プラズマ クラスター 電球。 トイレにプラズマクラスター!人感センサーのLED電球型がすごい!

電球のように取り付けるプラズマクラスターイオン発生機「ニオワンLEDプラス」とは?

プラズマ クラスター 電球

電球と同じようにソケットに装着しておくだけで、照明にも消臭アイテムにもなるシャープの天上設置型プラズマクラスターイオン発生機に新モデルが登場。 従来モデルでもラインアップされていた適用床面積約1畳用タイプは改良して利便性を高めたほか、広い空間でも使用したいという声を受け約2畳用タイプも用意された。 発表会で見てきた進化点をお伝えしよう。 また、同会ではベッドサイドに適するプラズマクラスターイオン発生機「IG-HBP1」も発表された。 その魅力もあわせて紹介する。 「ニオワンLEDプラス」というネーミングが付けられた天上設置型のイオン発生機 部屋を照らして消臭もしちゃう「ニオワンLEDプラス」 まずは、天井に設置するタイプの「ニオワンLEDプラス」から見ていこう。 基本構造はを踏襲しており、プラズマクラスターを放出するユニットとファン、そして照らすためのLEDや基板などを内蔵。 常時イオンで消臭・除菌しながら、照明としても機能する。 ラインアップは、適用床面積約1畳用「IG-HTA20」(電球40W相当)と約2畳用「IG-HTA30」(電球60W相当)の2機種。 市場想定価格は「IG-HTA20」が22,000円、「IG-HTA30」が30,000円で11月26日発売予定。 適用床面積約1畳用「IG-HTA20」(右)と約2畳用「IG-HTA30」(左)。 一般的な電球より本体が大きいのは確かだが、1畳用「IG-HTA20」の口金下の本体部分の直径は一般的な白熱電球とほぼ同寸となっているので白熱電球を付けていた所にならおおよそ置き換えできる だだし、2畳用「IG-HTA30」の口金下の本体部分の直径は一般的な白熱電球よりも少し大きい。 器具によっては取り付けられないこともあるので、その場合には付属のアダプターを装着して長さを稼ぐといい 電球同様にソケットに装着すれば、準備完了。 ソケットからの供給で作動するため、コンセントを別途用意する必要はない 照明としての性能は、1畳用「IG-HTA20」が485lmで一般的な白熱電球40W形相当。 2畳用「IG-HTA30」は810lmで白熱電球60W形に相当だが、明るさを3段階(60・40・30W相当)で変えることができる。 上の動画でもわかるように人感センサーの反応は非常によく、ストレスなく利用できそう。 ちなみに、点灯消灯に関係なくプラズマクラスター25000が放出されているが、ライトがOFFになると運転モードが標準から「強」運転に切り替わる(切り替えしない設定にすることも可能)。 右端のトイレに装着されているのが1畳用「IG-HTA20」。 白熱電球40W相当なので少し暗めに感じるが、実際に使用する分には輝度不足は感じなかった。 明るさを810lm(白熱電球60W形に相当)にまで高めた2畳用「IG-HTA30」は、サニタリールームや玄関といった少し広めの空間でも利用できる 2畳用「IG-HTA30」の明るさを変えたい時には、本体を分解して行う。 カバーを外して中のパーツを取り出すだけなので難しくはないが、ソケットに装着した後で設定するのは面倒なので最初に設定しておくほうがよさそう。 ライトの明るさが変えられるほか、消灯時に放出されるプラズマクラスターの運転モードも3段階(「強」運転が続く、「強」運転から標準運転に変わる、標準運転を継続)から選べる。 切り替わる運転モードの選択は、1畳用「IG-HTA20」でも設定可能 明るさだけでなく本体下の機構も異なる。 人感センサーやLEDライト、イオンを放出する口といった装備されているものは同じだが、2畳用「IG-HTA30」はより広範囲にイオンを拡散できる構造にしているのだそう 会場には、プラズマクラスターの消臭効果を体験できるコーナーが用意されていた。 ケースの中に入っているのはニンニク。 「ニオワンLEDプラス」を装着していないケースは強烈なニンニク臭が鼻をついたが、イオンが放出されているほうはほぼ無臭状態! トイレやサニタリールームに装着しておけば、気持ちいい空間作りに役立ちそうだ ちなみに、従来モデルからのブラッシュアップとなる1畳用「IG-HTA20」は、内蔵のファンを小型で高効率なものとすることでコンパクト化を実現。 サイズは約30%削減された。 また、同時にイオンを放出する際に出る運転音も従来より抑えられている。 スリムになったことにより対応する器具の幅が広がったほか、ソケットに装着した際の見た目もよくなるという。 サイズは小さくなっても、明るさや消臭力が落ちていないのはうれしい 癒されながら美肌と清潔! ベッドサイド用イオン発生機 続いて紹介するのは、「ニオワンLEDプラス」と同日発売となるイオン発生機「IG-HBP1」(市場想定価格:20,000円)。 ベッドサイドで使用するコンセプトとなっており、枕に付着する汗臭や体臭を消臭するほか、寝ている間にプラズマクラスターイオンで美肌ケアができる。 もちろん照明も就寝を意識したものとなっており、リラックス効果を高める「さくら色」の光色を採用。 明るさは、2段階で切り替えできる 点灯する部分の上にある吹出口から、プラズマクラスターイオン25000が放出される。 就寝時に顔まわりの角質層のうるおいをサポートする「おやすみ運転」のほか、風量を高めて枕に付着したニオイを除去する「枕リフレッシュ運転」という2モードを用意 付属アタッチメントを付ければ、イオンを上向き、下向きに誘導可能 30分後に消灯するタイマーが用意されているので、眠る前にOFFする手間はない.

