しゃがれ 声 出し 方。 低い声の出し方とは?低い声を出せるようになるための練習法|feely(フィーリー)

透明な声もハスキーボイスも出せるようになるトレーニング:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

しゃがれ 声 出し 方

記事の目次• 低音が出せることのメリット 声に深みを出すことができる 低い声には、他の声とは違う深みがあると言われています。 成熟した大人にしか出すことの難しい低音の響きは、その美しさだけではなく、それまでの人生が熟成されたような深い旨味すら感じられるという声が聞かれます。 そのため、どこかで歌声を披露するときには、このような低音ボイスを習得しておくことによって、ワンランク上の評価を得ることが期待出来るでしょう。 聞く側に安定感を与えられる 低音の音域そのものに安定感や安心感、または落ち着いた雰囲気を与えることが多いです。 このことによって、聴いている人に対して安定感をあたえることができ、その声をより聞きやすいものにするのです。 楽器に例えたらベースなどの低音を担当する楽器が楽曲の支えになるということをイメージしてもらえると理解しやすいかと思います。 また、歌だけに限らず、介護の声かけなどでも、高音よりも低音の方が聞き取りやすいというデータも聞かれます。 このことからも、低音には聞く側に安定感が当てられることが分かるかと思います。 実は高い声も出しやすくなる 低音ボイスを上手にコントロールすることによって、高音ボイスも上手に出すことが出来るようになりますね。 それは歌に使う息の量を上手く使うことが出来るからです。 自分の出せる限界まで低い声を出そうとすると、まるで唸り声のような音になります。 そして、そのときには息を流す量がかなり減るはずです。 そのとき、声帯には大きなストレスがかかります。 そのようなことがないように、しっかりと息が流れるように発生するようトレーニングを重ねることで、低音が出しやすくなり、そのアプローチを高音にも活用することで、高低両方、魅力的なボーカルへと近づいていくのです。 低い声を出す練習 ポルタメント ポルタメントは出す音を上げ下げするように歌う方法です。 あまりイメージが付きにくいかもしれませんが、日頃行う「あくび」のような「ふわぁー」というものを想像してもらえるのが一番近いかもしれません。 ポルタメントは、まず顎を下げ、口を開けます。 そして、舌先を下の歯に触れるようにしましょう。 口のポジションを整えたら、あばらの一番下に左手をあてます。 その後、高い声から低い声へと声を出していきましょう。 これがポルタメントです。 もしも出来る人は、一番低い音にあたったときにビブラートをかけて腹式呼吸が出来ているか確認してみてください。 腹式呼吸 腹式呼吸が上手く出来てない人は、大きい声が出せない、声が震える、喉を痛める、一息で歌を歌えないという症状が出てしまいます。 これらを改善するのは腹式呼吸です。 腹式呼吸のやりかたは、心臓とみぞおちあたりに手を置いて、リラックスをした状態を取ります。 そして呼吸をするのですが、そのときに、胸と肩を動かさないようにしましょう。 そうするとみぞおちが動きますので、これをイメージしましょう。 そして、吐くときには自然に緩めましょう。 横隔膜が動くことが腹式呼吸を語るときによく使われる言葉ですが、そうではなく、自然に息が入ってくることを心がけましょう。 ペットボトル練習法 身近なものをボイストレーニングとしては、ペットボトル練習方が挙げられます。 これは、2リットルの空のペットボトルを用意して、それを思い切り吸い込み、凹ませ、また息を吐いて元の大きさに戻すという方法です。 この方法でボイストレーニングをすることによって、腹式呼吸のやり方を確認することができます。 また、肺活量を鍛えることにも繋がるかと思いますので、息を上手に流すことが必要とされる低音ボイスをマスターするには欠かせません。 