沖縄県 短大。 新卒採用情報:令和3年度社員募集要項(大学卒、短大卒、高専卒)

令和2年度合同就職説明会・面接会/沖縄県

沖縄県 短大

沖縄県から絞り込み• 石垣市 0• 浦添市 0• 糸満市 0• 豊見城市 0• うるま市 0• 南城市 0• 国頭郡大宜味村 0• 国頭郡今帰仁村 0• 国頭郡本部町 0• 国頭郡宜野座村 0• 国頭郡金武町 0• 国頭郡伊江村 0• 中頭郡読谷村 0• 中頭郡嘉手納町 0• 中頭郡北谷町 0• 中頭郡北中城村 0• 島尻郡南風原町 0• 島尻郡渡嘉敷村 0• 島尻郡座間味村 0• 島尻郡粟国村 0• 島尻郡渡名喜村 0• 島尻郡南大東村 0• 島尻郡北大東村 0• 島尻郡伊平屋村 0• 島尻郡伊是名村 0• 島尻郡久米島町 0• 島尻郡八重瀬町 0• 宮古郡多良間村 0• 八重山郡与那国町 0.

次の

沖縄県の大学・短期大学(短大)一覧(11校)【スタディサプリ 進路】

沖縄県 短大

どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今回は沖縄の就職人気ランキングについてです。 沖縄の求人誌「ルーキー」を発行している「ラジカル沖縄」から、 2018年に卒業予定者の就職希望ランキングが発表されました。 そこでその就職ランキングを元に、各企業の新卒者の初任給を調べて、過去にもランクインした実績のある企業はそのときの初任給も比較しております。 まあ結論から言いますと、沖縄の企業に関わらず初任給が上下する傾向が少ないので、あまり大きな変化は見受けられないといった印象です。 ではさっそく沖縄の2018年人気就職先ランキングを見ていきましょう。 ちなみに2019年の人気就職先のランキングも発表されていますので、合わせてコチラも参考にしてみて下さい。 2018年 沖縄の就職人気ランキングTOP20 *()の数字は前回のランキングです。 同率20位「オリックス・ビジネスセンター沖縄」 22 〒900-0006:沖縄県那覇市おもろまち1丁目1番地12 那覇新都心センタービル3階 TEL:098-951-1551 ・2018年の初月給 140,000円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 136,000円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 133,000円:高校卒 (2017年は初月給 データ不明) 「」:求人情報の詳細 同率20位「りゅうせき商事」 18 〒901-2122:沖縄県浦添市勢理客4-20-1 TEL:098-874-6000 ・2018年の初月給 160,400円:大学卒 (2017年は初月給 160,400円) ・2018年の初月給 144,100円:短大・専門卒 (2017年は初月給 144,100円) ・2018年の初月給 136,900円:高校卒 (2017年は初月給 136,900円) 「」:求人情報の詳細 同率18位「沖縄ツーリスト」 32 〒900-8602: 沖縄県那覇市松尾1丁目2番3号 TEL:098-862-1111 代表 <沖縄地区> ・2018年の初月給 180,500円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 164,500円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 150,500円:高校卒 (2017年は初月給 データ不明) <首都圏地区> ・2018年の初月給 191,500円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 178,500円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 167,500円:高校卒 (2017年は初月給 データ不明) <関西地区> ・2018年の初月給 188,500円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 168,500円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 158,500円:高校卒 (2017年は初月給 データ不明) <その他の地区> ・2018年の初月給 183,500円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 164,500円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 150,500円:高校卒 (2017年は初月給 データ不明) 「」:求人情報の詳細 同率18位「JAおきなわ」 7 〒900-0023:沖縄県沖縄県那覇市楚辺2丁目33番18号 TEL:098-831-5555 代表 ・2018年の初月給 163,000円:大学卒 (2017年は初月給 163,000円) ・2018年の初月給 139,440円:短大・専門卒 (2017年は初月給 139,440円) ・2018年の初月給 130,190円:高校卒 (2017年は初月給 130,190円) 「」:求人情報の詳細 同率16位「金秀グループ」 21 〒900-0029:沖縄県那覇市旭町112番地1 金秀ビル8階 TEL:098-868-6611 代表 ・2018年の初月給 190,000円:大学院卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 