香典返し が 届い た お礼 の 手紙。 香典返しに添えるお礼のマナー|例文・手紙・電話・メール・注意点|終活ねっと

香典返しに添えるお礼状の文例は?!はがきや手紙の簡単な例文から書き方まで解説

香典返し が 届い た お礼 の 手紙

香典返しに対するお礼の手紙と文例 香典返しに対するお礼は必要ないといわれても、心がモヤモヤしてしまうのは、やはり送っていたいただいた相手との関係性だと思うんですよ。 仕事関係やお付き合いで香典を包んだ場合は、香典返しをいただいても何もする必要はありません。 でも、香典返しのお礼をしないことに対してモヤモヤしてしまうのは、日ごろから仲良くしている人や良くしていただいた方など、近しい存在の方だからですよね。 それなら 、届いたことを伝え、お見舞いの気持ちをを伝えていいと思います。 目上の方にでしたら、お手紙の方が丁寧ですし、実際、電話だと何を話していいかわからない場合や、遺族の気持ちを考えて突然の電話よりハガキの方がいい場合もありますよね。 手紙の内容は、香典返しを受け取った「お礼」ではなく、あくまで「受け取りました」というお知らせとして書くといいですね。 「お気遣いいただき恐れ入ります」というような表現で、お礼を示す「ありがとうございました」は使わないようにしましょう。 こういう手紙は、簡潔なものの方がいいですから、はがきや一筆箋でかまいません。 香典返しに対するお礼状の文例 拝啓 このたびはご丁重なお心遣いいただき恐縮しております 深いお悲しみが瘉えるまでには時間がかかるかと存じますが どうぞお心を強くもたれ 一日でも早く明るい笑顔を取り戻されることをお祈り申し上げます 季節の変わり目ですがどうぞご自愛下さい 敬具 香典返しを受け取ったお礼の電話はしちゃいけないの? 香典返しを受け取ったお礼の電話は、親しい間柄の場合はしていいと思います。 この場合もあくまで「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせです。 参列者が多い葬儀の場合、当然香典返しもたくさん送られているでしょうから、多くの電話がかかってくる可能性があります。 掛けるときは、手短に受け取ったことと近況などを聞く程度にしたほうがいいですね。 もっと話をしたいときは、少し時間を置いて改めて電話した方がいいと思います。 スポンサードリンク 香典返しに対するお礼はマナー的には不要 香典返しに対するお礼が不要というのは、香典のお礼としての香典返しに、さらにお礼をすると弔事が重なるのでよくないといわれるからです。 香典返しに対してお礼の品はしないとしても、届いたことを伝えたいという気持ちを「お礼」と言ってしまうので、ごちゃごちゃしてしまうんですよね。 この届いたことを伝えたいという気持ちは、あくまでコチラの気持ちであって、ご遺族の方がどう思うかということにかかってきます。 淋しい気持ちというのは、不意に襲ってくるものです。 そんな気持ちの時に、あまり付き合いのない方から香典返しが届いたという電話が掛かってきたら、ご遺族もうまく言葉が出てこないかもしれません。 ならば、そっとしておいてあげた方がいいのかな、と思ったりもします。 じゃぁ、連絡しないのが一番!ということになるのですが、私の例を出しますと、父の香典返しを送ったのですが届いたと連絡が来たのが、数件で母が「届いているのよね?」と何度も私に聞いてきました。 母は何かが送られてくると先方に必ず連絡することを怠りません。 そして、お付き合いはきっちりとする人です。 香典返しが届いていないなどという不義理は許されないのです。 ですから、届いたかどうかがものすごく気になるのですが、「じゃぁ、お店に聞いてみようか?」というと、「それはいい」と言います。 どっちなんだ!と思うわけですが、しばらくすると「届いているのよね?」とまた聞いてきます。 こういうタイプの人もいるんですよね。 今までのお付き合いで、コチラが何か送ったときに必ず連絡してくださる方には、連絡がないとずっと気にしている可能性が高いですから、何か送られてきたら連絡するのがいいかなと思います。 連絡してこない方は、マナー通りということですね。 一般的なマナーは大切ですが、これが絶対というより、 ケースバイケースで対応した方がいいと思います。 まとめ 香典返しに対するお礼の手紙は、「お礼」ではなく「受け取りました」というお知らせとお見舞いの気持ちをを伝えましょう。 電話も同様で、手短に伝えましょう。 親しい友人なら、メールでもいいですね。 一般的なマナーは大切ですが、ケースバイケースで対応していきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

