医療 保険 60 代 女性。 生命保険の月額掛け金相場は平均いくら?20代〜60代まで年代別の保険料まとめ

医療保険の保険料、みんないくらくらい払っているの?保険料の平均と相場について

医療 保険 60 代 女性

20代のときは若いから医療保険なんて加入しなくてもいいじゃないかと思っていた方も、30代になると段々と医療保険くらい加入しておかないとまずいのかな?と思うようになる方は多いようです。 しかし、医療保険にはどのような種類があるのか、自分にはどのようなタイプの医療保険が良いのか、もっと言えば医療保険に加入する必要があるのか。 よくわからなくて考えるのも嫌になってしまうときがありますよね。 本日は、医療保険に加入すべきか悩んでいる30代の方に、 「30代は医療保険が必要なのか?そして、もし加入するとしたらどのような医療保険がオススメなのか」をお伝えいたしますので、是非今後の保険の考え方の参考にしてみてください。 はじめに 30代では、20代よりも疾病のリスクが高まる時期です。 よって、20代で医療保険に加入するよりも保険料は高くなりますし、病気になってしまってからでは医療保険に加入するのは非常に難しいです。 以下は年齢別の主な死亡原因をまとめた表です。 厚生労働省の「」のデータを参照しています。 【主な死亡原因(男性)】 【主な死亡原因(女性)】 この表からわかるように、年齢が高くなるに従い自殺や不慮の事故でなく、悪性新生物や心疾患・脳血管疾患といった疾病による死亡が多くなっています。 特に女性は、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性が罹患しやすいがんにかかるリスクが30代で上がるため、30代では死亡原因の1位です。 このデータからわかるように、30代からは疾病のリスクが高まるため、医療費への備えは真剣に考えたほうがよいでしょう。 特に女性は、30代は女性特有の病気になりやすくなる時期ですので、これからお伝えする30代の医療保険についての情報を得てほしいと思います。 医療保険は30代で必要か 30代で医療保険が必要な人と不要な人の違い 結論からお伝えすると私が考える医療保険が必要な人と不要な人の例は以下のようになります。 医療保険が必要な人• 現在貯蓄があまりできていない人• 小さなお子様がいる人• 入院したときのことが不安な人• 自営業の人 医療保険が不要な人• 貯蓄が十分ある人• 払込保険料よりも高い額の給付を受け取りたいと思っている人• 会社の福利厚生により保障が十分な人 ここからは上記の医療保険が必要な理由と不要な理由をそれぞれ解説していきます。 下記に、病気別の平均入院日数を挙げてみます。 (治療法・差額ベッド代の有無によって金額は変わってきます。 月々積立をしてお金を貯めても入院したらそこから支払わなければいけません。 医療保険に加入をすることで貯蓄を守ることができます。 家族に迷惑も掛けないで済む。 入院をしたとき病気がいつ治るかわからない。 それによって治療費がどれくらい掛かるかわからない。 病気が長引くと仕事ができなくなるのではないかと不安になるなど多くの不安が生まれます。 そこで医療保険から給付金が支払われると全額医療費を補うことができなかったとしても精神的には楽になります。 また、30代の方の親は60代になり定年退職も迎えている場合が多いとは思います。 結婚して、配偶者も子供もいる方も多いでしょう。 入院をしたときに家族に迷惑を掛けなくて済むという意識は気持ちを楽にさせるはずですし、周りの人も「保険はちゃんと入っているのよね?」ということもあると思いますので、データや分析では判断できないメリットを実際に入院などをすると感じることがあるかもしれません。 そうした場合に現在のように窓口自己負担3割、高額療養費制度など公的医療保険制度が今のまま続いていくでしょうか?30代では、平均余命は50年以上あるでしょうから、制度がこれからどんどん変わっていく可能性は十分にあります。 協会けんぽの財政は、現状のままでは平成28年度には収支が1,900億円の赤字に、平成30年度には、赤字が5,300億円にまで拡大し、積立金も使い果たして1,700億円の累積赤字となる可能性があるといわれています。 *協会けんぽHP参照 この財政赤字が継続してしまうと健康保険制度の運営が苦しくなってしまいますので、その対策として公的医療保険制度の内容を薄くしていくという可能性は考えられます。 よって、これからは、医療費負担への備えを自分自身で行っていく必要があるのかもしれません。 ・3割負担:健康保険証を病院の窓口で出すと3割負担(現役世帯)になり、なおかつ高額療養費制度により、1か月の医療費自己負担に上限があるので医療費の自己負担が高額にはなりません。 ・高額療養費制度:公的医療保険では70歳未満の現役世帯は3割負担となります。 ただ医療費が高額になってくると負担が大きくなってくるため1か月の自己負担の上限が定められています。 一定額を超えた場合に払い戻しが受けられる制度を「高額療養費制度」といいます。 高額療養費の払い戻しに関して、補足で説明させて頂きます。 (以下に記載のデータは年収約370~約770万円の方の場合、かつ、平成29年8月から平成30年7月診療分までの場合です。 ) 例えば、 1ヶ月間に同一医療機関に支払った医療費総額が500,000円 3割負担で150,000円)だった場合に受けられる払い戻し額は、67,570円になります。 そのため、治療費が500,000円かかるものが、実質の負担額は82,430円で受けられるようになります。 参考までに計算式も書いておきます。 