次の

シャープ天井設置型プラズマクラスターイオン発生機IG

プラズマ クラスター 電球

運転音の静音化や、LEDライトを自動消灯する前に少し暗くしてお知らせする機能も搭載し、使い勝手も進化しました。 また、「トイレ以外の場所でも使いたい」とのご要望にお応えした2畳空間用<IG-HTA30>は、玄関や洗面所など、より広い空間で効果を発揮します。 明るさを3段階に切り替えできる機能や、プラズマクラスターの静かな運転を選べる機能など、使用場所に応じて使い方を選んでいただくことができます。 当社は、今後もプラズマクラスターを搭載した商品の創出に努め、さまざまな空気の悩みにお応えしてまいります。 2m の地点で測定した空中に吹き出される1cm 3当たりのイオン個数の目安です。 イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。 2.LEDライトを搭載し、電源コンセントがないトイレや玄関などでも手軽に設置が可能 LEDライト機能を搭載し、電源部に一般的な照明に使われている電球と同じE26口金形状を採用。 電球のように、手軽に取り付けることができます。 LEDライトの全光束 明るさ は、<IG-HTA20>が485ルーメン 電球 40W形相当 、<IG-HTA30>が810ルーメン 電球 60W形相当 です。 あかりの消し忘れもなく、24時間運転しても1日あたりの電気代は約2. また、<IG-HTA30>は、人がいないときのプラズマクラスターの運転を設定できます。 強運転で除菌・消臭するモードの他、不在になってから3時間の強運転後に静かな標準運転を行うモード、常時標準運転を行うモードの3種類から設定することができ、ご家族の生活スタイルや取り付け場所に応じて運転内容を選べます。 5kVまで除電するのに要する時間を測定。 5分で初期電位5kVが0. 5kVまで減衰。 8W 16. 9W 1. 3W 18. 5W 2.