香典返しのお礼とお礼状・メールの書き方と文例・電話仕方

香典返し が 届い た お礼 の 手紙

香典返しのお礼は必要? ご葬儀に参列し香典を渡すと、四十九日法要の後に香典返しが家に届くことがあります。 香典返しには、「おかげ様で無事に四十九日法要を終えました」といった参列者へのお礼や報告の意味と、忌明けを迎えたご遺族の気持ちに一つ区切りを付けて心機一転するという意味合いも含まれています。 そこで、お礼にお礼を重ねてしまうと、仏事において「不幸が重なる、長引いてしまう」といったイメージにつながり相手に対して失礼になるため、貰った側からお礼や返事をするという事は基本的に不要とされています。 香典返しの到着を伝えたいときの連絡方法は? 上記のように基本的には香典返しへのお礼は不要ですが、親しい間柄であった場合など、どうしても返礼品到着の報告や一言お礼を述べたいという方もいるでしょう。 連絡方法としては、「電話」、「ハガキ」、「メール」で連絡をすることになりますが、法要がひと段落する頃のご遺族は、ご葬儀や法要の忙しさで疲れが出たり、大切な人を失ったことを改めて感じて悲しい気持ちになっているかもしれません。 そんな時に、どんなことを述べればよいのか、それぞれの連絡手段において、注意点を踏まえながら説明していきます。 電話でお礼をするときの伝え方 電話でお礼を伝えたい場合、香典返しが届く時期は他の方からもお礼の電話が多くかかってきているかもしれません。 長電話は相手に負担をかけてしまうので、世間話などはせず電話は短く済ませましょう。 また、口頭だとつい使いがちな「ありがとう」というお礼の言葉は禁句です。 「ご丁寧な品を頂き恐れ入ります」「大変恐縮です」といった言葉を使うようにしましょう。 話す内容としては、香典返しを受け取ったことと、相手を気遣う労いの言葉を伝えると良いでしょう。 他、「くれぐれも」「重ね重ね」といった言葉は不幸が続くことをイメージさせるので言葉に出さないよう気を付けましょう。 お礼状をお出しするときの例文 お礼状は相手が受け取るだけなので、電話のように相手に負担をかける心配や無意識にタブー言葉を発してしまったなんていうことはありませんが、書き方に形式やマナーがあります。 両方セットであるか、無くても問題ありません。 ここでも「お礼申し上げます」という言葉は使わないようにします。 ご丁寧なお心遣い大変恐縮です。 ご家族の皆様におかれましては、その後いかがお過ごしでしょうか。 何かとご心労が多いことと思いますが、どうかお体をご自愛下さい。 失礼ながら書中にて、ご挨拶申し上げます。 敬具 令和〇〇年〇〇月〇〇日 電話同様に、重ね言葉や「ありがとう」などのお礼の言葉を使わず、無事に香典返しの品物が届いた事とご遺族への気遣いの言葉だけ伝える簡潔な文章を書くようにしましょう。 メールでお礼をするときの例文 メールは、親しい間柄の相手に伝える際におすすめです。 簡易的な方法でお礼を伝えるとはいえ、基本的なマナーはハガキや電話と変わりはありません。 長い文章は避けご遺族の気持ちに寄り添う内容にしましょう。 また、相手を労う言葉やお礼を伝えるには手軽な手段となりますので、会社の上司や年上の先輩、マナーを気にする高齢の人などの目上の方や年配の方に送るのは避けた方が無難でしょう。 本日、お香典返しが届きました。 ご丁寧なお品を、恐れ入ります。 その後 いかがですか。 ご家族の皆さんも落ち着かれた頃でしょうか。 大変だと思うけど、お体をお大事に。 何かできることがあったら言ってください。 ご葬儀の場で香典返しをいただいた場合 ご葬儀当日に弔問客に直接香典返しの品物お渡しをする「当日返し」 または「即日返し」とも言います。 でいただくことがあります。 香典返しの配送手続きの手間を省き、ご遺族の負担を軽くするために最近では「当日返し」の方法も選ばれています。 香典返しを当日返しとする場合は、香典をいただいた全ての方に同じ品物をお渡しするため、お香典を多くくださった方へは、お返しの分を差し引いた上で改めて香典返しをし、金額を調整します。 ご葬儀当日に香典返しをいただいたら、語尾が消え入るくらいの控え目な声で「ご丁寧に恐れ入ります」「恐縮です」など丁寧で簡潔な言葉を述べてお辞儀をしましょう。

