お ご られ いやー。 汚部屋を見られたくない人に! Zoomで使える「背負う段ボール背景」が絶賛販売中【やじうまWatch】

賽は投げられた

お ご られ いやー

「断捨離」や「ミニマリスト」といった言葉が流行して以来、片付けがある種のブームのようになっています。 一方で「汚部屋」という言葉も生まれて、なかなか片付けられない人の声も聞くようになりました。 最近になって、 「片付けられない人」の中には、「ためこみ症」という精神疾患にかかっている人がいることがわかってきています。 聞き慣れないのもそのはずで、2013年にアメリカ精神医学会、2019年に世界保健機関の診断基準に加わったばかりの疾患名です。 日本では、医療関係者の間でもあまり知られていません。 「ためこみ症」にかかると、「片付けられない」というより「片付けたくない」という心理になります。 そのため、部屋の中が倉庫のようにモノで一杯になっても、それが異常なことだという認識がほとんどないのが大きな特徴です。 20人に1人がためこみの問題を抱えている Image: Shutterstock. com 書籍『片づけられないのは「ためこみ症」のせいだった!?』(青春出版社)を著した、五十嵐透子教授(上越教育大学大学院心理臨床コース)によれば、ためこみの問題を抱えている人は「20人に1人」。 そのすべてが、ためこみ症が原因ではないとはいえ、思ったよりも多いと感じられます。 また、ゴミ屋敷報道の印象から、高齢者特有の症状と思われがちですが、実は「40歳以上の発症はめったにない」疾患です。 むしろ、比較的若い人に多いそう。 現在、ためこみ症の治療には、認知行動療法が行われます。 協力者にモノを預かってもらうなどして、「これがなくても大丈夫」ということを徐々に理解してもらうやり方です。 com 本書には、こうしたためこみ症についての情報が盛り込まれています。 そして、そこまでではないものの、自分にはモノをためこむ傾向があって、「何とかしたい、変わりたい」と自覚する人に向けたアドバイスも充実しています。 いくつかピックアップしてみましょう。 モノを入手するときのルールを持つ 今は100円ショップなど、いくらでも安くモノが手に入る時代。 だから、その入り口をコントロールするルールを設けるのが1つの手です。 例えば、「事前に買い物リストを作り、そこに書かれていないモノは買わない」、「セールやディスカウントストアなど、モノを買うハードルが下がる場所には近づかない」が有効です。 モノを「いつ」手放すかのルールを作る 「雑誌は購入して1カ月経ったら読んでいるか、いないかにかかわらず処分する」、「衣類はワンシーズン着用しなかったら、あるいはサイズが合わなかったら寄付する」というふうに、モノを手放すタイミングをルール化します。 これにより、判断に迷って捨てられない、ということは減っていきます。 日々の郵便物を仕分ける 郵便物は、毎日帰宅後にチェックし、不要なモノは捨て、必要なモノはファイリングするなど、たまってしまわないようにします。 とりあえず保管したモノでも、週1で見直して不要と判断したら捨てます。 仕分けの後でスイーツを食べるなど、自分へのごほうびを与えると、より効果的。 デジタルためこみ症にご注意!その改善法は? 物理的なモノでなく、デジタルデータをためこんでしまう 「デジタルためこみ症」が、最近注目されています。 パソコンのデスクトップがアイコンだらけとか、スマホのメモリが画像やアプリで一杯になっているのは、デジタルためこみの疑いが濃厚です。 疾患と呼ぶほどひどくなくても、使用する端末の動作が遅くなって作業効率が落ちるなど、目に見える問題が生じます。 これについても、本書では幾つかの対策が提示されています。 例えば、以下のやり方があります。 すぐに答えられるメールには即返信する 2分以内に返信ができるメールについては、すぐに返信し、受信トレイから削除します。 それ以上の時間がかかるメールでも、進行中のフォルダを作ってそこに入れ、翌日までには返信処理をするように努めます。 デスクトップを整理する デスクトップ上のアイコンで不要なものは削除し、背景の柄はシンプルなものとします。 「新しいフォルダ」と初期設定のままの名前のフォルダは、何か大切なファイルが入っているなら名前をつけ、空なら削除します。 使わないソフト(アプリ)のショートカットは、(単なるアイコンの削除でなく)アンインストールすることで削除します。 SNSの活動を減らす データだけでなく、SNS上の活動や友人も、際限なく増える傾向があれば要注意。 「参加するグループ、ゲームのプレイ回数、コメントする人、チャットの回数などを減らし」、ツイッターでは、多くの人をフォローせず、つぶやきの回数もアクセスの頻度も落としてゆくようにします。 家族や知人がためこむ人であったら 自分でなく、身近な人がためこむ傾向が強い人だったら、どうすべきでしょうか? まず、絶対やってはいけないのは「本人が不在のときに勝手に捨ててしまうこと」だと、五十嵐教授は述べています。 このやり方は、相手との関係を悪化させるだけ、さらにためこみが悪化するかもしれない、とも。 ただ、本人が、ためこみをなんとかしたいと自覚しているのであれば、 本人と話し合った上で、本人が捨てる、あるいは本人立ち合いのもとで「保管するモノ」と「手放すモノ」を仕分けしていきます。 そして、片付けた状態をキープできたら、「きれいに片付いているね」など、ほめてあげるのが、リバウンドしないためにも重要です。 もう1つ重要なのが、「一気にやること」。 1日では片付けない分量でも、連続した何日間かで一気に片付けてしまうようにします。 こうすると、「モノがなくなって暮らしやすくなった」ことが、目で見て、明らかになる大きなメリットがあります。 少々長くなりましたが、ためこみの問題と解決へのヒントは、これにとどまりません。 「多忙で片付ける暇がない」といった理由もなしに、ためこみ傾向がある人、あるいは周囲にそういう人がいるなら、本書が参考になるはずです。 あわせて読みたい.

