グラブ ル サテュロス。 グランブルーファンタジー(グラブル)攻略wiki

【グラブル】サテュロス(召喚石)の評価/最終解放後の性能検証【グランブルーファンタジー】

グラブ ル サテュロス

はじめに• 現時点で最終上限解放が実装されている武器の一覧は「」を参照。 リミテッドシリーズを除いては、そこまでの価値はない場合が多いです• グラブルでは武器の評価は相対価値で判断されます。 上位互換的な武器が出現すると評価は急落します。 (ダマスカス鋼の入手数が有限であり、理想編成に入らない武器に使うことは推奨されないため)。 また、以前は見向きもされなかった編成パターンが、たった一つの武器の出現で一躍注目されることもあります。 そのせいもあり、このページの文章は必ずしも常に正しいとは限らず、 一部は時代遅れになっている可能性があります。 ご注意ください。 種類について 「リミテッドシリーズ」 初めて取得した際に、リミテッドシリーズキャラを獲得できる武器。 レジェンドフェス、グランデフェス時にレジェンドガチャより排出される。 通常のサプライズチケットでも、リンクス交換チケットでも交換することは出来ないため、 確実に入手するには蒼光の御印での交換 天井9万円 に頼るしかなく貴重。 (レジェンドフェス・グランデフェス期間内にゲームを開始すれば、スタートダッシュガチャでの交換は可能) 貴重なだけあって、最終上限解放した際の能力は 理想編成に入り得る程。 入手が比較的困難であるため、ダマスカス鋼投入の最有力対象として検討してよい。 現在時点で最終上限解放が実装されていない物も、将来的に最終上限解放されて強力な武器となる可能性が高い。 決して処分せずに保管しておきたい。 2019年10月よりアイコン画に「Limited」の文字が付記され簡単に見分けがつくようになった。 「キャラ解放武器:恒常」 普段から排出される。 サプライズチケットでも交換可能。 理想編成に入るほど強い物は滅多にないが、純粋な強さ以外の面で役に立つ物もある。 「キャラ解放武器:期間限定」 特定の時期にだけガチャから排出されるため、比較的入手が困難。 2017年末からは最終上限解放が実装された状態で武器が実装されることがある。 また、既存の期間限定キャラ解放武器に新たに最終上限解放が実装された例もある。 攻刃IIIという破格の攻撃力アップに加えて、水の少ない手数を増やすことが出来る非常に強力な武器。 奥義追加効果はファランクスに合わせて100%カットできるためアルバハHLのような高難易度では有用。 また、剣聖で装備すると通常攻撃時追加ダメージ、非ダメージ時攻撃力アップ、剣神解放で火属性軽減、剣神共鳴で反骨と、 使いやすく非常に優秀な構成と言える。 2019年では環境がカツオ必殺剣豪、及び杖オメガパーティに移行しており、リミテッド武器ではブルースフィアの優先度が上がっている。 反面、ブルースフィアの必須数は2本でHLでの継戦能力を考えると依然としてヴァルナ運用ではミュルグレスも必須武器になっている。 凸るか迷う場合でも、より高難易度のボスを仮想敵とした場合にミュルグレスの本数が連撃率=奥義効率=ターン単位の火力として重要になってくるケースも存在する。 カツオ剣豪の必須パーツとしてカツウォヌスとヴァジラ、他にはウーノや水着グレアなど用意するものが限定を含めて多いため、自分の手持ちキャラと相談して凸る武器を決めよう。 2020年現在ではヴァルナ編成の入門がハイランダーや杖パへと少しずつ変わってきており、更にミュルグレスの優先度が落ちた。 カーオン杖やオメガ杖、エウロペで気軽に連撃が盛れるようになったため、現状はルシHL用のメイン1本があれば問題ない。 ダマスカス鋼はミュルグレスよりブルースフィアやフォリア弓、ガリレオサイトを優先した方がいい。 マグナ編成 攻刃値の高さと不足しがちな連撃率アップで、加護が乗らないマグナ編成でも火力を伸ばすことができる。 とはいえ無しの一般的な4凸マグナ編成と比べ、大きく火力が伸びるわけではない。 特にオメガ・無垢武器を編成していると、通常攻刃+連撃率アップが被るため効果を感じにくくなる。 マグナ武器集めを少しサボりつつ将来神石編成へ移行するための先行投資と考えるなら、1本くらいは作っておくのもいいかも知れない。 ヴァルナ編成 フィンブルが通常攻刃ではなく渾身なので、通常攻刃値の高いと相性がよく火力の伸びを感じやすい。 反面、2019年7月現在は必殺編成が流行しており、両面ヴァルナでも優先度はやや後ろ向きになりつつある。 特に杖オメガパーティが主流の一つになっており、両面ヴァルナでもテュロスワンド2本を採用するこちらではミュルグレスの優先度は低い。 最終十天衆二人をスタメンとして押し出す場合や、高難易度向けの両面ヴァルナ編成に力を入れるならダマスカスの使い道としては最優先になる、といったところ。 カツウォヌス編成 いわゆるカツオ剣豪でもキャラの不足などで奥義回転が悪い場合、あえてミュルグレスを組み込む選択肢が出てくる(奥義で回収しきれないゲージをTAで回収する狙い)。 しかし理想編成には入ってこず、とが揃うほど編成からは外れる。 現状の環境では、カツオ剣豪を目指す場合、装備とキャラが整うに連れて理想0本へと向かっていくことを留意。 攻撃力3600と破格の性能に加え、克己でDAとクリティカル率を引き上げてくれる武器。 火の攻刃銃は少ないこともあり、火の銃ジョブのメイン武器としてのスペックは十分。 ガンスリンガーの武器として見ても、バレットが6つ入る数少ない銃なのでお試し感覚で使える。 