そのため、何か病気をしたとしても現在の貯蓄で医療費を支払えるなら必要ないと言えるでしょう。 月々の保険料が安くても長い間支払っていくと高額になります。 医療保険に支払った金額に対してそれだけの保障が受けられるのか疑問なので保険料で支払う分を貯蓄したほうが得な場合もあるでしょう。 掛けた保険料の180万円以上に給付金をもらえるのかどうかを考えてしまいますよね。 保険料を貯金していれば180万円の貯金ができたことになりますから、保障内容と保険料を加味して判断しましょう。 医療保険は実費負担ではなく契約に該当したものが支払われる形になりますので医療費が全額補償されるわけではありません。 結論: 医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』で決まる。 医療保険の基本保障は、『入院保障』と『手術保障』で、2週間くらいの入院と手術であれば、給付金は20~40万円受け取れます。 ここで、貯金がない方には「20~40万円も給金がもらえるの!?」と思ってもらえるでしょうし、貯金のある方には「それしかもらえないんだ。 」と思われてしまうでしょう。 つまり、医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』でほぼ決まります。 医療保険に限らず、保険は貯蓄を上回る損失に対して備えるものですので、貯金があまりできていない30代の方には是非医療保険に加入しいただきたいと思っています。 一方で、300万円以上貯蓄があり、当面その貯蓄を取り崩す予定がない30代の方であれば、医療保険には加入しなくても構いません。 むしろ賢明な選択です。 しかし、将来の健康保険制度のことを考えて、現在と将来の医療費負担への備えとして医療保険に加入するという考え方もありますので、本人の考え方次第で医療保険が必要かどうかは決まります。 また、医療保険の必要性とは関係ありませんが、医療保険の加入率をご紹介します。 以下の表をご覧ください。 【疾病入院給付金の支払われる生命保険加入率】 (参照元:生命保険文化センター「」) このように民間の生命保険会社や郵便局、JA 農協 、生協・全労済で取り扱っている生命保険 個人年金保険や生命共済を含む のうち、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は、平成28年では72. 時系列でみると生命保険の加入率は、平成16年以降増加傾向にあります。 医療保険が本当に必要かどうかとは関係なく、医療保険は必要だと考えている人は過半数以上いるようです。 それでは、ここからは30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介していきますので、ご自身に医療保険が必要かどうか確認してみてください。 30代で加入するメリット・デメリット メリット1)払込保険料合計額が安い 具体例で検証していきます。 35歳男性• これからもわかるように、若いうちに加入した方が、同じ保障を長い期間持てるにもかかわらず、払込保険料の合計額は少なくなります。 メリット2)健康なときに加入することができる 医療保険は一般的に、告知で加入できるところがほとんどです。 ただし、絶対に加入できるわけではありません。 大きな傷病歴がある場合や精神疾患になってしまった場合などは医療保険に加入できないということもあります。 歳を重ねるにつれて病気になりやすくなりますので、若いうちの方が医療保険に加入しやすいといえます。 また、告知書扱いで加入の診査がされることが多いのですが、健康診断書を提出する告知(健康診断書扱い)であえて診査を行うことによって、告知書よりも基準が緩和されて加入しやすくなる場合があります。 30代で健康に不安があるという方は、是非健康診断扱いを活用してみてください。 デメリット1)医療保険を全く使わなかった場合は、結果的に損したことになってしまう。 保険とは相互扶助の考え方で成り立っているものなので仕方がないのですが、一般的には支払った保険料は、保険金の給付がある方に保険金として支払われています。 病気もケガもせずにずっと健康であった場合は損した気分になってしまうかもしれません。 デメリット2)保険の保障内容が将来役に立たなくなってしまう。 これには2つの原因が予測されます。 医療の発展が加速して、入院・手術をほとんどしない状況になってしまう。 物価上昇が続き、給付金の価値が低くなってしまう。 医療は日々進歩しているので、将来入院や手術をしないで病気やケガが治せるようになった場合は、医療保険の内容が時代遅れになってしまう可能性があります。 また、物価上昇が続き、例えば入院費用の自己負担が数百万円になってしまった場合は、入院給付金で受け取れる数十万円では医療費の一部しか賄うことができなくなってしまいます。 ここまでで、30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介しました。 メリットとデメリットをしっかりと確認した上で、医療保険を検討してみてください。 「30代」におすすめする医療保険3パターン 30代におすすめする医療保険は、基本的に20代の方におすすめするものと変わりませんが、やはり20代よりも保険料負担は少し重くなります。 現役時代もしっかり保障されますし、老後は保険料の負担なく保障を持つことができます。 現役でなにもなかったとしても、老後の医療負担への備えにもなります。 また、借入などをしている可能性も高いですし、スタートアップのときは自分自身が動けないと売上が立たないことが多いです。 