ダメージ吸収無効。 【パズドラ攻略】闘技場3のヘラドラ対策!倒し方は?

【パズドラ】ダメージ無効無効スキルを持つキャラの一覧と効果|ゲームエイト

ダメージ吸収無効

闘技場4(運命の三針)の攻略ポイント ソロ攻略のための重要ポイントを「6つ」まとめました。 簡単な概要だけになりますが、まずはこちらのポイントをご確認ください。 先制ダメージ対策をする 先制ダメージで特に警戒すべきモンスターはB3の五右衛門(49272ダメージ)と、B23のディアラ(61849ダメージ)になります。 ディアラは終盤に出てくるので「軽減スキル」で対応できますが、五右衛門は序盤になるためご注意ください。 なるべくHPに倍率がかかるリーダー(緑ソニアフィオ,サンタカーリー等)や、軽減効果のあるリーダー(ディアブロス,リクウ,エドワード等)で臨みましょう。 ディアラの先制ダメージにも耐えれます。 コンボ吸収対策をする 運命の三針は闘技場シリーズの中で最も「コンボ吸収ギミック」が厄介なダンジョンです。 5倍)です。 闘技場4の攻略報告ではよく見かける人気リーダーです。 お市はとんでもない奴たま!自分はコンボできないくせに(3個以下で消せないリーダースキル)、敵として出たときは9コンボも求めてくるたまぁ~ 覚醒無効対策をする 運命の三針には覚醒無効状態を使う要注意モンスターが複数出現します。 詳しくは後述しますが、B5に出現する風魔小太郎(先制で3ターンの覚醒無効&リーダーフレンドを3ターンバインド)や、B15に出現するフォークロア(先制で3ターンの覚醒無効)などが危険です。 対策として覚醒無効状態を即時回復できるスキル(オデドラ,サクラなど)を必ず編成しておきましょう。 オススメはオデドラをサブに直入れすること。 オデドラのスキルは「最短9ターン」で使えるので、両方のモンスター(風魔小太郎&フォークロア)に対応できます。 遅延スキルを編成する 闘技場4では遅延スキルが重宝します。 そしてさらに、ボスの時女神シリーズでも使えるので腐ることがありません。 アシストでも構わないので遅延スキル持ちのモンスター(イデアル,オロチ,闇アテナ,クラピカ,リオレイア装備など)を編成しましょう。 高防御力対策をする 運命の三針では高防御力対策が必須です。 これまでの闘技場シリーズでお馴染みの防御力1000万モンスター(キングタン、ホノぷれドラ)に加えて、今回は創装の宝玉(防御力3000万)や、シルフ(防御力1500万)が出現します。 特にシルフが厄介です。 HPが462万あるので キングタンやホノぷれドラのように「殴り合い」では倒せません。 1500万以上の火力を出すか、ガードブレイク(5属性同時攻撃で敵の防御力を無視してダメージを与える覚醒スキル)を活用する必要があります。 ガードブレイクの方が楽だと感じるので個人的にはガードブレイクを推奨します。 もし火力で倒すなら「エンハンススキル」や「コンボ強化3個持ち(火属性のエンラだと相性が良い)」などが有効になります。 ガードブレイク持ちの人気モンスターは…ディアブロス、闇イデアル、闇カーリー、光闇シェリアスルーツなど! おすすめの無効貫通持ち 龍喚士シリーズはどれが出てもドラゴンタイプ持ちです。 そのため、潜在キラーにドラゴンキラーが付けれるモンスターを推奨します。 個人的には幽助、バレンタインネイ、光イルミナ、火イルミナ、ロビンフッドあたりがオススメ! その他ギミック対策をする その他にも様々なギミックが登場します(お邪魔,爆弾,超暗闇,雲,操作不可,ルーレット,操作時間減少など) 割合としてはお邪魔ギミックが多いのですが、ギミックの害悪度で言えば「 超暗闇,毒,操作時間減少」が厄介だと感じます。 このあたりの対策をしておくと良いでしょう。 毒耐性はB20のエルメシリーズ(先制で13個のドロップを毒に変化+ロック)と、B23のウォレス(殴り合い時に便利)に有効。 