キットハリントン 映画。 「ゲーム・オブ・スローンズ」座談会映像が初解禁 キット・ハリントンが恨み節?

筋肉俳優キットハリントンかっこいい!身長やインスタ私服、彼女ローズレスリーとの結婚式やポンペイやヒックとドラゴンなど出演作

キットハリントン 映画

海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローン』シリーズでの共演後、6年の交際を経て今年6月に結婚した俳優のキット・ハリントンと女優のローズ・レスリー。 その2人に夫婦の危機が訪れているかもしれない。 キットが浮気したと証言するモデルがいるという。 Us WeeklyやE!Onlineなどの海外メディアが報じた。 キットの浮気相手だったと告白したのは、オルガ・ヴラーソルヴァ(Olga Vlaslova)というロシア人モデルとのこと。 2人の関係は1ヵ月続いたと述べ、彼女が撮影したというキットのヌード写真を流出させたという。 オルガはキットがローズと婚約中にルクセンブルグで出会い、キットとローズが結婚した後も数回にわたりベッドを共にしたと告白しているそうだ。 本件に関して、キットの代理人は全面否定しているという。 「この話で彼女が主張していることは、事実無根です。 彼は一度もルクセンブルグに行ったことがなく、オルガ・ヴラーソルヴァという人にも会ったことがありません」と、声明を発表しているという。 2012年に出会い、2016年まで交際を秘めていたキットとローズ。 2017年9月に婚約し、今年6月にスコットランドで盛大な結婚式を挙げた。 それから約5ヵ月でキットの浮気疑惑が浮上したが、事なきを得て幸せな結婚生活を送るのか、2人の今後が気になるところだ。

次の

キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』だけではないその魅力を紹介!

キットハリントン 映画

第一章~最終章までをコンプリートできるブルーレイボーナス・ディスクには、日本独占映像や最終章の裏側を追ったドキュメンタリー「ラスト・ウォッチ」を含む、30時間以上に渡る映像特典を収録。 長きに渡り全精力を注いで作りあげてきた「ゲーム・オブ・スローンズ」について余すところなく語りつくしている。 ショーン・ビーンやジェイソン・モモアといった、懐かしのあのキャストも登場するなどファン必見の内容となっている。 今回は、その貴重な映像を一部初公開。 キット・ハリントン(ジョン・スノウ役)、ソフィー・ターナー(サンサ・スターク役)、メイジー・ウィリアムズ(アリア・スターク役)、アイザック・ヘンプステッド=ライト(ブラン・スターク役)、エミリア・クラーク(デナーリス・ターガリエン役)、ピーター・ディンクレイジ(ティリオン・ラニスター役)、レナ・ヘディ(サーセイ・ラニスター役)、ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイミー・ラニスター役)と、この壮大な物語の多くを担ってきた主要キャスト8名が集結、撮影をふり返っている。 司会のコナンが、「キットは撮影中、誰よりも大変だったのでは?」と問いかけると、すかさずソフィーとメイジーが「やめてー!ますます彼がグチを言うわ!」と横からブーイング!? キットは「こんなに大変な役柄なのにクレジットで俺の名前は8番目なんだよ…」と早速不満を漏らしはじめると、メイジーが「そういうの恥ずかしいからやめて!」とまさに兄妹のようなやり取りに。 そんなまわりからの非難にも負けず「そうだな、俺は…誰よりも多く働いたよ。 衣装も一番重かったし」と真面目な表情で語るキットに会場からもクスクスと笑いが起こる中、またもスターク家のソフィー、メイジー、アイザックが一斉に「彼はいつも文句ばっかり。 毎日ずっとグチってる」と撮影中のキットの様子を暴露。 ピーターもキットのうっかりエピソードを披露するなど、どうやらキットはキャストの中でイジられてしまう模様。 そして実際に撮影の舞台裏を記録した映像が流れはじめると、そこには暖かい天候に恵まれ、キャストやスタッフから誕生日を祝われながら、劇中とは打って変わって楽しそうに撮影をこなしているエミリアの姿が。 そのシーンとは対照的に、過酷な環境で戦闘シーンの撮影に挑んでいたキットが「いつも顔が泥まみれだ。 俺はこのドラマの中で、誰よりも泥まみれになっている。 毎シーズンそうだけど、今回が一番ひどい」とグチをこぼす映像が映し出され、観たキャストたちは大爆笑。 大変な撮影を乗り切ってきたことをキャストはもちろん会場にいるスタッフ全員が理解し、最後はキットの活躍に皆が拍手を送っていた。 そのほかのキャストたちも入れ替わり立ち替わりでステージに登壇し、撮影秘話を語り合う様子や、スターク一家が夢の再会を果たす貴重な映像などが収められている。 net》.