次の

プラズマクラスター

プラズマ クラスター 電球

最近になってトイレの電球を人感センサー付きのLED電球に交換しました。 発売以来ずっと気になっていたシャープの「IG-HTA20-W」のモデルです。 空気清浄機ではおなじみのプラズマクラスター発生機能搭載で、要はトイレや玄関のこもった臭いを消臭できるLED電球なのです。 LED電球も日々進化しています。 シャープの「プラズマクラスター」は空気の除菌や消臭に効果を発揮するイオン発生機の代名詞。 この天井設置型のLED電球には「高濃度プラズマクラスター25000」が搭載されています。 高濃度のイオンが放出してニオイを抑えて消臭します。 主に空気清浄機などに搭載されている機能として知られていますが、玄関やトレイといった比較的小さい空間に特化しているのが、今回購入した天井設置型のプラズマクラスターイオン発生機です。 天井型というだけあって、電源供給元はどの家庭にもあるダウンライトの電球の電源(E26口金のソケット)を利用していますのでコンセントは必要なし。 いま自宅の玄関やトイレについている電球を取り外して、このLED電球に交換することで以下の2つの効果を得ることができるのです。 1.人感センサー搭載により、照明の自動点灯・消灯。 結果、消し忘れも防止。 しかもLED電球でエコ。 2.プラズマクラスターイオン発生機による空気清浄。 除菌・消臭により、いつでも衛生的に。 省スペース消臭LED電球の気になるところをチェック 手でもったところ、思っていた以上に重くなく、ダウンライトのソケットに取り付けても安定して設置できそうな安心感あり。 高さ220mmと多少長さはありますが、プラズマクラスターイオン発生する部分がでておく必要があるので、ダウンライトの中には完全に隠れませんが、あまりでっぱりを感じるデザインではありません。 ごくごく自然な設置状態。 ロゴが前面にくるようにはめ込むときに位置合わせをしました。 気になる明るさは? 照明の明るさは白熱電球40W相当なので485lm(ルーメン)程度の明るさで、トイレの環境は問題ない明るさ。 電球色なのでわが家にはあっています。 ただ戸建てなどで窓のあるトイレの場合、日中は明るいのでLED電球の自動点灯はもったいないと感じてしまうかもしれません。 タイマー機能や照度センサーがあればよかったのかもしれませんね。 トイレ空間にあっては十分な明るさです。 実際には40W相当なので写真よりは明るいです。 気になる電気代は?維持費は? 基本的に照明用の壁面スイッチは常時ONにしておいて、毎日24時間365日運転することが前提です。 仕様上の消費電力と参考電気代は以下の通り。 こちらの電気代はプラズマクラスター発生状態も含まれていての電気代になりますので、あまり気にならない程度でしょうか。 気になる空気清浄の騒音は? 電球点灯時にはプラズマクラスターは標準の風量で、非常に静か(21dB相当)。 消灯すると自動的に「強」に切り替わり、空気清浄力が強くなる仕組み。 ちなみに強の動作音は34dBです。 とはいっても、リビングにある空気清浄機の強運転での音と比較しても小さいと感じます。 トイレのドアを隔てた場合、外からは聞こえないに等しい音だと個人的には感じています。 気になる製品寿命は? LED電球の寿命は使用方法や環境にも依存しますが、一般的には約10年程度と言われています。 一方で 空気清浄を担うプラズマクラスターユニットの寿命は、2週間に1回程度、定期的に掃除のメンテは必要なものの、約2年で 交換する必要があります。 LED部分は交換不可能なので、LED電球の寿命が続く限りの商品となりますが、10年後にはさらに良い商品がでていることでしょう。 ユニット部仕様上の寿命は以下の通りです。 消灯時間は30秒、1分、3分。 わが家では当初、最長の3分にしていたのですが、長く感じたので中間の1分に変更。 消灯前にはやや暗くなってお知らせするので、少しだけ頭を動かせば元の明るさに戻ります。 懸念していたトイレ掃除の時も問題なく、点灯しているので特に気になりません。 但し切り換えスイッチは本体中にあるため、設置前に設定しておく必要があります。 1ヶ月間使ってみての感想 ズバリ買いです! 明らかに空気清浄による、「除菌・消臭効果」はでています。 わが家のトイレには24時間換気がついているものの、窓のないトイレではやはりトイレ特有のこもったようなニオイがするのは否めませんでした。 ところが、このプラズマクラスターイオン発生機能付きのLED電球に交換したところ、そのニオイがものの見事に消え去っています。 トイレにはいった瞬間、とてもすっきりとした爽やかな印象です。 消臭剤や芳香剤では香りでごまかしている感じもしますが、こちらはまさにクリーン! さすが愛称「ニオワンLEDプラス」。 商品キャッチに偽りない効果を実感しています。 そして、もう1つのLED電球としての人感センサーによる自動点灯・消灯機能。 玄関にはすでにので、その利便性は十分理解しています。 今回トイレにも人感センサー機能付きLED電球をつけることで、さらになくては生活できないレベルです。 こんなに楽になってよいのでしょうか。 とっても良い商品をつくっているので今後も期待しています。 2年経過 イオン発生ユニットを交換しました 自宅トイレに設置して2年経過しましたが、今もなお故障することなく順調に稼働しています。 ただ消耗品としての「イオン発生ユニット」は2年を目安として交換する必要があるようで、わが家のIG-HTA20もその時が突然やってきました。 まず最初にトイレにはいると、明るく点灯するはずのLED照明がやや暗いのです。 ふと天井を見上げると、こちら公式サイトにあるとおり、赤いランプがゆっくりと点滅していました。 交換の目安は「2年」とのことですが、総運転時間が約17,500時間(1日24時間連続運転した場合、約2年)経過すると、本体ランプが赤く点灯して交換のタイミングをお知らせします。 このタイミングではLED照明がしばらく明るく点灯するのではなく、つきはじめて何秒かは抑え気味の点灯です。 ちなみに総運転時間が約19,000時間(約2年2か月)経過すると、イオン発生機がすべての運転を停止するのでその前にユニットを交換する必要があります。 しばらくすると元通りの明るさになるのですが、毎回のことなので気になって仕方ありません。

次の