バッテリーが危険にさらされています 通知。 スマホのウイルス症状を確認|この症状は危険サイン

Googleからのウイルス警告への対処法と今後の対策

バッテリーが危険にさらされています 通知

アプリごとのバッテリー使用状況は24時間、48時間、1週間ごとに表示切り替えが可能だ バッテリー節約機能は、主にアプリケーションのバックグラウンド動作と、プッシュ通知を制限することで省電力を実現する機能だ。 普段はユーザビリティを優先して常に情報を最新に更新しておき、電源が確保できない環境などでは動作を最小限にしてバッテリー駆動時間を確保するといった使い方ができる。 現在、主にモバイルOSで採用されている機能がWindows 10にも搭載されたことになる。 バッテリー節約機能の設定に進むと、バッテリー残量が設定値よりも下回ったときに同機能を自動でオンにしたり、バッテリー節約機能が有効でもプッシュ通知のみ受け取るようにしたり、画面の明るさを下げたりといった設定ができる。 また、バッテリー節約設定の状態にかかわらず、ホワイトリスト形式でアプリの動作を許可する項目も存在する。 バッテリー駆動時間を優先したい状況でも、通知を逃したくないアプリはここで登録しておくと便利だ。 バッテリー節約機能をオンにしても、プッシュ通知だけは受け取るといった柔軟な設定も可能だ バッテリー節約機能で制御できるのは一部のアプリのみ ただ、バッテリー節約設定でバックグラウンド動作を制御できるアプリは限られているようで、例えばプリインストールされているメールやカレンダー、OneNoteといったアプリはバッテリー節約機能をオンにすると通知が停止するのに対し、デスクトップアプリのSkypeやLINEの新着通知、Dropboxの同期といったアプリのバックグラウンド動作は停止しなかった。 フルのWindows 10ということで、取り扱うアプリケーションの種類は膨大になる。 なかなかモバイルOSのように、すべてのアプリケーションを統一して網羅することは難しいだろう。 バッテリー駆動時間を優先したいならば、今回のバッテリー節約機能だけでなく、それぞれのアプリケーション設定も忘れずにチェックする必要がありそうだ。 関連記事• Windows 10から、「Windows Update」が強制的に行われるようになった。 もしテザリングのようなデータ通信量に限りがあるモバイル環境で更新ファイルがダウンロードされてしまうと……。 Windows 10にアップグレードすると、前環境のバックアップデータが収められた「Windows. old」フォルダが生成される。 親切設計だが、ファイルサイズが大きいのは難点だ。 Windows 10でエクスプローラを開くと、最初に表示される「クイックアクセス」を解説する。 Windows 10は設定画面の見た目が一新。 大きなアイコンを配置し、タッチ操作に最適化され、項目はシンプルになった。 見慣れたコントロールパネルはどこにいった……?• Windows 10で採用された「アクションセンター」は、各種通知を確認したり、よく使う設定項目を簡単に変更したりできるボタンを備えている。 ボタンは自分がよく使うものに並び替えることも可能だ。 Windows 10にはOSの標準機能としてビデオキャプチャ機能「Game DVR」が搭載されている。 起動中のゲームやアプリケーションで簡単に動画/静止画キャプチャが行える。 新しくなったスタートメニューは、大きく見た目が刷新された。 今回は基本的な使い方とともに、ライブタイルをすべて非表示にしてシンプルに使う方法を解説する。 Windows 10の新機能に伴い、新たに追加されたショートカットキーを紹介する。 Windows 10で新たに追加されたタッチパッドのジェスチャー機能で、エクスプローラやウィンドウの操作がより快適になった。 使い方をマスターして作業効率を上げていこう。 関連リンク•

次の

スマホのウイルス症状を確認|この症状は危険サイン

バッテリーが危険にさらされています 通知