おすすめのアシスト候補 モンハンコラボガチャのナルガクルガをアシスト進化させた形態。 モンハンコラボガチャのリオレイアをアシスト進化させた形態。 エノク降臨で入手できるモンスター(アシスト可能)。 闘技場4/攻略ポイントのまとめ 長くなったのでまとめます。 ノーコン攻略の重要ポイントはこちら。 吸収無効スキルは必要なし 闘技場3では必須級だったダメージ吸収無効スキルですが、運命の三針ではなくても大丈夫です。 運命の三針ソロ攻略(立ち回り編) ここからは要注意モンスターについて! 敵の行動パターンを把握すれば勝率は大幅に上がります。 どのように立ち回ればよいのかを詳しく解説していきます。 風魔小太郎の倒し方(B5) 闘技場4から実装された新敵キャラ。 先制で「3ターンの覚醒無効+リーダーとフレンドをバインド」をしてくる厄介な敵です。 覚醒無効からのバインドなのでバインド耐性持ちでも防げません。 バインドが切れる直前に大ダメージがくるので耐久はできません。 対策法としては… オデドラやサクラなどの覚醒無効回復スキルを使うか、イデアルやオロチなどの遅延スキルを使うこと。 遅延スキルを使う場合は、状態異常無効を使われる前に使って下さい。 小太郎は序盤に出てくる敵の中では強敵です。 HPも5000万と高いので最初から全力で攻撃しましょう。 初回行動では「1ターン覚醒無効+10ターン悪魔バインド」が飛んできます。 パーティを悪魔タイプで染めてる場合、上記画像のように全員バインド状態にされて実質ゲームオーバーになります。 対策としては「 バインドの全回復スキル」が有効です。 オススメはオデドラをサブに編成すること。 オデドラなら悪魔バインドを受けないため問題なく回復できます。 バインド回復スキルを使わない場合「覚醒バッジ(リーダーバインド無効)」「覚醒スキル(バインド回復)」「悪魔タイプを編成しない」などの対策法があります。 ラファエルのダメージ無効スキルも通用しません。 最後は敵のHPに注意しながら慎重にダメージ調整を行いましょう。 落ちコンの影響もあるので若干運に左右されると思います。 ダメージ無効貫通持ちがいるなら、最後は正方形消しを含めて止めを刺したほうが安定します。 非常に死亡報告の多いフロアなので、必ず覚醒無効状態を回復してから進みましょう。 オデドラのスキルが使えるならここで使用します。 前フロアのルシャナで使ってしまった場合は「遅延スキル」を使って、覚醒無効が切れるまで耐久して下さい。 耐久は危険 フォークロアのHPは約1200万です。 落ちコンの影響でワンパンしてしまう恐れがあるため耐久はおすすめできません。 レーダー龍喚士の倒し方(B23) 終盤の難所です。 簡単に注意ポイントをまとめると「ディアラの先制ダメージ61,849に注意」「全員1000万以上のダメージ無効」「全員ミリ残しで発狂ダメージ」です。 全員の立ち回りを解説すると記事が長くなるので専門記事をアップしました。 レーダー龍喚士の詳しい立ち回りが知りたい方は以下をご参考下さい。 あわせて読みたい・ 時女神の倒し方(B24) ボスは時女神シリーズです。 「ウルド」「ヴェルダンディ」「スクルド」からランダムで1体出現します。 序盤は殴り合いをしてダメージ無効が切れるまで耐久すると良いでしょう。 序盤の攻撃は37,975ダメージ~45,900ダメージです。 ですので操作不可攻撃後はしっかりとダメージを与えましょう。 2ターンの余裕があるので焦らなくても大丈夫です。 オデドラのスキルが使えれば回復、なければリーダースキルの倍率で頑張って倒しましょう。 ダメージ量としては軽減スキルで耐えれる範囲なので、インドラなどの激減スキルがあれば使いましょう。 闘技場4(運命の三針)関連記事 今回の記事は以上になります。 お読み頂きありがとうございました! 闘技場4の関連記事もあげているので、興味があればこちらも是非チェックしてみて下さい。

