岡山西農協 合併。 岡山西農業協同組合

JA合併に伴うお取り引きについてのご案内

岡山西農協 合併

農協の歴史は合併の歴史といってもいい。 特に1991年(平成3年)の第19回JA全国大会で決議された「組織・事業改革」において広域合併と連合会統合による組織2段階化以降は急速に合併が進み、当初の3299から現在では659JAにまで減少している。 単純平均すれば大体1県15JA程度である。 過去の農協合併の過程を見ると概ね集落自治体単位から市町村単位、市郡単位というような経緯をたどっており、県によってはさらに地域を拡大して3~5JA構想まであるようである。 合併のたびに規模拡大を主張するのであれば、なぜ10なのか、なぜ3なのか、ということになる。 「適正規模」とか「地域密着」というが、合併構想のたびに規模が変化し、地域の括りも変化する。 これでは組合員が理解できない。 沖縄県の場合もそうだ。 当初市郡単位の39JA構想、その後は地区ごと(北部、中部、南部、宮古、八重山)の5JA構想、最終的には(27JAが合併して)1JAとなった。 支店は基幹支店と地域支店があり、基幹支店は52支店で概ね市町村単位。 回り道をしながらも結局は(市郡でもなく、地区でもなく)市町村単位に行き着いた。 地域の発展に向けては行政とJAは"車の両輪"ということであり、県との連携は本店、市町村対応は基幹支店ということになる。 単一JAの利点は県内すべての組合員が同一のサービスを受けられるという点だ。 特に本県では多くの離島を抱えており、これら離島のJA(合併前)は経営体力もさることながら大半が固定比率100を下回っており(法令の「自己資本基準」に抵触する)、必要な施設や人材の確保もままならない状況であった。 しかし単一JA合併により、「必要なもの(ヒト・モノ・カネ)を、必要な場所に、必要なだけ」提供することが可能となったことで、合併後はこうした地域にも等しく施設整備を進め、人材面でもかなりの人数を本島から派遣している(大卒で、都会っ子で、おしゃれな草食系が島に来るなんて地元の組合員は想像できただろうか)。 そこでは都市農協問題も信用事業代理店化もなく、ひたすら地域を支えるJAの姿があるのみだ。 単一JAになってJAの評価も高まっている。 農家の評価を青壮年部組織に見れば、合併初年度(平成14年度)の8組織373名から27年度は30組織632名に拡大しており、JAに対する期待が大きくなっている。 県民の評価を県内学生就職希望ランキングで見れば、JAおきなわは平成27年が4位(1位は地元スーパー、2・3位は地銀)、農協改革問題で揺れた28年でさえ7位であり、毎年の職員採用試験では大学・短大・専門学校卒業生で80名の採用に対し300~400名が受験する。 その危機を突破する一つの手段として合併が位置付けられるとすれば今後、協議は加速していくだろう。 フェイスブックの最高執行責任者(COO)で「世界で最も有力な女性50人」にも選出されたシェリル・サンドバーグがその著書『リーン・イン(LEAN IN)』でいう。 「目標到達への道筋は梯子(はしご)ではなくジャングルジムだ」と。 梯子は一本道だが、ジャングルジムにはいろんな道がある(回り道でもいいじゃないか)。 ということで、1JAについてもぜひ選択肢の一つに加えてほしい。

次の

晴れの国岡山農業協同組合

岡山西農協 合併

岡山県岡山市南区新保・・・• 岡山県岡山市北区今4・・・• 岡山県岡山市北区久米・・・• 岡山県岡山市北区大安・・・• 岡山県岡山市北区玉柏・・・• 岡山県岡山市中区東川・・・• 岡山県岡山市中区高屋・・・• 岡山県岡山市中区長岡・・・• 岡山県岡山市中区福泊・・・• 岡山県岡山市南区北浦・・・• 岡山県岡山市北区伊島・・・• 岡山県岡山市中区江崎・・・• 岡山県岡山市中区国府・・・• 岡山県岡山市北区楢津・・・• 岡山県岡山市北区栢谷・・・• 岡山県岡山市北区大井・・・• 岡山県岡山市北区高松・・・• 岡山県岡山市北区平野・・・• 岡山県岡山市南区古新・・・• 岡山県岡山市南区中畦・・・• 岡山県岡山市南区藤田・・・• 岡山県岡山市東区西大・・・• 岡山県岡山市東区可知・・・• 岡山県岡山市東区西大・・・• 岡山県岡山市東区水門・・・• 岡山県岡山市東区君津・・・• 岡山県岡山市東区南古・・・• 岡山県岡山市北区御津・・・• 岡山県岡山市北区建部・・・• 岡山県加賀郡吉備中央・・・• 岡山県玉野市用吉16・・・• 岡山県玉野市東田井地・・・• 岡山県岡山市南区片岡・・・• 岡山県岡山市南区北七・・・• 岡山県瀬戸内市長船町・・・• 岡山県岡山市南区福富・・・• 岡山県瀬戸内市邑久町・・・• 岡山県瀬戸内市邑久町・・・• 岡山県瀬戸内市牛窓町・・・• 岡山県岡山市北区大供・・・.

次の

岡山西農業協同組合

岡山西農協 合併

IEなどでは表示されませんし偽サイトではありません。 合併に伴う農協店舗新旧対比表 PDF 2020. 7 JA岡山の組織概要 岡山県の県庁所在地である岡山市を含む3市1町(岡山市(東区瀬戸町を除く)・玉野市・瀬戸内市・加賀郡吉備中央町の一部)を管内とする広域JAとなっています 山陽新聞の2019年当時の記事「岡山県8JA合併検討」からの抜粋 JA岡山を除くJA岡山東、JA岡山西、JA倉敷かさや、JAびほく、JAまにわ、JAつやま、JA勝英の各JAと一つになり、組織基盤と事業機能を強化・・・農業就業人口の減少に伴うJA組織基盤の弱体化に加え、政府主導の農協改革が推し進める信用・共済事業の分離、准組合員利用規制などにより、組合員の営農や生活はいうまでもなく、農業や地域は、大きな危機に直面・・・よりよいサービスを提供し続けるのがJAの使命であり、社会的な責務と認識しています。 その一つの方策として合併を目指す。 —(略)— 岡山では1994年に91あった地域農協が九つに再編された。 県内JAは2015年の県JA大会で 1JA化方針を決めたが、今年 2019 に入ってJA岡山(岡山市)が合併協議から離脱。 残る8JAで手続きを進めることになり、一部JAでは組合員への説明も始めた・・・JA岡山中央会の青江伯夫会長は「1県1JAが最終目標であることには変わりはない」と話している。 ・・・一方、JA岡山は「当組合において検討した結果、 このたびの合併は時期尚早であると判断した」と文書で回答 岡山の8JA、来春合併 正組合員10. 要するに「農家が減ったので再編成をして 1県1JA を目標としたものの、岡山県内で最大の経営基盤を持つと思われるJA岡山が離脱。 ですので、JA岡山の「合併は時期尚早」は表向きの言葉ではないかと思います。 JAグループ岡山 JA晴れの国岡山、JA岡山、JAおからく、JA岡山厚生連、蒜山酪農、JAバンク岡山、JA全農おかやま、岡山県農協電算センター、JA共済連岡山、岡山県農業開発研究所 岡山県 総合農業協同組合(9組合) JAcom 農業協同組合新聞 より「元・岡山市議会議長・宮武博氏」.

次の