鎖骨 の 上 こり。 鎖骨の下に乳がんできる?

鎖骨のリンパの「こり」は百害あって一利なし?コリを改善しよう

鎖骨 の 上 こり

胸郭出口症候群とは?• 前斜角筋と中斜角筋の圧迫が原因の【斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)】• 鎖骨と第1肋骨が原因の【肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)】• 小胸筋が原因の【小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)】• 頸椎と胸椎の間に、あるはずのない肋骨が原因の【頸肋症候群(けいろくしょうこうぐん)】 これらを総称して「 胸郭出口症候群」と言います。 この症状は、• なで肩• デスクワークなどの事務作業をする• 筋肉質でいかり肩• 腕を酷使する仕事やスポーツをする• 重い荷物を肩にかけることが多い といった動作や作業、体型の20代~30代の人に多くみられます。 通常鎖骨は、緩やかなV字を描いていますが、胸郭出口症候群の診断 を受けた人の鎖骨は、真っすぐ横に一直線であるのが特徴す。 頸椎から出た神経は、鎖骨の下を通って腕に伸びていますが、• 首を支える前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と中斜角筋神経(ちゅうしゃかくきん)• 鎖骨と第1肋骨• 小胸筋 それぞれの部分で血管や神経を圧迫してしまい、肩凝りや肩甲骨 あたりに怠さや痛みが出たり、腕に怠さや痛み、痺れが出る ことや、腕を上に上げる動作をすると指先が冷たくなったり痺れが 出るといった症状が出ます。 治療法は? 主な治療は、• 筋力トレーニング• マッサージ• 薬物療法 などあります。 急に症状が悪化するなどということもなく、中には自然と症状が 治まる人もいますが、きちんと医療機関を受診して、焦らずにきちん と治療を受けていくことが大切です。 こうした治療を続けても改善が見られず、生活に支障をきたす場合に は、手術をすることもあります。 スポンサーリンク 普段の生活で気をつけること 腕を酷使しないということが大切です。 腕を酷使することで筋肉が硬くなってしまうと、神経や血管を圧迫し てしまい、症状が出やすくなってしまいます。 根気よくストレッチやマッサージを続けることも大切です。 難しいストレッチをやる必要はありません。 簡単で、長く続けられるような体操やストレッチでも十分な効果があ ります。 マッサージは、自分で届く胸や腕の部分をこまめに行い、筋肉をほぐ して血行を良くしましょう。 首や背中と言った部分のマッサージは自分では難しいので、整体や 治療院、リラクゼーションサロンなどを利用すると良いでしょう。 また、姿勢にも気をつけていきましょう。 デスクワークや事務作業などといった、長時間同じ姿勢をとっている ことが多い人は、背中や肩、首の筋肉の緊張から疲労を起こし硬く なってしまいます。 腕を曲げたままの姿勢も多いので、腕や肩の筋肉が疲労を起こして硬 くなってしまいます。 仕事の合間などにでもストレッチをして、筋肉の緊張を緩め ましょう。 マッサージやストレッチをするだけでも十分な効果があります。 首・肩・背中・腕の筋肉が硬くなってしまわないように、根気よくこ まめに体を動かすようにしていきましょう。 また、凝りや痛み痺れと言った症状はストレスにもなります。 強いストレスを抱え続けることで自律神経が乱れてしまう原因にも なります。 自律神経が乱れてしまうと、体の様々な不調を引き起こしてしまう ので、睡眠と栄養をきちんととっていきましょう! スポンサーリンク• 当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

次の

鎖骨が痛い原因は肩こりかリンパか? 骨折や疾患の可能性は?

