ローション 代用。 アナニー【ローション】【ワセリン】どちらが気持ちいいか検証してみた☆

ラブローションのおすすめ12選!種類や選び方&正しい使い方も紹介

ローション 代用

潤滑ゼリーをオリーブオイルで代用するのは危険? 潤滑ゼリーって何? 潤滑ゼリーとは、濡れない、セックスで痛みを感じるという女性の為に ゼリーで濡れるサポートをしてくれるものです。 具体的には、女性の膣内に直接ゼリーを注入することで、 自然に濡れやすくしたり、ゼリーが潤滑剤となり滑りを良くしてくれます。 なかなか濡れにくかったり、セックスで痛みがあると言う女性にとっては まさに救世主とも言うべきものです。 潤滑ゼリーはオリーブオイルで代用できる? 実はある日、旦那が潤滑ゼリーの代わりにオリーブオイルを使ってみる?と。 オリーブオイル、、 お肌には良さそうですが、これを直接膣に塗るのはどうなの?? 心配になったので、調べてみました。 オリーブオイルとは? そもそもオリーブオイルとは、食用油の一つで 名前のとおりオリーブの果実、種子から抽出した植物性の油です。 他の食用油は種子から油を抽出するのに対し、オリーブオイルは果実から油をとることができます。 そのため植物本来の風味や栄養素が損なわれず、 健康にとても良いとされています。 オリーブオイルの成分は? 主成分はオレイン酸という不飽和脂肪酸の一つです。 そのためオリーブオイルは酸化しにくく、固まりにくいのが特徴です。 オリーブオイルの効果は? オリーブオイルを食用とした場合、体内の悪玉コレステロールを減らし、 善玉コレステロールを増やす働きがあります。 またオリーブオイルは肌の保湿にはとても優れており、スキンケアの化粧品としても人気があります。 潤滑ゼリーはオリーブオイルで代用したらどうなる? 潤滑ゼリーをオリーブオイルで代用したら、、 とりあえず、布団やシーツがベタベタになります。 油なので、一度ついてしまうとなかなか取れません。 そして更に怖いのが、肌への影響。 確かにオリーブオイルは肌への保湿に関しては、とても優秀な素材と言えます。 しかしオリーブオイルを粘膜やデリケートな部分に使用することは、 危険、、とまではいかなくても、やはり肌がかぶれたり、 オリーブオイルが膣内に残ってしまう恐れもあるのでやめておいた方が良いでしょう。 オリーブオイルは、あくまで食用や肌の保湿目的のものです。 安いから、便利だからといった理由で安易に使用するのはやめましょう。 潤滑ゼリーならフーナーサポートがオススメ! 潤滑ゼリーって、何やらあやしげなものだったり、 買うのが恥ずかしかったり、なかなか使用するのにも戸惑ってしまいますよね。 そんなあなたにオススメなのが、です。 フーナーサポート潤滑ゼリーは、 精子が動きやすい環境を作ることで妊娠確率を上げてくれる潤滑ゼリーなんです。 しかもネットで購入するので、誰にもバレずに買うことができます(笑) 妊娠希望だけど、なかなか濡れなくて困っていた、、 すぐに乾いてしまって、セックスが痛い、、 そんな悩みを持つ多くの方に選ばれています。

