レスポンデント 条件 づけ。 レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ

古典的条件づけとオペラント条件づけ、違いを説明できますか?

レスポンデント 条件 づけ

気になるところから読む• 古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)とは? パブロフが行った実験では、犬にメトロノームを聞かせた後に餌を出すことを繰り返しました。 次第に、犬は、餌が出なくてもメトロノームの音を聞いただけで唾液を出すようになります。 「犬が、餌を見ると唾液を出す」のように、ある刺激に対する反射として起こる反応が、連合した別の刺激(メトロノームの音)でも起きるようになる学習のことを古典的条件づけと呼びます。 古典的条件づけの日常例・具体例 古典的条件づけは、日常生活の中でもよく起こっています。 例えば、レモンや梅干しを見ると、唾液がでることはないですか? 実際に食べていなくても、酸っぱいものを見るだけで、唾液が分泌してしまう。 これは、古典的条件づけの一種です。 レモンや梅干しを食べると、反射として唾液が出ます。 それを繰り返していると、レモンや梅干しの形と唾液の分泌という反応が連合して、見るだけで唾液が出るように条件づけられてしまうのです。 パブロフの犬の実験• ワトソンのアルバート坊やの実験 などが有名です。 パブロフの条件反射理論 ロシアの生理学者パブロフは、犬に 「メトロノームの音を鳴らした後、餌を与える」ということを繰り返すと、犬はメトロノームの音を聞いただけで唾液を出すようになるということを発見しました。 これを古典的条件付け、またはレスポンデント条件づけと言います。 もともと、条件づけをしなくても、犬は餌を見ると無条件に唾液を出します。 この場合、「 餌」のような刺激のことを 無条件刺激(US)といい、「 唾液が出る」というような無条件刺激に対する反応のことを 無条件反応(UR)といいます。 パブロフの実験では、餌とは関係のない中性刺激(メトロノームを鳴らすこと)を、犬に餌を出す前に繰り返しました。 そこで、 「メトロノームを鳴らす」という 中性刺激(NS)が、餌を予告するサインとなり、 条件刺激(CS)となったのです。 古典的条件づけが形成しても、餌をあたえずに条件刺激(メトロノームを鳴らすこと)だけを繰り返し続けると、犬はやがて唾液を出さなくなります。 この現象を『 消去』と呼びます。 実験神経症 条件刺激と似た刺激を用いて弁別の訓練をした結果、動物は、拒絶反応や常同行動などを示すようになります。 これを 実験神経症と呼びます。 ワトソンの恐怖症の実験例 ワトソン(Watson, J. )は、生後11ヶ月のアルバート坊やにネズミを見せ、背後で大きな音を出して驚かすという条件づけを繰り返しました。 その後、アルバート坊やは、 ネズミを見るだけで強い恐怖反応を示すようになりました。 古典的条件づけがベースの行動的技法 古典的条件づけがベースになっている行動的技法には、以下のようなものがあります。 エクスポージャー法• 系統的脱感作• フラッディング• 曝露反応妨害法• 条件性制止療法• 嫌悪療法 エクスポージャー法 不安が呼び起こされる刺激にそのままさらすことを指します。 系統的脱感作や フラッディングなどがあります。 エクスポージャー法では、不安が呼び起こされる刺激の弱いものから段階的にさらしていきますが、フラッディングは、刺激が最大のものにさらすことを指します。 系統的脱感作 不安や緊張が高まる場面で、筋弛緩などの不安に拮抗する体験を行い、不安を和らげていく方法です。 不安階層表を用いて、段階的に不安の強度をあげていき、最終的には最も不安が高まる場面でも、不安を和らげることができるということを体験します。 フラッディング 最大の不安や緊張が呼び起こされる刺激に直接さらす方法です。 フラッディングでは、 筋弛緩などのリラクセーションを行わずに、不快な状態にさらされることになります。 曝露反応妨害法 不安や緊張が高まる場面で、通常してしまう反応(たとえば回避行動など)をしないようにする方法です。 不快感や身体反応が生じても、一定の時間が経過すれば、それが鎮静することを学習します。 条件性制止療法 不適応反応を複数回繰り返すことと休憩を繰り返し行います。 複数回繰り返すことで、不適応反応の出現率は減少します(反応性抑制)。 反応性抑制と休憩が結びつくことによって、休憩時に不適応反応が生じなくなります。 嫌悪療法 不適応反応が生じるときに、嫌悪刺激を呈示することで、不適応行動の出現率が低下することを示します。 さいごに 古典的条件づけの理論は、行動療法の基礎ともなっているため、しっかりと頭に入れておきましょう。