奥義効果は上限UPではないので最終上限解放をするような段階ではまず効果はない。 性質上、1本目は便利だが2本目を作る必要性は微妙か。 2020年現在ではベネディーア以上に入手が楽な火銃「夏ノ陽炎」が実装されており、 メイン銃として使用するためだけにダマスカス鋼を入れる必要性もなくなった。 ハイランダーでの技巧クリティカル編成を使用しない限り、ダマスカスはイクサバ優先でいい。 マグナ編成 メイン武器で使用する以外に特にメリットはない。 アグニス編成 エリクトニオスという手に入れやすく優秀な三手武器があるため基本的には入らない。 アルバハHLなどを想定して暴君を組み込みたくない場合には持っていれば採用の余地はある。 しかしエリクトニオスを装備してもHP確保手段は他にも多数ある。 アグニス編成にはイクサバやクリムゾンフィンガーなど強力な武器が複数あるため、2018年10月現在ではリミテッドシリーズとしてはダマスカス優先度は最低クラス。 2020年6月追記 旧プライマルシリーズ4凸実装によるエッケザックスの強化、悪滅の雷、絶拳などの技巧(大)相当の技巧武器の実装などの変化があった。 これにより、「技巧編成で」「サブ枠ならば」、空いた隙間を埋めるような活躍も出来る。 あとは仮想敵に応じてイクサバやクリムゾンフィンガーを投入すれば、攻刃と乗算される火力スキルと技巧を両立できる。 …とはいえ「積極的にダマスカスを入れるか?」という問いは恐らく「おすすめしない」。 技巧目的ならば同じ技巧量を持ち、小とはいえ背水を持つ「エッケザックス」が。 連撃目的ならば、上述の通り「エリクトニオス」が、それぞれ存在する。 ベネディーアを運用したい、ダマスカスを投入したいといった場合、明確に運用するヴィジョンを浮かべよう。 攻刃III+三手武器。 火力を維持しつつ連撃率を補強してくれる優秀な武器といえる。 ゼウス編成では連撃率を確保するための貴重な武器。 2020年現在では、ゼウス編成はサティフィケイトやエデンといった更に強力な武器が多数登場しているうえ、 連撃もリミテッドジャンヌやオメガ武器で補うのが主流になっているため編成順位は大きく下がった。 現在ではハイランダー編成でもしない限り、この武器にダマスカスを入れるのはお勧めできない。 マグナ編成 メイン武器として使用する以外に大きなメリットはない。 奥義でHPが回復するのでオート・フルオート時に便利だが、その目的なら五神杖でも回復力は同等。 04%と低めだが、貴重な連撃率ソース。 かつてはエデンの高い火力補正を三手でサポートしシナジーを高めていたが、 後に実装された聖布の槍がこの武器の上位スキルである三手大持ちの為、ガンバンテインを複数積む意味が全くなくなってしまった。 上記マグナ編成と同じく、現状ではメイン武器として使用する、もしくはハイランダー編成で組み込む以外にメリットがない。 無双は攻刃中と二手中の複合スキルで、攻刃IIIの22と無双中の14. 5で合わせて攻刃値が36. 5と非常に高い。 風属性はマグナ編成が強力だが、奥義効果が非常に優秀なのでメイン武器として採用される。 奥義効果の連撃率UPはDATA率35%アップと非常に高く、四天刃の完全上位互換となる。 2020年現在ではゼピュロス編成にはスカイエースや虚無ノ哭風、ウニウスといった優秀な武器が増えたため作製優先度が落ちた。 現環境では他のリミテッド武器を全て揃えてから、攻刃を補うために2本程度作ると便利という位置なのでダマスカス投入は後回しでいい。 マグナ編成 前述の通り四天刃の上位互換で攻刃値が倍以上と非常に高く、風四天刃から持ちかえると火力が1割以上と目に見えて伸びる。 しかしダメージ減衰があるので装備やキャラが揃ってくると防御力の高くない敵相手なら四天刃との差がほとんど無くなる。 サブとして見た場合、他の通常攻刃武器の本数や背水・バフの度合いで優先度は変わってくるが、 sl15で32のフツルスより攻刃値が高く種族縛りが無いので、火力面だけを見れば二手を無視してもフツルス以上ということは意識しておきたい。 ゼピュロス編成 ゼピュロス運用のハードルは高く、マグナ編成と渡り合う運用をするならばエタラブ3本は事実上必須といえる。 しかし、背水が強さの源となる風マグナ編成と、最大HPを高くできる点が特長であるゼピュロス編成とでは、性質が全く違うため単純比較はできない。 高HPが欲しい場合は、エタラブ1本からでもゼピュロス編成を試みる価値はあるかも知れない。 刹那は攻刃と技巧の複合スキル。 攻刃IIIと刹那 小 の合計は22. 0で計34. 技巧 小 はSLv15で2. 奥義の累積バフは消去不能で永続、主人公の奥義特化武器として非常に有用になった。 奥義効果は全体に吸収付与で、渾身編成と相性が良い。 しかし攻刃値の差は小さく、闇はヒューマン・星晶獣に強いキャラが偏ってるので入れ替える必要性は薄い。 フツルスと並べる選択肢もあるがマグナ武器以外にも・オールドコルタナ等強い武器があるため編成枠が厳しいだろう。 ハデス背水編成 完全な背水編成ではの性能が圧倒的であるため入らないが、高HP帯での火力を求める場合に1本以上組み込まれ、この場合の理想はブルトガング3本、グラーシーザー3本となる。 その他、HLでの長期戦を想定するほどブルトガングの優先度は高まる。 よって、グラーシーザーと比べての凸優先度は「グラーシーザーを4本以上既に並べているか」「を所持しているか」どうかで判断が分かれる。 グラーシーザーと逆転するラインは水着ゾーイ無しでは達成が困難であるため、水着ゾーイ無しの編成だとグラーシーザーではなくこちらが優先になる。 