花を二列以上に並べる時は、間引きしてスペースを空けるなど、工夫を。 交配の花が咲くためのスペース、ジョウロでの水やりのしやすさを考えた花壇づくりがおすすめです。 なお、砂浜に種をまいても、花は育ちません。 レア花が咲く離島ツアーを利用 島の飛行場から離島ツアーをすると、確率で、交配の花だけが咲いているレアな離島に着くことがあります。 離島ツアーで入手できる交配の花は、島ごとに決まっているようなので、島と離島で入手できない花は「お出かけ 通信 」をして誰かに分けてもらうのが確実です。 おすすめ交配早見表 交配でしか咲かない色の花の交配例を表にしています。 交配には、自生している花、または種から育てた花を使用しますが、種から育てた花を使う方が、結果をコントロールしやすいです。 金色のバラは金のジョウロを使います。 環境が最高の状態の時に咲く。 ラフレシア 村の環境が酷すぎる状態の時に咲く。 交配することも抜くこともできない。 環境が改善されるとしおれて、翌日消えてしまう。 タンポポ 雪が積もっていない日に咲くことがある。 交配できず、しおれないが、時間経過で「タンポポのわたげ」に変化する。 タンポポのわたげ 摘んで身に付けたり、Aボタンで息を吹いて綿毛を飛ばすことができる。 触らず放置していると数日でなくなる。 金のバラ 交配で作った黒いバラがしおれたときに、きんのジョウロで水をやると、翌日に金のバラに変化する。 しおれないが交配不可。 以上、 花の交配ルールまとめでした。 ゲーム開始後はいろいろ実験して交配情報を更新していきます。

次の

花の交配表一覧[裏技・攻略情報]

ユリ 交配表

水やり後の元気な花同士であること• 同じ種類の花同士であること• 側に並べる 隣り同士なら確実 水やりは絶対に欠かせませんが、元気な花全部に水をやると非効率なので、しおれている花と、交配させたい花に ピンポイントで水やりしましょう。 また、雨や雪が降ると水やりしたのと同じ効果を得ることができます。 自然の花と種から育てた花 花は1つ1つ「 色情報」を持っています。 遺伝子みたいものですね。 種から育てた花は色情報がハッキリしているので、交配予想が立てやすいですが、自然の花はどんな色情報を持っているか不明なので、交配の結果が予想とは異なる場合があります。 交配用の花壇づくり 花壇を作る際は、上記の情報を踏まえて、区別がつくよう自然の花と種から育てた花を分けておくのを推奨します。 また、花を二列以上に並べる時は、間引きしてスペースを空けるなど、工夫を。 交配の花が咲くためのスペース、ジョウロでの水やりのしやすさを考えた花壇づくりがおすすめです。 なお、砂浜に種をまいても、花は育ちません。 レア花が咲く離島ツアーを利用 島の飛行場から離島ツアーをすると、確率で、交配の花だけが咲いているレアな離島に着くことがあります。 離島ツアーで入手できる交配の花は、島ごとに決まっているようなので、島と離島で入手できない花は「お出かけ 通信 」をして誰かに分けてもらうのが確実です。 おすすめ交配早見表 交配でしか咲かない色の花の交配例を表にしています。 交配には、自生している花、または種から育てた花を使用しますが、種から育てた花を使う方が、結果をコントロールしやすいです。 金色のバラは金のジョウロを使います。 環境が最高の状態の時に咲く。 ラフレシア 村の環境が酷すぎる状態の時に咲く。 交配することも抜くこともできない。 環境が改善されるとしおれて、翌日消えてしまう。 タンポポ 雪が積もっていない日に咲くことがある。 交配できず、しおれないが、時間経過で「タンポポのわたげ」に変化する。 タンポポのわたげ 摘んで身に付けたり、Aボタンで息を吹いて綿毛を飛ばすことができる。 触らず放置していると数日でなくなる。 金のバラ 交配で作った黒いバラがしおれたときに、きんのジョウロで水をやると、翌日に金のバラに変化する。 しおれないが交配不可。 以上、 花の交配ルールまとめでした。 ゲーム開始後はいろいろ実験して交配情報を更新していきます。