次の

飲まずにやってられっか。

お ご られ いやー

新型コロナウイルスが集団感染した札幌市の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」。 感染者は16日までに入所者64人、職員21人の計85人に上り、感染した入所者の多くは施設内にとどまる。 行政が対応に苦慮する間にも、入所者の安否に苦悩する家族がおり、人員不足に追い詰められる職員たちがいる。 今、何が起きているのか。 「助け出せなくて、本当に申し訳なくて…」。 父親が施設で暮らす女性は絞り出すように言った。 施設によると、16日現在、施設内には入所者が71人おり、このうち40人が検査で陽性と判定されている。 女性は4月下旬、父親が検査で陰性だったと施設から連絡を受けた。 陽性の入所者は2階に隔離され、父親は今も1階の4人部屋で暮らす。 「なぜ、同じ施設に」との思いは消えない。 道のホームページ(HP)で、日々増え続ける施設の感染状況を確認。 「いつ父の『陽性』連絡が来るか」とおびえながら暮らしてきたが、「泣き疲れ、苦しくて」、開けなくなった。 数日前、母はようやく、父と電話で話すことができた。 口数の少ない父は「もう、しっちゃか、めっちゃかだ」と言い、心配する母には「大丈夫だ」とも。 女性は思う。 「どんな対応が正解か、答えはないんだ」と。 それでも「必死に頑張る職員の方や家族が、少しでも希望を持てるような、対策や言葉を聞かせてほしい」と願う。 秋元克広市長は会見などで「介護が必要な方を入院させられる医療機関が非常に少ないのが現状」と強調。 感染が拡大した4月下旬から5月上旬は市内の病床が逼迫(ひっぱく)していたことも挙げ、「施設で医療体制を維持し、介護サービスを受けてもらうことが良いと判断した」と釈明した。 市は医師を施設に派遣し、国のクラスター対策班も感染防止策を指導した。 だが施設は4人部屋が大半で、防止策は「カーテンを閉めるくらいしかできない」(施設関係者)。 その後も感染は広がり続け、市保健所は「結果的にうまくいかない部分があった」と認める。 施設を運営する社会福祉法人札幌恵友会の幹部は言う。 これまで介護士40人、看護師10人ほどが勤務していたが、感染や退職で看護師は全員不在に。 現在は、札幌市から派遣された看護師ら計4人で対応し、介護士も通常の3分の1だ。 人手不足から、入所者の食事は3回から昼夜2回に減らした。 感染を広げないため、2週間以上風呂にも入れない状況が続く。 感染を恐れ、車中で寝泊まりする介護士もいる。 施設で亡くなった入所者は11人。 幹部は「入所者が衰弱していくのに、できることは限られる。 介護士の精神的負担も計り知れない」と嘆く。 だが、周囲で職員が次々感染する中、「自分まで抜けたら誰が入所者のお世話をするのか」と踏ん張ってきた。 「みんな必死にやっているが、もう限界。 感染者の入院が難しいなら、せめて医師や看護師を増やし、病院並みの態勢をとってほしい」 市は、陰性の入所者を別の施設に移す検討に入り、16日には施設内に対策本部を設置。 法人もHPで全国に向け、介護士や寄付の募集を始める。 助言のため、4日に施設に入った北海道医療大の塚本容子教授は「医師や看護師を施設に派遣する手法が最も現実的だが、対応を施設任せにしすぎてきた。 市は派遣態勢を改めて検討し、介護士の確保も主導すべきだ」と話す。 (五十嵐俊介、川崎学、斉藤千絵).

次の

いやー不景気な景色を見せつけられた

お ご られ いやー

の位置。 源流点からそのまま西へ延長線を引いたものがローマとガリア・キサルビナの境界 「 は投げられた(さいはなげられた)」(: alea iacta est、アーレア・ヤクタ・エスト)とは、が 、のに背き軍を率いて南下し北イタリアのを通過する際に言ったとして知られる言葉。 当時のカエサルはガリア総督だった。 出典はの文章 iacta alea est である。 現在は、「もう帰還不能限界点を越してしまったので、最後までやるしかない」という意味で使われている。 は当時、本土とをルビコン川で分けており、それ故にルビコン川は北の防衛線であったため、軍団を率いてルビコン川以南へ向かうことは法により禁じられていた。 これに背くことはローマに対する反逆とみなされた。 (ギリシア語で、その場の人々に「賽は投げられたるべし」と大声で言って、軍を動かした。 ) 『対比列伝』のカエサル伝でも同じ語を引いて、「人が普通やぶれかぶれになって運を天にまかせるときに言う言葉」としている。 同じ言葉は喜劇作家の劇の断片に見えているが、しかしメナンドロスがこの言葉を創作したわけではなく、広く使われていたことわざだったと考えられる。 スエトニウスはこの言葉をラテン語に翻訳したものだが、まだ賽は投げられていない(ルビコン川を渡っていない)のに「投げられた」というのは矛盾しており、本来はギリシア語と同じくで「iacta alea esto」とあったはずだという。 脚注 [ ]• 明石和康『ヨーロッパがわかる 起源から統合への道のり』、2013年、関連年表。 『皇帝伝』 国原吉之助訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1986年、41頁。 Perseus Digital Library• Robert Renehan 1969. Greek Textual Criticism: A Reader. Harvard University Press. 54-55. 関連項目 [ ]• ギリシャ喜劇作家。 彼のものと思われる戯曲の断片に「賽は投げられた」という言葉がある。 - テレビ東京の経済番組。 - BlackY氏によるこれをテーマにした楽曲、「Alea jacta est! 」が存在する。 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の