次の

[mixi]手洗い評価用ローションの作り方を教えてく

ローション 代用

「ラブローション」とは? ラブローションとは、潤滑剤とも言われていて セックスにおいて挿入をスムーズにしてくれる効果があります。 基本的な使い方は、セックスの本番用です。 主に女性に向けに作られているものの方が多いのですが、やはり理由としては女性が受け入れる側であることが挙げられます。 女性の方がより痛みを感じやすいのが現実です。 しかし昨今ではさまざまな使い方や、ラブローションにも種類があり活用の仕方には違いがあります。 ラブローションと一言で言っても、コスパの良いものから香りがついているもの、飲んでしまっても問題ないものなど様々です。 ブランドや商品によってもと、特化している部分が違ったり、使用用途が異なるなど現代ではラブローションと言っても多様化してきています。 ラブローションの種類 一言にラブローションと言っても、昨今ではさまざまな種類が登場しており、特色が異なるのです。 ラブローションの種類について、まずは把握しておきましょう。 水に溶かして使用するもの• あらかじめ挿入しておくもの• 女性の局部に塗るもの• 食べても問題がないもの• 濃度がかなり高くなっており、そのまま使ってしまうとなかなか肌から取れなかったりもします。 水やぬるま湯等で、軽く薄めて使うことでコスパも良く、適度なぬめり気が丁度いいのです。 ラブホテルなどでたまに置いてあるものも、小さいですが濃度があり薄めて使用するラブローションがあったりもしますね。 これは女性器に入れるタイプのラブローションなので、主に女性の悩みに特化しています。 もともと濡れにくい体質だったり、セックスへの極度な緊張感により濡れない、などの悩みを解消するために作られました。 あらかじめ入れておくので、自然とセックスが可能です。 またセックスへの女性の不安が解消されることもありますし、成分も女性の体に寄り添ったものとなっているので、安心安全なラブローションですね。 オーソドックスなラブローションは主にこちらになるでしょう。 適量を手に取り、女性が痛みを感じないように女性の局部に塗るのが一般的です。 場合によって、男性のペニスに塗り挿入時の痛みを軽減させることまります。 セックスの時、粘膜の触れ合いによって生じる摩擦を少しでも軽減させるのが目的ですね。 どうしても女性の方が痛みを感じやすいので、ローションは女性に塗る方が多いです。 あまり聞きなれないラブローションかもしれませんね。 昨今では女性向けに作られたラブグッズが多数登場してきています。 これにより、ローションの種類も増えているのです。 プレイの一環として、ラブローションを使用するのは珍しいことではありません。 しかし、口に入れたり飲み込んでしまう心配などがあります。 そんなときのために開発されたのが食べられるラブローションで、甘い味がしており体には全く害のない成分で作られているのです。 苦手な女性も多いフェラチオの際にも、楽しめるとして話題となりました。 恋人一緒に入るお風呂はとても楽しい時間ですよね。 そんなお風呂に直接入れるタイプのローションがあるのです。 決められた量を、湯を張ったお湯に入れて一緒に温まりながら楽しめます。 通常のラブローションに比べると、ローションの濃度は薄めですが、一緒にお風呂につかりながら楽しむタイプですので十分ですよ。 ラブローションを使うメリット セックスの時に使用するラブローションですが、どのような メリットがラブローションにはあるのでしょうか。 挿入時の痛み軽減• ぬるぬる感で興奮度アップ• 何度か述べているように、セックスにおいて女性は痛みを伴う場合があります。 やはりどうしても、受け入れる側ですので摩擦などで痛みを感じやすいのです。 ラブローションを使用すれば、たとえ潤いが足りなかったとしても円滑に挿入できるでしょう。 塗れにくいと悩んでいる女性にとっても助かるアイテムです。 女性によって痛みの程度は様々ですので、ラブローションを活用することで痛みを気にしないでいられますよね。 ラブローションを使用した場合、通常のセックスでは味わえないような感覚が得られます。 塗れにくい人のためでもありますが、興奮度が上がったりぬるぬる感でお互いにセックスに熱中出来るようになるでしょう。 いつもと同じセックスばかりで、マンネリしてしまう前に一度活用してみるのもいいですね。 上記でも触れましたように、ラブローションによっていつもとは違った興奮度が得られます。 またローションの種類によっては、お風呂で使ったり食べられるものがあったりと楽しみ方も広がります。 いつもよりも密着とが増したり、オーラルセックスが楽しくなるなどのメリットが得られるでしょう。 ラブローションの選び方 ラブローションの種類や、メリットについて捉えられたら種類が豊富な ラブローションの選び方についてもご紹介いたします。 悩みで選ぶ• 試したいことで選ぶ• 楽しめることは大事ですが、何よりもセックスで痛みを感じないのが好ましいでしょう。 もしも痛みを感じていて、セックスを心から楽しめていないのであれば、無理する必要はありません。 最悪の場合、出血してしまうことだって考えられます。 塗れていても痛みを感じる、もともと濡れにくいなどの悩みに合わせてラブローションを選びましょう。 女性の体に寄り添って作られた潤滑ゼリーなどを検討してください。 一緒にお風呂に入る、適度なローションで触れ合いたいなど、ラブローションを使って何がしたいのかを考えましょう。 ただ漠然と、ラブローションを使いたいと考えるよりもラブローションによって何がしたいのかを考えた方が、よりセックスが楽しめます。 こちらも欠かせない要素ですよね。 直接粘膜に触れても問題ないものなのかどうか、万が一のみ込んでしまっても大丈夫なのか、をしっかりと把握しておきましょう。 楽しいセックスも思わぬトラブルがあったら嫌ですよね。 まらオーラルセックスなどによって、口に含む場合もあるでしょう。 万が一口にしても大丈夫かどうか、も重要となります。 ラブローションの使い方 ラブローションについてここまで詳しく見てきましたから、続いては ラブローションの使い方にも触れていきます。 なかなか容器から出てこなかったり、粘り気が強い場合は薄めて使いましょう。 またラブローションを薄める場合は、ぬるま湯で薄めた方が「冷たい!」と感じないのでおすすめです。 誤って多めに出してしまうと、後処理が面倒なのです。 またきちんとふき取り切れずに、乾いてしまって手がべたつくなどのトラブルにもなりかねません。 あまりも多く出してしまうと、ベッドを汚したり余計な場所に付着することもあります。 ラブローションの代わりになるもの ラブローションが切れていた、などの理由で今手元にない!と言った場合もあるでしょう。 ラブローションの代わりになるものをご紹介いたします。 ベビーオイル• オリーブオイル• ベビーオイルであれば、肌に優しく作られています。 そのためデリケートな部分に触れてしまっても、刺激が殆どないと言えるでしょう。 ラブローションの代わりにもってこいですし、美容オイルなどでも代用できますよ。 食品系ではありますが、肌に優しくラブローションの代わりになります。 ラブローションの独特なぬめりを再現できるとして、よく使われているものなのです。 そのまま食べてしまっても、特に害もありませんね。 ある程度暖めて使用することで、独特のぬめりが出てきます。 片栗粉でラブローションを自作する人もいますから、メジャーな代用品でもありますよ。 どこのご家庭にも置かれている調味料ですから、簡単に作れますね。