次の

古典的条件づけ

レスポンデント 条件 づけ

広告 今回は心理学 【レスポンデント条件づけ】について説明をしたいと思います。 行動主義の ワトソン(Watson,J)が注目していたのが パブロフが(Pavlov,I. P)の レスポンデント条件づけです。 レスポンデント条件づけ 古典的条件づけとも言われます。 パブロフは「パブロフの犬」と言われる実験を行いました。 この実験では、犬に餌を与えるとヨダレが発生しますが、犬にベルの音を聞かせたあとに餌を与えるということを繰り返すことで、 犬が音を聞いただけでヨダレを垂らすようになることを発見しました。 このことから条件づけが可能ということがわかりました。 この条件づけは 無条件刺激・無条件反応・条件刺激・条件反応から説明することができます。 餌に対しては条件づけなくして、ヨダレが出ますので、以下のような関係となります。 般化・分化・消去の用語説明 レスポンデント条件づけに関連する用語を以下に説明します。 般化とは、条件刺激 ベルの音)に 類似した刺激(電話の音)に対しても、 条件反応(ヨダレ)を起こすことを指します。 分化とは、条件刺激と般化の刺激を区別し、 正しい条件刺激にのみ条件反応を起こすようになることを指します。 これは正しい条件刺激(ベルの音)の時のみ、無条件刺激(餌)を呈示し、 類似した刺激(電話の音)の時は、無条件刺激を呈示しないことを繰り返すことで、次第に類似した刺激には、条件反応を起こさなくなってきます。 消去とは、 条件づけが成立したもの(ベルの音でヨダレが出る)を取り消すことを指します。 分化の手続きと同じよう、条件刺激(ベルの音)に対しても、無条件刺激(餌)を呈示しないことを繰り返すことで、条件刺激の消去が可能となります。