ブルトガングもグラーシーザーもどちらも数が揃っていない場合は、両方を均等に強化してバランス寄りにするか、グラシに特化して背水編成を作るかは好みが分かれるところ。 ダマスカスを使用するなら、闇属性パーティをどのように運用するかを考えて優先度を決めよう。 ハデス渾身編成 闇属性の渾身編成も構築難易度こそ高いが現実的になり、フォールンソードの穴埋めに活躍できるようになった。 とはいえフォールンソードが揃えば揃うほど渾身編成の理想からは外れていき、最終的にはメインで1本採用するのみになる。 メインで採用する場合、回復手段の乏しい闇属性では貴重な吸収の奥義効果が活躍する。 渾身に合致しており、スキルもW攻刃で隙のない選択肢。 この場合、メイン武器での連撃率補強は完全に捨てる形のため、ある程度パーティ構成が限られるのが難点か。 解放武器。 乱舞は攻刃とTA上昇を持った複合スキル。 以前は連撃を盛るために編成に4本、5本入っていたがティターン編成が少しずつハイランダー中心のものに変化していったため、 2020年現在ではハイランダー用に1本つくっておけば問題ない。 マグナ編成 レガリア武器の、が強く入れる枠が無いため不要。 マグナ武器4凸編成くらいなら入らなくも無いがダマスカスの使い道としてはコスパが悪い。 ティターン編成 ティターンの加護対象でTAが上がる現状 2018年1月末 唯一の武器であり、ステータスも高い事からできるなら複数並べたい武器である。 DAが上昇しないため、、やキャラアビリティ等の他の補助手段を考えたい。 背水や渾身の様に別枠で攻撃力上昇する要素が無い代わりに通常攻刃を稼げる武器のため、背水はソロモンドライブよりで補った方が良い。 闇のグラシとの関係と違い、スキル構成上で互いに追い出す関係にはならない。 たった一本入れるだけで目に見えて火力が向上するため、手持ちにあるならば育成を検討したい。 シュヴァ剣によりHP量と火力の両立が容易で、HP回復手段も豊富。 優れた初速火力を発揮しながら維持もしやすい。 光属性自体が一定のレベルに達すると火力の伸び悩みに苦しむため、ゼウス編成に移行する際はエデンが事実上の必須武器となる。 マグナ編成 当然ながらゼウス編成と比べると攻刃の伸びは控えめだが、それでもかなり強力。 シュヴァ剣を多く組み込むためHP割合が高くなり、渾身の維持が容易、またエデンは組み込むにしてもマグナでは一本が限界なので運用のハードル自体は低い。 ゼウス編成 ゼウス編成待望の加護対象かつスキルレベル15まで上げられる別枠スキル持ちの、極めて強力な武器である。 HPや他の武器次第ではあるが、二本のゼウス編成であれば完成したマグナ編成をおおよそ上回る。 最大HPの補強はマグナ編成同様にシュヴァ剣で調節できるため、リミテッドシリーズで装備画面を埋められるようでなければむしろHPの維持は容易である。 回復アビリティを使用することでゼウス編成と相性の良い属性バフを発動する黄龍刀とも高いシナジーがある。 また同じリミテッド武器の聖布の槍は、三手大スキルによりでは補強出来ない連撃部分を担当してくれる為、可能な限り一緒に編成したい。 解放武器。 スキル構成も加わり四天刃の完全上位互換。 マグナ編成 上記の通りメイン武器としてかなり優秀なため1本作っておく価値はある。 マグナ編成でも作ったほうがいいと断言できる数少ないリミテッド武器である。 ハデス編成 奥義効果に優れ、メイン武器として最高クラスの一品。 基本的には三手はおまけだが、ケル銃を採用しているなら微妙に足りない状態になるため上限との隙間を埋める事もできる。 理想編成ではグラーシーザーやブルトガングの方が武器構成として優秀なため、メインの1本のみが採用される事が多い。 属性バフは4ターン、渾身バフは3ターンと維持されるターンにずれがあるため注意が必要。 攻刃量は同属性リミ武器のエタラヴの方が上、かつエタラヴにはDA上昇があるため単純に火力だけで比較すると下位互換となってしまう。 そのため、組み込む際は神威によるHP確保で安定感を重視した場合となる。 ゼピュロス編成では最大HPと攻撃力を両立させる装備構成でマグナ編成と差別化を図りたいため、リユニオンは重要な武器となる。 マグナ編成• エタラブに比べると攻刃量は低いが、W攻刃としてバハ武器の代わりに編成に組み込める。 また神威によりある程度HPが確保できるため、フツルスを外した際のHP減少を抑えられる。 ゼピュロス編成• 無課金武器だけでは組むのが難しく、基本的にはゼピュロスはエタラヴとこのリユニオンを並べる事になる。 高HP高火力を維持したまま戦えるため安定感がシュヴァ剣染めの光属性のそれに連なり、またHP維持手段も豊富でHLなどでの安定感が増す。 解放武器。 実装と同時に最終解放が可能である(恒常や季節限定のキャラ解放武器に前例はあるが、リミテッド武器では初)。 スキルも通常攻刃II、DA率上昇 大 、守護 小 、技巧 小 と多彩に盛り込まれている。 DA率上昇部分は、二手 大 と同じ表記だが、二手 大 がslv. 15で7%であるのに対し、こちらは9%であり、若干効果量が高い。 (ただし技巧については同様、発動率には期待できない)• 奥義効果は、強化効果を1つ無効化に加えて、自身に刃鏡展開バフ 消去不可 を付与する。 奥義発動ターンを含めて4ターン持続の防御アップと、2、4ターン後(のターン終了時)に上限約72万のダメージアビリティが発動する。 オメガ武器によるアビリティダメージ上限アップや天使武器、召喚石ザ・ハングドマンなどがあればおよそ150万のダメージが追加される。 