次の

アナニー【ローション】【ワセリン】どちらが気持ちいいか検証してみた☆

ローション 代用

「ラブローション」とは? ラブローションとは、潤滑剤とも言われていて セックスにおいて挿入をスムーズにしてくれる効果があります。 基本的な使い方は、セックスの本番用です。 主に女性に向けに作られているものの方が多いのですが、やはり理由としては女性が受け入れる側であることが挙げられます。 女性の方がより痛みを感じやすいのが現実です。 しかし昨今ではさまざまな使い方や、ラブローションにも種類があり活用の仕方には違いがあります。 ラブローションと一言で言っても、コスパの良いものから香りがついているもの、飲んでしまっても問題ないものなど様々です。 ブランドや商品によってもと、特化している部分が違ったり、使用用途が異なるなど現代ではラブローションと言っても多様化してきています。 ラブローションの種類 一言にラブローションと言っても、昨今ではさまざまな種類が登場しており、特色が異なるのです。 ラブローションの種類について、まずは把握しておきましょう。 水に溶かして使用するもの• あらかじめ挿入しておくもの• 女性の局部に塗るもの• 食べても問題がないもの• 濃度がかなり高くなっており、そのまま使ってしまうとなかなか肌から取れなかったりもします。 水やぬるま湯等で、軽く薄めて使うことでコスパも良く、適度なぬめり気が丁度いいのです。 ラブホテルなどでたまに置いてあるものも、小さいですが濃度があり薄めて使用するラブローションがあったりもしますね。 これは女性器に入れるタイプのラブローションなので、主に女性の悩みに特化しています。 もともと濡れにくい体質だったり、セックスへの極度な緊張感により濡れない、などの悩みを解消するために作られました。 あらかじめ入れておくので、自然とセックスが可能です。 またセックスへの女性の不安が解消されることもありますし、成分も女性の体に寄り添ったものとなっているので、安心安全なラブローションですね。 オーソドックスなラブローションは主にこちらになるでしょう。 適量を手に取り、女性が痛みを感じないように女性の局部に塗るのが一般的です。 場合によって、男性のペニスに塗り挿入時の痛みを軽減させることまります。 セックスの時、粘膜の触れ合いによって生じる摩擦を少しでも軽減させるのが目的ですね。 どうしても女性の方が痛みを感じやすいので、ローションは女性に塗る方が多いです。 あまり聞きなれないラブローションかもしれませんね。 昨今では女性向けに作られたラブグッズが多数登場してきています。 これにより、ローションの種類も増えているのです。 プレイの一環として、ラブローションを使用するのは珍しいことではありません。 しかし、口に入れたり飲み込んでしまう心配などがあります。 そんなときのために開発されたのが食べられるラブローションで、甘い味がしており体には全く害のない成分で作られているのです。 苦手な女性も多いフェラチオの際にも、楽しめるとして話題となりました。 恋人一緒に入るお風呂はとても楽しい時間ですよね。 そんなお風呂に直接入れるタイプのローションがあるのです。 決められた量を、湯を張ったお湯に入れて一緒に温まりながら楽しめます。 通常のラブローションに比べると、ローションの濃度は薄めですが、一緒にお風呂につかりながら楽しむタイプですので十分ですよ。 ラブローションを使うメリット セックスの時に使用するラブローションですが、どのような メリットがラブローションにはあるのでしょうか。 挿入時の痛み軽減• ぬるぬる感で興奮度アップ• 何度か述べているように、セックスにおいて女性は痛みを伴う場合があります。 やはりどうしても、受け入れる側ですので摩擦などで痛みを感じやすいのです。 