お 坊さん の いない お 葬式。 愛知)お坊さんいない葬儀を 葬祭ディレクターが本出版:朝日新聞デジタル

運営会社|お坊さんのいないお葬式|日本全国の葬儀場をご案内

お 坊さん の いない お 葬式

お坊さん不在の葬儀をするときに必要なこと お坊さんを呼ばないお葬式は、ありなのでしょうか? 結論から言うと「あり」です。 当然、お坊さんを呼ぶなら一番気になるお坊さんの人数も全く気にする必要がないのです。 1人10~30万円という大きな出費のお布施も、全く気にする必要がないのです。 親族と相談してから決める ただし、お坊さんを呼ばない場合は、親族への事前相談が必要です。 もちろん、理解を得られないことも多くあります。 基本的にお坊さんを呼ばない葬儀をすると伝えると、 「お坊さんからの読経がないのに、成仏できるのかな?」 という疑問を持つ人が少なからずいるでしょう。 だからといって、反対意見を押し切ってお坊さんを呼ばないというのは問題です。 親族からの理解がなければ、お葬式関連でのトラブルが起こる可能性があるからです。 ただ、既にお墓をもっていて、そのお墓が霊園にあり、今回もそこに納骨するのなら、菩提寺は関係ありませんので何も説明する必要もありません。 このようにケースバイケースですが、お坊さんを呼ばないという選択をするのなら、事前連絡と準備を忘れないようにしましょう。 お葬式の内容は葬儀社とよく相談して決める お葬式でお坊さんを呼んだら、予想もしない人数のお坊さんがきてしまったという事例があります。 このようにお坊さんがたくさん来てしまうことを避けるためには、前もった準備と確認が大切です。 葬儀社に依頼するなら、お布施込みの用意できる額を伝えましょう。 このとき、お布施に対して用意している額を伝えることが出来れば、葬儀社も的確な内容を提供してくれるでしょう。 また、お葬式の内容によってお坊さんの人数は変わります。 お葬式の内容を、葬儀社やお寺に全て丸投げして決めてもらうと楽はできますが、代わりに、予想していなかった数のお坊さんが来てしまう可能性が高まります。 家族と協力し、みなが納得のいく、トラブルのないお葬式をするためには、面倒でも葬儀社との打ち合わせが重要です。

次の

葬儀新時代! 宗教にとらわれない「お坊さんのいないお葬式」 ナインアンドパートナーズが国内初展開 | ガジェット通信 GetNews

お 坊さん の いない お 葬式

お坊さんを呼ばないお葬式はあり?呼ばないケースとは 「お坊さんを呼ばないお葬式はありか、なしか?」 結論から言うと「あり」です。 お葬式ではお坊さんを必ず呼ばなければいけないと、決まっているわけではありません。 現代の葬儀では様々な理由から、お坊さんを呼ばないお葬式の形を選択される方も増えています。 葬儀にお坊さんを呼ばないケース ・キリスト教や神道など仏教以外の宗教を信仰している ・宗教儀礼にこだわりがなく、無宗教葬を行いたい ・宗教儀礼を行わない火葬のみの「直葬」を行いたい ・お寺にお渡しするお布施などのお金がない ・お寺との付き合いがない お坊さんは仏教の宗教儀礼ですので、キリスト教や神道など仏教以外の宗教を信仰している場合には呼ぶことはありません。 最近では仏教を信仰しているけれども、宗教儀礼にあまりこだわりを持たずに「あえてお坊さんを呼ばない無宗教形式で葬儀を行いたい」という方もいらっしゃいます。 無宗教葬については、こちらの記事でも詳しくご紹介していますのでぜひ読んでみてください。 お葬式でお坊さんを呼ぶ理由 では、そもそも葬儀でお坊さんを呼ぶ理由はとなんだと思いますか? 日本で行われる葬儀は、その大部分が仏式葬儀です。 仏式葬儀ではお坊さんに読経や焼香、戒名をいただくことで故人の供養と成仏を祈ります。 また、お坊さんの読経という宗教儀礼を通して、残された遺族が故人の死という深い悲しみを乗り越えるという側面もあります。 お坊さんを呼んで宗教儀礼を行うことは故人の供養や成仏のためであるのと同時に、残された人たちのためでもあるのです。 葬儀や法要で行われる「法話」や「説法」も、仏の教えを説くことでご遺族の悲しみや後悔を和らげてくれるでしょう。 お坊さんを呼ばないお葬式を選択する際の注意点 さまざまな理由でお坊さんを呼ばないお葬式を選択する方が増えています。 しかし、実家や家系では仏教を信仰しているのに、あえてお坊さんなしの葬儀を選ぶ場合には特に注意したい点があります。 菩提寺のお墓に納骨できない可能性がある 先祖代々お付き合いのあるお寺「菩提寺」があり、そのお寺にお墓がある場合、お坊さんを呼ばずに葬儀を行うとお寺のお墓に納骨ができない場合があります。 お寺の納骨堂やお墓に納骨する場合、そのお寺のお坊さんから戒名をいただく必要があるのです。 菩提寺があるが「お坊さんを呼ばない葬式」を行いたいという方は、少々難題ではありますが一度菩提寺へ相談することをおすすめします。 仏式葬儀における戒名の意味や、戒名と納骨の関係についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。 家族や親族へ事前に説明をして理解を得ること 無宗教葬や家族葬、直葬などさまざまな葬儀のカタチがありますが「葬儀とはお坊さんにお経を読んでもらうものだ」という考えの方が多いのも事実。 お坊さんを呼ばず、読経も戒名もないとなれば「こんな葬式では成仏できない!故人がかわいそうだ!」と非難をされてしまう可能性があります。 お坊さんを呼ばないお葬式を行おうと考えている場合は、「故人の遺志」「遺族のみの家族葬で行うため」など事前に家族や親族に対し理由を説明し、理解を得ておきましょう。 まとめ お葬式ではお坊さんを呼ばなくてはいけないと決まっているわけではありません。 葬儀でお坊さんを呼ぶのは、仏教の宗教儀礼として読経や焼香などを行って故人の供養と成仏を祈るためです。 また、残された遺族の気持ちを慰めるためでもあります。 キリスト教や神道など仏教以外の宗教を信仰している場合や、宗教儀礼にこだわらず無宗教形式の葬儀を行いたい場合、普段お寺との付き合いがない場合などはお坊さんを呼ばない葬儀が行われることがあります。 お坊さんを呼ばない葬儀が悪いとかダメということでは決してありません。 ただし、日本で行われている葬儀では、お坊さんを呼んで行う仏式葬儀が大多数を占めています。 「葬儀とはお坊さんを呼んで行うもの」と考える人も多いため、お坊さんを呼ばない葬式を行う場合は、家族や親族へ事前に説明をしておくことをおすすめします。 また、菩提寺がある場合、お坊さんからへ葬儀を依頼しない場合や戒名をもらっていないとお寺の納骨堂やお墓に納骨できない可能性があるので注意しましょう。 お葬式のご相談からお急ぎのご依頼まで にお任せください。 北海道全域、24時間365日いつでも対応いたします。