Androidを使う上で 注意する必要があるのが『ウイルス』です。 ブラウザ上に突然出てくる 『ウイルス感染』の表記ですが 実際、本当に感染してるかはわかりません。 そのウイルス感染が 本物かわからないということは• ニセモノだと思って放置したら、 LINEが乗っ取られ、 個人情報なども盗まれた。 本物だと思い、指示通り アプリをインストールしたら 本当にウイルスに感染した。 といったリスクも考えられるのです。 Androidを使っている以上 携帯ウイルスの対策をしておかなければ 自分の身を危険にさらすことになります。 ここでしっかりと予防・対策の方法を 確認していってください。 Androidスマホでウイルス感染の警告画面!詐欺と本物の見分け方 出典: Androidスマホでは実に様々な方法で ウイルス警告を出してきます。 ブラウザでネット閲覧中• トロイの木馬ウイルスに感染しました• セキュリティ証明書に問題があります という表示が突然出たり、• ウイルスを削除してください• クリーナーアプリをインストールしてください などの指示や、• スマホ本体をロックしてくる• スマホをが勝手に操作される• 個人情報や通信データを外部へ送信• 迷惑メールを大量に送ってくる などのアクションを起こしてきます。 どれも『携帯ウイルス』と聞くと 主な症状として紹介されますが、 全てが本物というわけではありません。 半分が本物で半分が偽物です。 ではどれが本物で どれが偽物なのか… それは以下の通りです。 本物 偽物• ウイルスを削除してください• スマホ本体をロックしてくる• スマホをが勝手に操作される• 個人情報や通信データを外部へ送信• 『トロイの木馬ウイルスに感染しました』• 「クリーナーアプリをインストールしてください」の表示 迷惑メールも内容によっては 気をつけなければいけません。 現在ではドコモやau、ソフトバンクなどの 大手キャリアの名前や YahooやDMMの名前を語った メールが送られてきます。 例えばこんなメールです。 出典: 出典: 見たことあるという人も多いのでは? ソフトバンクの迷惑メールに関しては メール内容に記載のある URLにも『softbank』の文字が… 正直初めて見たとき、 ショップ店員だった私でも 一瞬信じそうになってしまいました。 大手キャリアからのメールは 送信元が決まっているため、 それ以外からの送信元のメールは 全て偽物です。 が、URLをタップしてしまうことで ウイルスに感染することがあるので 注意しましょう。 ではそのほかのもので 本物と偽物を見分ける方法って どこなのでしょうか? それぞれ見ていきましょう! 本物の警告画面の場合 まずは本物の警告画面から 確認していきましょう。 正直、これさえ覚えておけば それ以外の警告は 偽物と考えても良いでしょう。 本物の警告画面では 以下のような表示が出てきます。 ブラウザ表示で アプリを『削除』するように促す• 新規アプリをインストールした際に 『検知の警告』と『削除』を促す• ウイルス対策アプリを起動中に 『検知の警告』と『削除』を促す これらを見て共通して言えることは アプリを『削除』させようとしていることです。 インストールではなく 削除をさせるように促してくるのです。 嘘の警告画面の場合 次は偽物の警告画面です。 偽物の場合は 以下のような特徴があります。 ブラウザに警告が出る• 不安を煽るような文言が表示 ウイルス感染、システム破損、ファイル損失など• 変な日本語で書かれている• カウントダウンが表示• ウイルス駆除のための クリーナーアプリのインストールを促す• 連絡を求めてくる これらのようにウイルス感染を理由に 利用者を騙す手口を『 Fake AV』、 利用者を煽る手口を『 Fake Alert』と呼び、 ウイルス対策アプリやウイルス入りのアプリを インストールさせるのが狙いだと 言われています。 そもそも、 スマホのブラウザや Googleには ウイルスに対し検知し、 警告を発するという機能は 搭載されておりません。 また、セキュリティソフトを インストールしてない限り、 ウイルス感染警告が 表示されることはありません。 だからこそ ブラウザで ウイルス警告をすることがおかしいのです。 携帯がウイルス感染してるか調べる方法とその対処法 ここまで本物と偽物の警告の違いを ご紹介していきました。 