また、将来のことよりも今の事業を成功させることに全力投球していると思われます。 このような方は、若いうちは安価な保険料で大きな保障の持てる定期医療保険をおすすめします。 事業が軌道に乗って安定するまではなにがあるかわからないので安価な保険料で手厚い保障を持ち、事業が軌道に乗ってある程度安定してから再度プランの変更をするケースが多いような印象です。 また、物価上昇を心配されている方などは、定期医療保険をおすすめします。 若いうちは保険料が安いので、貯金ができるまで定期医療保険で備え、貯金ができたらやめてしまうこともできます。 また、定期医療保険は、医療の現状に合った内容で現在の物価と年齢に応じた医療保険にプランを変えていくことが可能です。 1つ(A)は、還付金受取時にそこまで支払った保険料から入院給付金として受け取った金額を差し引いて還付金として受け取ることができる医療保険です。 ケース1)60歳の時点で、公的医療制度の保障が財政悪化により、薄い内容になっていた場合 終身医療Aの還付金受取時に還付金を受け取ります。 そして、公的医療保険が手薄になっているので、このAの終身医療保険を引き続き継続します。 継続するときは、還付金で払えるだけ前納で支払ってしまってもいいですし、現金でお金を準備しておいて、病気のときはその現金を取り崩していくという手法を取ります。 ケース2)60歳の時点で、公的医療制度の保障が現在と変わらないくらい手厚い内容であった場合 終身医療保険Aの還付金を受け取り、医療費負担のために現金で貯めておきます。 同時に、終身医療保険Aを解約してしまいます。 公的医療制度が手厚い内容であれば医療保険を掛け続けることにメリットはあまりないので、Aを解約して老後の限られた資金の中から保険料を捻出しないようにする方法を選びます。 よって、60歳以降の医療保険は、Bの払込が完了した医療保険のみとなります。 公的医療制度の動向により、保険契約の活用の仕方を選択できることで、柔軟な備え方ができるのが、2種類の医療保険を組み合わせて加入するメリットです。 また、女性は30代からがんのリスクが高まるので、女性特有の病気やがんに対する保障などを検討してもいいかもしれません。 まとめ 医療保険が必要か必要でないかは医療保険のメリット・デメリットから考えて、自分にとって必要がどうかを見極める必要があります。 どんな人でも絶対にこれだという答えはありません。 医療保険はその方の家計の状況と将来の公的医療制度に対する考え方で加入するかしないか、どのようなプランにするのかが決まります。 また、30代の方も20代と同じくまだまだ若いので、基本的には20代も30代もおすすめのプランは変わりません。 ただし、30代の方は20代の方に比べて保険料も高くなりますし、健康面で保険に加入できない可能性も増しますので、早めにお近くのファイナンシャルプランナーにご相談されることをおすすめします。 インターネットで長い期間調べて悩むよりも、複数のファイナンシャルプランナーの話を実際に聞くほうが、適切な情報を早く得らるはずです。

次の

FP監修|30代が入るべき2+1種類の保険。家族と自分を守る保険選び

医療 保険 60 代 女性

60歳からの生命保険は、どういうものがいいのでしょうか。 答えはがひとつならば話は簡単ですが、そういうわけにはいきません。 人それぞれ家族構成や住まいの状況などが違っているため加入すべき生命保険も違ってきます。 まだ未成年の子どもがいるような方。 こういった方は、死亡保険もある程度は必要かと思います。 すでに子どもが独立されている方は、一般的には掛け捨て型の大きな死亡保障は不要です。 ここでは、後者の「すでに子どもが独立されている方向けの商品」について考えてみます。 60歳以降に加入する保険としては、終身保険や医療保険、ガン保険、そして共済などが考えられます。 それぞれについて、ひとつずつご紹介致します。 60歳以降で選択する保険には終身保険がある 終身保険は、一生涯保障が継続できるのが特徴になりますので、俗に「葬式保険」とも言われます。 この保険により、遺産分割のためや葬儀、お墓などの費用を家族に残してあげる活用法が考えられます。 デメリットとしては、60歳以降に契約する場合にどうしても保険料が高くなってしまうことです。 そのため、契約にあたっては、退職して完全な年金生活者となったときにでも支払いが続けられるのかを考えなくてはいけません。 例1) A社、保険金額300万円、保険料支払い期間:終身払い 60歳男性:10,512円(月額) 60歳女性:7,944円(月額) 例2) B社、保険金額300万円、保険料支払い期間:70歳払済み 60歳男性:24,102円(月額) 60歳女性:21,660円(月額) 例2は、掛金の支払いは10年間で終了しますが、例1に比べ月々の保険料は高くなります。 支払い総額は、男性では約289万円、女性では約260万円です。 300万円残すのにそこまで支払う必要ありません。 それに比べて例1は、月々の保険料は例2よりも少ないですが、払込満了がありませんので、保険料を一生涯支払っていきます。 計算すればわかりますが、男性では74歳を超えると保険金である300万円を超過します。 女性は約92歳が分岐点になり、それ以上は超過します。 つまり、例1の終身払いは、言葉は悪いですが、長生きをすると保険金をオーバーするようになります。 ただし、月払いではなく、数年払いや全期前納(保障期間の始めから最後まで支払う方法)などによって累計での支払い保険料は少なくすることもできます。 