次の

ユリ

ユリ 交配表

ユリ園に咲く多くの品種のユリ 北半球のを中心に、などのから、にかけて広く分布しており、原種は100種以上、品種は約130品種(71種、37種、12種、10種)を数える。 には15種があり7種は日本特産種である。 山岳地帯を含むやに自生することが多いが、数種はに自生する。 arboricolaは唯一のである。 一般的に、石灰質でない弱酸性の土壌を好む。 日本の園芸では秋植えのとして扱われる。 代表的な種に、、、、、、などがある。 形態・特徴 [ ] (球根)を有する。 茎を高く伸ばし、夏に漏斗状の花を咲かせる。 系統・分類 [ ] ユリ属は以下の亜属に分類される。 ヤマユリ亜属( Archelirion) - 、、、、、 など• ( Leucolirion) - 、、リーガルリリー など• Liriotypus - (マドンナリリー) など• カノコユリ亜属( Martagon) - 、、 など• スカシユリ亜属( Pseudolirion) - 、 など• Sinomartagon - 、、、、、 など なおも参照されたい。 には属するもの• Cardiocrinum cordatum ( Cardiocrinum)• Fritillaria camtschatcensis ( )• Fritillaria verticillata (バイモ属 Fritillaria)• Disporum smilacinum ( )• Polygonatum falcatum ( Polygonatum)• その他のもの• トラユリ Tigridia pavonia ( Tigridia)• ユキゲユリ(、キオノドクサ) Chionodoxa luciliae ( Chionodoxa) 園芸品種としてのユリ [ ] ではユリの品種改良の歴史は新しく、に日本や中国からヤマユリやカノコユリなどの原種が紹介されてからである。 日本では、初期からスカシユリが栽培されてきた。 現在ではさまざまな色や形の品種が作り出され、世界中で愛されている。 テッポウユリ 園芸種 分類 [ ] に英国王立園芸協会によって定められた園芸分類に基づくと、次のように分類される。 また、これらは交雑親に基づいて分類されているため、花の形などには非常にばらつきがある。 アジアティック・ハイブリッド [ ] アジア原産のユリを中心に交配された品種群で、、、、、などを親とする。 丈夫で、栽培も容易。 香りはない。 また日向を好む。 一般的にこのグループはスカシユリと総称されることが多いが、本来のスカシユリの特徴(花弁の基部が細く、間が透けて見える)を持たない物も多い。 代表的な品種にエンチャントメント、コネチカットキングなどがある。 ロンギフローラム・ハイブリッド [ ] や日本原産のなどをもとに作られた品種群で、この2種の交雑種は新テッポウユリと呼ばれ、実生1年で開花することから切り花に利用されている。 マルタゴン・ハイブリッド [ ] マルタゴンリリー、タケシマユリ、クルマユリなどを親とした品種群。 日本では一般的でない。 トランペット・ハイブリッド [ ] 中国原産のキカノコユリ、リーガルリリー、ハカタユリなどを中心とした品種群。 オリエンタル・ハイブリッド [ ] や、など森林のユリを交配して作られた品種群で日陰を好む。 アジアティック・ハイブリッドほど丈夫ではないが、香りのある優雅で華麗な花が魅力である。 「」が有名であるが、カサブランカを生み出す交配で主要な役割を果たした原産のタモトユリは、皮肉なことに自然状態ではほぼ絶滅してしまっている。 その他の交配種群 [ ] 近年では組織培養などの技術によりLAハイブリッド(ロンギフローラム・ハイブリッドとアジアティック・ハイブリッド)、LOハイブリッド(ロンギフローラム・ハイブリッドとオリエンタル・ハイブリッド)、TOハイブリッド(トランペット・ハイブリッドとオリエンタル・ハイブリッド)などの品種群が作られている。 栽培方法 [ ] 植栽時期は10-11月。 5-8月ごろ開花する。 病気にかかって球根が腐りやすいため排水のよい清潔な土に植えつける。 球根の上にも根が出るので地表から最低球根1個分以上は下の土に植える。 加湿に弱いので梅雨の時期の病気に気をつける。 また極度の乾燥を嫌うので気温が高い時期は気をつける。 増殖には種子をまいて実生を得る。 球根の鱗茎を挿す鱗茎挿し。 ができるものは木子を植えるなどがある。 しかしどの方法も栽培して増殖するには時間がかかるので、最近はして増殖したものも増えてきた。 組織培養による増殖では、特に花糸など花器を材料に用いた組織培養は球根を掘る必要がないので、野生の希少種を増殖する場合によく用いられる。 有用植物としてのユリ [ ] ゆりね りん茎 生 100 gあたりの栄養価 523 kJ 125 kcal• 食用 [ ] 日本では、ヤマユリ、コオニユリ、オニユリの3種がその()を食用とするため栽培されている。 