では実際に自分のスマホが 携帯ウイルスに感染しているのかを 調べてみましょう。 ウイルスには水面下で働くものと 表立って騒ぎ立てるタイプがあります。 どちらにしても セキュリティソフトで 本体をスキャンすることで 確認することができます。 そして調べた結果、 もしウイルス感染していたら どんな対処をすればいいのでしょうか? 本物だった場合と 偽物だった場合の対処法を それぞれ紹介していきます。 本当にウイルス感染していた時の対処法 ウイルス感染が発覚した場合、 ウイルス対策ソフトで駆除しましょう。 ウイルスバスター• マカフィー• ノートン• 携帯キャリアが行なっている セキュリティサービス など、信憑性が高いソフトを使用します。 よく『 無料で使用できます』といった ソフトもありますが、 セキュリティ面では不安が残ります。 多少、金額がかかりますが、 ウイルスに感染したことで 自分が加害者になってしまうこともあります。 早急にウイルス対策ソフトを入れて 検知・駆除しましょう。 偽物のウイルス感染警告が出た時の対処法 偽物が出た場合は、 アクションの仕方を失敗すると 本当にウイルス感染することがあるので 最新の注意を払いましょう。 手順としては以下の通りです。 表示された警告を 『OK』などを押さずに ブラウザごと閉じる• ブラウザが閉じれない場合は 強制終了や電源再起動を行う それでも出る場合は、 ブラウザの履歴やクッキーを 全削除しましょう。 この状態ではまだ ウイルスは感染していません。 ですがここで『OK』をタップしてしまうと 携帯ウイルスに感染したり、 クリーナーアプリなどの インストールが開始されてしまいます。 これで感染してしまっては 調べた意味がなくなるので注意しましょう。 スマホのウイルス警告!こんな文字が出る場合の原因&対処方法 出典: セキュリティソフトを導入していても ウイルス警告が表示される場合、 『 ウイルスに感染した?』と より疑いたくなります。 ウイルス警告は セキュリティソフトが入っていても 表示されます。 しかし、だからと言って 『どうせ偽物でしょ』と たかをくくってはいけません。 セキュリティソフトでも ウイルスを検知すれば もちろん警告が出ます。 そのため出た警告には 一つ一つ確認をする必要があります。 ではよく表示される ウイルス警告が出る原因と対処法を 確認していきましょう。 あなたのデバイスが遅いかもしれません こんな感じで 『 デバイスの速度が低下するかも』と 警告を出してくることがあります。 それはスマホに入っていない クリーナーアプリを更新してね〜 ということ。 特に意味もなく 適当に表示されているものになります。 自身のスマホに クリーナーアプリが入れてない人なら 『あれ?入ってたっけ??』と思いながら 『OK』を押す人がいます。 クリーナーアプリが入っている人でも 『あれ?更新したんだ??』と思い 『OK』を押してしまいます。 ですが、これは 偽物のウイルス警告ですので、 決して『OK』を押してはいけません。 スマホが危険な状態です 『危険な状態です』 なんて文言が出てきたら焦りますよね 汗 そして信憑性を上げるためなのか Androidのキャラまでも載っています。 これを信じるなという方が難しいです… しかしこれは詐欺アプリです。 ここで『今すぐダウンロード』の 文字をタップすることで 不正アプリをインストールさせられることが… これが表示される原因としては• 広告をクリックしてもらって 広告費を得る• 任意のアプリをダウンロードしてもらう の2つがあります。 これはユーザーのためではなく 掲載主のためのものです。 そしてここでインストールしたり、 サイトに飛ぶことで ウイルスに感染してしまいます。 そのため、絶対にタップしてはいけません。 あなたのスマホはウイルスに感染した可能性があります これはよく見かける 代表的なウイルス警告です。 何度も何度も繰り返し表示される この警告ですが、 これも特に表示される理由はありません。 しかし、この警告で表示されるアプリは 決してダウンロードしてはいけません。 