低い声の出し方についてのポイント 低い声を出そうと意識しすぎない 低い声を出そうとすると、どうしても無駄に力が入ってしまったり、喉が緊張した状態になってしまいます。 そうすると、声が張り上げてしまうため、喉が疲れてしまい、すぐ声がしゃがれてしまいます。 そういったことを繰り返してしまうと、声帯にもダメージが蓄積していくのです。 このようなことを避けるため、なるべく自然に低音を出せるように努力してみましょう。 体勢は大きく動かさない方が良い よくプロの歌手でも見かける光景ですが、自分の歌う音階に合わせて身振り手振りをしてしまう人がいます。 しかし、これは上手に歌を歌うという観点からはあまり良いことではありません。 上半身に余計な力をかけてしまうことによって、緊張した状態になってしまいます。 低音を出す時は首を下に下げない 低音を体で表すと顔も下に向いてしまいがちです。 このときには喉が締め付けられる格好になるので、力が余分に使われてしまいます。 なのでこのようなクセがあるという人は、視線を下向きにし、出来るだけ遠くを見るという風に工夫して見るのも良いかもしれません お腹から響かせる 歌を歌うときのアドバイスの定番として「お腹に声を響かせる」というものがあります。 これは、声の高低によって、身体の部位と連動していく傾向にあります。 低音の時にはお腹から声を響かせるというイメージで出すと良いそうです。 このイメージを持っていくことで、身体に自分の声が共鳴して、心地よさを感じられるかと思います。 しっかり息を吐き出す 歌う時に息を吐き出すというのは当たり前すぎて、あまり意識をしないポイントかもしれませんが、とても重要となっています。 歌っている場合でさえ、多くの人が息をしっかりと吐き切れていません。 自分の声を自分の手のひらにあてるように歌ってみると、その息の弱々しさに驚くかと思います。 一般的に息が使いづらいと言われている低音ボイスであれば、なおさら注意が必要です。 しっかりと声帯が振動出来るように息を吐き出し、魅力的な低音を手に入れましょう。 そのためには、しっかりと息を吸うことも必要です。 呼吸を制するものを歌声を制します。 ちょっと遠くの人に話しかけるように発声する 歌を歌うというのは非日常的な行動です。 さらに、それが人前で歌うとなるとより緊張した状態になります。 腹式呼吸などのテクニックを覚えると、より大きな声が出せるようになるため、ついつい音量が大きくなりがちです。 しかし、低音で歌う場合には力を抜いたリラックスした状態を作ることが肝心ですので、無駄な力を抜くことを心がけましょう。 イメージとしては、少し遠くの人と会話をするように歌うと良いです。 胸に手を当てて声を出してみる 腹式呼吸を会得すると、お腹の動きをよく感じることが出来ると思います。 しかし、呼吸に大切なのは胸も同じです。 しかし、胸はあまり動きを感じることができません。 ですので、胸に意識が上手く集中することができないのであれば、手を当ててみて歌ってみると良いでしょう。 胸に振動が感じることが出来れば、身体に歌が共鳴している証拠です。 この響きを感じられるように努力することが大切です。 まとめ 高音とは違った魅力を持つ低音ボイスは、安心感や安定感を聴く人に与えるため、その歌にさらなる深みを持たせることが出来るでしょう。 また低音を出すトレーニングをすることによって、高音も伸びやかに発生することが出来ます。 低音を出すトレーニングには、ポルタメントや腹式呼吸、ペットボトル練習法などが挙げられます。 さらに、低音を出す時に必要な注意事項も存在するので、それらも会得しておくようにしましょう。 高音ばかりが注目されるボーカルの世界ですが、高低両方カバーすることによって、その楽曲の魅力を十二分に引き出すことが出来ます。 低音ボイスを攻略するための扉を開きましょう。