この場合は、途中でお亡くなりになっても、先に支払っている分は、未経過分として保険料は還付されますから損することはありません。 例えば、60歳の方が、500万円の終身保険に加入し、10年分の保険料として450万円を支払ったとします。 しかし、運悪く65歳でお亡くなりになったときには、死亡保険金500万円と亡くなった以降の保険料である未経過分が還付されます。 それぞれ一長一短がありますが、指定した受取人に保険金が必ず残せる終身保険のメリットには違いはありません。 契約する前に知っておいたほうがいいこと 保険の契約は、申込書に記入するだけでなく、健康告知が必要です。 健康告知とは、現在のご自分(被保険者)の健康状態と過去5年間の入通院の有無、健康診断での指摘事項の有無などを告知書の質問に沿って記入することです。 保険会社によって取扱いが異なりますが、満60歳なら死亡保険金500万円くらいなら告知書の記入だけで事足りますが、それ以上の保険金になりますと、会社で行われている健康診断書の写し、もしくは保険会社指定の病院での検査も必要になります。 そのため健康状態によっては契約を断られることがあります。 医療保険に契約したいと思っても、若い年代に比べて掛金が高くなってしまというデメリットがあります。 この点は入院する確率が高くなるので致し方ないところがありますが、入院しても預貯金で対処できるのなら、あえて医療保険の契約をする必要はないかと個人的には思います。 しかしながらそうできない場合には、医療保障を考えることも必要でしょう。 その場合ですが、何歳まで入院保障が必要なのか、1日の入院保険金がいくらくらい必要なのか、また掛金は問題なく支払いが継続できるのかも含めて検討が必要です。 例) 入院1日あたり10,000円、保険期間:終身、払込期間:終身の場合 ・60歳男性:8,917円(月額) ・60歳女性:7,057円(月額) 入院1日あたり1万円も不要と考えるなら半分の5,000円から契約もできます。 この場合の保険料は、上記の半分になります。 終身保険に加入済みの方は医療保険は不要? すでに終身保険に加入してある程度の年数も経過していれば解約金が貯まっています。 それならば、あえて医療保険に加入する必要はないかと思います。 その理由としては、いざというときには終身保険から貸付をすることができるからです。 ひとつの方法としては、契約される予定の医療保険料に見合った金額を積立します。 そしてもしも入院してしまったならば、その積立金を崩して医療費等の支払いにあてます。 それでも不足するならば、終身保険から貸付を受けます。 その後に、終身保険から借りた貸付金はコツコツと返済していけば完済できますので、個人的にはこのような方法でもよいと思っています。 それでも終身保険に加入していないし、やはり不安に思うならば医療保険に加入すべきかと思います。 さらに詳しくは、をご覧ください。 60歳からのガン保険 医療保険に加入して、さらにガン保険ともなると保険料の支払いはほぼ2倍になります。 それでも問題なく支払えるのであればいいのですが、そうでない場合には、医療かガンのどちらかを選択する必要がでてきます。 医療保険は、治療のための病気やケガでの入院はすべて給付対象になりますが、ガン保険はガンだけに特化した商品ですから、すべての疾病についての入院が保障されるわけではありません。 しかしながらガン保険のメリットとしては、ガン(悪性腫瘍)と診断され入院や手術などをされたときにはガン診断給付金や入院、手術給付金、通院給付金などが支払われます。 そのため一般的には100万円以上のまとまった給付金になります。 医療保険よりたくさん受取ることができますのでこの点がガン保険のメリットになります。 保険料の例 保険期間:終身、ガン入院10,000円、診断給付金100万円、手術、退院給付金ありの場合 ・60歳男性:7,950円(月額) ・60歳女性:4,330円(月額) このような保険料になります。 60歳からの保険選択。 共済はどうなの? 共済といえば、JA共済が有名ですが、ここではそれ以外の全労災やコープ共済、都民共済、県民共済などについて見てみましょう。 各共済には、たくさんの種類の商品があります。 その中で60歳以降に特化した商品があります。 全労災:シニア医療タイプ、シニア総合タイプなど• コープ共済:あいぷらす、たすけあい、終身医療• 都民共済:総合保障型、入院保障型、65歳~69歳は熟年型 たとえば、「コープ共済のあいぷらす」は、死亡保障を主として入院保障も特約として付加できます。 「たすけあい」は、医療保障を目的にしています。 どちらも、60歳から69歳までの健康な方なら加入できます。 そして10年間は契約時の保険料のまま継続できます。 10年目以降は85歳まで更新できますが、掛金は更新時のものになります。 コープ共済・60歳男性の掛金例• たすけあい:月々2,100円、入院保障日額5,000円(1日目から184日分まで)、手術(2.4.8万円のいずれか)、ケガ通院日額1,500円、病気死亡10万円、事故死亡10万円+100万円• あいぷらす:月々1,790円、死亡保障(病気、事故とも)100万円 どちらか一方だけでも加入できますし、両方の契約も可能です。 非常にお安く保障もそれなりにありますので、これだけで十分かと思ってもしまいます。 70歳くらいまで保障があれば十分と考えるのであれば、このような共済商品でよろしいかと思います。 全労災のシニア医療タイプ 全労災にもコープ共済のあいぷらす、たすけあいと似た商品として、シニア医療タイプとシニア総合タイプがあります。 (平成29年10月時点) ただしこちらは、新規加入年齢は満60歳~満64歳となっていて、最高満70歳までの保障になります。 シニア医療タイプの月々掛金は2,000円ですが、入院保障は日額3,500円となり、連続5日以上の入院が必要です。 70歳以降は移行タイプとなり、掛金はそのままで入院保障は日額1,500円となりますから、「コープ共済のたすけあい」と単純に比較するとコープ共済のほうがよいようです。 生命保険会社で保険を考えるなら 生命保険会社で保険契約を検討するならば、終身保険、終身医療保険、終身がん保険のすべてに加入するとなると保険料もかなり高くなります。 しかも長期間支払うことを考えると、この中のいずれかを契約する方が多いかと思います。 どれを選択したらいいいのか、またはどうしたらいいのかわからない方は、お近くの保険のプロにご相談してみるのもひとつの方法です。 もしくは、相談する前に自分で再度商品の違いを今一度知ってみることから始めてみてはいかがでしょうか。 それから相談しても遅くはありません。 パンフレットからでも十分な比較はできます。 もしも持病をお持ちなら 60歳代ともなってくると、若い年代に比べれば、血圧や血糖値、肝機能数値なども健康診断や人間ドックなどで指摘されている方も多いかと思います。 このような方にとってやっかいなのが、生命保険に加入するためには告知がありますから、契約をしたいけど加入できないケースが出てくることです。 いくつかの保険会社の告知書を見てみますと、過去3か月以内に医師の診断を受けたことがありますか?過去5年以内に入院や手術、通院などで7日以上に渡って医師の診察をうけたことがありますか?などの質問事項がありますので、「はい」か「いいえ」で答えるようになっています。 持病のある方ならば、医療機関へ定期的に薬などをもらいに行っているはずですので、「はい」に〇がつくかと思います。 またその場合、告知書には病名や服用している薬の名前、通院しいている、あるいは通院していた病院名、入院したことがあればいつからいつまでしたのかなども記入します。 保険会社は、この告知内容を見て引受可否の判断をします。 過去の職業経験からですが、血圧や血糖値が高くても一定の数値の基準(年齢で異なる)はありますが、また複合的な持病をお持ちでないなら加入できないわけではありませんから申し込んでみるのもひとつの手です。 引受不可となっても初回保険料は返金していただけます。 緩和型の医療保険はどうなのか 持病がある方のために一般的な医療保険ではなく、保険会社によっては緩和型の保険が用意されています。 緩和型医療保険とは、告知の質問事項がゆるいので、持病があっても加入しやすいタイプの保険をいいます。 結論からいいますと、一般的な医療保険よりも保険料が割増されていますのでお得とはいえません。 ただし、緩和型医療保険ではなく、緩和型の終身保険があります。 こちらは、保険で葬儀代等を残すという目的ならば検討の余地はありそうです。 確認したところ、ほとんどの緩和型終身保険は、保険料の支払いが終身払いなので保険金をオーバーしてくる年齢があります。 ですのでその年齢を計算してみて納得した上で契約をすべきです。 たとえばですが、オリックス生命の緩和型終身保険・新ライズサポート(宣伝しているわけではありませんよ)にてインターネット上で試算してみました。 保険金200万円で、65歳男性ですと、月額12,008円(平成29年3月時点)と算出されました。 200万円を12,008円で割ると、166ヵ月分です。 つまり、166ヵ月=13年8カ月ですから、65歳の方は78歳8カ月よりも長生きした場合には、累計支払保険料は保険金を上回ることになります。 それよりも短くこの世を旅立ってしまったならば損はありません。 多少損しても、貯金では残せそうもないからと思うならば、契約もいいでしょうが、長生きしたら損すると思うならば、やめておいたほうが無難かと思います。 自分の場合はどうしたらいいの? 保険を新たに考えている人もそうですが、特に、すでに保険に入っている方は、今の保険を見直して新たに加入したほうがいいのか、それともそのままがいいのか自分では判断がつかない方もいらっしゃると思います。 こういった場合にはやはり相談するのがベストです。 まず、相談先で頭に浮かぶのが現在契約している保険会社です。 しかしながら、保険の相談をしても他の商品を勧められる傾向がありますから、あまり得策とは言えません。 そこで、候補先として3つが考えられます。 保険相談先の候補• 複数の保険会社を扱っている保険ショップに来店し相談する• 自宅や近所のファミレス等で出張型のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談する• 保険を取り扱っていない、保険代理店とも提携をしていないFP事務所などに有料(1万円以上から数万円)で相談する この中で中立な立場でアドバイスを受けられるのが3番です。 ただし実際に保険に加入するとなると保険代理店を紹介をしていただくか、自ら探すことになります。 1と2は、相談したからといっても無料であり、なおかつ契約を迫られるわけではありませんが、新規加入や見直しをされたほうが得と思わせるトークをする場合が考えられます。 ただし、FPの資格を持っているからといっても中立・公正なアドバイスとは関係ありません。 あくまで保険販売者がFP資格を保有していると思って相談しましょう。 いずれにしても、1と2のどちらかに相談されるなら複数の会社に相談するのがベストです。 以上、60歳からの生命保険選びについてでした。 該当カテゴリー: 関連カテゴリー:、、.