ダメージアビリティ発動部分のバフは、発動までの残りターン数が減少していく仕様上、毎ターン新しいバフに更新されているので、 奥義を続けて使っても、既にかかっているバフを上書きすることがない(2つ以上が共存する)。 場合によっては、ターン終了時にダメージアビリティが2回発動することもある。 マグナ編成 攻刃と守護の値としてはフツルスに劣る。 種族に縛られないことと、DA率上昇 大 、奥義効果をどう見るかと言ったところか。 ティターン編成 では賄えなかった、DA率を大幅に引き上げてくれる。 こちらは効果量が元から高いので、1〜2本の編成だけでも目に見えて連撃率が上がる。 また、パラシュや裁きの鳴雷などに頼っていた守護枠も兼ね備えられるため、非常に強力な武器である。 スキル構成としてはエデンの火属性バージョンといえる。 奥義効果もクリティカルUPに加えシヴァ同様に相手のゲージに依存しない「自身の攻撃大幅UP(1回)」を自身に付与と強力なダメージソースとなる。 メイン武器として持てるグローリー・剣豪ともに相性がいい。 グローリーは剣神解放で累積攻撃UP、剣神共鳴でアマブレ相当の防デバフ、通常攻撃に攻デバフ+追撃、リミアビで自身の連撃も確保でき回転率も良いと隙のない構成。 剣豪も自身の加速能力を高めるアビリティを持ち、イクサバの奥義効果を素早く回せ、2連奥義の2度目に自動で効果が乗り奥義ダメージを上乗せできる。 奥義効果によるダメージ加速を狙うべく、基本的には長期戦寄りの奥義メイン運用となる。 マグナ編成 使用ジョブのクセの強さはややネックになるが上記の通りメイン武器として優秀。 サブとしては攻刃に加えて別枠の渾身があるため実感できる程度には火力が伸びるが、 シヴァ剣でHPが盛れるとはいえ加護の乗らない渾身なので好みは分かれる。 アグニス編成 ゼウス編成におけるエデンと長所も短所もおおよそ同じ。 背水編成に比べ初速に優れ、数を揃えると下手な背水編成ならば寄せ付けない火力を得られる。 HPが減っても完全に渾身が消失するわけではないので渾身のみの編成でも有用。 クリフィン(エッケ)を2本程度組み込むことでどのHP帯でも安定した火力を得られる(ハイブリッド)。 解放武器。 通常必殺中の効果量はSL15で奥義ダメージUP9. 方陣必殺中と比べて基礎効果量が低いが、それぞれは独立した上限を持つため同時に装備することで必殺の効果を高めることができる。 攻刃で攻撃力を確保しながら更に奥義のダメージ効率を伸ばせるのが最大のメリット。 現在主流となっているカツオ編成での奥義パ、及び杖パで運用される事が多い。 それ以外にも通常の編成でも奥義ダメージの伸びがよくなりHLなど減衰に届きづらい敵に対して奥義の火力を高めてくれる。 2019年7月現在も通常必殺・方陣必殺を組み込み奥義に特化した鰹剣豪での運用が優れた初速を持ち猛威を振るっている。 また、杖得意キャラが充実し始めた事によりブルースフィア入りの杖オメガパーティも台頭し、こちらの場合も奥義火力の強化のために採用される。 渾身編成で構築されることの多い水属性で、奥義を使用するだけで最大4500回復できるのは恩恵が大きい。 セージ系ジョブならば自身の回復アビと組み合わせて圧倒的な回復量を得られ、渾身維持も高難度での安定感もある。 マグナ編成 マグナでも方陣必殺と別枠で加算されるため、必殺編成でが不足していれば入ってくる。 しかし片面ヴァルナに比べて元の効果量が低いブルースフィアの伸びは悪く、最終的には0本になる。 手持ちのテュロスビネット、ブルースフィアの数、将来的に環境変化までにヴァルナのカツオ剣豪に移行できるかなど、凸るかはケースバイケース。 カツオ編成 いわゆるをするならば片面神石の場合、3本で通常必殺込みの奥義上限に到達する。 ヴァルナ編成 両面ヴァルナの場合は2本で上限に達するため、3本以上組み込んでも必殺スキルの上限UP部分は無駄になる。 しかし仮想的により奥義火力を重視する場合は3本目も視野に。 杖パでは2019年7月直近ではテュロスワンド2本など方陣武器を多数採用する編成も主流の一つで、ブルースフィアは2本以上入れづらい。 解放武器• 闇属性の渾身武器。 エデン・イクサバ互換の超強力武器であり、従来はあり得なかった「ハデス渾身編成」を考慮に値する選択肢に押し上げた。 その火力はお墨付きであり、1本入れるだけで目に見えて初動火力が上がる。 グラシにあえて背を向けて、純粋な「ハデス渾身」を追求するのは茨の道だが、苦労と課金に見合う戦闘力をこの武器は保証してくれる。 マグナ編成 基本的には入らないが、理想編成に届かない場合は一本組み込むだけで火力補強になる。 しかし闇マグナでは組み込むべき武器は多く、最終的には外れることには注意。 ハデス編成 渾身編成の中核であり、武器染め必須でもある。 本数があればあるほど良く、最大で6本とハードルは非常に高いが背水編成には出来ない高HP維持での高火力が魅力。 逆にいえば水着ゾーイなどを利用した背水特化の戦闘では入る余地はない。 グラシと合わせてのハイブリッドも不可能ではないが、あえて意図的に選ぶほどの旨味はない。 併用するならW攻刃であるブルトガングの方が安定する。 とはいえ理想形ではないというだけで強いことは強いので、手持ちのリミ武器をバランス良く組み合わせるだけでもマグナを越えるレベルには到達できる。 解放武器• 2019年最新環境である必殺を搭載した光属性のリミテッド武器。 ブルースフィアの光版。 攻刃IIIに加えて必殺中を持ち、光パ神石編成の奥義ダメージを飛躍的に高めてくれる。 