ただのクリーナーアプリの場合もありますが マルウェアが埋め込まれた アプリの可能性もあるため、 触ってはいけません。 ウイルスに感染しているかもしれません これもよく見かける ウイルス警告ですね。 『ウイルスに感染しているかも』と ユーザーの不安を煽って クリーナーアプリをダウンロードさせる Fake Alertの一種です。 これも本物のウイルスが 感染しているわけではないので 表示されていても無視するのが一番です。 アプリがウイルスを運んでいます これも偽物の警告文で、 不安を煽るFake Alertの一種です。 とにかくユーザーを不安にさせて 特定のアプリを インストールさせたいだけなので、 表示されたとしても無視しましょう。 また、これらと一緒に バイブが鳴ることもありますが、 これは乗っ取られたわけではありません。 これに焦って操作をするのではなく、 常に落ち着いてブラウザを閉じるなどの 対策をとりましょう。 Androidスマホから変な音が鳴る!この警告音はどういう意味? ウイルス警告の中には、 警告文とともに音がなることがあります。 『 警告音=危険』と判断することが多い 私たちですが、 ウイルス警告とともに鳴る場合は 特に危険というわけではありません。 警告文と一緒に鳴らすことで、ユーザーに• 危険だからページを閉じないでね〜• 危険だからアプリをインストールして 安全な環境にしましょうね〜 と思い込ませることが目的なのです。 実際の警告音はこんな感じのようです。 誰でも警告音と警告文が出れば つい焦って表示されているアプリの インストールをしようとしますが、 むしろそれに従ったほうが危険なのです。 そもそもAndroidの携帯ウイルスってどんなもの?iPhoneにはないの? 昔からPCなどで『ウイルス』という 単語はよく出てきました。 それこそ感染すると• 乗っ取られる• 個人情報が盗まれる という被害はよく報告されていましたが、 では携帯のウイルスではどうなのでしょう? これもPCと似ていますが、 感染した場合以下のことが起こります。 スマホが乗っ取られる SNSやメールを勝手に送信 電源が勝手に切れる• 個人情報が盗まれる 電話帳・口座情報 通話やデータ通信の傍受• プライバシーの侵害 盗撮・盗聴・位置情報• スマホにロックがかかり操作ができない 解除のための入金を要求 今はスマホは生活の必需品。 そのスマホ端末には 様々が情報が記録されています。 それこそ、個人情報という名の 宝の山と言えます。 では同じスマホでもiPhoneはどうでしょう? iPhoneはAndroidのスマホと比べ、 ウイルス数のとても少なく、 アプリを公開するのためには とてもたくさんのハードルを 越えなければいけないため、 アプリ経由でウイルスに感染することは ほぼなく、安全に使用できます。 ですが、ブラウザやWi-Fiを経由して ウイルス感染する恐れもあるため、 100%安全とも言い切れないのが事実です。 本物のウイルスに感染しやすい経路とは?感染したらどうなる? どんなに注意を払っていても、 スマホがウイルスに感染してしまうことは あり得ることです。 というのも、 スマホがウイルスに感染するのは アプリからだけではありません。 ブラウザでインターネットを閲覧中• 公共のフリーWi-Fiを使用した などでもウイルスに感染するのです。 そしてインターネットサイトは ピンクなサイトだけでなく、 一見問題のなさそうなブログなどでも 感染することがあります。 Androidのスマホで使用できるアプリは iPhoneと比べ審査基準が厳しくないため、 作ろうと思えば誰でも作成できます。 ということは、 ウイルスを仕込んだことをバレずに その審査にさえ合格できてしまえば、 ウイルス付きのアプリが 世の中に出回ることになるのです。 そして実際にウィルスにかかると こんなことが起こるようです。 以下の動画をご覧ください。 ユーザーが操作してないのに、 スマホが動いてる! 操作してもいうことを聞かない!! こうなってしまったら 原因のウイルスを駆除するか 初期化しないと治すことはできません… ウイルス詐欺の標的になった原因は?引っかかったらどうなる? スマホ上でのウイルス詐欺の対象は ランダムです。 