171,000円:大学卒 (2017年は初月給 データ不明) ・2018年の初月給 150,000円:短大・専門卒 (2017年は初月給 データ不明) 「」:求人情報の詳細 同率16位「コザ信用金庫」 20 〒904-0031 沖縄県沖縄市上地2-10-1 TEL 098-933-1137 ・2018年の初月給 166,000円(食事手当含む):大卒・大学院卒 (2017年は初月給 166,000円) ・2018年の初月給 146,200円(食事手当含む):短大・専門卒 (2017年は初月給 146,200円) 「」:求人情報の詳細 第15位「沖縄電力」 16 〒901-2602:沖縄県浦添市牧港五丁目2番1号 TEL:098-877-2341 ・2018年の初月給 197,000円:大学院・大学卒 (2017年は初月給 197,000円) ・2018年の初月給 172,000円:高専・短大・専門卒 (2017年は初月給 172,000円) 「」:求人情報の詳細 第14位「オリオンビール」 11 〒901-2551:沖縄県浦添市字城間1985番地の1 TEL:098-877-1133 ・2018年の初月給 173,300円:大学院・大学・高専(専攻科)卒以上 (2017年は初月給 173,300円) ・2018年の初月給 154,900円:短大・高専(本科)・専門学校以上 (2017年は初月給 154,900円) 「」:求人情報の詳細 第13位「日本郵政」 13 〒900-8797:那覇市東町26-29 TEL:098-865-2233 <総合職> ・2018年の初月給 218,900 ~ 245,170円:修士了 (2017年は初月給 217,300 ~ 243,380円) ・2018年の初月給 210,500 ~ 235,760円:大学卒 (2017年は初月給 208,400 ~ 233,410円) <一般職> ・2018年の初月給 158,200 ~ 186,680円:修士了 (2017年は初月給 158,200 ~ 186,680円) ・2018年の初月給 155,800 ~ 183,840円:大学卒 (2017年は初月給 154,000 ~ 181,720円) ・2018年の初月給 150,700 ~ 181,130円:短大・高専・専門卒 (2017年は初月給 148,200 ~ 178,890円) <地域基幹職・エリア基幹職・業務職・営業職> ・2018年の初月給 169,100 ~ 189,390円:修士了 (2017年は初月給 167,500 ~ 187,600円) ・2018年の初月給 164,200 ~ 183,900円:大学卒 (2017年は初月給 162,300 ~ 181,78円) ・2018年の初月給 158,900 ~ 180,880円:短大・高専・専門卒 (2017年は初月給 156,200 ~ 178,640円) 「」:求人情報の詳細 第12位「オキジム」 15 〒901-2134:沖縄県浦添市字港川458 TEL:098-878-7878 ・2018年の初月給 141,000~ 144,000円:大卒 (2017年は初月給 181,000~194,000円) ・2018年の初月給 125,000~ 128,000円:短大・専門卒 (2017年は初月給 165,000~178,000円) 「」:求人情報の詳細 第11位「光貴」 12 〒901-2221:沖縄県宜野湾市伊佐二丁目19番12号 TEL:098-870-2102(代) ・2018年の初月給 180,300円:ウェディングプランナー (2017年は初月給 180,300円) ・2018年の初月給 180,300円:店内販売スタッフ (2017年は初月給 180,300円) ・2018年の初月給 160,500円:経理事務、一般事務 (2017年は初月給 160,500円) 応募資格は、すべて短大・専門・大学を卒業または卒業見込みの方が対象です。 しかも上位5社が去年と全く変わらずという結果にもビックリです。 もっと分散した年もあったのにこの時代だからでしょうか、今の若者は超安定志向だからなのでしょうか。 2018年も沖縄の銀行3社は根強い人気! 沖縄には全部で3社の地元銀行があるのですが、いずれも根強い人気があることが今回のアンケート結果でも分かります。 2位「 沖縄銀行」、3位「 琉球銀行」、4位「 沖縄海邦銀行」、他にも同率16位「 コザ信用金庫」もランクインしています。 ランキングには出てきませんが、他にも公務員や基地での仕事も沖縄では根強い人気があります。 あとは給与の面でいいますと、 月給18万円以下の企業が大多数で、これで社会保険などを差し引くと 手取りは10万円ほどでしょう。 あくまでも初任給なので、30代、40代になることには、沖縄の一般企業の従業員より賞与も年収も高い方になります。 2018年のランキングで気がついたこと! 1位のサンエーは初任給が1万円UPしていること。 2017年と比較すると2018年は1万円上がっているんですよ。 もともと低かっただけに喜ばしいことです。 それでも18万円には満たない月給ですので、東京と比べてしまうとなんとも言えない気持ちになってしまいますが… たとえ低い年収であっても、沖縄では実家で生活する人が多く、少ない手取りでもなんとか生活はできるんです。 これで独り暮らしで車も所有していたら、とてもじゃないですが、生活費が足りないですし、結婚だってできません。 でも、ある統計では沖縄の企業は利益がしっかりとでている企業もあるそうで、それでも従業員の給与が増えていかないというのは疑問です。 ではでは。