次の

パズドラの

ダメージ吸収無効

約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 火属性限定で常時6倍の攻撃倍率がかかり、高速周回リーダーとして活躍。 ソティスなどのダメージ吸収上限が低い敵の対策に最適。 また、吸収無効化の効果が2ターン続くのもポイント。 ただ、発動時に回復力が半減するデメリットがあるのが注意。 ・超コンボ強化で火力枠として活躍 超コンボ強化の覚醒スキルを所持。 条件を満たすと攻撃力に5倍の倍率がかかるのでコンボパなどでアタッカーとして活躍。 総合的な評価 リーダーでは常時火属性の攻撃力に6倍がかかる点を活かして周回リーダーとして活躍させよう。 ただ、耐久性能は低いので軽減スキルなどでサポートすること。 サブではダメージ吸収対策に採用できる。 25倍の補正がかかるため、耐久に優れたチームを編成できる。 回復含めて出せるため、スキル相性がいいサブも豊富。 さらに属性指定なので初心者でも簡単にチームを組める。 効果が2ターン軽減するのでパズルミスなどで倍率が発動を失敗しても安心だ。 指定コンボ数を達成すれば、火力を高めることができるため、チームを選ばない火力要員として起用しよう。 ガードブレイクで高防御対策として機能するのも魅力的。 スキルブーストを多く積めないパーティーのスキブ補填要員におすすめ。 総合的な評価 リーダー、サブどちらでも活躍できる。 リーダーでは全パラ補正で耐久性能が高く、弱点であるバインド攻撃も超覚醒でカバー可能。 サブでは吸収無効対策や火力枠、高防御対策と幅広い場面で活躍できる。 バインドに弱いため、高難度ダンジョンに挑むことができない高火力リーダーのアシスト枠で活躍。 ・ダメージ吸収対策として活躍 スキル効果でダメージ吸収を無効化できるため、一々倍率を調整したり、コンボ数を調整する必要がなく、ダメージ吸収に対応可能。 風神などと違い持続ターンが2ターンと少し長いのもポイント。 ダメージ吸収無効化スキルもあり、ダメージ吸収対策としても起用できる。 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 好評発売中!.

次の

翠角の天鬼姫・風神

ダメージ吸収無効

パズドラのダメージ吸収って何がしたいんでしょうか?闘技場1も2も3もソティスが出るたびにうんざりします。 スフィンクスやメジェドラが出ると安心します。 しかもソティスの時だけ異常な頻度で落ちコンがきます。 ラードラで勝手に5色や6色組まれたり。 ミルで回復が十字で落ちてきたこともありましたしダルシで闇が大量に繋がって降ってきたこともあります。 目覚めなんて使ってません。 やり直しがきくパールやヴィシュヌに比べてタチが悪すぎると思います。 半分切るとダメージ減らされて10万をこえる攻撃。 ひどすぎます。 はっきりいってイルシックスよりもカーリーよりもヴィシュヌよりもマシンヘラとかマシンゼウスよりもソティスが怖いです。 しかも散々苦しめた後に吸収無効なんてスキルを出す始末。 確率は激低。 吸収でユーザーを長い間苦しめてヘイトを高めて風神を出して課金させると言う運営の作戦だったのでしょうか?そうとしか思えないのですがそうでないとしたらために吸収なんて出したんですか?ダメージ無効や根性ではダメだったのでしょうか。 まあ根性もカグツチの遅延とかジャスティスの発狂とかムカつきますけどオロチとかラファエルとかガネーシャとか防ぐ手段は比較的多めですし。 対策が僅かしかない吸収はホントに糞だと思います。 元々は対策モンスターを出す予定は無かっただろうと思いますが、そうなると火力馬鹿なタイプのリーダースキルにかなり価値がなくなってしまって(闘技場の安定周回ができないという事で)その対策として、風神等を出したのだろうと思っています。 基本的には吸収に対して上手くダメージを与えていくのが正攻法です。 ダメージ吸収の中でも、ソティスはある程度対策はしやすいはずです。 堕ルシとかミルなら特に。 対策方法も、威嚇スキル以外に、闇・光のダメージ無効や、ミルなら軽減で耐えられるので豊富です。 ミル・堕ルシはマシンゼウスにほぼ太刀打ちできないので、マシンゼウスの方が楽は無いかな~と笑。 サクヤあたりはソティスの対策無理ですけどね。 ラードラもかなりきついと思うので、周回はあきらめた方が良いかも。

次の