『よし次はコイツだ!』 と狙いを定めてくるわけではありません。 そのため、標的になった人に 何か原因があったわけではなく、 たまたま標的になっただけなのです。 だからこそ、 ユーザーからしてみれば 急にきたウイルス警告に驚き、 慌てて操作するからこそ、 ウイルス詐欺に引っかかるのです。 ですので、 いつかは自分にもくるかもと肝に銘じ、 本当に警告がきたら、冷静に対処しましょう。 もし引っかかってしまった場合も、 一旦落ち着いて、 今の自分のスマホがどんな状態なのかを 把握するために、 一度ウイルススキャンを行いましょう。 そこでウイルスに感染してなければ ラッキーですし、 もしウイルスに感染してしまっていたら そのままセキュリティソフトで ウイルス駆除をしてしまいましょう! Androidスマホでウイルス警告が出ないためにできる予防とは できることなら出て欲しくない ウイルス警告ですが、 これを予防することはできないのでしょうか? ウイルス警告を予防するということは ウイルス自体にも気をつける ということになります。 そのためにAndroidユーザーに 気をつけて欲しいのは以下のものです。 クリーナーアプリなどの キャッシュ・メモリ系アプリ• 野良マーケット・アプリ• アプリへの許可権限• デベロッパー 一体どうゆうことなのかは 次項で順番に解説していきます。 アンドロイドクリーナーなどキャッシュ・メモリ系アプリは要注意 アンドロイドクリーナーなど 『 キャッシュや不要ファイルを削除して 高速化するアプリ』は 特に注意を払う必要があります。 というのも、これらのアプリのほとんどは キャッシュやファイルを削除するのではなく、 そこから個人情報を入手するアプリなのです。 だからこそ、Fake Alertで インストールを促されるというわけです。 野良マーケット・アプリを避ける Androidのウイルスの多くは 悪意あるアプリに入り込んでいます。 そのため、アプリをインストールする際には そのアプリが安全なのかどうかを確認してから インストールする必要があります。 Androidスマホのアプリを扱うサイトには Google直営で信頼がおけるGoogle Playと、 信頼のおけない野良サイトがあります。 その野良サイトには 特に不正なアプリが入り込みやすいので、 公式サイトを使用して アプリのインストールをしてください。 アプリへの許可権限の確認 アプリを使用する際には そのアプリがどの情報をアクセスしていいのか 設定上で許可することができます。 例えば『LINE』であれば大半の人は 連絡先・カメラ・写真・マイク・位置情報 のアクセスを許可しています。 そうしないとLINEの機能で 使えないものが出てくるからです。 ですが、全てのアプリで 全てのアクセスを許可してしまうと、 不正アプリでも 電話帳などへ簡単にアクセスできるのです。 そのため、どのアプリで どのアクセスを許可するのかは 必ず確認をしておきましょう。 ディペロッパーの確認 アプリをインストールした際は、 デベロッパー アプリの製作者 が 信頼できるかどうかの確認も重要です。 誰でも知ってる企業と、全くの無名の企業 どちらがリスクが大きいですか? 無名の企業の方が信頼性にかけますよね? そのため、デベロッパーも確認事項としては 必須となっていきます。 しかし、中には デベロッパーを詐称するところもあるので 名前だけで鵜呑みにするのではなく レビューなどから総合的に判断しましょう。 まとめ いかがでしたか? ウイルスの警告が本物なのか についてご紹介していきました。 ウイルス警告には偽物もあり、 セキュリティソフトを入れていないのに ブラウザ上でウイルス警告が出る場合は 偽物のことが多いです。 というのも、スマホには 本体側でウイルスを検知する力はなく、 もし、ウイルスに感染していても 自己申告はしてきません。 表面に出てくるときはすでに スマホにロックがかかったり、 乗っ取られている場合がほとんど。 そのため、ウイルス警告のほとんどは 偽物であることが多いのです。 そして中にはGoogleの名を 語ったウイルス警告も…! そんなときはこちらを参考にしてください。 