次の

葬儀へのお坊さんの手配方法や費用って?お坊さんへのお礼や挨拶まで|終活ねっと

お 坊さん の いない お 葬式

友人の葬儀を機に新しい葬儀の形態を提案する。 その名も「お坊さんのいないお葬式」。 大森さんは「宗教儀式にとらわれず、故人の人柄や個性にあった葬儀をお手伝いしたい」と話す。 愛知県犬山市出身の大森さんは、岐阜県内の高校を卒業し、地元のハウスメーカーに就職した。 消費増税や景気に左右される職場で、まったく仕事がないこともあった。 「このままではいけない。 どんな時代でもなくならない仕事に就きたい」と21歳の時、葬儀会社に転職した。 この20年間に葬儀形態は大きく変化した。 当たり前だった自宅での葬儀場所が会館に変わり、家族葬が定着した。 最近では費用を安価に抑えた葬儀を紹介するポータルサイトからの依頼も急増し、サービスの低下や適正価格の維持が課題となっている。 この道20年の大森さんに、当たり前だと思っていた葬儀への意識を変えさせたのは友人の死がきっかけだった。 2018年末、余命宣告を受けた友人から「私らしさを表現したい。 子どもの記憶につらい悲しいという思いを残さなくて済む葬式をしたい」と相談された。 大森さんは自社が提供する葬儀プランを紹介したが、無力感を感じたという。 数カ月後、友人は亡くなった。 故人の遺志を受け、遺族らと相談した結果、お坊さんを呼ばずに無宗教のお別れ会を開いた。 生前の写真や動画を使ってメモリアルフォトムービーをつくって会場で流し、遺族や友人らがお別れの言葉を述べて献花をした。 一般的な葬儀では、受付で記帳し、お経を聞いて焼香をする。 故人の思い出を語り合ったり、遺族に声をかける時間も少なかったりする。 大森さんは「本当の意味で葬儀とは何かを気付かせてくれた。 遺族が一日も早く悲しみから解放され、前を向いてもらえるような葬儀の形態があっていいのでは」と考えた。 その後、葬儀会社を退社。 昨年8月、名古屋市内に葬儀社や葬儀会館を紹介するポータルサイトを運営する会社「ナインアンドパートナーズ」を設立した。 宗教儀式にとらわれない新しい葬儀の選択肢として「お坊さんのいないお葬式」を提案する。 その前提として、民間の調査会社に依頼し、全国の30~70代の男女700人を対象に「お葬式に関する調査」を実施した。 その結果、特定の宗教(仏教、キリスト教など)を信仰し、日頃は宗教活動をしていない人が9割。 それにもかかわらず、5割以上の人が仏式葬儀でお坊さんを呼んだ葬儀に携わった経験があると回答した。 また、自分自身の葬儀では、約5割の人が宗教儀式ではない葬儀を望んでいることもわかった。 背景には、お坊さんを呼んだ葬儀では「作法の難しさ」を感じている人が多いことがあるという。 著書はB5判、147ページで1400円(税別)。 葬祭ディレクターの大森さんの経験や葬祭業界にかける思い、葬儀に関する調査結果などがつづられている。 大森さんは「日本の葬儀はもっと自由でいい。 遺族や故人に縁のある人たちが納得できるお葬式をお手伝いし、葬祭ディレクターという仕事がもっと輝くことができれば」と話す。 (松永佳伸).

次の