鎖骨 の 上 こり

大胸筋の仕組みと働きに注目してみましょう! 男性のたくましい胸板を作っているのが大胸筋です。 大胸筋を鍛えることは、女性にとって嬉しいバストアップ効果が あります。 大胸筋は、• 鎖骨部(さこつぶ)• 胸肋部(きょうろくぶ)• 腹部(ふくぶ) からなっている筋肉です。 大胸筋の主な働きとしては、上腕を内側にひねる時や、腕を体の前に 寄せる働き、呼吸をする時に肋骨を広げて補助する働きをします。 分かりやすい動作で言うと、ボールを投げる時の動作には大胸筋が 働きます。 大胸筋が凝ってしまう原因と、起こる不調 普段の生活の中に、大胸筋の凝りを起こしてしまう原因が潜んで います。 それは、「 猫背の姿勢」です。 猫背の姿勢が癖になっていたり、頻繁にとっていると、大胸筋が縮んだ ままになり、動かすことがほとんどないため、凝り固まって しまいます。 大胸筋の伸びが悪くなってしまうと、 肩が内側に向いた「巻肩」に なってしまい、肩甲骨が背中の外側に引っ張られてしまうので、 背中や肩、首の凝りを起こしてしまう要因になります。 また、胸の広がりが悪くなってしまうので、 呼吸が浅くなってしまう 要因にもなります。 鎖骨の周辺には、鎖骨リンパ節と腋下リンパ節があります。 特に鎖骨の上と下にあるリンパ節は、リンパ管が静脈と合流する大変 重要な部分であるので、大胸筋が凝ってリンパ管を圧迫して しまうと、老廃物の排泄がされず溜まってしまいます。 体に多くの酸素を取り込めるように、そして老廃物の排泄を促す ためには、大胸筋の凝りをほぐし、柔軟にしておく必要があるという わけです。 大胸筋の凝りを防ぐために 猫背の姿勢をとることが多いようであれば、姿勢を改善しましょう。 胸を広げ、背筋を伸ばした姿勢を意識して生活を送るように することです。 姿勢が改善されると自然に呼吸も楽になりますし、背中や肩、首の凝り 防止にもつながりますよ。 ほぐし方は、4指を使って押しまわしましょう。 鎖骨の下や脇の近くはリンパ節があるので、丁寧に解しましょう。 強く押しすぎるよりも、イタ気持ちいいぐらいが良いですよ! 特に硬いと感じられる部分は、指で長押しして下さい。 緩んできたのが感じられるまで何度か繰り返し押しましょう。 また、手の平の手首近くを使って押しまわすのも気持ちが良いです。 当たり面も広く柔らかい部分で、強く押しまわしても痛みがないので、 家族やパートナーの大胸筋ほぐしにはオススメですよ。 スポンサーリンク ストレッチで大胸筋を伸ばしましょう! 壁や柱をうまく利用してストレッチをしましょう。 写真のように、壁や柱に手をかけ、一歩前に出ます。 胸筋が伸びるだけでなく、肩甲骨のストレッチにも効果がありますよ! 左右を何度か繰り返し行って下さい。 後ろで両手を組んで、胸を広げましょう。 大胸筋は、腕の上腕骨に付着している筋肉です。 腕を後ろで伸ばすだけでも大胸筋が伸ばされて緩みます。 こうした上半身の不調を防ぐため、そしてバストアップのためにも、 大胸筋の揉みほぐしとストレッチをぜひ続けていって下さい。 ストレッチを毎日くり返しやっていくだけでも、胸が広がって背筋も ピンと伸びますよ! バストも上向きになって、鎖骨のラインがキレイになると、胸の大きく 開いた服を着てみたくなるはずですよ! スポンサーリンク• 当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

次の

鎖骨周辺のツボ押し効果で疲れを取る

鎖骨 の 上 こり

常に緊張を強いられる医療現場では、ついつい全身に力が入り、その結果、慢性的な肩こりに悩まされることに・・・。 ぜひ自分の症状に合わせてお試しください! ケース1:肩の前側がこっている人は、鎖骨周辺のこりをほぐしましょう! 肩の前側がこっている人はこのツボ! 欠盆(けつぼん) 【ツボの位置と押し方】 肩の前側がこっている人は、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)の疲労が原因で、首すじから鎖骨(さこつ)にかけてこっています。 文字を書く、パソコンの操作、重い物を持つなどの動作で起こりやすいこりです。 欠盆は、から真っすぐ上がってぶつかる鎖骨の上端から、指1本分、体の中心側に進んだところにあります。 押しやすい指の指先を当て、痛みを感じる手前の強さで、3秒押して離す刺激を、3分間繰り返します。 ケース2:肩の上がこっている人は、僧帽筋のこりをほぐしましょう! 肩の上がこっている人にはこのツボ! 肩井(けんせい) 【ツボの位置と押し方】 肩の上がこっている人は、(そうぼうきん)がこっています。 やせている人や若い女性に多くみられ、目の疲れに悩まされている人も少なくありません。 読書のしすぎ、長時間のパソコン操作などで起こりやすいこりです。 これを放置すると慢性的な肩こりになりやすいので、この段階でこまめにツボを刺激して改善しましょう。 肩井(けんせい)は、首の根元と肩の外側との、ちょうど中間にあります。 人差し指、中指、薬指をそろえて当て、気持ちよく感じる強さで5秒押してゆっくり離す刺激を、3~5分間繰り返します。 ケース3:肩の後ろがこっている人は、肩甲骨周辺をほぐしましょう! 肩の後ろがこっている人にはこのツボ! 肩中兪(けんちゅうゆ) 【ツボの位置と押し方】 ケース1やケース2のこりを放置していると、肩の後ろ、肩甲骨の周辺から首すじにかけてこりが集中するようになります。 肩こりがひどくなって、慢性化してしまっています。 こうしたこりに効果的なツボが肩中兪です。 肩中兪は、頭を前に倒したときに首の後ろに出ている骨(第7頸椎)の少し下で、体の中心から指3本外側に進んだところにあります。 中指の先を当てて、気持ちよく感じる強さで5秒押してゆっくり離す刺激を3~5分間繰り返します。 左右をいっしょに刺激すると、もみ返しの予防になります。 いかがでしたか? どれもすぐに実践できるものですので、心当たりのある方はさっそく実践してみてください。 次回は、『不眠』に効果的なツボをご紹介します。 【著者】佐藤一美 さとう・かずみ 日本指圧協会筆頭副理事長、東京都指圧師会会長。 、鍼灸師。 株式会社ケイラク代表取締役。 雑誌、書籍、テレビなどで誰にでもできるツボ刺激を紹介する傍ら指圧治療を行っている。 参考文献:著書『』(永岡書店).

次の