少しでも怪しいと思ったら 自己判断はせずに まずはセキュリティソフトで スマホをスキャンしてみましょう。 そこで検知されればウイルスですし、 検知されなければ偽物です。 そして、 ウイルスに感染していたのであれば 早急に駆除をしましょう。 ウイルスに感染したまま放置すると 場合によっては自分の個人情報を 勝手に利用され、 被害者であるにも関わらず、 加害者になってしまうことがあるからです。 そんな携帯ウイルスを駆除する オススメのセキュリティソフトについては こちらをご覧ください。 スマホに対する知識を持っておかないと 簡単に騙されてしまいます。 ウイルスに感染すると自分だけではなく、 家族や友人にも迷惑をかけてしまうので 予防というネチケットはしっかりと 自ら行っておくことをオススメします。

次の

HUAWEI(ファーウェイ)の端末使用許諾が危険だと話題に

バッテリーが危険にさらされています 通知

今や生活に欠かせない重要なツールとなったスマートフォン(スマホ)。 家族や友達とのコミュニケーションをはじめ、ニュースや天気予報などの情報収集、重要な仕事上の連絡、写真の撮影、ゲームや動画などのエンターテイメントを楽しむことまで、さまざまな役割を担っています。 その重要性がさらに高まるのが災害時です。 地震、噴火、台風、水害、津波と、日本は毎年さまざまな災害に襲われます。 着の身着のままでの避難を迫られたとき、家族の安否確認、災害の現状把握、報道のチェックといった場面で活躍するスマホを手にする人は多いはず。 自宅を失うほどの災害下でも確保し続けられる情報インフラと言えるでしょう。 ただ、どんなに便利なスマホも、バッテリーが切れてしまえば役に立ちません。 最近のスマホはバッテリーが長持ちするようになりましたが、避難した時点でバッテリーの残量が少ししかなければ、充電できるチャンスを待たずに使えなくなってしまうかもしれません。 そんなスマホの弱点を補うのが、モバイルバッテリーです。 スマホのバッテリー切れに備えて普段から持ち歩いている人も多いと思いますが、避難先に携帯していけば、電源を確保できない場所でもスマホの稼働時間を伸ばすことができます。 モバイルバッテリーは、もはや災害対策ツールのひとつなのです。 【この記事も見ておきたい!】 コンセント以外の充電方法があればさらに便利 もっとも、モバイルバッテリーがバッテリー切れになってしまえば意味がありません。 日頃から充電を心掛けるのはもちろんですが、家庭用のAC電源以外の充電方法に対応するモバイルバッテリーも増えています。 今回筆者が購入した「CUPOLA ミリタリーソーラーチャージャー」は、製品名にもあるように、太陽光を使って充電できるモバイルバッテリーです。 本体サイズは76. 4(厚さ)mmと、厚めのタフネススマホと同じくらいの大きさ。 最大の特徴であるソーラーパネルは片面に組み込まれていて、反対側には130ルーメンのLEDライトも備わっています。 災害時はもちろん、キャンプや夜釣りといったアウトドアシーンでも活躍します。 「CUPOLA ミリタリーソーラーチャージャー」は、側面にソーラーパネルが組み込まれた8000mAhの容量を備えたモバイルバッテリーです。 comの最安価格は4,980円(2018年9月6日時点) ソーラーパネルの反対側には、フル充電なら11時間連続点灯できる高輝度のLEDライトが組み込まれていて、夜間でも周囲を明るく照らし出せます 本製品のバッテリー容量は8000mAh。 ファーウェイの人気SIMフリースマホ「P20 lite」のバッテリー容量は3000mAhなので、本製品で3回弱は充電できる計算です。 最近のスマホなら2〜3回くらい充電できると憶えておけばいいでしょう。 機器をつなげると自動的に充電が始まるところが便利です。 なお、本製品の充電にはmicroUSBケーブルを使います。 出力用のUSBポートは3つ。 その隣には、ソーラーパネルによる充電中に点灯する緑色LEDが配置されています。 また、電源ボタンを長押しすると照明用のLEDライトが点灯し、再度長押しすると消灯します。 2A)とごくわずか。 フル充電するのに必要な時間は、AC電源でも5〜7時間。 