それだけに留まらず、奥義効果は味方の防御力UP+連続攻撃確率UPと四天刃の上位互換でメイン武器としても優れている。 難点は装備可能なジョブが限られているため、火力に反して戦術の幅は思ったよりも狭いこと。 マグナ編成 奥義効果が強力なため、対応したジョブが使用できるならメインで活躍する。 しかしマグナならゼノコロゥ剣等理想編成を崩さずにメインにできる武器が他にも存在する。 そういった意味で、あえてマグナ編成のためにこの武器を用意する必要性は薄い。 使いたいジョブに合致していれば当然理想のメイン武器の1本となる。 運用方法としてはメインが理想だが、古戦場中、ATなど奥義ダメージを更に伸ばす場合は黄龍槍にメインを譲る。 解放武器• Lv120で初期から付いているスキルである「奈落の必殺」が「奈落の英傑」に変化する。 Lv150で追加スキル「憎悪の恩寵」を習得する。 恩寵は、最大HP上昇と弱体耐性UPの複合スキル。 ライジングフォース追加、ニーアなどの奥義パ向けキャラの増加により、メイン・サブ共に実装時より需要は上昇。 マグナ編成 攻刃が無い事や加護効果が上がらない事、またマグナ編成には既にアビススパインという必殺枠の武器が有る事から よっぽど奥義に特化したいという状況でもない限りは、強力な奥義バフを目当てとしたメイン武器用となるだろう。 ハデス編成 貴重な必殺枠という事もあり1本はほぼ入ると言っても良い。 2本めは上限に当たる事や攻刃が無い関係上 奥義に超特化しない限り無理に入れる必要はない。 隙間を埋めるならアビススパインを入れる方法もある。 恩寵の方はやや地味だが、特定のボス相手の安定性を高めるために両面ハデスで利用する使い道はあり。 解放武器 Lv150で追加スキル「竜巻の恩寵」を習得する。 恩寵は、最大HP上昇と弱体耐性UPの複合スキル。 そのためスパルタのメイン武器としては有用。 マグナ編成 基本的には水マグナにおけるミュルグレスと同じ要領でメイン武器としての運用が中心となる。 攻刃がなく火力上げには貢献しないため、将来神石編成へ移行するための先行投資と考えたほうがいいかもしれない。 ゼピュロス編成 ゼピュロス待望の別枠がついた武器。 攻刃はついてないもののゼピュロス編成にはW攻刃が大量に用意されているため非常に相性がいい。 ウニウス編成の場合はこの武器2本があればマグナを上回れるといわれているため、風のリミ武器では一番ダマを入れる価値がある。 ゼピュロス編成を作成する場合は最低でも2本、ルシファーHLにいくなら3本は欲しい。 解放武器 Lv150で追加スキル「大地の渾身」を習得する。 基本的にはエデン系統の武器に準ずる性能であり、集めれば集めるほど初動から高HPで高火力を発揮できる。 確率は半分と信頼性はいまいちだが、発動すればターン単位の火力の増強だけでなく、クリュサオルなどで特殊な奥義コンボも可能。 ティターン編成 基本的には組み込めば組み込むほど火力が増す。 装備構成やキャラにもよるが、背水よりも安定感があり、かつトップメタキャラや石などに防御性能が高いものが揃っているため短期戦では維持も苦ではない。 反面、長期戦での持久力は貧弱な面があるため背水装備との割合は好みが分かれるところ。 圧倒的な本数を容易できれば当然初速から最大火力を狙っていける。 しかし土属性のリミ武器はどれも優秀であり、武器枠が圧迫されるためあまり本数は入れられず3本が主流。 ティターン・ハイランダー編成 十賢者カイムのサポアビを利用した編成。 他使用感はティターンと同一。 当然、ハイランダーの場合は1本のみ組み込める。 リミテッド武器を1本ずつ用意すればいいのが長所でもあり短所。 マグナ編成 渾身に加護がかからないため基本的にはいらないが、武器不足を埋めるには十分な火力。 解放武器 Lv150で追加スキル「霧氷の技巧」を習得する。 両面ヴァルナの場合3本で確定クリティカルが可能。 現在の水属性の流行にはそぐわないものの、こちらもかなりの火力が出せる。 奥義によって追撃効果を筆頭に優秀な効果を得られるためメイン用に一本持っておくのも悪くない。 マグナ編成 奥義効果が優秀なのでメイン武器として一本あっても損はない。 ヴァルナ編成 フィンブルと入れ替えることでHPに左右されない高い攻撃力と確定クリティカルが実現できる。 フィンブルの守護効果を失うことでHPを減らしたくなければ併用するという手もある。 いっそフィンブルと同時に並べてコスモスボウと合わせるというのも面白いかもしれない。 解放武器 Lv150で追加スキル「紅蓮の技巧」を習得する。 また、4凸時に奥義が「味方全体に追撃とTA率アップを付与」に変化。 奥義バフで通常攻撃の打点を、武器スキルで奥義火力を上げることが出来る。 …が、攻刃を持たないという点が最大の特徴にして欠点。 2020年6月現在は火属性は比較的多くの技巧武器があり(課金・無課金問わず)、 加護が乗るアグニスを用いた技巧編成において役割を持つ。 ただし、前述の通りライバルは多い為、4凸が1本あれば平時の運用では困らないと考えられる。 マグナ編成 上述の通り、奥義自体は非常に強力だが、攻刃が無いのがマグナにとっては非常に辛い。 運良く4凸出来た場合、ハウンドドッグや剣豪でメインに持つということも出来る。 ハウンドドッグならば銃得意でリミテッドラカムやエッセルなどを合わせた銃パを組むのも面白いかもしれない。 ただし、オメガ武器に頼る場合、火属性は槍パなどの強力なライバルが居る点は注意。 アグニス編成 必殺(大)によって奥義のダメージ・上限を同時に上げることが可能。 両面アグニスならば奥義ダメージは47%程度、奥義上限は25〜26%程度上昇。 