次の

喉(のど)の異常感・声のかすれ

しゃがれ 声 出し 方

あなたは、『艶(ツヤ)のある声』という言葉を聞いたことあるでしょうか? ボイトレとか、歌のことを勉強していると、 そのうち耳にする言葉です。 しかし、艶のある声というのを きちんと定義されているとこってないんですよね。 はい出ましたボイトレ得意のイミフ用語。 艶のある声がイイ みたいなのは言われますが、 その『艶』ってなんやねん て話なんですよ。 分からないものを説明されても、 できるようになるわけないですよね。 そこで、私なりの解釈になってはしまいますが、 この記事では『艶のある声』なるものを説明したいと思います。 この記事では、• 艶のある声とはなんだ?• 艶の無い声とはなんだ?• 声に艶を出す方法 これを書いていきます。 もくじ• 艶のある声とは? 正式な定義みたいのは無いみたいなので、 ググってみたところ ではこう説明されてます。 性的魅力のある女性の声のこと なまめかしい声 ・ つやのある声 ・ 色っぽい声 ・ 艶やかな声 ・ 色気のある声 ・ 色香のある声 ・ 嬌声 ・ エロい声 ・ エッチな声 エッチな声。 エッチな声。 まじめにやりますよ。 ちょっと違う気がするんですよね~ だったら、男は艶のある声は出せないのか? ということは、エッチなビデオの女優さんたちは みんな艶のある声ということになる。 艶のある声の説明として、私的に最もしっくりくるのは、 さんの 声が輝いていて、響きの良い声のことです。 これですね。 響きの良い声 やはりこれだと思います。 声が輝いていて というのはまだあいまいなので、 「声のキメが細かく、響きの良い声」 としたい。 つまり、 声帯の振動が細かくて振動数が高いこと かつしっかり共鳴されていて響いていること が一番良い表現なのではないでしょうか? ということで、私の考える艶のある声は、 夏川りみ氏を推したい。 どうでしょう、ツヤツヤしてますよね? (エッチな動画ではない) 艶のない声はどんなのか? では逆に、艶がない声とはどんな感じになるんでしょうか? 対極がわかることで、艶のある声の状態の理解がさらに深まると思います。 先ほどの では、 つやがなくなってしまい、掠れた声になるのは、 ~中略 「しゃがれてきた」と感じるのですね。 なので、声帯にあるヒダが閉じにくいということになり、振動が足りないということで、結果として声が掠れるのです。 このように説明されています。 なるほど。 わかりやすい 要は、掠れた声、しゃがれた声 が 艶の無い声 なんですね。 つまり、声帯の振動数が少ない、息が100%振動に変換されてない状態のことです。 ということは、ハスキーボイスなんかは 艶が無い声 に分類されますね。 ですが、じゃあハスキーな声 しゃがれた声 は良くない声なのか というと そうではありませんね。 ハスキーでカッコイイ人もいるし、 しゃがれていい味出してるシンガーもいます。 なので、ひとくくりに いい声・悪い声 にするんではなく 単に声の個性 ととらえましょう。 どちらかというとハスキー、しゃがれです。 でもやっぱクソカッコいいですな。 艶のある声の出し方 では艶のある声を出す方法にいきましょう。 声帯の振動数を上げる• 声帯が潤っている ことが必要となるので、そのための練習とケア ということになります。 声帯をしっかり閉鎖させる ハスキーボイスや掠れた声は、 声帯閉鎖が甘いときになります。 声帯閉鎖が弱くなる原因は、• 閉鎖筋を普段あまり使っていないこと• 衰え が考えられます。 声は普段から、ある程度の声量を出してないと 閉鎖筋は弱くなります。 すると声帯を閉じる力が弱くなるため、息漏れがしやすくなり しゃがれ・ハスキーとなるわけです。 なので、この閉鎖筋を鍛えるには、 エッジボイスの練習をしましょう。 エッジボイスについてはコチラで解説してます。 声帯がしっかり引き伸ばされている状態というのは、 声帯に張りがあるということなので、 振動数を上げることができます。 声帯を引き伸ばすためには、裏声の筋肉 輪状甲状筋がちゃんと動いている必要があるので、 ファルセットを出す練習が効果的です。 裏声を鍛える、ファルセットについてはコチラの記事も参考にしてください。 口笛を吹く時って、少し唇が湿っているほうが音が鳴りやすいですよね。 唇に潤いが無く、カサカサだと空気がスカスカしてしまい、 うまく音が出せないのと似ています。 声帯も、潤いが無いと空気がカスカスして 効率よく振動してくれません。 なので、以下のことに注意してください。 なので、普段から乾燥させないことが大切です。 鼻で呼吸する 口呼吸だと口腔、声帯が渇きます• タバコを吸わない• できればマスクする• 加湿器を使う 加湿器は、超音波式だとカビが発生する恐れがあるため、 スチーム式をおすすめします。 夏場ばなるべくエアコンを避ける まとめ はい、今回は 『艶のある声とは何か?そして声の艶の出し方』 でした。 おさらいすると、 艶のある声とは・・・• エッチな声ではない• 声帯の振動数が高く、共鳴して響いている状態 艶の無い声とは・・・• 掠れた声• 息漏れした声• 声帯が細かく振動していない状態 声の艶の出し方・・・• 声帯閉鎖を鍛える• 声帯を伸展させる• 声帯に潤いを与える でした。 必ずしも艶のある声だけが「良い声」というわけではない ということも書きましたが、 やはり声に艶があった方が、「いい声だね」と言われることは多いです。 それが、 です。 Free Time Music school では、この を 期間限定で無料プレゼントしています。 レッスン生限定のコンテンツを、無料でゲットしたい方は.

次の

艶(つや)のある声とは何か?そして声の艶の出し方は?