次の

70代・80代の保険選び│本当に保険は必要?加入できる保険はある?|楽天生命保険

医療 保険 60 代 女性

30歳って何か保険に入った方がいいの? 結婚したから保険を考えたい。 子供が生まれたから、保険を見直したい。 30代になると、20代と比べて環境が変わることって多いですよね。 そこで保険を検討する方も多いのではないでしょうか? 実は、生命保険は、 加入目的によって入るべき保険の種類が変わってきます。 つまり、 家族構成や ライフスタイルによって、 入る保険の種類が変わるということです。 (意外とシンプルです) 今回は、 ライフスタイル別に30代の保険の選び方のポイントを図解し、保障内容、そして保障額の考え方までを( 元保険会社勤務、現独立系FPの私が自信を持って!)解説します。 最後までお読みいただければ、 ご自身が入っておきたい保険の種類だけでなく、用意したい必要保障額までが判断できる内容になっています。 是非、最後まで読んでみてくださいね。 30代が入るべき保険は 「医療保険」と「終身保険」 30代の方が入る保険の理想の形を図解しました。 30代の方は、「 医療保険(黄色)」と「 終身保険(緑色)」に皆さん加入することをオススメします。 さらに、経済的に扶養している家族のいる方は「 収入保障保険(青色)」に入られることが望ましいです。 便宜上、夫婦の設定で作っていますが、 【夫】=自分のお給料で養っている家族のいる人、 【妻】=自分のお給料で養っている家族がいない、または自分のお給料は自分のためだけに使っている人 と、読み替えてください。 2.医療保険 ~あなたが入るべき保険を種類別に解説~ 2-1 ライフスタイルに関わらず、医療保険は全員加入がオススメ 30代の方は、ライフスタイルに関わらず 医療保険に加入することをオススメします。 オススメする理由は3つです。 これらを含めると、 入院時の1日あたりの自己負担費用は平均で2万3千円になる、というデータ( 令和元年度)があります。 【入院時の1日あたりの自己負担費用】 参照: さらに、これらの費用は入院が長期化すると負担はどんどん大きくなります。 もちろん、入院は短期化傾向にありますが、 本当に困るところに掛けるのが保険です。 別の目的で貯めていた貯蓄を切り崩すことにならないよう、医療保険で備えるのが望ましいです。 詳しくはこちらの記事をお読みください。 関連記事 2-1-2 健康保険がきかない全額自己負担の「先進医療」がある 日本の医療制度では、病気やケガで入院や手術をした時の治療費は、基本的にかかった費用の3割が自己負担額となります。 先進医療の種類によっては 数百万円もかかるものもあります。 こちらも貯金を取り崩すことにならないよう、医療保険( 先進医療特約)で備えるのがオススメです。 そのため、先進医療の技術料は健康保険の給付対象外となり全額自己負担となります。 2020年2月1日現在、先進医療は87種類となっています。 先進医療の種類・内容は以下を参照ください。 2-1-3 医療保険は健康なうちに加入しよう 医療保険には 健康なうちに加入しておきましょう。 30代になると健康診断で引っかかる項目が出始めたり、女性であれば婦人科系の疾患で通院する方も増え始める頃です。 ですから、まだ健康だからと後回しにせず、 健康なうちに加入しておきましょう。 例えば医療保険に加入しているが、眼球および眼球付属器について部位不担保が設定されている場合には、目の手術を受けて入院しても給付金が支払われません。 2-2 医療保険は「終身型」「日額10,000円」「入院日数60日型」がオススメ 医療保険に入るべき理由をお話してきましたが、具体的にどのような保障内容にすべきか解説します。 医療保険の保障内容を考えるときのポイントは3つあります。 一方で終身型は、 加入時から一生涯 保険料は変わりません。 その代わり更新ごとに保険料が上昇します。 例えば、治療費が100万円かかっても、高額療養費制度の計算式に当てはめると、1か月の自己負担額は 87,430円で済みます。 <計算式:80,100円+(100万円-26. しかし、2-1でお話した、治療費以外の出費も保険でカバーしたい方は 日額10,000円あれば安心です。 特に、 首都圏にお住まいの方は「差額ベッド代」が地方と比べると値段が高いこともあるので、10,000円はあったほうが良いです。 上限額は、年齢や所得に応じて定められています。 年収500万円の方であれば、1か月の総医療費が100万円かかっても「高額療養費制度」が適用され、87,430円で済むということです。 <計算式:80,100円+(100万円-26. 高額療養費制度にさらに上乗せする、組合独自の給付制度です。 (国民健康保険にはない制度になります) 自己負担額を20,000円~25,000円に設定しているところが多いです。 もちろん、被保険者だけでなく扶養家族も対象となります。 勤務先に組合健保のある方や、公務員の方は是非限度額を調べてみてください。 (入院給付金日額は無制限で支払われるわけではなく、1回の入院の支払い限度日数が決められており、それを入院日数と言います。 ) 最近では、医療技術が進歩し長期の入院を必要としなくなったり、入院日数が短いほど病院の利益になるような制度になっているため 入院日数はどんどん短くなっています。 ですから、医療保険の入院日数は60日もあれば十分です。 3.終身保険 ~あなたが入るべき保険を種類別に解説~ お葬式代&貯蓄として 終身保険にも全員入りましょう。 終身保険とは、 「保険の期間が一生涯」あり、 「払った保険料が一定の割合で積み立てられる」2つの機能をもった死亡保険です。 【終身保険 イメージ図】 終身保険の加入をオススメする理由は2つです。 ですから、お葬式代を保険で準備するには、保険期間が一生涯の保険、つまり終身保険に入る必要があるといえるでしょう。 条件によっては、 銀行で積み立てをするよりも利回りが良くなることもあります。 ただし、終身保険の多くは10年以上支払わないと増えないので、 10年以内に使う目的の貯蓄には向きません。 つまり、 教育資金や 老後資金など、 使う目的が10年以上先のものには銀行で積み立てるよりも有利に貯蓄が出来る可能性があるということです。 終身保険で備える際の注意点について、具体的に解説していきます。 3-1 お葬式代はインフレを前提に考える 終身保険でお葬式代を準備する場合に注意しなければならないのは、 死亡保険の金額です。 現在のお葬式代の 平均は200万円(財団法人日本消費者協会が2017年に行った「第11回葬儀についてのアンケート調査」より)だからといって、 死亡保険金額が200万円の終身保険に入っていませんか? 30歳の方が、実際にお葬式を挙げるのは50年、60年先でしょう。 200万円の死亡保険金では足りないので、 死亡保険金額は540万円に設定しなければならないという事です。 お葬式費用データ 葬式費用のうち祭壇費用の金額です。 お葬式を上げる場合は、祭壇費用以外にも斎場料や火葬料、棺代などもかかるため、トータルの費用は祭壇費用の約3倍と言われています。 一般的な円建の終身保険は、契約したときの金利の状況で利回りの良し悪しがきまります。 現在は低金利の影響で円建ての保険は 利回りが低く貯蓄としての魅力があまりありません。 金利の高い外貨建終身保険か、投資信託等で運用する変額終身保険を選択するべきでしょう。 つまり、円建ての保険と仕組みは同じで、通貨のみが外貨になっている保険の事です。 基本的に、払い込む保険料や受取る保険金等は、外貨か円を選ぶことができます。 外貨は主にアメリカドルやオーストラリアドルの保険が多いです。 自分が亡くなって今まで稼いでいたお給料が入ってこなくなった場合、経済的に困る人がいる方は収入保障保険が必要ということです。 【収入保障保険 イメージ図】 例えば、 独身の方でもご両親や兄弟に仕送りをしている方は、もし自分が亡くなって両親や兄弟が経済的に困るのであれば加入すべきでしょう。 女性の方でも、夫婦共働きでご自身のお給料が入ってこないとご主人やお子様が生活できないという方は収入保障保険が必要です。 関連記事 必要保障額とは、万一の事があっても、 残された家族が不自由なく暮らすために必要な金額の事で生命保険の死亡保険設定額になります。 万一の事がなければ、毎月のお給料で生活をやりくりするので、基本はお給料をべースに考えます。 計算式は以下の通りです。 関連記事 4-2 遺族年金を考慮して必要保障額を算出しよう 遺族年金とは、被保険者が死亡した際、 残された遺族に対して支給される公的年金のことです。 もらえる遺族年金は、亡くなった人がどの年金に加入していたかによって受け取れる給付の種類が変わってきます。 4-3 夫婦共働きの方は奥様に収入保障保険が必要な場合もある! 最近では、夫婦共働きの家庭も増えていますね。 夫婦共働きの家庭で、以下に当てはまる方は 奥様も「収入保障保険」に入る必要があります。 家族構成:夫(35歳)・妻(35歳)・子(10歳) 夫手取りお給料:35万円/月 妻手取りお給料:50万円/月 世帯年収:約1,000万円 このようなご家族の場合、奥様が亡くなると、貰える遺族年金額も年間180万円程度です。 さらに、お子様が18歳になる年までしか支給されません。 この場合は、 収入保障保険が必要です。 奥様が稼いでいたお給料よりもはるかに低いですし、お子様が大学に進学すれば授業料などお金が一番かかる時期に支給が終わることになります。 つまり、共働きのご家庭で、ご主人様のお給料だけで生活費の支出や貯蓄をされているのではなく、 奥様のお給料からも生活費等の支出をしている家庭は、奥様にも収入保障保険が必要です。 4-3-2 住宅ローンを夫名義で組んでいるが、返済には奥様の収入も見込んでいる ご主人様のお給料の半分以上がローン返済にあたり、 それ以外の生活費は奥様のお給料で賄っているような場合、奥様も「収入保障保険」に入ることをオススメします。 