硬い敵にも奥義で高い打点を出せる。 必殺スキルは「奥義にしか恩恵がない」ため、奥義が打てないターンは必然的に死にスキルとなる。 そのため、ある程度奥義を回せるような武器編成にすると良い。 幸い、無課金でも三手(大)を持つエリクトニオスがある。 但し暴君持ちで、HPが下がる点は注意。 必殺と技巧、クセの強い2つのスキルだが、両方とも(大)である点は非常に強力。 具体例として技巧(大)1、技巧(中)3で確定クリティカルとなる。 しかし、技巧スキルに枠を取られすぎると、渾身や背水、その他のスキルの枠が減ってしまう。 武器の枠は10枠しかないので、技巧の為に他の強力なスキルを減らすという本末転倒な事態にならないよう留意したい。 解放武器 Lv150で追加スキル「業火の神威」を習得する。 マグナ編成 メイン武器としては強いものの、加護が乗らない点が難点ではある。 他の火属性の楽器としては、ドラゴニックハープが無課金でも手に入るが、そちらとは異なり終末武器と併用ができる点は強み。 アグニス編成 メイン武器として優秀。 サブでも長期戦であれば1本は入る。 しかしながら、短期戦ではその性能を十分に発揮できないため、ダマを投入するのであればイクサバや絶拳等のほうが優先順位は高い。 メイン武器としての性能は悪くなく、奥義に付随するデバフで後続のダメージを上げることが出来る。 しかし、この武器を持っている=リミテッド版ラインハルザが居ることになる。 貴重な「オメガの器」を1つ使うことになるが、火属性オメガナックルを作成し、火属性格闘パーティーを作ることも検討できる。 総じて、マグナ編成であれば「無理に上限解放をする程ではない」といったところか。 単純な連撃武器として考えると、暴君(攻刃大+HP1割減少)と三手(大)を持つエリクトニオスの存在が大きい。 そのため、この武器を使うならば、技巧を考慮した武器編成をすると良い。 火属性で技巧を持つ武器は多く、無課金武器ならばエッケザックスやカラダンダ、課金武器ならばドス、ルーン、悪滅の雷、ベネディーア等が該当する。 悪滅の雷やルーンは攻刃を持たないが、技巧が大であるため、絶拳と組み合わせた両面アグニスならば高いクリティカル率を誇る。 二手(中)と技巧(中)を持つベネディーアなどは、程よく連撃を盛りつつ攻刃を確保できるため、相性は悪くない。 何らかの理由で技巧編成でハイランダーを組みたい場合は一考に値する。 それに対して絶拳を2つ並べた場合、両面アグニスで約9割のクリティカル。 「ほぼ」確定クリティカルといったところか。 これならば技巧(小)を一つ入れれば確定クリティカルにでき、連撃率もDA・TA共に2割を超え、オメガに頼らずに連撃を確保可能。 総じて、瞬間火力に勝る片面シヴァ編成とは違い、「両面アグニスを用いた、技巧と連撃を両立した持続的な戦闘力」がウリの武器と言えるだろうか。 ゾーイ 水着Ver. 解放武器。 このスキル構成はストラトゥムバンカーと同じ。 水着ゾーイ所有者なら必然的に1つは持っているはずなので、グラーシーザーやセレストクロー・マグナの数が揃うまでのつなぎ武器として活用される。 フルオート機能の実装により奥義追加効果がHP回復である武器の地位がやや向上した。 このリボンも事実上該当する。 がリミテッドシリーズ(キャラクター)に位置づけられて、名前もゾーイ(リミテッドシリーズ)に改名された。 同時に、このリボンもリミテッドシリーズ(武器)と位置づけられた。 (リミテッドシリーズになったため、今後の最終上限解放の実装に期待が寄せられる) マグナ編成 セレマグの加護は乗らないが、リボンの通常背水はセレ爪の方陣背水と乗算で計算されるため、かなり強い。 低HP時なら4凸セレ爪の本数次第では無凸でも1本リボンにした方が若干火力が伸びることもある。 グラシのために現金を投じることに抵抗感がある人や、5・6本目の4凸セレ爪を作ろうか迷っている人にとっては、エレメント節約も兼ねた妥協点として使える。 ハデス編成 前述のとおりグラシの数が揃うまでのつなぎ武器として使える。 武器スキルでは4凸グラシに勝る点が皆無だが、メイン武器にしてフルオート時にHP回復を図るという使い方がある。 恒常武器評価 一般論として、3凸以下でも起用点が見出せる可能性がある恒常武器は以下のような武器。 優秀な奥義効果を持った武器(ティアマトボルト・オリジン等)• 優秀な、を持った武器(ディスペアー剣聖等)• 背水や二手、三手などのスキルを備えた武器(等)• 最終解放によって上限UP系のスキルを得る武器(、ガルガンチュアなど)• 最終解放によってゼウス系加護が乗るスキルを追加で得る武器(等) 逆に治癒スキルや見切系スキルには現状の仕様ではあまり期待できない。 通常攻刃 大 と、バトル開始時から8ターンの間攻撃力が上昇する「先制の炎刃」を持つ。 Lv120になると、攻刃スキルが「古今無双の烈拳」に変化。 2018年5月に「先制」スキルの効果持続が3ターンから8ターンへ強化。 これにより、従来よりも強力な武器になった。 「先制」スキルの効果は「バトル開始と同時に、8ターン持続の攻撃力UP効果をPT全員に付与する」というもの。 重複しないため、複数装備しても1本分しか効果がない。 通常守護 大 と通常攻刃 小 を併せ持つ。 Lv120になると、守護スキルが「氷晶宮の加護」に変化。 非常に防御的な武器であり、ヴァルナ編成でHL級の強敵と戦う時に有用と言われている。 かつては「神鳥討伐の策III」という、イベント「降焰祭」でだけ効果のあるスキルを有していたが、2016年11月の調整で通常攻刃 小 に変更された。 