うなぎ 卵焼き。 【関東 vs 関西】食文化の違い10選。うなぎ、卵焼き、食パン……。 (2/2)

うなぎの付け合わせ・おかず17選!副菜/サイドメニュー/献立

うなぎ 卵焼き

小さめのボウルにAのだし汁、蒲焼のたれ、水溶き片栗粉を混ぜる。 別のボウルに卵を入れ溶き、Aを少しづつ入れながら混ぜて卵液を作る。 卵焼き器の横幅に切った鰻に、お酒をふり600wのレンジで30秒温めておく。 中火で卵焼き器を温め、サラダ油を注ぎ菜箸とキッチンペーパーなどを使い全面に塗る。 菜箸で卵焼き器に卵液をこすりつけジュというか、音を確認する。 卵液を鍋底全体が隠れるように流し込み、鰻を向こう側におく。 向こう側から鰻を芯にするように巻いていく。 手前まで巻けたら向こう側のあいたところにサラダ油を塗る。 鰻巻きを向こう側にずらし、再び手前のあいた所にサラダ油を塗る。 再び卵液を流し入れ、鰻巻きの手前側をおこしその下にも流し込む。 半熟になったら、また手前の方向に巻く。 残りの卵液も同じように繰り返す。 焼きあがったら、巻きすに取る。 軽く巻いてかたちをととのえる。

次の

うなぎと玉子焼きが大迫力!「うなぎきんし丼」が味わおう!

うなぎ 卵焼き

土用の丑の日などに食べることが多いうなぎは、精がつくと言われています。 うなぎには、ビタミンAやビタミンB群、亜鉛などが含まれています。 また、血行を良くすると言われる良質な魚の油であるEPAも含まれているため、毎日を元気に過ごしたいと思っている人にもおすすめです。 そんなうなぎの美味しい作り方・焼き方を知れば、さらに美味しいうなぎを堪能することができます。 うなぎの焼き方にこだわることで、うなぎの風味が逃げることなく、ふんわりとした食感の美味しいうなぎを楽しめるので、ぜひ参考にしてみてくださいね! 材料• 市販のうなぎ 6尾• しょうゆ 大さじ3• みりん 大さじ3• 料理酒 大さじ1. 砂糖 大さじ1. 水(熱湯) 適量• キッチンペーパー• グリル 定番のうなぎの作り方• うなぎを、熱湯で洗います。 タレが付いている場合は、タレを落とします。 洗ったうなぎをキッチンペーパーを使って水気を拭き取ります。 料理酒をうなぎに軽くかけます。 うなぎをきちんとアルミホイルで包みます。 包んだうなぎをグリルで3~4分ほど温めます。 温め終わったらアルミホイルを取り、うなぎをグリルで再び焼きます。 しょうゆとみりん、料理酒、砂糖を混ぜ、煮詰めて作ったタレをうなぎに塗り、焼いていきます。 焼き色がつき、タレの香ばしい匂いがしてきたらたら完成です。 関連記事では、うなぎをフライパンで美味しく焼く方法を紹介しています。 冷凍うなぎの温め方や焼き方も詳しく紹介されているので、こちらもぜひ参考にご覧ください。 うなぎに合う簡単に作れるおかず1つ目は、アレンジ冷奴です。 しょうゆやショウガ、ネギで作る通常の冷奴も、もちろんうなぎ料理に合いますが、少し工夫するだけで、より美味しい冷奴を食べることができます。 今回は、簡単に作れるピリッと辛いネギダレの冷奴を紹介するので、ぜひ作ってみてくださいね。 材料 2人分• 絹ごし豆腐 1丁• 長ネギ 10cmほど• ごま油 大さじ1• めんつゆ 大さじ2• 豆板醤 小さじ1• 糸唐辛子 適量 アレンジ冷奴(ネギダレ)の作り方• 長ネギをみじん切りにします。 長ネギ・ごま油・めんつゆ・豆板醤をボウルに入れ、よく混ぜてタレを作ります。 絹ごし豆腐を半分に切ります。 切った絹ごし豆腐をお皿に盛りつけて、ネギダレをかけます。 仕上げに糸唐辛子を飾れば完成です。 さっぱりとした味わいの春雨サラダは、春雨やキュウリなどの食感がアクセントになっていて、柔らかいうなぎ料理に合います。 濃いめの味に仕上げた春雨サラダは、おつまみにもピッタリです。 材料 2人分• 春雨 50g• 人参 30g• キュウリ 25g• ハム 2枚• 醤油 大さじ1• 酢 大さじ1• 砂糖 小さじ1• 鶏がらスープの素 小さじ2• ごま油 大さじ1• 白ゴマ 適量• からし 適量 春雨サラダの作り方• 鍋でお湯を沸かし、春雨を茹でます。 茹でた春雨の水気をよく切ります。 きゅうり・人参・ハムを千切りにします。 醤油・酢・砂糖・鶏がらスープの素・ごま油・白ゴマ・からしを混ぜてタレを作ります。 春雨と千切りにした具材、タレをボウルの中でよく混ぜて、冷蔵庫で冷やします。 30分~1時間ほど冷やし、お皿に盛りつけて完成です。 作ったナスの煮浸しを一晩冷蔵庫で寝かせれば、味が染み込むので、さらに美味しいナスの煮浸しを楽しめますよ! 材料 2人分• ナス 2本• 和風だし 100ml 粉末だしは水で溶いた状態• しょうゆ 大さじ1• みりん 大さじ1• 砂糖 小さじ1• すりおろしたショウガ 適量• 万能ネギ 適量 ナスの煮浸し• 和風だし・しょうゆ・みりん・砂糖を混ぜ合わせます。 ヘタを取ったナスに隠し包丁を入れ、半分に切り、さらにそれを半分に切ります。 ナスを軽く水に浸けます。 油を引いたフライパンですりおろしたショウガを炒めてからナスを炒めます。 時々ナスをひっくり返しながら焼き、全体的によく火が通ったら調味料を混ぜたものを加えます。 よく煮詰まったらお皿に盛りつけ、刻んだ万能ネギをトッピングすれば完成です。 うなぎと梅は食べ合わせが良くないと聞いたことはありませんか?実は、うなぎと梅は相性が良い食べ合わせなのです。 梅には、うなぎの消化を助ける作用があり、消化不良を防ぐこともできます。 梅しそささみは、比較的ボリュームのある料理なので、うなぎ料理だけでは物足りない時や、食べざかりのお子さんがいるご家庭におすすめです。 また、ロール状にした梅しそささみを輪切りにすれば、可愛い見た目になるので、おもてなし料理としてもおすすめですよ。 材料 2人分• ささみ 3本• 大葉 4枚• 梅肉または梅肉ソース 大さじ2• 酒 大さじ1• 塩 適量 梅しそささみの作り方• ささみの筋を取り、中心に切り込みを入れて開きます。 ささみをラップでやさしく包み、めん棒などで叩きます。 ささみに酒と塩をかけてよく馴染ませ、軽く水気を拭き取ります。 ささみを重ね合わせたものの上に大葉と梅肉を乗せます。 ささみをロール状に巻いていき、ラップでしっかりと包みます。 ラップに包んだものを耐熱容器に入れて、600W電子レンジで2分半~3分ほど温めます。 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やします。 冷やしたものを輪切りにして、お皿に盛りつけて完成です。 うなぎを玉子焼きで包んだう巻きを筆頭に、うなぎと卵料理の相性はとても良いことが特徴です。 ふんわりとしている出汁巻き卵は、やさしく香る出汁と、どこか懐かしい味わいが楽しめます。 難しいイメージがある出汁巻き卵ですが、意外と簡単に作ることができるので、ぜひトライしてみてくださいね! 材料 2人分• 卵 3個• 和風だし 大さじ3 粉末だしは水で溶いた状態• みりん 小さじ1• 砂糖 小さじ1• サラダ油 小さじ2 出汁巻き玉子の作り卵• ボウルで溶き卵を作り、和風だし・薄口しょうゆ・みりん・砂糖を加えて混ぜます。 卵焼き器を中火で温めて油をひきます。 再びサラダ油を引いて、卵液を流し入れて先ほどの工程を繰り返します。 焼きあがった出汁巻き卵を巻き簾で巻いて成型します。 成型した出汁巻き卵を食べやすい大きさに切り、お皿に盛りつけて完成です。

