ひ かわ きよし。 長良グループ

氷川きよし特別公演

ひ かわ きよし

氷川きよしさんを応援し、その魅力を語り合いたいという志を同じくする皆さまを代表して、とねりこが管理人をお引き受けしています。 氷川きよしさんに関することであれば、どなたでもご自由に投稿してください。 ただし、著作権、肖像権等、他者の権利を侵害する恐れがあるもの、特定の個人を攻撃または中傷する内容の投稿は、固くお断りします。 また、他のファンサイトへの誘導を目的としたURLの貼りつけもご遠慮いただきます。 これらに該当するもの、及び閲覧者に不快感を与えると判断した書きこみについては、とねりこの管理人権限で削除または非表示とさせていただきます。 上記のお約束をお読みいただいた上で、氷川きよしさんについて楽しく和やかに語り合える場として長く継続出来ますよう、皆さまのご協力をお願いいたします。 私はそういう形できよしくんの歌に遭遇したのは初めてでした。 わんわんさん、クニコさんのボーカルレビューとmi-mollet 山崎恵さんのブログのご紹介をありがとうございます。 仕事帰りにチェックしないと! そして夜はNACK5「J-POP TALKIN'」、田家さんのきよしくんインタビュー後編。 この曲に関しては称賛される一方でツイッターなどでは日本語で歌うなんてとか直訳過ぎて曲の雰囲気を壊す(湯川先生がクイーン側の要望に応えてあえてオリジナルに忠実な直訳にされた経緯があるわけで)だとか言いたい放題つぶやく方もおられます、まあ感じ方はそれぞれなので仕方ありませんが。 そんな中でクニコさんが日本語の「ボヘミアンラプソディー」は氷川きよしにか歌えないだろうときよしくんの歌手としての力量を認めて称えて下さったことがほんとにうれしいですよね。 ところで我が家にも写真集、届きました。 ゆっくりあとで見ましょう。

次の

氷川きよし(ひかわきよし)の最新ニュース・情報|芸能人ニュース:芸能GO!GO!

ひ かわ きよし

「かなしーまなぁーいでー」…言語が違う難しさ もちろん、氷川きよしとフレディ・マーキュリーの歌唱力を比較するのはナンセンスですし、ロックバンドのサウンドを演歌、歌謡曲のフォーマットに落とし込む苦労も考えなければいけません。 クイーンサイドの許可を得るため、原曲詞に忠実にならざるを得なかった事情もあるでしょう。 しかし、それらを考慮に入れても、日本語版「ボヘミアン・ラプソディ」には拭い難い違和感があります。 それは、言語が変われば、息遣いや間の取り方も変わるということ。 「ボヘミアン・ラプソディ」のメロディは、英語で物を感じ、考えを組み立てていく経緯を経てあの形になっているのであって、音符の数に合わせて日本語を落とし込んだところで、ひとつながりの歌になるわけではないということですね。 奇妙なアクセントと間延びした母音が、言葉から統一感を奪ってしまう。 意味を追いかけるほどに、音楽から切り離されてしまう。 そのことによって、英語詞の発音がもたらす音楽的な効果が失われ、メロディのうねりと、歯切れよいリズムも消えてしまう。 結果、楽曲全体にほころびが生じてしまうわけです。 髭男dismを日本語のまま歌った米グループの場合 話を分かりやすくするため、逆のケースを考えてみましょう。 アメリカのアカペラグループ、PentatonixによるOfficial髭男dismの「Pretender」の日本語カバーがいい例です。 日本人の耳からすれば、拙く聞こえる部分はあるにせよ、アクセント、強弱、息継ぎが自然に再現されている。 その前提を守っているからこそ、彼ら独自のハーモニーがより際立って聞こえるわけですね。 もちろん、日本語で歌えば話題になるという判断もあったでしょう。 それでもPentatonixのカバーは、言語と音楽が切っても切れない関係にあることを教えてくれます。 「Pretender」のメロディは、あの日本語ならではの粘り気に満ちた押韻がなければ魅力が半減してしまうのです。

次の

川久保潔

ひ かわ きよし

生涯 [ ] 幼少期 [ ] 安政3年(1856年)、 現・高岡郡佐川町 に生まれた。 後 明治2年 一家で下に移住して、の官費生としてで学ぶ。 明治4年 、により土佐藩が消滅すると、により設立されたで学ぶ。 教育者・新聞記者時代 [ ] 明治5年 、上京してで学ぶ。 一時故郷に帰っているが 明治7年 に慶應義塾に復学し、 明治9年 に慶應義塾を卒業する。 卒業後、教育者の道を歩み、の校長になる。 しかし、翌 明治10年 には校長を辞任して郷里高知へ戻り、と共にに加わり、に関わる。 同年、上京しに入社し、の門下になる。 明治13年 また、の知遇により、の御用係になる。 洗礼・直接献身 [ ] 明治16年 に大会に参加した時、先にになっていた母親から入信を勧められ、 明治18年 3月10日にの 現・芝教会 で宣教師よりを受ける。 洗礼を受けて直ぐ牧師になることを志し、その年に入学する。 牧師時代 [ ] 明治20年 に神学校を卒業し、長老教会の浪華中会でのを受ける。 明治25年 を受けての牧師に任職される。 明治26年 日本基督教会の牧師になる。 また 明治28年 にはの教会に赴任する。 明治29年 より日本に戻り、初代牧師の後を継いでの2代目牧師になる。 明治34年 に日本基督教会に転任する。 その後、再び台湾の教会のをする。 昭和6年 に牧師を引退する。 引退して、3年後の 昭和9年 に死去する。 参考文献 [ ]• 『日本キリスト教歴史大事典』、1988年 先代: 初代 牧師 第2代: 次代: 第3代.

次の