次の

ポンペイ (映画)

キットハリントン 映画

ストーリー [ ] 紀元62年、の支配に抵抗したはコルヴス率いるローマ軍に蹂躙され、少年マイロだけが生き残るが、彼は奴隷として売り飛ばされる。 十数年後の、マイロはで敵う者なしのに成長していた。 マイロの持ち主グラセウスは彼の実力に満足し、興行のために奴隷たちを引き連れてに向かう。 その途中、一行は裕福な商人の娘カッシアの馬車と遭遇し、マイロは怪我をして苦しんでいる彼女の馬を殺し、苦しみから解放する。 カッシアは1年間ローマに滞在していたが、傲慢なローマ人たちに嫌気が差して故郷に戻ってきていた。 マイロはブドウ収穫祭のイベントである剣闘会に出場することになり、対戦相手にはポンペイ最強の剣闘士アティカスが選ばれた。 アティカスもマイロと同じく被征服民族の出身で、マイロとの戦いに勝利した暁には自由の身を与えられることになっていた。 同じ頃、になっていたコルヴスがポンペイを訪れ、カッシアの父セヴェルスと会談していた。 セヴェルスはコルヴスを宴に招き、ポンペイ再建の資金を得るためにコルヴスに協力を求めたが、彼の目的はローマで出会ったカッシアを妻に迎えることだった。 しかし、コルヴスの傲慢さを嫌うカッシアは彼の申し出を断る。 宴には貴婦人たちの夜の相手をするためにマイロたちも呼ばれていたが、が噴火して、カッシアの馬が暴れ出す。 マイロはカッシアに頼まれて馬をなだめ、恋に落ちていた二人は馬に乗り逃亡する。 しかし、二人はコルヴスの追手に追い付かれ、マイロは殺されそうになる。 カッシアの懇願でマイロは助かるが、コルヴスは剣闘会でマイロを殺すようにグラセウスに命令する。 剣闘会当日。 グラセウスはセヴェルスの命令で剣闘の内容を変え、観衆を盛り上げるためにマイロとアティカスを殺そうとする。 しかし、グラセウスは闘技場が噴火の影響で崩れ始めていることに気付き、ポンペイから逃げ出そうとする。 一方、主賓として招かれたコルヴスは「皇帝を侮辱したことを報告する」とセヴェルスを脅して、カッシアとの結婚を強引に認めさせる。 カッシアも両親を守るために結婚を承諾する中、剣闘会が始まり、コルヴスのケルト人反乱鎮圧の演目が催される。 マイロとアティカスはローマ兵に扮した剣闘士たちを返り討ちにし、手にした槍でコルヴスを殺そうとする。 激怒したコルヴスはマイロを殺そうとするが、カッシアが助命を宣言し、観衆も彼女を支持する。 コルヴスはカッシアを拘束した後に腹心のプロキュラスと戦うように命じ、プロキュラスはマイロを圧倒して止めを刺そうとする。 しかし、その瞬間、ヴェスヴィオ火山が大噴火を起こし、ポンペイが炎に飲み込まれる。 大噴火の影響で闘技場は崩壊し、セヴェルスはコルヴスを殺そうとするが、返り討ちに遭い妻アウレリアと共に絶命する。 一方、闘技場から脱出したマイロはアティカスと別れ、カッシアを助けるために監禁先の彼女の屋敷に向かう。 人々がポンペイから脱出しようと港に集まる中、グラセウスは一足先に船に乗り込み脱出するが、噴火で飛んできた岩石に衝突し、船が沈没する。 マイロはカッシアを助け出してアティカスと合流するが、港は津波で壊滅していたため、三人は馬を手に入れるため闘技場に向かう。 しかし、そこにはコルヴスが先回りしており、カッシアを捕まえ馬車に乗り込み脱出を図る。 アティカスは、プロキュラスを食い止める間にコルヴスを追うようにマイロに告げ、マイロは馬に乗りコルヴスを追う。 コルヴスは逃げ切ろうとするが、馬車が横転してマイロに追い付かれてしまい、彼と一騎打ちになる。 一騎打ちの末にコルヴスは敗れ、カッシアによって馬車に鎖で繋がれてしまい、逃げられずに溶岩流に飲み込まれる。 また、プロキュラスとの戦いに勝利したアティカスも、自由の身になったことを叫びながら溶岩流に飲み込まれる。 マイロとカッシアは郊外まで脱出するが、溶岩流に追い付かれてしまう。 馬が速く走れるようにマイロは自分だけ降りてカッシアだけ逃がそうと考えるが、彼女はそれを拒み、マイロと口づけをしたまま共に溶岩流に飲まれていく。 マイロ - () ローマ人に一族を滅ぼされたケルト人騎馬族の生き残り。 奴隷となりグラディエーターとして成長した。 カッシア - () ポンペイの有力者の娘。 アウレリア - () カッシアの母。 アティカス - () 被征服民族の出身。 マイロの友人。 アリアドネ - () () カッシアの侍女。 セヴェルス - () カッシアの父。 コルヴス - () ローマの上院議員。 製作 [ ] 本作は2013年3月から7月にかけてので撮影された。 評価 [ ] 本作は批評家から否定的な評価を下された。 映画批評集積サイトには143件のレビューがあり、批評家支持率は29%、平均点は10点満点で4. 4点となっている。 出典 [ ]• 2014年6月9日閲覧。 「」2015年3月下旬号 73頁• 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2014年1月11日閲覧。 2013年7月30日時点のよりアーカイブ。 2014年1月11日閲覧。 2014年3月20日閲覧。 2014年3月20日閲覧。 2014年3月20日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の