次の

レスポンデント条件づけ・古典的条件づけ

レスポンデント 条件 づけ

Illustration by フランケンシュタインというと怪物と思われがちだけど実は博士の方、というのと似たような感じで、パブロフというとどこか犬とかヨダレのイメージがあった。 ところが実際はすごく有能な博士でノーベル賞も受賞してたりする。 研究自体も奥が深く、ヨダレ犬とはだいぶギャップがあるのだった。 そして彼の理論などをもとに後に発展した行動分析は、実用としても「人間の見方」としてもいろいろなことを教えてくれる。 レスポンデント(古典的)条件づけ たとえば犬にメトロノームの音を聞かせてから餌を出す、というのを繰り返すと、犬はそのうちメトロノームの音を聞くだけで唾液を出すようになる。 メトロノームの音と餌が、犬の中で結びつけられる(学習される)のだ。 餌は好ましい刺激だけど、逆に不快なもの、たとえばメトロノームの音を聞かせた後に大きな不快音を聞かせるというのを繰り返すと、その犬はメトロノームだけでも嫌がるようになる。 恐怖条件づけ ジョン・ワトソンらが乳児のアルバートに恐怖条件づけをした実験がある。 アルバートに白ネズミを見せ、背後で鉄棒をハンマーで激しく叩いて大きな音を出す、という手続きを繰り返したのだ。 アルバートはやがて白ネズミを見ただけで怖がるようになり、のみならず白ネズミに似たもの、ウサギ、毛皮のコート、脱脂綿まで怖がるようになった。 (実験とはいえひどい話だ) レスポンデント条件づけの日常例 日常的なものでいうと、レモンを見るだけで唾液が出るのもこれらと同じだ。 レモンの「見た目」がすっぱいわけではないのに、レモンを見ただけで、あるいは写真を見ただけで、ことによるとレモンという言葉を聞いただけで生唾が出てくる。 レモンを食べたことがない人は、レモンを見ても唾液は出ない。 レスポンデント条件づけの新しい研究 ここまでは「刺激(メトロノーム)」と「反応(唾液)」の学習だけど、新しい研究によるとそれはレスポンデント条件づけの一部にすぎなくて、他にも「刺激」と「刺激」の学習などもあるということがわかってきた。 たとえば鈴をつけた猫を続けて何度か見ると、鈴の音を聞いたら猫を思い浮かべたりするというような。 そういったことも考えると、レスポンデント条件づけとは、 「2つの刺激を時間的に前後させて提示する手続き」 (『行動の基礎』 小野浩一著) ということになる。 マーケティングの手法で、CMに好感度の高いタレントが出てくるのは、タレントのイメージを商品やブランドにつなげるためというのがあるが、そういったものもレスポンデント条件づけの例といえるだろう。 だから、パブロフといったら犬やヨダレ、と連想してしまうのもある意味しょうがないのだ。 仄めかし ニュートラルなものに好感度のあるイメージを帯びさせる(つなげる)、という活用が多いレスポンデント条件づけだが、ここでも逆に、ニュートラルなものに不快なイメージを帯びさせる、という悪用の余地がある。 普通の人(条件づけされていない人)にとってはなんら害のないニュートラルなものを用いて、特定の人にこっそりと不快なものを見せても(聞かせても)誰にも気付かれないということが可能となってしまうのだ。 この点については社会としても、十分に対策を考えていかなければならないだろう。 オペラント条件づけ:シェイピング(行動の形成) 水族館のイルカのショーや、ペットのしつけなどでよく知られるのがこちらのオペラント条件づけ。 ソーンダイクやスキナーらが創始し、教育や福祉他いろいろな分野でも活用されている。 イルカは自然の状態ではいろいろなジャンプをする。 その中で一番トレーナーにとって望ましいジャンプをした時に餌などのご褒美をあげると、そのジャンプの頻度が増える。 これをシェイピング(行動の形成)といって、この繰り返しでああいった驚くべきショーの芸当を学習するのだ。 行動随伴性:行動に伴う環境の変化 ある生体が何かの行動をすると環境が変わる(環境は生体の外の時も、内側の時もある)。 その変化が生体にとって好ましい変化(食べ物・好意・快を得るなど)ならその行動は増え、そうでないなら減る。 行動した直後の環境・状況の変化よって、その行動の頻度が変わる。 ということは、行動の後に原因がある、といえる。 普通に考えると、何かをしようと思ってからその行動を起こすというふうに、原因は行動の前にあると思われがちだけど。 こんな例がある。 ある精神病棟の患者が、ナースステーションに用も無いのに頻繁に入ってくるという問題行動があった。 看護師が用事を聞いても患者は答えない。 仕方がないからなんとか説得して病室まで連れて行く。 やめるように言い聞かせるのだけど、やはり来てしまう。 オペラント行動の視点で分析してみると、その患者はナースステーションに行くと看護師たちに反応され、注目され、話しかけられ、病室まで付き添ってくれる「から」ナースステーションに行っていたのだ。 そこで看護師たちが、その患者がナースステーションに来ても気にかけないで仕事を続けるようにしたところ、その行動は次第になくなっていった。 心は「周り」にもある? 暗い部屋で電気をつける(と明るくなる)、雨が降ってきたら傘をさす(と濡れない)、退屈すると騒ぐ(と楽しくなる)、叱られたら謝る(と怒りがおさまる)、話しかける(と反応してもらえる)などもオペラント行動である。 行動の直後に変化があって、それによってその行動が動機づけられている。 こう見ていくと、生体の行動は環境から導かれるということがいえる。 生体の内側にある心が原因になったり何かの行動を決めたりするのではなく、環境の側にそういうものがある、というようなアプローチなのだ。 もちろん精神分析でいう無意識等、内側から生じる行動もあるだろうけど、環境から生じる行動も少なくないと思える。 行動分析とアフォーダンス 行動分析とはまた全然違うけど「アフォーダンス」という分野があって、こちらも知覚者を取り囲むもの(環境)に心があるというような見方をしているのを思い出す。 こういったものに触れると、生きものや世界の見方が思いがけない方向に広がってびっくりする。

次の