この措置により実用性のある装備となった。 水属性の通常攻刃 大 と火属性の通常守護 大 を持つ。 Lv120で、攻刃スキルが「舞姫の演舞」に変化。 ヴァルナ編成のみならず、奥義ダメージに懸けるカツウォヌス編成でも有用かもしれない。 そのため、杖パのように大半を同一武器種で染めている場合は コスモス武器の方がダメージ上限が同等ないしは上昇する場合があるので、コスモス武器の仕様を確認して編成している数と相談した方が良い。 解放武器。 装備を整えてHPを確保すれば、土日スライムの「スライムスウォーム」を1ポチで倒せるダメージ値である。 「」や「」も参照。 Lv120で第一スキルが奈落の攻刃から「絶望の胎動」に変化。 素の上限自体は116万付近で据え置き。 武器種は剣。 武器スキル「秘奥」は奥義ダメージ上昇の効果。 「必殺」とは加算。 武器スキルだけを見れば3凸まではブルースフィアの下位互換品で、スフィアが揃うまでの代替品程度。 しかし4凸をすると一変し、LV120で新たに第3スキルで「イクシード・ウォータ」が追加。 更に奥義効果に、発動ターン中のみ味方全体に奥義性能Upという、さながら水属性版ヴィントホーゼという非常に優秀な武器に化ける。 これらを活用するなら、下位互換にとどまらない有用性がある。 光属性では現状唯一の三手 大 を持つ貴重な武器。 が登場したため、唯一ではなくなった。 総合的な評価は背水スキルをいかに見るかによるが、レヴィオンシューターには最終上限解放も実装されており、三手部分ではクリスタルルーンは劣る。 リミテッド武器のが光の三手 小 を有しており、所持しているなら当然ながらガンバンテインが優先される。 クリスタルルーンに搭載されている天光の三手は効果量が大であり、スキルレベル10でもガンバンテインの1. 4倍の効果量を発揮する。 編成に組み込む場合、ガンバンテインよりも攻撃力の伸びが良いエデンを複数投入したり、メイン武器にを持つなどして、攻刃不足の穴埋めを意識したい。 エデンは複数あるけどカンバンテインは持っていない、という状況下であれば、プレゼントリストや倉庫から引っ張り出して一度採用してみるだけの価値は十分にある。 環境によっては2本程度まで運用する選択肢も出てくる可能性があるため、使わなくとも大事に保管しておきたい。 そんなに気になるなら編集すれば?間違っても無いし分かりにくい訳でも無いから、自分はこのままでもアリだと思いますがね。 ドラゴンスレイヤーも載りそうだな。 違うな。 アルセーヌは中だから両面でも確定に5本必要なのが痛い。 やるならアルセーヌ5orアルセーヌ4神鏡片2とか必要だし、AKや太郎刀積む場所圧迫してきつい。 しゅまん中3大1は20. いつの間にかシヴァ弓の最終追加されてるな。 580Vp. たくさんのリミ武器を次々手に入れて4凸して、しかも一本じゃなくて理想編成に必要なぶん揃えて使用感を確認できる人じゃないと編集できないページ -- [vA2CsXU4KM2] 2020-04-30 木 19:12:15• 最終未実装の武器とか全部書いてくと管理できないし削除していい気がする。 この記事に載せるのはリミ武器やバレスカ拳とかに使える武器だけでいい -- [lqgjUJ45. Vc] 2020-04-30 木 19:15:18• リボンの最終いつくるんだろ? -- [A1r2M2UkWJA] 2020-05-14 木 11:34:19• ベネディーア、悪滅の雷、絶拳に関する記述を行いました。 武器解説の更新は初めてなので、主観的と思われる部分は適宜編集して頂けると助かります。 -- [Lfsbu5ngZIg] 2020-06-01 月 00:23:02.

次の

【グラブル】ガチャから排出されるエレメント化してはいけない武器のまとめ

グラブ ル サテュロス

Period Saturday, February 19 - Sunday, March 13, 2005 Venue Hyokeikan, Tokyo National Museum Ueno Park Hours 9:30 am. - 5:00 pm. Valid identification requested upon entry. Set Discount Tickets for the two exhibitions "The Dancing Satyr" and "" Buy tickets for both exhibitions together at discount prices. Adults: 1,000yen; students 800yen On sale from February 19 Sat. , 2005 - March 13 Sun. , 2005 period of the exhibition of "The Dancing Satyr" At the ticket booth of the Tokyo National Museum's Main Gate Good News for Visitors who have advance tickets for "The Dancing Satyr"! Visitors with advance tickets adults 700 yen, students 500 yen or tickets sold at other places adults 800 yen, students 600 yen can purchase the ticket for another