次の

【2018年】沖縄の就職人気ランキング20社!新卒月給や募集要項の各社リンクまとめ!

沖縄県 短大

Contents• 専門学校が優勢 沖縄県の大学・短大・専門学校の状況を見ると、他県と異なり非常に専門学校が優勢です。 現在でも専門学校の入学者数は大学の入学者数と同程度の入学者がいます。 公立大学が徐々に多くなる 大学の国公私立別入学状況を見ると、公立大学が徐々に増加していることがわかります。 特に2010年に大きく増加していることがわかります。 これは名桜大学の公立化によるもので、その分私立大学が大きく減少しています。 2010年以降は国公私立大学ともに横ばい状態となっています。 大学地域別分析(沖縄県の大学はどの地域から入学するか) 九州地方が減少する国立大学 沖縄県の国立大学は琉球大学です。 沖縄返還の直後は地元の沖縄県のほかに九州地方から多く入学していました。 しかし、1990年代後半からその比率が下がり、現在は10%前後まで低下しています。 九州比率が上昇する公立大学 九州比率が低下している国立大学と対照的に、公立大学は名桜大学の公立化をきっかけに九州比率が上昇しています。 確かに公立化のインパクトは大きいですが、琉球大学には九州出身者が少なく、名桜大学には多くなるというのは不思議です。 ほぼ沖縄のみの私立大学 私立大学は国公立大学と異なり、ほぼ沖縄県からの入学者で占められています。 大学進学先分析(沖縄県の高校からはどの地域に進学するか) 関東地方・九州地方が増加する国立大学 沖縄県の高校からの国立大学の進学は、以前は沖縄県がほとんどでした。 しかし、近年は関東地方・九州地方の比率が徐々に上昇し、それぞれ10%程度が進学するようになっています。 それに伴って沖縄県への進学率は低下しています。 九州地方から沖縄県に変化した公立大学 公立大学への進学は名桜大学が設置される前後で大きく変化しました。 名桜大学設置後は沖縄県の比率が上昇して、九州地方の比率が低下しています。 入学者は九州地方の比率が上昇していることから公立大学の設置で他県から人が流入していることがわかります。 より遠い所へ進学する私立大学 私立大学への進学では、沖縄県と九州地方が減少し、その分近畿地方、東海地方などが少しずつ増加しています。 つまり沖縄県からの私立大学への進学はより遠くへ進学するようになっています。 高卒進学率は? 専門学校進学率が高い(総計) 沖縄県は専門学校入学者数が多いことを反映してか、専門学校進学率が高くなっています。 大学進学率も徐々にではありますが伸びており、専門学校もやや減少傾向にあります。 大学進学率が伸びる(女子) 女子は短大が減少し大学進学率が伸びる構図が続いています。 進学率が低下傾向にある(男子) 男子は順調に進学率が伸びてきましたが、ここ数年は低下傾向にあります。 その大きな要因は専門学校進学率の低下となっています。

次の