次の

香典返しのお礼》お礼の言葉・例文・言い方・お礼の連絡・お礼文・文例

香典返し が 届い た お礼 の 手紙

「香典返しを受け取ったらお礼は言ったほうがいいのか」と疑問に思われる方も多いかと存じますが、単刀直入に言うと「お礼は不要」です。 では、なぜお礼を述べることが不要なのかその理由や香典返しを受け取った時の対応マナーについて順にご紹介していきます。 またこの記事では香典返しの頃、忌明けの時期に行われることが多い「形見分け」についても触れていますのでどうぞご参考になさって下さい。 香典返しにお礼が不要の理由 葬儀後、忌明けに合わせて香典返しが送られてくる場合がありますが香典返しを受け取ったときには礼状も含め、 お礼を述べることは失礼に当たります。 どうしても連絡をしたい場合「ありがとう」は禁句 昔は香典返しは喪主が直参していたこともあり、その場で言葉を掛ける事ができましたが近頃は香典返しも宅配が一般的となり貰いっぱなしという状況が気になるという方も中にはおられるかと思います。 遺族にきちんと届いた事を伝えたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。 そんな場合は喪中見舞いを兼ねた手紙やはがきを出すか、親しい間柄なら香典返しが届いた旨を連絡するのもよいでしょう。 その際、言葉の選び方にも注意が必要です。 「結構な物を頂いて」や「ありがとうございました」などの表現は避けましょう。 香典返しの品物を褒めたり、それを受け取って喜んでいるなどの表現はせず遺族への気遣いと、 『 香典返しが届いた事だけ』を伝えるようにしましょう。 遺族の状況にも配慮を忘れずに 四十九日が過ぎた頃は疲れも出てくる頃です。 相手への気遣いのつもりでした電話で長話しなどしないように 相手を気遣いつつ香典返しを受け取ったことの、あくまで報告に留めましょう。 また、他にも同じように電話をされる方もいるでしょうから電話の対応でかえって遺族の方を疲れさせてしまうということのないよう十分に配慮を心がけましょう。 何もしないのが気遣いという場合も 上記でもハガキや電話での香典返しの受取報告について書きましたが「どうしても届いたことを知らせたい」という場合についてですので、必ず報告をしなければならない訳ではありません。 基本的には「香典返しにお礼は不要」ですので何もしなかったからといって失礼にはあたりません。 遺族も葬儀からのバタバタで疲れが出ているころ。 あえて何もしないことが一番の気遣いともいえるでしょう。 落ち着いた頃に喪中見舞いとして手紙や葉書を出すのもよいでしょう。 また喪中見舞いとして線香などの品物を贈る場合は添える手紙などの作成をしてくれるお店に依頼するのが安心です。 お悔やみなどの手紙の場合はタブーとされる忌み言葉などがあり、自作にこだわってかえって失礼に当たらないよう気をつけたいところです。 しかしあまりにも高価なものや、かえって故人を思い出して辛いと思う時は相手の心遣いに配慮した上で辞退します。 他にも、貰っても使わないものや衣類などでサイズが合わないものの場合でも「せっかくですが寸法が合わないようでございます。 いただいても使わないと申し訳ありませんのでお気持ちだけ頂戴いたします。 」などと辞退しても構いません。 また、貴金属や美術品をはじめ高級腕時計などの高価なものは贈与税の対象になってしまうこともあります。 尚、形見分けは遺族からの申し出が合った場合のみ引き受けるもので、こちらからお願いすることはマナー違反ですので気をつけましょう。 【参考文献】 葬儀・法要・相続 マナーと手続きのすべて:主婦の友社編 作法が身につく しきたりがわかる 冠婚葬祭マナーの便利帖:岩下宣子 著, 監修, 監修 お坊さんがイチから教える! 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の