exhibition, "", for 200 yen. You can have the two tickets 100 yen cheaper than the price of the set discount tickets for the two exhibitions. The discount ticket is on sale from February 19 Sat. , 2005 - March 13 Sun. , 2005 period of the exhibition of "The Dancing Satyr" Please show your ticket for "The Dancing Satyr" at the ticket booth of the museum. The discount is available only once per ticket. Access 10 minutes walk from JR Ueno Station Park exit and Uguisudani Station 15 minutes walk from Keisei Ueno Station and Tokyo Metro Ueno Station and Nezu Station Organizers Tokyo National Museum, Yomiuri Shimbun, the General Commissioner's Office for the 2005 Universal Expo in Aichi Specially supported by Embassy of Italy Supported by Ministry of Foreign Affairs Cooperated by Region of Sicily General Inquiries Tokyo National Museum TEL. yomiuri. Satyr is known in the context of Greek and Roman myths, as a spirit of forests hill and dale who has pointed ears and a tail, serving Dionysos Bacchus , the god of wine and fertility. Although The Dancing Satyr has lost both of its arms and right leg as well as its tail, this statue beautifully captures the moment at which a drunken and rapturous Satyr is about to leap into the air. It is not too difficult to assume that it had kantharos, a large handled wine cup in its left hand and in its right hand thyrsus, a holy staff which belonged to Dionysius. Looking at the statue as a whole we quickly realize that it was produced separately. The lost wax process all separately cast its head, chest, arms and legs thigh downward and they were subsequently welded together to make them into one final piece. Its facial expression as well as hair was directly engraved into the bronze to disclose finest and minute details and some of its flocks trailing in the wind at the back of its head were separately produced and welded to its head. Its eyeballs were inlaid in white alabaster, but its pupils are missing.

次の

2000年間海底に眠っていた銅像を訪ねる ~踊るサテュロス博物館@Mazzara del Vallo~ : シチリア時間BLOG 2

グラブ ル サテュロス

攻略ページを作成いたしました。 新召喚石のデータを追加いたしました。 以下のSSR新武器のデータを追加しました。 以下のSR新武器のデータをページに追加しました。 カキ・シェル SR• レオナ専用スキン「」のデータが追加されました。 以下の新キャラクターのデータを追加しました。 の最終上限解放に伴い、キャラデータを更新しました。 以下の召喚石の最終上限解放に伴い、詳細ページを更新いたしました。 ページを作成いたしました。 以下の新キャラクターのデータを追加しました。 以下のSSR新武器のデータを追加しました。 ページにを追加いたしました。 新召喚石のデータが追加されました。 攻略ページを作成いたしました。 ページが作成されました。 攻略ページを作成いたしました。

次の