しゃがれ 声 出し 方

症状によって、どんな原因で起こっているのか、また、どんな病気で起こっているのか異なります。 最近よく耳にする病気に「逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)」という消化器の病気がありますが、胃液が食道に逆流するこの病気でも、喉に異常感を感じることがあります。 このほか、ストレスによる自律神経系の乱れから、口内が異常に乾燥して喉まで炎症が及ぶほか、喉に何かがつまっているように感じられ、気に掛けると一層大きくなるようであるものの、食べ物を飲み込むのには全く支障がないといった場合には、「ヒステリー球」といって、喉の一部が緊張して微細に痙攣(けいれん)している状態になることもあります。 喉の異常感で特に注意を要するのは、食べ物が飲み込みにくく、首にしこりがある場合で、重大な病気が隠れていることがあります。 このように喉の異常感の原因は様々であり、場合によっては、それが重い病気のシグナルの1つであることがあるのです。 したがって、喉に異常感を感じたら、まずは、クリニックを受診することが大切です。 喉の異常感の診断 治療は原因に応じてさまざまです。 扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎などの場合には、喉の炎症を抑えるお薬、場合によっては抗生剤などを投与するほか、耳鼻咽喉科ならではのネブライザー治療を行います。 ネブライザー治療は、霧状にしたお薬を口から吸入することで、患部に直接お薬を当て、患部に効率よく作用させる治療です。 風邪で咽喉頭炎が起きた場合も、内科でなく耳鼻咽喉科を受診すると、ネブライザー治療を受けられるので、より早く症状を楽にすることができます。 次に、声帯ポリープや悪性腫瘍の場合は、次の「声のかすれ」で詳しくお伝えしますので、参照してください。 ストレスが原因のヒステリー球の場合は、生活習慣を見直すとともに漢方薬を服用することで徐々に改善されることもありますが、一度、神経内科などの専門医の診断を受けることが必要と考えます。 原因はさまざま、治療もさまざまな喉の異常感ですが、いずれの場合も早期発見、早期治療が一番です。 風邪からくる声帯の炎症の場合には、声を出さずに安静にしておけば、風邪が治るとともに数日で回復しますが、声帯ポリープや声帯結節、喉頭がんなどが原因の場合は長期に渡って声のかすれが続きます。 風邪症状はほかにないのに、数週間経っても声がれが治らないようであれば、ためらわずに耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。 声がれの原因となる病気 主症状は嗄声です。 声の質は、空気がもれる感じで、やや低音になります。 また、発声した声が途中で止まってしまうこともあります。 ポリープがかなり大きくなると、非常に稀ですが呼吸困難を起こすことさえあります。 声帯ポリープができると声が出にくくなる理由は、ポリープが邪魔をして声門がうまく閉じなかったり、声帯がポリープのせいでうまく振動しなかったりするからです。 なぜ、声をよく使うとポリープができるのかというと、まず、声の酷使や炎症により声帯の粘膜に充血が起こります。 充血が起こった状態で、さらに大声を張り上げたりして、声帯に激しい機械的刺激が加わると粘膜の下に血腫ができて膨れてきます。 このような状態で十分な安静が得られれば血腫は自然に吸収されるのですが、それにかまわずに大きな声を出し続けるとポリープになってしまいます。 もともとの体質にもよりますが、喉に力を入れて発声するなど発声法が悪い場合や、声を酷使する方、喫煙される方に、声帯ポリープができやすいという傾向があります。 嗄声が主症状で、少し空気がもれるような、やや硬い感じの声になります。 また、日によって声の調子が変わりやすく、長く喋っていると出にくくなる場合が多いようです。 時には、喉の痛みを訴えられる方もいらっしゃいます。 声帯の前3分の1あたりが発声時にもっとも大きく振動する部分なのですが、そこに結節ができて硬くなるとうまく振動しなくなってしまい、声がれが起こります。 また、結節が大きくなるとポリープと同様に声門閉鎖がうまくいかなくなることも大きく関係しています。 手のひらにマメができるように、機械的刺激が続くことにより粘膜上皮が硬くなり、粘膜下に液の貯留や線維化が起こり腫れることで、結節はできます。 声帯結節の診断 声帯を動かす反回神経は、脳幹(のうかん)から枝分かれして頭蓋内から下降してきています。 そこで、その経路のどこで障害が起こっても反回神経麻痺が発生します。 いずれの場合も、重大な病気ですので、反回神経麻痺と診断された場合には、原因を徹底的に調べる必要があります。 反回神経麻痺の検査・診断.

次の