苦みを除くためにあらかじめ軽く煮てから、や、、、などに用いる。 ではハカタユリ、イトハユリ、オニユリの鱗片を乾燥させたものを百合干と呼び、水でもどして炒め物にしたり、すりおろしてにとろみをつけたり、の原料とする。 ただし、猫などの一部の動物に与えると中毒症状()に陥る食べ物の一種である。 これはヒトにおいても過剰摂取した場合は症状を発症する。 薬用 [ ] オニユリ、ハカタユリ、その他 Lilium属の球根は 百合(「びゃくごう」と読む)という生薬である。 滋養強壮、利尿、鎮咳などの効果があり、(しんいせいはいとう)などに使われる。 文化の中のユリ [ ] ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の国旗 東洋 [ ] 東洋ではユリは食用や薬用に使用される。 花の観賞は、日本では前近代にまでさかのぼるのの(さいくさのまつり)などの例外もあるが、明治30年代頃からである。 幕末にが日本のユリの球根を持ち帰り、に用いられるとして大流行すると、球根は近代日本のに次ぐ二番目の主要輸出品として外貨を獲得した。 なお持ち帰られたのは琉球列島原産のであり、これが現在のイースターの象徴として定着していった。 そしていわばされるかたちで明治末に鑑賞花として流行した。 ただし、テッポウユリに関しては、現在主流となっている品種「ひのもと」 は、時代を下り、1944年にからに持ち帰られた球根の後裔が、1962年に種苗名称登録に出願されものである。 輸出用の栽培は、原産地の沖縄以外にも、主に富士山麓から神奈川にかけて広く行われた。 美女の形容として「立てば、坐れば、歩く姿は百合の花」がある。 西洋 [ ] ユリはにしばしば登場する花のひとつである。 「」には「の栄華もユリに如かず」とあるが、これは、人間の作り上げたものは神の創造物(自然)には及ばないことの比喩である。 ただし、新約聖書時代のイスラエルでは、ユリは一般的な花ではなく、この場合のユリは野の花一般のことだと考えられている。 においては白いユリ(マドンナリリー)の花がの象徴として用いられ、の象徴として描かれる。 はしばしばユリの花をたずさえて描かれる。 これはガブリエルがマリアにを行った天使であることを示す上のしるしである。 の遺跡のひとつである宮殿の壁画にはユリが描かれている。 (Fleur-de-lis)と呼ばれる歴代の国王のは意匠化されたユリの花(の花という説もある)であり、地にで描かれる。 フルール・ド・リスはまたフランス王位継承権を要求していた頃の国王の紋章にも登場する。 また、ではまでのと、現在のの・にはのシンボルとしてフルール・ド・リスがあしらわれる。 主な原種一覧 [ ]• Lilium amabile• Lilium alexandrae• Lilium auratum Yamayuri• Lilium bolanderi• Lilium brownii• Lilium brownii var. viridulum• Lilium callosum• Lilium carniolicum• Lilium cernuum• Lilium chalcedonicum• Lilium concolor• Lilium distichum• Lilium formosanum• Lilium grayi• Lilium hansonii• Lilium iridollae• Lilium japonicum• Lilium kelloggii• Lilium kelleyanum• Lilium lancifolium• Lilium leichtlinii• Lilium leucanthum• Lilium longiflorum• Lilium maculatum• Lilium majoense• Lilium maritimum• Lilium medeloides• Lilium monadelphum• Lilium nanum• Lilium neilgherense• Lilium nobilissimum• Lilium occidentale• Lilium oxypetalum• Lilium parryi• Lilium philadelphicum• Lilium philippinense• Lilium polyphyllum• Lilium pumilum• リーガルリリー• Lilium rosthornii• Lilium rubellum• Lilium rubescens• Lilium sargentiae• Lilium souliei• Lilium speciosum• Lilium sulphureum• Lilium tsingtauense• Lilium wallichianum• Lilium wardii• Lilium wenshanense• Lilium xanthellum 脚注 [ ].

次の