次の

うなぎの付け合わせ・おかず17選!副菜/サイドメニュー/献立

うなぎ 卵焼き

吉塚うなぎ屋 本店 出典: 創業明治6年 1873年 に福岡市吉塚にて創業。 その後、中洲へと移り今日まで続く、博多では名店として有名。 蒲焼一筋の吉塚うなぎは行列が絶えないお店です。 うな重が一番人気で、重のお米と鰻が最初から別のお重になっている点。 純粋に鰻を味わってほしいということかもしれません。 鰻の柔らかさはふっくらという形容詞が似合う。 タレはそのお店の顔でもあります。 吉塚うなぎのタレは甘すぎずしつこくない点もいい! せいろ蒸しが好きな私でも、ここではうな重をいただきます。 そして門外不出の味として伝わってきたほんのり甘めのタレを是非味わってほしい。 鰻のランクは、梅、竹、松、特上に分かれていて、量だけでなく鰻の質も変えているということでした。 鰻は口に入れると溶けるようにふわっと柔らかく、脂のノリがいい!タレ自体は、甘さにくどさがなく素材の味を邪魔しない丁度いい加減でご飯がすすみます。 若い夫婦の気配りがとにかく素晴らしく、最後まで気分よく鰻を堪能しお食事できるのもこのお店に通いたくなるポイントです。 とにかくひつまぶしが美味しいと評判のお店。 鰻の蒲焼が乗ったホカホカご飯、うなぎは㎝巾位に切ってあるものを最初はそのまま食べる。 鰻は香ばしく焼けててタレも程よい甘辛さ。 ご飯の炊き方がいいのか、お米がいいのか、外食ではここまで美味しい白飯は食べられないくらいに美味しい。 次に、ネギとわさびを乗せて軽く混ぜていただきます。 最後はだし茶漬け。 これが完成形の美味しさ!1度で3度おいしい備長のひつまぶしを堪能してください。 鰻のせいろは、タレで鰻がさほど黒くなっていないので味が薄いかと思いきや口の中に旨みがどんどん広がっていきます。 食感が外がカリっとしていて中が柔らかい。 そしてご飯の中からもう一切れの鰻が出てくるサプライズが!粋な演出にメロメロになるお店です。

次の