ラブローションを使用すれば、たとえ潤いが足りなかったとしても円滑に挿入できるでしょう。 塗れにくいと悩んでいる女性にとっても助かるアイテムです。 女性によって痛みの程度は様々ですので、ラブローションを活用することで痛みを気にしないでいられますよね。 ラブローションを使用した場合、通常のセックスでは味わえないような感覚が得られます。 塗れにくい人のためでもありますが、興奮度が上がったりぬるぬる感でお互いにセックスに熱中出来るようになるでしょう。 いつもと同じセックスばかりで、マンネリしてしまう前に一度活用してみるのもいいですね。 上記でも触れましたように、ラブローションによっていつもとは違った興奮度が得られます。 またローションの種類によっては、お風呂で使ったり食べられるものがあったりと楽しみ方も広がります。 いつもよりも密着とが増したり、オーラルセックスが楽しくなるなどのメリットが得られるでしょう。 ラブローションの選び方 ラブローションの種類や、メリットについて捉えられたら種類が豊富な ラブローションの選び方についてもご紹介いたします。 悩みで選ぶ• 試したいことで選ぶ• 楽しめることは大事ですが、何よりもセックスで痛みを感じないのが好ましいでしょう。 もしも痛みを感じていて、セックスを心から楽しめていないのであれば、無理する必要はありません。 最悪の場合、出血してしまうことだって考えられます。 塗れていても痛みを感じる、もともと濡れにくいなどの悩みに合わせてラブローションを選びましょう。 女性の体に寄り添って作られた潤滑ゼリーなどを検討してください。 一緒にお風呂に入る、適度なローションで触れ合いたいなど、ラブローションを使って何がしたいのかを考えましょう。 ただ漠然と、ラブローションを使いたいと考えるよりもラブローションによって何がしたいのかを考えた方が、よりセックスが楽しめます。 こちらも欠かせない要素ですよね。 直接粘膜に触れても問題ないものなのかどうか、万が一のみ込んでしまっても大丈夫なのか、をしっかりと把握しておきましょう。 楽しいセックスも思わぬトラブルがあったら嫌ですよね。 まらオーラルセックスなどによって、口に含む場合もあるでしょう。 万が一口にしても大丈夫かどうか、も重要となります。 ラブローションの使い方 ラブローションについてここまで詳しく見てきましたから、続いては ラブローションの使い方にも触れていきます。 なかなか容器から出てこなかったり、粘り気が強い場合は薄めて使いましょう。 またラブローションを薄める場合は、ぬるま湯で薄めた方が「冷たい!」と感じないのでおすすめです。 誤って多めに出してしまうと、後処理が面倒なのです。 またきちんとふき取り切れずに、乾いてしまって手がべたつくなどのトラブルにもなりかねません。 あまりも多く出してしまうと、ベッドを汚したり余計な場所に付着することもあります。 ラブローションの代わりになるもの ラブローションが切れていた、などの理由で今手元にない!と言った場合もあるでしょう。 ラブローションの代わりになるものをご紹介いたします。 ベビーオイル• オリーブオイル• ベビーオイルであれば、肌に優しく作られています。 そのためデリケートな部分に触れてしまっても、刺激が殆どないと言えるでしょう。 ラブローションの代わりにもってこいですし、美容オイルなどでも代用できますよ。 食品系ではありますが、肌に優しくラブローションの代わりになります。 ラブローションの独特なぬめりを再現できるとして、よく使われているものなのです。 そのまま食べてしまっても、特に害もありませんね。 ある程度暖めて使用することで、独特のぬめりが出てきます。 片栗粉でラブローションを自作する人もいますから、メジャーな代用品でもありますよ。 どこのご家庭にも置かれている調味料ですから、簡単に作れますね。

次の