仮に太陽光だけでフル充電させようとすれば、50〜70時間が必要です。 当然、夜間は充電ができないので、昼間ずっと太陽光を当てていても、一週間程度は掛かってしまうことに。 ソーラーパネルはあくまでも補助的な手段で、陽のあたる場所に置いておくと少しずつバッテリーの残量が回復する程度と捉えておくべきです。 様子を見ながら少しずつ充電を繰り返しておけば、スマホの稼働時間をわずかでも稼ぎ出すのに役立つでしょう。 昼間ならある程度の曇り空でも充電できますが、ソーラーパネルの発電量はわずかなもの。 あくまでも補助的な機能と割り切りましょう なお、本製品のユーザーマニュアルには、太陽光の下や車内に長時間置くことのないよう注意書きが記されています。 リチウムイオンバッテリーは高温にさらされると発火する危険性もあるので、太陽光だけでフル充電させようと放置することは避けましょう。 また、モバイルバッテリーのなかには手回し式の充電器を備えた製品もあります。 こちらもソーラーパネルと同じく、発電に費やした時間に対して充電できる量は多くありませんが、日光がなくても充電できるというメリットがあります。 折りたたみ式のハンドルが付属するので多少かさばるのが難点ですが、災害対策用モバイルバッテリーのひとつの選択肢として、検討してはいかがでしょうか。 スマホに入れておきたい災害対策アプリ 最後に、災害に備えてインストールしておきたいアプリを3本ご紹介しましょう。 災害情報アプリの決定版「Yahoo! 防災速報」 Yahoo! JAPANの「Yahoo! 防災速報」は、地震、津波、火山といった大きな被害をもたらす災害から、豪雨や熱中症、防犯情報に至るまで、いろいろな情報を配信してくれるアプリです。 昨年話題になった「Jアラート」にも対応しており、総務省消防庁からも推奨されています。 情報を受け取れる地域は、スマホの位置情報と連動した現在地と、最大3か所まで登録できる市区町村が対象。 予想される災害に対応する避難所のチェックも可能です。 新宿区を対象に配信された災害関連情報の一例。 熱中症、豪雨、気象警報などがプッシュ通知で届きます(左)/情報の発表時刻や対象地域などを詳しくチェックすることが可能です(右) ・対応OS:/ ・価格:無料 2. ニュースと一緒に災害情報もチェックできる「NHKニュース・防災」 NHKのニュースアプリ「NHKニュース・防災」は、災害関連情報をチェックできる「データマップ」機能を備えています。 データマップでは気象レーダーによる雨雲の広がりをはじめ、過去の降水量から予想される土砂災害の危険度、現在発令されている警報や注意報、河川の氾濫など、さまざまな情報を地図上に表示できます。 また、非常時にはNHKで放送されている関連ニュースを同時配信するライブ機能も備えていて、停電してテレビが見られなくても情報を把握することが可能です。 豪雨による大きな被害がもたらされた2018年7月8日の朝7時頃、データマップで「気象警報・注意報・土砂災害警戒情報」を表示した様子(左)/情報によっては、より詳しい内容を自治体単位で確認することも可能です(右) ・対応OS:/ ・価格:無料 3. 災害対策知識を学べる「東京都防災アプリ」 「東京都防災アプリ」は、東京都が配布している「東京防災」や「東京くらし防災」といった防災知識を学べる冊子がベースになっています。 両冊子の内容が読めるのはもちろん、自分の知識を試せる防災クイズや、選択肢によってストーリーが変化するシミュレーションなど、アプリならではの機能が備わっています。 また、都内の災害情報を確認したり、避難所の場所を探したりできる災害時モードも搭載しています。 東京都に住んでいなくても、出張や旅行でたまたま都内にいるときに、災害が起こるかもしれません。 東京へ行くことがある人も、万が一に備えてインストールしておくといいでしょう。 「シミュレーション」では、アドベンチャーノベルの感覚でシチュエーションごとに正しい行動を学べます(左)/都内の避難所情報もチェック可能。 地図データはオフラインに保存することもできます(右) ・対応OS:/ ・価格:無料 【この記事も見ておきたい!】.

次の