例えば、住宅ローンを組む場合、契約者は「団体信用生命保険(契約者が亡くなるとその後のローン返済がなくなる保険)」に加入します。 そのため、ご主人名義で住宅ローンを組んでいる場合、ご主人が亡くなった場合はローン返済がなくなります。 しかし、 奥様が亡くなるとローンは残るので、ご主人様はご自身のお給料だけでローン返済をしていくことになります。 7万円の支払いは無くなります。 ですから、奥様はご自分のお給料から管理費等を支払っていくだけなので負担は重くないでしょう。 しかし、奥様が亡くなった場合は、ローンはなくならず、管理費等合わせて 約13万円の支払いが続くことになります。 残り12万円で光熱費や電話代などを支払いながら生活できるのであればいいですが、難しい場合は奥様に収入保障保険を掛けられた方が良いです。 5.保険は見直しが大切~信頼できるアドバイザーを味方につける~ 生命保険は、一度入って終わりではなく 見直しをすることが大切です。 見直しが大切な理由は2つです。 その度に、必要な保障内容は変わってきますので、そのタイミングで保険も見直していきましょう。 今から15年、20年前の医療保険は「20日以上入院すると給付金が下りる」「入院5日目から保険金が下りる」」という内容の医療保険が主流でした。 現在は、入院日数も短期化しており入院1日目から給付金がおりるものが主流ですよね。 つまり、 30代で加入した医療保険は、40代・50代になる頃には 時代にあっていない可能性があります。 しかし、自分で制度について勉強したり、「自分の保険は今の時代に適しているのか」「もっとより良い保険が新しく発売していないか」といった情報収集することは難しいです。 結婚・出産・住宅購入といった一般的に保険を見直すべきタイミングと言われている場面だけでなく、新商品の情報なども随時手に入れるために、信頼できるアドバイザーを味方につけることをオススメします。 保険販売資格のある独立系ファイナンシャルプランナーであれば、複数社の生命保険会社からライフプランを考慮し最適な商品のアドバイスをしてくれるだけでなく、販売資格があるため、新商品の情報も一早く入ってきます。 関連記事 結論から言うとこの事例では、見直しをすることで、世帯の合計保険料はほぼ変わらず(+300円程度で)、貯蓄性のある終身保険を増やすことができ、ご満足いただける結果となりました。 <相談者> 夫35歳(会社員・喫煙歴なし) 妻34歳(育休中) 子2歳と0歳 <相談内容> 2人目の子供が産まれたので、死亡保障額を増やした方が良いと営業担当から言われた。 子供の学費や自分たちの老後のお金も貯めたいので、 これ以上保険料は上げたくない。 でも万が一のために必要な保障はしっかり確保したい。 お子様が2人になってもご主人の必要保障額は変わらないので、 非喫煙割引が適用できる保険会社で収入保障保険を見直し。 付加給付もあるため医療保険は最低限でいいということに。 奥様の医療保険は60歳で還付金が戻るタイプだったが、 今後の見直しも考慮し掛け捨て型に切り替える。 「今の自分にあった保険が知りたい」「保険の選び方がわからない」という方は、4章でお伝えした独立系FPに相談することをオススメします。 ただ、敷居が高いと感じる方には独立系FPが主催する 「保険セミナー」や「マネーセミナー」に参加することから始めても良いでしょう。 関連記事 お金のプロであるFPが保険の見直しをサポート 保険は種類が多くて、一人では難しく考えがち。 そんな方にピッタリなのがお金の相談室の生命保険相談です。 知識も経験も豊富なファイナンシャルプランナーが、保険の知識のない方へもわかりやすくアドバイスします。 なぜFPに相談した方が良いの?• 保険以外の商品も含めて、あなたに一番ベストな商品をご提案できます• ライフプランを踏まえた保険プランをご提案できます• 担当者の転勤がなく永続的にサポートができます 生命保険相談で出来ること• ライフプランを踏まえ、あなたやご家族に必要な保障内容がわかります• 家計とバランスのとれた保険の入り方がわかります• 豊富な保険商品、保険以外の金融商品の中から、自分に最適な商品の提案が受けられます• 保険料を節約して浮いたお金の活用方法もアドバイスできます 生命保険相談はこんな方にオススメ!• 初めて保険に入るので、自分に必要な保障や選び方を教えてほしい方• 結婚をしたので保険の見直しをしたい方• お子様が産まれて教育資金を貯めたい方• 住宅ローンを組んだ方または組む予定の方で保険の見直しをしたい方• 加入中の保険が自分に合っているのか知りたい方• 保険料を節約したい方 お金の相談室では、 東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。 対面での無料相談をご希望の方は、インターネットもしくはお電話にてお申込みください。 予約制です。 お気軽にご相談ください!.

次の